高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(たかくらきょうすけ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターである。『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の友人で、奈々の親友である早乙女淳子(さおとめじゅんこ)の恋人である。淳子と共に東京の美術大学へと通い、淳子と大学の友人とともに画廊を借りて個展を開いている。専攻は油絵。淳子と同様、大人びているため奈々からは「熟年カップル」と呼ばれている。コミックスの未来のシーンでは淳子と結婚していると思われる場面が描かれている。

高倉京助の概要

高倉京助(たかくらきょうすけ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターである。『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の友人で、奈々の親友である早乙女淳子(さおとめじゅんこ)の恋人である。また奈々の元恋人である遠藤章司(えんどうしょうじ)とは高校時代からの友人。専門学校で、奈々と淳子と仲良くなり、章司も含めた4人で遊ぶ毎日を送っていた。その後は淳子と共に東京の美術大学を受験し見事合格。専攻は油絵。

「女に優しく、男に厳しく」がモットー。好きな女性のタイプは、背が高く色黒の女性であり、淳子を一目見た時から気に入っていた。非常に大人びているため、大崎ナナ(おおさきなな)のバンドメンバーである岡崎真一(おかざきしんいち)には、実年齢より上に見られており、淳子も同様に大人びているため、奈々からは「熟年カップル」と言われている。

章司曰く、高校時代は「何人の女にも手を出すろくでなし」だった。しかし、淳子と付き合ってからは浮気などは一切せずに一途に思い続け、コミックスで描かれている未来の描写では結婚をしている。章司に浮気をしない理由を聞かれ、「淳子が怖いから浮気しないのではなく、淳子を失うのが怖いから浮気をしない。」と言い切っている。

高倉京助のプロフィール・人物像

アニメでの声優:諏訪部順一
PS2ゲームでの声優:うえだゆうじ
映画俳優:高山猛久

誕生日:不明
身長:180cm
体重:70kg
血液型:O型

愛称は「京助」。
章司とは、高校時代の友人である。章司が川村幸子(かわむらさちこ)と浮気した際に叱ったり、奈々の暴走を電話でなだめるなど大人っぽさからみんなに頼られる存在である。ドレッドヘアがトレードマーク。恋人である淳子が東京の美術大学を受けると決めた時には迷わず自分もついていくと言うほど淳子に惚れており、高校時代の遊び人気質からは考えられないほど一途に思っている。奈々の同居人である大崎ナナ(おおさきなな)の所属するバンド、BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)のライブに遊びに行ったり、ブラストのメンバーとも交流がある。奈々がお金が底を吐きそうになった時には1万円を貸そうとしたり、奈々が章司と別れた際には合コンを開いてあげようとしたり、奈々から夜中の3時に中身のない電話がかかってきても優しく対応するなど奈々には甘く、自分のことを奈々の父親だという場面もある。

車の免許を持っており、運転する場面が多く見られる。愛煙家。

高倉京助の来歴・活躍

淳子との出会い

京助(左)と淳子(右)

美術の専門学校へと入学した京助は高校時代からの友人である章司から、章司の中学時代の友人である淳子、淳子の親友である奈々を紹介される。紹介されたその日のうちに、一人暮らししている淳子の家へと章司と共に遊びに行き、京助、淳子、章司、奈々の4人で飲み会を行った。飲み会では奈々が酔っ払ってしまい、自分自身の惚れっぽさを章司と京助に暴露している。この日、飲み会の途中で奈々と京助は眠ってしまい、章司だけが家に帰った。次の日に奈々が目覚めると、京助と淳子は抱き合っており、「一晩話していたら意気投合した」と淳子が言い訳を述べている。この日から、京助と淳子は恋人同士となり、奈々と章司も含めより一層4人での仲が深まった。

京助、淳子、章司、奈々の4人で海へと遊びに来ている際に、章司と奈々は京助と淳子から東京へ行くことを打ち明けられる。東京の美術大学へ行き、本格的に絵の勉強をしたいという理由で、淳子が東京行きを決心。その淳子についていくと言う名目で京助も東京へ行くこととなった。章司と奈々もそれを聞き、東京行きを決意するが、美術大学へ合格できたのは京助と淳子の2人だけであった。東京にて、奈々と章司が口論になり、奈々が置き去りにされていなくなってしまうという事態が起きた時も、大慌てで探しに出かけた淳子と章司と違い、一人冷静であった京助は電話で奈々の安否を確認した。そしてこの時電話で、章司と奈々が恋人関係になれるよう手助けしている。

東京に行ってからは、京助は淳子の部屋に移り住み同棲を始め、章司と淳子と共に章司の行きつけのお店である「ジャクソン」で飲んだりしている。奈々が突然上京してきた際には、駅まで車で迎えに行ったり、奈々がナナと同居を始めると行った際には実際にマンションまで見に行ったりと、奈々が東京に来てからも4人の交流は長く続いた。

奈々と章司の別れ

学内で章司と幸子を見かけた京助。章司は京助に対して「アルバイト先が同じで、大学も学部も同じ。そして家が近いからという理由で仲良くならざるを得なかった。」と説明した。二人の仲睦まじい様を見た京助は、章司が浮気をするのではないかと淳子に相談した。幸子は、色白で背も小さく、いかにも章司が好きそうな女性であり、色黒で背の大きい女性がタイプの京助でさえ幸子のことを可愛いと思ってしまうほどだったからである。京助の話を聞き、淳子はハッキリしない態度の章司に対して、幸子と縁を切るように助言をする。しかし、この助言を幸子が聞いてしまっていたため、章司は幸子のことをフォローしなければと考えるようになった。

アルバイト先からの帰り道、章司は淳子の助言通り、幸子に対し縁を切ることを提案しようとする。しかし、幸子は縁を切ろうと言われることをわかっていたため泣き出してしまい、章司は思わず幸子を抱きしめてしまった。そして章司と幸子は浮気関係へと発展する。章司は浮気をしてしまったという後ろめたさがあり、どうしても浮気をした仲間が欲しいと考え京助に浮気をしてしまったことを打ち明けた。打ち明けたのは、京助が高校時代に遊び人だったからという理由である。「最近全然、モテねぇな。」という京助に対して、「モテたら浮気するんだな?」と聞く章司。そして章司は、「なんで?淳子が怖いから?」と聞き返す。ここで京助は、タバコを吸いながら「淳子を失うのが怖いから。」と答えた。

奈々がナナ、シンと共に、章司のアルバイト先のファミリーレストランでご飯を食べに行ったときに事件は起こる。この日は、幸子もシフトに入っており章司は幸子と奈々がお互い気づかないようにと祈るばかりであった。しかし、章司の話を大きな声でする奈々を見て幸子は奈々の存在に気がつく。そして、奈々の存在に動揺した幸子は持っていた食器を落としてしまい、指から出血してした。その様子を見ていた奈々が迷わず自分のハンカチを差し出して幸子の出血してしまった指を止血した。この時、奈々は幸子と章司が浮気をしているなどとは全く気がついていない。罪悪感でいっぱいになってしまった幸子は泣きながら店の裏口へと走って行き、トイレに逃げていた章司と出くわし、章司に対して「こんな関係をやめよう」と提案をした。そして章司は、奈々の席の元へ行き、「話があるから、バイトが終わったら家に行く。」と告げた。いつになく真剣な表情の章司が気になった奈々は、章司のアルバイトが終わるまで店の前でナナと共に待つことに。そして、奈々とナナは、泣きながら店から走って出てくる幸子を追いかけ、幸子を抱きしめた章司を目撃してしまった。言い訳もせず、幸子のことを彼女だと答えた章司に対して、ナナが殴りかかる。そしてそれを幸子が止めた。そして、奈々は「顔も見たくない。」と章司と幸子に言い残し、ナナに手を引かれて帰って行った。

次の日の朝、奈々の家に淳子が訪れる。章司が奈々のことを心配していたから様子を見にきたという淳子に対して、奈々は「自分で来れないなら心配なんてして欲しくない。」と泣き出した。そして、淳子は奈々に対して、「今回のことはけじめもつけずに他の女になびいた章司が悪い。でも奈々にもいっぱい落ち度はあった。奈々は自分のことばかりで、章司に対して思いやりがなさすぎたと思う。恋愛は人間同士の関わり合いだから、相手を思いやれなきゃうまくいかない。」と説教をした。そして、その日の夜、淳子と京助はジャクソンへと飲みに向かう。淳子から奈々の所に行ったことを聞いた京助は、「傷心の相手に向かってよくそんなズケズケと物が言えるよな。何もこんなときに言わなくても。」と呆れた様子を見せた。「こんな時だからいう意味がある。」と反論する淳子。そして店に入ると大きい花束を持った章司がおり、京助と淳子と章司は一緒に飲むこととなった。花束は誕生日の幸子に渡すため章司が用意したものだった。そして、章司は京助と淳子に敬語を使い、どこかよそよそしく喋り出す。「普通に喋ろうよ。」という京助。そして、淳子は奈々の家に行き、奈々の様子を見てきたことを章司に伝えた。「あんた相当恨まれてるし、余計なことしないでそっとしといたほうがいいよ。」という淳子。「余計なことって?」と京助が聞いた。章司は「別れ方が最悪だからちゃんと奈々に謝りたい。」と思っていた。しかし、それを聞いた淳子と京助は猛反対。京助は、「そういうどっちつかずの態度が奈々も幸子も傷つけたんだろ?お前が奈々に謝りたいと思うのは優しさじゃない。単にお前が謝ってスッキリしたいだけだ。」と章司に説教をした。

奈々の妊娠と結婚

章司と別れた後、奈々はTRAPNEST(トラップネスト/トラスト)のリーダーでベーシストの一ノ瀬巧(いちのせたくみ)と関係を持ち、間隔を開けずに、ブラストのギター寺島伸夫(てらしまのぶお)とも関係を持った。そしてその結果、どちらの子供かわからない子供を妊娠してしまう。妊娠したことでパニックになった奈々は、京助と淳子の同棲している家に向かった。奈々は、子供を認知すると言った巧のことを京助と淳子に話した。「お金だけ出してもらい、巧とは結婚せずに子供を育てて行くという事は、普通の家庭なんて望めない。万が一、ノブの子が生まれても巧の子として大切に育てられるのか?」と淳子に言われた奈々は泣きながらも力強い返事をした。そして淳子と京助に励まされ、奈々は子供を産む決意をするのである。京助の車で家に送ってもらった奈々は、「隠し子はまずい。」という理由で巧から結婚しないかと提案をされる。奈々は迷わず承諾をした。

その後の関係

奈々の誕生日会で集まるブラストと京助(右から二番目)と淳子(左から二番目)

ブラストが、ナナと本常蓮(ほんじょうれん)のスキャンダルをきっかけにメジャーデビューをし軌道に乗った後も奈々とブラストメンバーの交流は続いた。そして、京助と淳子は奈々にとって数少ない一般人の友人となった。奈々の誕生日会を707号室で行った時には、ブラストメンバーだけではなく京助と淳子が駆けつけお祝いしたり、ナナからブラストのメジャーデビューシングルを京助と淳子が貰ったりと奈々を通じブラストメンバーとも交流が続いた。その後も、芹澤レイラ(せりざわれいら)の誕生日プレゼントを選び困っている奈々のため京助がお花を選んだり、ナナと蓮のスキャンダルがきっかけで結婚が延期になった奈々を電話で慰めたりなど、奈々が困ったときは助けてくれる存在として仲良くしている。

未来のシーン

コミックスで描かれる未来のシーンでは、京助と淳子の家に奈々の娘である一ノ瀬皐(いちのせさつき)を連れて行く場面が描かれている。また表札が京助の苗字である高倉になっていることから京助と淳子は結婚したことがわかる。京助と淳子はいつでも奈々の味方で、いつになってもそばにいてくれる存在になったのであった。

高倉京助の関連人物・キャラクター

早乙女淳子(さおとめじゅんこ)

アニメ声優:本田貴子
PS2でゲームでの声優:渕崎ゆり子
映画俳優:能世あんな

誕生日:不明
身長:168cm
体重:53kg
血液型:A型

章司の中学時代の同級生で、奈々の高校時代の同級生。高倉京助の恋人。章司、京助、幸子と同じ美術学校に通っており、奈々の親友。中学時代はヤンキーだったせいか物怖じしない性格であり、奈々のお母さん的存在である。きつい口調だが、的確なことをアドバイスするため、奈々だけではなく章司からも頼られることが多い。洋服屋さんでアルバイトをしており、恋人の京助とは上京後、一緒に住むようになった。実家が農家なので、新鮮な大量に野菜が送られてくるが食べきれないとの理由で奈々におすそ分けをしている。奈々が何か困ったことが会ったら1番に相談する相手であり、章司と別れた次の日は真っ先に奈々に会いに来るなど友達思いな一面もある。コミックスでは京助と結婚しており、奈々とも友好関係が続いている。

愛称は、「淳子」「淳ちゃん」

renote.jp

遠藤章司(えんどうしょうじ)

nana08
nana08
@nana08

Related Articles関連記事

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

本城蓮(ほんじょうれん)は、矢沢あい作の漫画『NANA』の主人公である大崎ナナの婚約者。人気バンド「TRAPNEST」のギター、作曲担当。港町の倉庫街に捨てられていた。地元では「BlackStones」のベースを担当し、ナナと同棲。「TRAPNEST」に誘われたことにより上京し、ナナと別れる。2年後にナナの上京により、再会。再び付き合うこととなり婚約する。薬物依存症。ナナの20歳の誕生日の前日、車の自損事故で死亡している。

Read Article

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬巧(いちのせたくみ)は矢沢あいの漫画『NANA』の登場人物。人気バンドTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のリーダーであり、ベースを担当している。理性的に物事を考え、頭の回転が早く常に冷静である。愛称はタクミ。 同じトラネスのレイラは幼馴染で特別な絆があり、レイラを守るナイトのような一面もある。 恋愛に関しては自由奔放で、一度に何人とも関係を持ち安定はしていなかったが、小松菜奈と出会いのちに結婚する。

Read Article

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(おかざき しんいち)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物で主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)通称:「ブラスト」」のベースを担当。仲間からは「シン」、「シンちゃん」という愛称で呼ばれている。親に見放されているシンは愛情を知らずに育ち、未成年にして喫煙、飲酒、売春を行っているがレイラや仲間との出会いにより、愛について悩み、揺れ動きながら成長していく。

Read Article

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(せりざわレイラ)とは、人気漫画『NANA』の登場人物であり、作中に登場する人気バンド「TRAPNEST」(トラップネスト)のボーカリストである。日本とアメリカのハーフであり幼い頃からその美貌と、ボーカリストとしての才能に注目されていた。同級生から差別を受けいじめられた過去を持つ。幼馴染であり後にTRAPNESTのベーシストとして共に活動していくタクミからバンドのボーカルとして誘われ、徐々に自分らしい生き方を見出していく。

Read Article

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(たかぎ やすし)とは矢沢あい作の漫画『NANA』に出てくる登場人物。 バンドのBLACK STONESではリーダーであり、ドラム担当。ナナの保護者代わりを担っている。メンバー内からは時たまやっさんと呼ばれている。スキンヘッドにサングラスという強面な風貌とは裏腹に、いつも心穏やかで周りのことを常に見守り、冷静に物事を判断できる性格。それもあってか周りからの信頼も厚く、頼りにされている。

Read Article

篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(しのだ みう)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れない女優で、物事を冷静且つ客観視出来るしっかり者の大人な女性。周囲からは名前の美雨をもじった「ミュー」と呼ばれている。恋愛経験が少なく、孤独からリストカットを繰り返したり、過呼吸の症状を持っていたりする。後に主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」のリーダー兼ドラム担当であるヤスと付き合う。

Read Article

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。 身長が低いことがコンプレックス。 パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。 人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

Read Article

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合(こうさかゆり)/松本朝海(まつもとあさみ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れっ子AV女優。香坂百合は芸名で本名は松本朝海。主人公の大崎ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)も所属している芸能事務所「四海コーポレーション(通称:四海)」の寮に住んでいる。ここでブラストのギタリスト寺島伸夫(てらしま のぶお)と出会い、特技の色仕掛けから交際に発展する。恋愛と仕事の狭間で思い悩む様子が描かれている。

Read Article

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(おおさきなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のボーカル。二の腕に蓮のタトゥーが入っている。TRAPNESTの本城蓮(ほんじょうれん / レン)とは恋人同士。 レンの影響を受けており、ファッションやしゃべり方、癖などよく似ている。 幼少期に母に捨てられており、育ての親である祖母も亡くなってしまい天涯孤独。 友人や恋人など、自分と近い存在の人との関係性に悩み傷つきやすい性格。

Read Article

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(ふじえだなおき)は矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する人気バンド「TRAPNEST」のドラム担当。中学時代からバンドをはじめ、高校時代に「TRAPNEST」に加入。高校卒業後に上京しメジャーデビュー。目立ちたがり屋で中学時代から金髪にしている。ムードメーカーであり、天然な発言や行動も多く、バンドメンバーによくつっこまれている。周りでは多くの事件が起こるが能天気に過ごしていることが多い。未来のシーンではイギリスに住んでおり、いなくなったナナを探している。

Read Article

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(えんどうしょうじ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターで、『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の元恋人である。地元の専門学校を卒業後、1年浪人し東京の美大に合格した。奈々の上京後、奈々のわがままに疲れていた章司はアルバイト先で出会った川村幸子(かわむらさちこ)と二股をかけた末、幸子を選びそのまま奈々と破局。その後は、幸子と同棲を始めたり、誕生日に花束を渡したりと幸子のことをすごく大切にしている。

Read Article

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(さおとめじゅんこ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。主人公 小松奈々(こまつなな)の親友。実家は農家を営んでいる。元ヤンの為、物怖じしない性格でしっかり者。愛称は「淳子」や「淳ちゃん」。ピンチになる度に泣きついてくる奈々を時には母親のように叱り、時には愛のムチで突き放したりする姉御肌気質の大人な女性。上京し美大に通いながら油彩を勉強している。地元の専門学校時代に高倉京助(たかくら きょうすけ)に出会い、飲み会で意気投合し恋人となり都内で同棲している。

Read Article

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬奈々(いちのせなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。愛称はハチ。 恋愛体質で夢見がちな性格。情に流されやすく、涙もろい。 ナナとは同居人の仲でBLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)のことを一番応援している。 ブラストやTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のメンバーからとても可愛がられており、奈々自身も仲間想い。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格の寺島伸夫(てらしまのぶお)とは相性が合う。

Read Article

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞(つづきまい)/上原美里(うえはらみさと)は、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場するキャラクターである。作中に登場するバンド「BLACK STONES」のお世話係として四海コーポレーションに勤務している。中学時代から「BLACK STONES」の熱狂的なファンであり、「BLACK STONES」が東京でライブをするたびに上京するほどだ。本名は都築舞であり、ナナの母親が再婚相手との間にできた子である「上原美里」という名前を名乗っていた。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents