かみあり(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かみあり』とは2007年から不定期に連載された後、2009年より隔月化されて2019年まで『月刊ComicREX』にて染屋カイコが連載していた神道コメディ漫画。コミックス全9巻完結。島根県の出雲が舞台。八百万の神々が一同に集まる神在月の季節に、関西から出雲に引っ越してきた中学生・千林幸子が日本や海外の神々や悪魔たち、そしてゲームやアニメを基にした流行り神たちと遭遇し、交流する様をコミカルに描く。タイトルの『かみあり』は出雲地方の10月を指す「神在月」からとったもの。

『かみあり』の概要

『かみあり』とは2007年から不定期に連載された後、2009年より隔月化されて2019年まで『月刊ComicREX』にて染屋カイコが連載していた神道コメディ漫画。コミックス全9巻完結。島根県の出雲が舞台。出雲において10月は国中の神々が縁結びや交流等の目的で一斉に集まるので「神在月(かみありつき)」と呼ばれる。タイトルの『かみあり』は「神在月」からとられている。
関西出身の中学生・千林幸子(せんばやしさちこ)はある日、学校の窓から巨大な魚のような幻が見え驚くが、親友である生粋の出雲っ子・岡家絵美(おかやえみ)に「あれは神様。今日から神在月だからたくさんの神様たちが集まる」と説明される。そして百聞は一見に如かずとのことで幸子と絵美が町中に繰り出すところから物語ははじまる。日本だけではなく外国の神々や悪魔、ゲームやアニメを基にした流行り神なるものも登場する。基本1話につき1つのストーリーとなっている。第1話から最終話まで様々なストーリーがあるが、「神在月」の約1か月間のみを描いたものである。

『かみあり』のあらすじ・ストーリー

八百万の神々が集まる、神在月の出雲

関西から出雲に引っ越してきた幸子に、神在月がどんなものか説明する絵美。

場所は島根県・出雲。関西出身の中学2年生の千林幸子(せんばやしさちこ)は、学校の窓から巨大な魚の幻が見え、頭がおかしくなってしまったのだろうかと困惑する。動揺する幸子に親友であり生粋の出雲っ子である岡家絵美(おかやえみ)が先ほどまで幸子が見ていた空を眺め「神サマを見ていたのか」と話しかける。訳が分からない幸子に、絵美は10月の出雲には、国中の八百万の神々が縁結びや交流を目的として一斉に集まる。そのため出雲以外に神々がいなくなり一般的には10月を神無月というが、出雲にはいるので神在月(かみありつき)というと説明する。そして百聞は一見に如かずということで学校から外に出てみると、幸子は町のいたるところに神々がいる現実をその目で確認する。日本とはあきらかに違う外国の神々もいることを幸子が指摘すると、絵美は「昔は外国から神々が入ってくる時は日本の宗教や文化と融合したり、折り合いをつけて入ってきたけれど、今はゲームやアニメの影響でダイレクトにはいってきちゃうんだよ」と説明する。そして、人にもいろいろな人がいるように神様にも良い神だったり困った神がいるから、触らぬ神に祟りなしの言葉があるように関わらないようにしたほうがいい、と忠告する。

火を司る精霊・火蜥蜴(ひとかげ)と金を司る神獣・白虎(びゃっこ)

火蜥蜴の精霊リグドラは炎気を司っており白虎は金気で相性が悪い。しかしリグドラを懲らしめるために、幸子と白虎は突撃する。

絵美に「神様と関わらないようにしろ」と忠告を受けた幸子だが、遠くから猫の悲鳴が聞こえ走り出す。悲鳴の聞こえた場所に着くと、見た目が明らかにゲームのキャラクターのような少年が猫の尻尾を掴んでいるのを発見する。物怖じしない性格である幸子は少年に「猫をそんな持ち方したらあかん!」と𠮟りつけ、そのまま立ち去る。絵美は少年の容貌を見て驚き「ゲームかなんかの影響で入ってきた神様は信仰とは別のところからきているからたちが悪い」と話すがまたもや猫の叫び声が聞こえ、絵美の忠告も虚しく幸子はまた声の聞こえてきた場所へ戻ってしまう。尻尾を掴みながら力の限り猫を振り回している少年の姿を見た幸子は、怒りのままに少年にストレートパンチを食らわせる。それを目撃した絵美は慌てて「早く謝れ!このままだと祟られるっ」と幸子に叫ぶが、時すでに遅しで少年は炎で幸子たちを攻撃する。絵美が手の甲に火傷を負ったのを見た幸子は、通学カバンを盾にして少年に突進し、勢いのままに通学カバンで頭を殴る。殴られた勢いで、少年は猫を手離すが、猫は大きな虎に変身する。虎は天の方角の西方を司る神獣・白虎(びゃっこ)だった。幸子たちに感謝を述べる白虎に、怒りが収まらない少年は再び炎で攻撃する。白虎は結界でガードするも、「五行」の関係で自分は不利な状況にあることを幸子たちに説明した。少年を打ち負かすと言う白虎に、幸子は道路標識ポールを見つけ少年の頭を標識ポールをぶつけることを提案する。「いくら結界を張っていても近寄れば炎は完全に防げない」と笑う少年に、幸子と白虎は「鉄板の熱気に比べたら、なんぼのもんじゃあああ!」と叫びながら少年に突撃し、少年を打ち負かす。その後、少年は異国からきた精霊の火蜥蜴(ひとかげ)であることを、沖縄の火の神であり竈(かまど)を守護するヒヌカンから教えてもらう。ヒヌカンは同属のよしみで火蜥蜴の面倒を見ていたが逃げられたことを説明し、幸子たちに迷惑をかけたことを詫びる。詫びの印に幸子と絵美はヒヌカンから火の加護をもらう。幸子は加護にどのような効果があるのかヒヌカンに質問した。そして「今まで以上に粉モノがうまく焼けるよ」という返事にガッツポーズをするのだった。

隠れ縁切り・弁財天(べんざいてん)

弁財天は芸能を司る神だが、七福神からはなれた単体になると縁切りの御利益を発揮する。

学校からの帰り道。幸子と絵美は白虎と白虎の背に乗ったビリケンに会う。ビリケンは生まれはアメリカだが、大阪育ちで通天閣に祀られている関西ローカルの神様である。白虎とビリケンは弁財天(べんざいてん)を探している最中だった。弁財天探しを再開しようとしたところ、幸子たちは激しい喧嘩をするカップルたちに遭遇する。その様子を見た白虎たちは焦り始める。弁財天は音楽や芸能の神だが、隠れ要素として縁切りの神でもあるからだ。弁財天が水神であることとカップルたちがたくさん集まりそうな場所ということで河原へ探索にいくと、弁財天を発見し、落ち着くように説得する。しかし、弁財天はグレており「神とは人の心、思い、願いを形づけた存在。つまり私がカップルたちを破局させているのは人の願い!人の迷惑じゃないのよ!」と屁理屈を叫ぶ。そんな弁財天にたいしビリケンは冷静な態度で「神様は客商売だと思とる。けれどなんでもかんでも提供するわけやなくて、お客やお客の周りのもんが幸せにになれるもん提供するんがワイら神様や。せやから、この少子化が叫ばれとる昨今にこないな願いの叶え方するやなんて思慮に欠けとると思うわ」と諭す。「弁財天にも梵天という夫がいるのに何故こんなことをしたのか」と白虎たちが尋ねると、弁財天は怒涛の勢いで「七福神の仕事で夫より仕事が忙しく気まずいのに、夫からは自分より七福神のほうが大切だと言われ、江の島に裸身像作られてセクハラされて大変なのに、目の前でカップルがイチャイチャされて腹がたつ!」と激しく怒りはじめた。その様子にビリケンは女の立場としてどう思うか幸子に意見をもとめ、幸子は「気が済むまで話を聞いてあげる」と答えるが、白虎たちはヒートアップしている弁財天の相手をすることは自分たちは無理だと断る。解決できそうな神様候補をあげていくが、なかなか適任が見つからないなか、幸子は「み、みのもんた!!」と混乱しながら叫ぶ。結局みのもんたの電話相談を利用することで弁財天は自分の愚痴をきいてもらい、心を落ち着けるのであった。

迷子の座敷童(ざしきわらし)

迷子の座敷童を助けようとして自分自身も迷子になった幸子は、ゆりゆり天使ガブリエルの助けを得て空を飛び、家を探す。

放課後。神在月がはじまってから3日しかたっていないのにもかかわらず、多くの神々と遭遇し騒ぎを起こしている幸子に絵美は「今日は一緒に帰れないけど、絶対怪しげなものに近づくな。寄り道するな!」と忠告する。子供じゃないと文句を言いながら一人下校する幸子は、途中で泣いている少年に遭遇する。少年が迷子だと判断した幸子は携帯電話を差し出すが、「電話をかけても誰も迎えにこない」という少年の言葉を聞き、虐待ではないかと疑い体に傷がないか確かめるため、少年に断りもいれずいきなり服をめくる。「家に誰もいないだけだ!」と叫ぶ少年に、幸子は少年の手を握り交番に一緒に行こうと歩く。交番に行く途中に少年があまり外にでないことを聞いた幸子はいじめが原因ではないかと考え「勝負は出だしが肝心や!」と宣言し少年を鍛えようと体力作りのために走り込みを勝手にはじめ、少年ともども自分も迷子になる。どの道に戻ればいいのか分からない幸子だったが空を見上げ、空を飛んでいた天使に助けを求める。空から降りてきたのは漫画から顕現した流行り神・ゆりゆり天使ガブリエルだった。似たような作りの古い家が並ぶ街並みのなか、少年の家を歩いて探すのは困難だと判断したゆりゆり天使ガブリエルは「みんなで飛んじゃいましょう」と幸子と少年3人一緒に空を飛び、少年の家を探すことに成功する。少年は「なんか微妙だけど礼は言う。この借りは必ず返す」と言い、着物姿に変身し家の中にスッと消えていった。驚き固まる幸子に、ゆりゆり天使ガブリエルは「彼は座敷童(ざしきわらし)ですよ?」と伝えるのだった。

ソロモン72柱大公爵・アガレス

疲れ切った顔の絵美のためと評して、アガレスは絵美に化けて学校へ行き好き勝手に暴れる。

朝、幸子が登校すると教室がざわついてた。原因は絵美。いつもと違い、しとやかな雰囲気をまといクラスメイトにたいして敬語を使い目をキラキラとさせているからだった。クラスメイトの面々は絵美のおかしな様子に何かが憑いているのではないかと憶測するが、絵美をじっと観察した幸子は「あれは本当にエミちゃんか?」と疑問を口にする。その時教室のドアが勢いよく開き、必死な顔で息を切らした絵美が飛び込んでくる。絵美が2人いる状態に教室は騒然となるが、教室に、流行り神という一過性の流行で信仰される神の総括や外国の神々等が問題を起こした時に対処する業務を行う臨時神在対策課の賀茂光栄(かものみつよし)と白虎がやってきていつもと様子のおかしい絵美を捕まえようとする。様子のおかしい絵美は人間の動きとは思えない動きで、光栄の攻撃をかわすが本物の絵美とぶつかり目が回っていたところを、幸子に頭をはたかれ捕まってしまう。偽物の正体はソロモン72柱の魔人であり悪魔であるアガレス大公爵と同じくソロモン72柱の魔人であるヴァッサーゴだった。連日のように幸子が神々と騒動を起こすことに疲れ果てていた絵美を街中で見たアガレスが、悪質訪問販売のように「君は疲れているから休め。その代わりに自分が君(絵美)に変身して、君の交友関係に彩りとスリリングな展開を加えてこよう!」と勝手に話を進め先走った結果の騒動だったのだ。アガレスは光栄の「神在期間中の人間に対する過剰な干渉行為は条例により禁止されている」との言葉や幸子の「いい加減にしろ、迷惑だ」との怒りの言葉にも聞く耳をもたない。そんな様子を眺めていた幸子のクラスメイトである折田千歩は「おっさんがジョークだと思い込んで完璧セクハラをかましてくるので、こっちが本気で嫌がって怒ったら『お前は冗談も分からんのか』といかにもこちらに問題があるという態度をとってくるあれ」と言い放ち、アガレスの暴走をとめ、心に傷を負わせる。傷つきよろめくアガレスにたいしクラスメイトの女子たちは「男ってなんで間合いみたいのが読めないのか」や「引き際を知らない」などと次々に追い打ちをかける。それを聞いていたケラスメイトの男子たちは「女子は空気を読めないって言うけど、女子の空気は信号機並に変わるから、男だって大変なんだ!」と泣きながら訴え、アガレスをかばう。「男子だっておっさんだって頑張っているんだ!」と主張する男共にたいし、幸子は凛々しい顔をしながら「会話とネタはタイミング。気がついたらそこからはじめればいい」とアドバイスし、アガレスは嬉し涙を流す。悪魔と人間だが、アガレスと男子生徒は肩を抱き合い、一緒に頑張っていこうと互いに励ましあう。そんな妙な空気のなか、光栄と白虎はあきれた目線を皆にむけるのだった。

臨時神在対策課と安倍晴明(あべのせいめい)

流行り神対策の総括のため、部屋には神をモチーフにした二次的作品が本棚いっぱいに整理されている。

日曜日。幸子と絵美は先日のアガレスが絵美に化けた騒動の調書をとるために、臨時神在対策課に向かっていた。道中の稲荷神社にお参りをしている最中に、一匹の子狐が「悪い奴らに追われているので助けてください!」と幸子の胸にとびこんでくる。幸子が驚いていると、垣根から子狐を追いかけて、神在月初日に遭遇した火蜥蜴のリグドラとアガレスが現れる。2柱は騒動をおこした罪で臨時神在対策課で奉仕中だった。子狐の正体は臨時神在対策課で働く安倍晴明(あべのせいめい)だった。仕事が多忙のため逃げ出したところを、リグドラたちが捕まえようと追いかけていたのだった。
臨時神在対策課の仕事は流行り神という一過性の流行で信仰される神の総括である。最近の流行り神は、神話等の神をモチーフにした流行りの娯楽である漫画やゲームから降誕する。なんの脈絡もなく派生するゆえに問題行動が目立つため、それを未然に防いだり対処したりする。日本の宗教観はとてもおおらかなところがあり、娯楽を用いて国内だけでなく世界中に神や魔を生みだすための情報を発信している。そのため神々がどんどん増えるので、臨時神在対策課の仕事は常に山積みになっている。そんな状況を光栄が幸子たちに説明している途中に清明は身代わりの術と飛行術を用いて再び逃亡。いままさに逃亡が成功するという時に、漫画から顕現した流行り神・カノンと衝突し、逃亡は失敗に終わる。
一週間後の日曜日に再び臨時神在対策課を訪れた幸子たちは無事に調書を取り終える。貴重な休みをつぶしてしまって申し訳ないと謝る光栄に幸子はリグドラに聞きたいことがあったので大丈夫と答える。質問とは何かと不思議に思うリグドラに幸子は、リグドラが登場するゲームの攻略方法を尋ねる。なぜ自分が登場するゲームをプレイしているのかとリグドラは幸子に問うが、リグドラの旅の仲間にゲームをもらったと幸子は説明する。リグドラの旅の仲間たちは、リグドラがおこした騒動の謝罪に幸子の家までやってきていたのだった。「リグドラは人に対する敵愾心や警戒心が強いが根はいいヤツなので理解してほしい」という仲間たちの言葉を幸子の口から聞いたリグドラは照れ、場の雰囲気が和やかになる。しかしゲームに関して素人である幸子が「フラグって何?」という発言により場の空気は固まってしまうのだった。

猫耳騒動

学校関係者全員に猫耳が生えるというなぞの自体が発生するが、毎年なにかしら起きているので皆は冷静。

学校関係者全員に猫耳が生える事案が発生した。皆割りと落ち着いて学校生活を送っていることに、幸子は絵美をはじめとしたクラスメイトに原因が気にならないのかと疑問を投げつけるが「毎年神在月の時期になると何かしら事件が発生するので慣れている」との答えが返ってくる。クラスメイトである桑門西周(くわかどせいしゅう)だけ猫耳が生えていないことに幸子は疑問を抱くが、家が寺なのでなにかしらの加護が働いたのではないかと西周は答える。放課後になると事件を解決するために清明と白虎が教室を訪れる。猫耳が生えた原因らしき気配が校内にあるので案内してほしいと西周に頼むのだが、用事があり無理だと断る西周に代わり幸子・絵美・千歩が校内を案内することになる。校内を歩くも確かな位置が見つけることができないため、白虎が幸子の猫耳から発している波動を嗅ぎ取り、一人の男子生徒と二足歩行の猫の神を発見する。二足歩行の猫神はエジプトからきた豊穣を司るバシュタートだった。そして一緒にいた男子生徒は日向虹太(ひむかいこうた)といい、虹太の願いで学校関係者全員に猫耳を生えさせたとバシュタートは答える。なぜそんなことを願ったか清明が虹太に問い詰めると「好きな女の子の猫耳姿が見たいけど1人だけだとばれやすいので学校の関係者全員に生えるようにお願いした」と白状する。猫耳の解除を求めると、「好きな人はダンス部に所属している先輩でもうすぐチアリーダーの服の猫耳姿が見れるから待ってくれ」と虹太は懇願した。事情を聞いた幸子らは「それならばいっそのこと告白に行け」となかば強引に虹太を脅し、思い人である九条都(くじょうみやこ)に告白するはめになるがあっさり承諾される。絵美は承諾して大丈夫なのかと都に問いかけると、都は「趣味があいそうだから」と言い、虹太にチアリーダーの服を着るように要求する。抵抗する虹太に「私が猫耳チアガールをやったんだから、君も着てね?」と笑顔で都は言い切るのだった。そして翌日学校関係者の猫耳は消えたが、微妙な顔した虹太がいたのであった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents