【進撃の巨人】ユミル「コニー、」クリスタ「ナイフを貸して」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。もしもクリスタが巨人化能力者だったらというSSです。さらにクリスタだけでなく他の104期までもが次々と正体を明かし始めて大変な事態に陥ります。

ユミル「コニー、」クリスタ「ナイフを貸して」

出典: 4nabs.com

※ネタバレ有り

ユミル「え?」

コニー「ん、ほら」スッ

クリスタ「ありがとう」ニコ

ユミル「え?」

コニー「何に使うんだ? それ…」

クリスタ「……それはね」

クリスタ「これで戦うんだよ」

ライナー「オイ?」

ユミル「クリスタ? 待て、何するつもりだ?」

クリスタ「さあ……自分でもよく分からない」

ユミル「ならそいつを渡せ」

クリスタ「それはダメ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:49:05 ID:glCGmLzA

ユミル「クリスタ!」

クリスタ「ユミル」

クリスタ「あなたの生き方に口出しする権利は私には無い」スタスタ

クリスタ「だけど……」クルッ

クリスタ「イカした人生を送ってね!」

ユミル「え…」

クリスタ「」ニコッ

ユミル「クリスタ!? 待て!!」ダッ

ライナー「クリスタ!!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:50:10 ID:glCGmLzA

バッ

ユミル「あ……!」

クリスタ「…………っ!!」ビッ

カッ!!

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:50:56 ID:glCGmLzA

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」

コニー「!?」

ベルトルト「な!?」

ライナー「…………!!」

ユミル「クリスタ……ウソだろ…」ヨロッ

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」バサッバサッ

コニー「す、すげえ! 羽根が生えてるぞ! あれが…クリスタなのか?」

ベルトルト「でもそんなに高くは飛べないみたいだ」

ライナー「…………」

ユミル「クソッ…こいつは一体何の冗談だ?」ズキズキ

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:51:46 ID:glCGmLzA

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ガルダイン

コニー「おおっ! 風を起こして巨人どもを吹っ飛ばしたぞ!」

ベルトルト「でもうなじを削がないと倒す事はできないよ!」

ライナー「…………」

ユミル「まさかあいつが……そんな…」ブツブツ

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ゲシッゲシッ

コニー「まずいぞ! 足を掴まれた!」

ベルトルト「ものすごい勢いで蹴ってる!」

ライナー「なんというご褒美」

ユミル「お前も落ちていいぞ」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:52:48 ID:glCGmLzA

ベルトルト(しかし予想外だ……まさかクリスタが巨人になれたなんて)チラッ

ライナー(しかも神々しい)コクッ

ベルトルト(確か彼女は壁教の重要人物……)

ライナー(さらに可愛い)

ベルトルト(もし『はずれ』だったとしても攫うメリットは十分にある)

ライナー(誘拐しよ)

ユミル「……」

ユミル(3年間…あいつといながら、どうして気付かなかったんだ)

ユミル(一体いつから……いや、今はそんな事は…)

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:53:40 ID:glCGmLzA

巨人「アーアー」グイグイ

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ズズズ…

ユミル「クリスタ!!」

女神巨人「………!」ズズズ…

女神「」パッ

ユミル「な…!?」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:54:41 ID:glCGmLzA

コニー「ああっ! 引きずり下ろされた!!」

ベルトルト「どうして手を離したんだ…?」

ユミル「塔の損傷を気にしてるのか、あいつ…!」

ライナー「クソッ!」

ユミル(こんな時に何ボーッと眺めてるんだ私は! あいつを守ると決めたじゃねえか!)

ユミル「待ってろ!」バッ

コニー「!? おい待てよ! 何のつもりだ!?」グッ

ユミル「離せ! このままクリスタが死んでもいいのか!?」グググ…

コニー「だからってお前に何が出来るんだよ!?」

ユミル「戦うんだよ! 私はあいつと同じだ!」

コニー「はあ!?」

ユミル「いいから離せ! 今巨人になればお前までぶっ飛んじまうぞ!」

コニー「どうしようライナー、ベルトルト! こいつおかしくなっちまった!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:55:40 ID:glCGmLzA

ライナー「落ち着けユミル!」

ライナー「クリスタが何の為に巨人の群れに飛び込んで行ったのか、よく考えてみろ!」

ユミル「それが何だ? あいつは死にたがりのバカ野郎だ! 望みを叶えてやれとでも言うのか!?」

ライナー「違う! お前だって分かっているはずだろう?」

ユミル「……!」

ライナー「あいつは守りたいんだ。俺たちと……何よりお前を。命を賭して戦っているのはその為に他ならない」

ユミル「……いや、だからこそだな、私が巨人化して…」

ライナー「まだそんな冗談を言うのか!?」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:56:32 ID:glCGmLzA

ユミル「だから!」

コニー「ライナー、もういいよ。このバカ女を押さえててくれ」

ユミル「な、おいっ」ジタバタ

ライナー「コニー? 何をするつもりだ?」

コニー「俺がやる」

ライナー「何?」

コニー「おいユミル」

ユミル「あんだよ? おい離せクソゴリラ!」ジタバタ

コニー「これが最後になるかも知れねぇから……お前にひとつ言いたいんだ」

ユミル「は…?」ピタ

コニー「俺さ……お前の事さんざんブスとかクソ女とか言っちまったけど……」

ユミル「……」

コニー「本当は準ブスくらいだと思ってたぜ!」ダッ

ユミル「さっさと死んでこい!!!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:57:15 ID:glCGmLzA

バッ

ライナー「コニーーー!!」

ガリッ

ベルトルト「……ま、まさかコニーまで!?」

カッ!!

ユミル「……!?」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:57:50 ID:glCGmLzA

巨人「アーアー」ガブガブ

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ボコスカ

ベルトルト「…………あれ?」

ライナー「コニーはどこに行った?」

ユミル「……あれじゃないか、あそこの」

超小型巨人「ピギエエエエエエエエエ!」バタバタ

3人「…………」

3人(ダメだろ……)

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:59:14 ID:glCGmLzA

ユミル「オイオイ……下手すりゃあいつ、ママの腹ん中に逆戻りだぞ…」

ライナー「いや、多分ママはいない…」ボソ

ユミル「あ?」

ベルトルト「ラ、ライナー! ユミルも! ふざけあっている場合じゃないだろう?」アタフタ

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」オーフクビンタ

超小型巨人「ピギエエエエエエエエエ!」ピョンピョン

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 22:59:56 ID:glCGmLzA

ライナー「あぁ…このままじゃ2人とも食い尽くされちまう!」

ユミル(あのバカが! 結局私がやるしかねえじゃねえか!)

ユミル「ライナー離せ! もう時間がねえ!」ググッ

ライナー「…………」

ユミル「ライナー? 聞いてるのか!?」

ライナー「…………」

ユミル「おい! 奴らを見殺しにしたくなきゃ今すぐ離せ!!」ググッ…

ユミル「つーかクリスタはそろそろヤバいだろ!!」

ライナー「ベルトルト」

ベルトルト「何だい?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:00:41 ID:glCGmLzA

ライナー「馬鹿な俺を許してくれ」

ベルトルト「ライナー……」

ベルトルト「やるんだな。今、ここで」

ライナー「ああ」

ユミル「あのぉぉぉ! お取り込み中すいませんガッ!?」トンッ

ユミル「」チーン

ライナー「……このまま動かなければ俺たちも確実に奴らの餌食になるだろう」

ライナー「選択肢は無い。なら、今だ」

ベルトルト「……一つだけ聞かせてくれ。君は今、どっちだ?」

ライナー「正直自分でもよく分からん。任務を放棄する気は全く無いんだ。ただ……」チラ

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:01:27 ID:glCGmLzA

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ベシベシ

超小型巨人「ピギエエエエエエエエエ!」ガリガリクン

ライナー「あいつらを見殺しにはできない」

ベルトルト「……必要だからね」

ライナー「当然、それもある」

ベルトルト「それ以外もある?」

ライナー「ああ……都合のいい話だがな」

ベルトルト「…………」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:02:22 ID:glCGmLzA

ライナー「ベルトルト、ユミルを頼む」

ベルトルト「うん…頑張ってみる」

ユミル「ハッ!」パチッ

ライナー「ユミル、お前と話すのはこれで最後だろうから、一つだけ聞いてくれ」

ユミル「ライナー…? 何だよ改まって」

ライナー「クリスタは……」

ライナー「俺の嫁ッ!!!」ダッ

ユミル「」ブチン

19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/23(金) 23:03:06 ID:glCGmLzA

バッ

ベルトルト「ユミル! 暴れないでくれ!」

ガリッ

ベルトルト「い、痛い痛い! やめてくれ痛い!!」

カッ!!

ユミル「ラァイナァァァァァァ!!!」ゲシッゲシッ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:54:54 ID:aGACTjFY

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」バッ

ユミル「てめえこの野郎!! お前なんぞにクリスタは死んでも渡さねえぞ!!」ゲシゲシ

ベルトルト「ユ、ユミル、もっと他に言う事があるんじゃ痛いっ!」

ユミル「お前の嫁に出すくらいなら私が貰うわ!!!」ゲシゲシ

ベルトルト「鎧の巨人! 見ろよあれ鎧の巨人だぞ! 痛いっ!」

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」バキッドカッ

ユミル「はあ、はあ……」

ベルトルト「ぜぇ、ぜぇ……」ズキズキ

ユミル「離せよベルトルさん」

ベルトルト「駄目だ。今の君は何をするか分からない」

ベルトルト「皆に頼まれたんだ。僕が今するべき事は君の身の安全を守る事だ」

ユミル「はッ、よく言うぜ。すっかり兵士ごっこが板に付いちまったみたいだな?」

ユミル「超大型巨人さんよ」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:55:25 ID:aGACTjFY

ベルトルト「君は……」

ユミル「だから言ってるだろうが。私も同じだと」

ベルトルト「そうか。ライナーが鎧の巨人だと分かれば一緒にいる僕の正体にも行き着くか…」

ユミル「いやだから」

ベルトルト「参った…君は勘が良いな」ハァ

ユミル「お前らなんで人の話聞かないの?」

ベルトルト「同期にそう何人も巨人がいちゃたまらないよ」ハハ

ユミル「現にいるだろうが!!」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:56:10 ID:aGACTjFY

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」ガシガシ

ユミル「っておい、あいつ動きが鈍ってねえか?」

ベルトルト「クリスタとコニーを庇いながら戦っているんだ…」

ユミル「……」

ベルトルト「ライナー…なりふり構わなければ勝てる筈なのに…」

ユミル「あいつガチでクリスタに惚れてるのか?」

ベルトルト「…あそこにいるのが君でも、彼はきっと同じ事をしたと思う」

ユミル「救いようのねえ馬鹿だなあ」

ベルトルト(確かにクリスタ達は生かして連れて帰りたい。でもそれで君が死んだら意味が無いじゃないか)

ベルトルト(そうまでして2人を守りたいのか? 僕らは殺人鬼なんだぞ)

ベルトルト(ライナー、君は本当に馬鹿だよ)

ベルトルト(……僕もだ)

37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:56:57 ID:aGACTjFY

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」

巨人「アーアー」ガリガリ

巨人「ウーウー」ズンズン

巨人「キャハハハハハハハ」ノッシノッシ

ユミル「まずいぞ! 巨人ども、次々と鎧の巨人にのしかかっていく」

ベルトルト「ライナー…!」

ユミル「おいウスノロ! さっさとそこから出てきやがれ!!」

ユミル「お前が巨人共の餌になるのは構わないがな! クリスタとついでにコニーの命が掛かってるんだぞ!!」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:57:36 ID:aGACTjFY

ベルトルト(硬化能力がある限りそうそう食われる事は無いだろうけど……あれじゃ身動きが取れない。巨人の数が多すぎる)

ベルトルト(僕らの力は有限だ。このままだと……)

ユミル「ウォールマリアを崩壊させた鎧の巨人サマがその程度かよ! 情けなねえなオイ!!」

鎧の巨人「オオォォオオオオオ…!」ズズ…

ユミル「……クソッ」

ユミル「ベルトルさん、もう一度だけ言うぞ」

ユミル「離せ」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:58:13 ID:aGACTjFY

ベルトルト「……駄目だ」

ユミル「」ギロッ

ベルトルト「……」

ユミル「いい加減にしろ……私は皆に守られるヒロインなんかじゃねえぞ!」

ベルトルト「えっ、当たり前じゃないか…」

ユミル「フン!!」ゲシッ

ベルトルト「おうっふぅうう」

ユミル「ならどうする? 親友の命よりお仲間からの頼まれ事の方が大事なのか?」

ベルトルト「そんな訳…ないじゃないか…」プルプル

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 15:59:02 ID:aGACTjFY

ユミル「お前、自分が巨人化して戦うつもりか?」

ベルトルト「そうだ…」プルプル

ベルトルト「ライナーに巨人が集っている今がチャンスなんだ」プルプル

ユミル「お前の巨体じゃ全員潰れちまうぞ」

ベルトルト「鎧の巨人なら僕の巨人の熱と質量にも耐えられる」プルプル

ユミル「クリスタ達はどうなる」

ベルトルト「ライナーが守っているから……死ぬ事は無い、とは思う」プルプル

ユミル「信用できねえな。もういっぺん蹴ってもいいか? 潰れたって再生するだろ?」

ベルトルト「やめてください」プルプル

ユミル「三つ数える間に離せ」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:00:07 ID:aGACTjFY

ユミル「ひとつ……」

「あーいたたたた……」

「ちくしょう痛え……なんだこれ」

ユミル「!?」バッ

ベルトルト「えっ?」バッ

リーネ「はあ…本当に死ぬかと思った。いたた」シュウウウウウ

ヘニング「くそ、まだ足が動かないな……」シュウウウウウ

ユミル「」

ベルトルト「」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:00:53 ID:aGACTjFY

リーネ「あっ、新兵たち! 大丈夫だった?」シュウウウウウ

ヘニング「悪いな、…いてて…さっさと気を失ってしまって…」シュウウウウウ

ユミル「なん…」

ベルトルト「だと…!?」

ユミル「あ、あの……亡くなったはずでは…」

ベルトルト「即死だったはずですが……というよりその蒸気は…」

リーネ「即死? ああ、ナナバあたりが気を使ってくれたのかな?」シュウウウウウ

ヘニング「結局バレてしまったようだがな」シュウウウウウ

ユミル(もしかして私はまだ悪夢を見ているのか?)

ベルトルト(やったねライナー、仲間が増えたよ)ハハッ

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:01:59 ID:aGACTjFY

リーネ「ところで他の子達は? 姿が見えないけど…」

ユミル「!!」ハッ

ベルトルト「あ、あの! ユミルを預かっていてください!」

ヘニング「は?」

ユミル「なっ…」

ベルトルト「彼女は気が動転していて、放っておくと巨人の中に飛び込もうとするんです!」

リーネ「それはいけない」

ヘニング「俺たちはこの通りボロボロだが、2人がかりでなら押さえられるだろう」

ベルトルト「ありがとうございます」

ユミル「ベルトルト!」キッ

ベルトルト「大丈夫だ。うまくやる」

リーネ「こら、暴れるんじゃない。こっちはまだ回復してないんだから」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:02:37 ID:aGACTjFY

ベルトルト「そうだ。君にひとつ、言っておきたい事があったんだ」クルッ

ユミル「何だよ…」

ベルトルト「…………」

ユミル「おい」

ベルトルト「……その」

ユミル「あのさ、あいつらが流れ作ったからって無理に何か言い残さなくてもいいんだぞ?」

ベルトルト「ぼ、僕はっ…」

ベルトルト「この戦いが終わったらアニに想いを伝えようと思う!!」カァァァ

ユミル「何故それを言おうと思った!?」

ベルトルト「その時は君に背中を押して欲しいんだっ!」ダッ

ユミル「OK!ナイフで押すぜ!!」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:03:11 ID:aGACTjFY

リーネ「ふふ、若いねえ」ホノボノ

ヘニング「そういえばナナバさん達はどうした?」

ユミル「食われました」

リーネ「それは大変」

ヘニング「今頃巨人の腹の中で暴れてるんだろうな」

ユミル(これ夢落ちルートだろ)

バッ

ガリッ

カッ!!

ユミル「忘れてた」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:04:05 ID:aGACTjFY

ズオオオオォォォォォオオオォォ……

リーネ「あ、あれは……!?」

ヘニング「超大型巨人!!」

ユミル「…………の生首!!?」

超大型生首「フシュウウウウウウウウウ」

ユミル「さてはあいつ告白の事しか考えてなかったな…」

ズドーン!!

巨人「アアアアアアア」ジュウウウウウ

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:04:47 ID:aGACTjFY

ヘニング「おお、何体かやったぞ!」

リーネ「でもあんな状態でどうやって戦うっていうの!?」

ユミル「他に言う事あるんじゃないですか?」

超大型生首「フシュウウウウウウウウウ……」

超大型生首「シュウウウウウウウウウ」ゴロンゴロン

ヘニング「転がっただと!?」

リーネ「見て! 巨人がどんどん潰れていく!」

ユミル「すげえよベルトルさん……すげえ気持ち悪い」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:05:35 ID:aGACTjFY

超大型生首「シュウウウウウウウウウ」ゴロンゴロン

巨人「アアアアアアア」ジュウウウウウ

鎧の巨人「オオオォォ……」ズルリ

ヘニング「まさか! あれは鎧の巨人か!?」

リーネ「あら、なかなかハンサムだね」

ユミル(もう誰にも突っ込まない)

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:06:07 ID:aGACTjFY

ユミル「クリスタは!?」ハッ

女神巨人「…………」グググ…

女神巨人「」ニコッ

ユミル「クリスタっ……!」フルフル

超小型巨人「ピギイイイイ! ピギイイイイ!」ノソノソ

女神巨人「」ヨシヨシ

ユミル「おいそこのミジンコ野郎! どさくさに紛れて撫でてもらってんじゃねえ! 代われ!!」

リーネ「あら、あの子綺麗な羽根だね」

ヘニング(天使……)

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:06:55 ID:aGACTjFY

超大型生首「シュウウウウウウウウウ」ゴロンゴロン

超大型生首「シュウウウウウウ………」ゴロンゴロン…

超大型生首「ウウウウ……」ゴロン…

ユミル「……?」

リーネ「動きが止まった? まだ巨人が残っているのに」

ヘニング「いや、よく見ろ……」

超大型生首「ウゥエエエエエエエエエエ……」グルグル

ヘニング「目を回している…」

リーネ「やだ、吐いたりしないと良いけど…」

ユミル「頭だけなので大丈夫かと」

リーネ「あはは、それもそうだね」

ユミル「……」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:07:28 ID:aGACTjFY

ユミル(ライナー達は消耗が激しい、私は取り押さえられていて、先輩方は修復中……)

ユミル「どいつもこいつも……!」ワナワナ

ユミル「ベルトルト!! 今戦えるのはお前だけなんだぞ! しゃきっとしろ!!」

超大型生首「ウゥエエエエエエエエエエ……」グルグル

ユミル「巨人どもを蹴散らしてアニに告白するんだろうが!! なあっ!!」

超大型生首「」ピタ

ユミル「……? おい…」

超大型生首「////」ブシュウウウウウウウウウウウ

ユミル「こんな事でオーバーヒートするんじゃねええ!!」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:08:25 ID:aGACTjFY

ユミル「ナイーブすぎるぞ!? そんな調子で告白なんか出来る訳ねえだろうが!」

超大型生首「」ウルウル

ユミル「泣くな!! 回れ! 潰せ!」

超大型生首「ウウウゥゥゥゥウウウウゥゥ……」ポロポロ

ユミル(いや……)

ユミル(今度こそ私の番じゃねえのか)

ユミル(あの数なら多分、やれる。手足の1、2本は覚悟しておくべきだろうが…)

巨人「アーアーウーウ」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/24(土) 16:10:59 ID:aGACTjFY

ユミル「……先輩、手を離してください」ググ…

リーネ「何を言っているの」

ユミル「戦うんですよ」

ヘニング「駄目だ。耐えてくれ、丸腰のお前が行った所で無駄死にだ」

ユミル「どんな不利な状況でも戦うのが兵士の本分じゃないんですか?」

ヘニング「ただ無意味に命を投げ出すような真似は許さない! 上官命令だ!」

ユミル「上官が何だ! こちとらあんた方の親より前の時代を生きてきたんだよ!!」

リーネ「くっ、やっぱりこの子気が動転してる!」

ヘニング「無理も無い。仲間が皆巨人だったんだ、脳がパンク寸前なんだろう…」

リーネ「黙っててごめんね…」

ユミル「私も巨人!!!」キーッ

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:22:03 ID:1VmFkRs2

巨人「アーアーウーウー」ガブガブ

超大型生首「フシュウウウウウ」イヤイヤ

鎧の巨人「オオオオオオッ…」ブンブン

女神巨人「キャアアアアアアアアア!」ドゲシッ

超小型巨人「ピギエエエエエエエエエ!」バタバタ

巨人「キャキャキャキャ」ガブガブ

女神巨人「………! ……!」グラッ

クリスタ(駄目…もう思うように身体を動かせない…!)

クリスタ(このまま食べられちゃうのかな)

クリスタ(……せめてコニーだけでも…)

女神巨人「……」ギュウ

超小型巨人「ギイイ…!?」

クリスタ(こうして覆い被さっておけば、もしかしたら助かるかもしれない)

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:22:38 ID:1VmFkRs2

巨人「アーアーウーウー」ガブガブ

クリスタ(食べられてる…)

クリスタ(不思議と痛みは感じない。そういうものなのかな)

クリスタ(もうすぐ終わるんだ。そういえば本当の名前、結局言えなかったなあ…)

クリスタ(ごめんね。約束守れなかった)

クリスタ(でも私、結構頑張ったんだよ?)

クリスタ(頑張ったんだから、あなたもちゃんとイカした人生を送ってね。こんな所で死んじゃ駄目よ?)

クリスタ(さよなら、ユミル)

クリスタ(………)

クリスタ「怖いよ……」

リスタ――…

クリスタ――…

ユミル「クリスタ!!」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:24:18 ID:1VmFkRs2

ヘニング「よせ落ちるぞ!」

ユミル「クリスタ! この馬鹿が! 他人の為に死ねて満足か!? お前はそれでいいかも知れないがなぁ…」ググ…

ユミル「ちょっとはこっちの身にもなってみろ!」

ユミル「目の前で集団自殺を見せつけられてどうイカした人生を送れってんだよ!!」

ユミル「だからこんな所で死ぬな!!」

ユミル「生き残って、いつかお前を追い出した連中を見返してやれよ!!」

女神巨人「………!」

ユミル「頼むよ、死なないでくれ!!」

女神巨人「!!」バサッ

リーネ「と、飛んだ!!」

ヘニング(新世界の女神…!?)

62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:25:20 ID:1VmFkRs2

女神巨人「……ッ!!」ブン!

超小型巨人「ギョピッ!!?」ドゴッ

巨人「」チーン

リーネ「投げた!?」

ヘニング「いい肩だ」

ユミル「いいぞクリスタ! 結婚しよう!」

鎧の巨人「」ピク

ユミル「お?」

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」ガバッ

リーネ「鎧の巨人が…!」

鎧の巨人「オオォォオオオオオ!」オラオラオラオラ

巨人「」チーン

ユミル「対抗心燃やしてきやがった」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:26:17 ID:1VmFkRs2

女神巨人「」ヒョイ

超小型巨人「ギィ?」

女神巨人「フッ!!」ブン!

超小型巨人「ギョピッ!!?」ドゴッ

巨人「」チーン

リーネ「拾ってまた投げた!?」

ユミル「ダハハハハ! その調子だ、いい子ちゃんのレッテルなんて捨てちまえ!」

ヘニング「捨ててるのは人間性じゃないか…?」

鎧の巨人「オオォォオオオオオッ!!」オラオラオラオラ

ユミル「おおいいぞライナー! お友達までなら許してやる!」

ユミル「あとはベルトルさんだな」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:27:39 ID:1VmFkRs2

ユミル「おーいベルトルさーん!!」

ユミル「ここだけの話なんだが、憲兵団でアニにしつこく言い寄ってる男がいるんだよ」

超大型生首「!?」

ユミル「あんな腐りきった奴に惚れた女を奪われたら、死んでも死にきれないよなあ?」

ユミル「あとお前ら故郷とかどうするんだ?」

超大型生首「シュウウウウウウウウ!」シュバッ

ユミル「着火完了」

ヘニング「どういう事だ…首だけでトリプルアクセルだと…!?」

リーネ「いや、もう倒せるならなんでもいい!」

鎧の巨人「オオォォオオオオオッ!!」

超大型生首「シュウウウウウウウウ!」

女神巨人「………フッ!!」

超小型巨人「ギエピーーー!」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:33:52 ID:1VmFkRs2

数分後、ウルガルト城に群がる巨人は駆逐された

巨人化した4人はいずれも重傷を負っていたが、治癒能力のおかげで命に別状は無い模様

更に巨人の残骸からナナバ、ゲルガーを発見。こちらは損傷が激しく、絶対安静が必要だった

しかしゲルガーは「酒を、酒を」などとやかましかった為、物理的に眠らせ、回復に専念させる

ユミル「……クリスタ」

クリスタ「あ…ユミ、ル。けが、してない?」

ユミル「うるさい黙れバカ」

ユミル「お前は、本当に、このっ…」

ユミル「……」ギュッ

クリスタ「いたた、ちょっと、苦し…よ」

ユミル「…悪い」パッ

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:30:41 ID:1VmFkRs2

ユミル「お前も眠れよ。多分もう巨人は来ないからよ」

クリスタ「ユミル…泣いてる?」

ユミル「はあ?」

クリスタ「声が変だもの…」

ユミル「三年分くらい叫んだせいで喉が痛いんだ」

クリスタ「ふふ、そ…か…」

クリスタ「ありがとね」

ユミル「……」

クリスタ「……」スー…

ユミル「そりゃこっちの台詞だバカ」

ユミル「……おやすみ」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:35:48 ID:1VmFkRs2

「おはようございます」

69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/25(日) 21:36:20 ID:1VmFkRs2

ユミル「え…」

リーネ「……あ」

ヘニング「……!?」

獣の巨人「良い朝ですね」

73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:43:41 ID:39iqkodY

ユミル「……!」

リーネ「こ、こいつ、あの時の…」

ユミル(クソ…まだ壁内にいやがったのか!)

獣の巨人「いやなんかいつまでも騒がしいから来てみたらさ、すごい事になってんじゃん」スッ

ヒョイ ヒョイ

ライナー「」

ベルトルト「」

ヘニング「な、待て! 何のつもりだ!?」

獣の巨人「何って、回収だけど」ヒョイ ヒョイ

クリスタ「」

コニー「」

ユミル「クリスタ!!」

74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:46:09 ID:39iqkodY

獣の巨人「壁内どうなってんの? こんなにいるなんて聞いてないけど」ヒョイ ヒョイ

獣の巨人「あ、そっちの二人もか」スッ

リーネ「ああっ!」

ヘニング「は、離せ!!」

獣の巨人「暴れるなよ。潰しちゃうから」

ヘニング「くそっ…おい、逃げろ!! どこでもいい、報告を…!」

ユミル「…っ!」

ユミル(もうやるしかねえ…)

ユミル(だが巨人化したところで勝ち目は……)

獣の巨人「大量大量」ヨッコラセ

75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:47:41 ID:39iqkodY

ユミル「待て!!」

獣の巨人「ん? お前…」

ユミル「私が誰だか分かるか?」

獣の巨人「……」

獣の巨人「いえ、存じません」

ユミル「」

獣の巨人「それじゃこれで」

ユミル「ちょっ、おい、待てよおいっ…」

ユミル「」

ユミル「クソが!!」バッ!

「待てユミル!!」グイッ

76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:49:41 ID:39iqkodY

ユミル「!? 今度は何だ!」バッ

エレン「落ち着けって! 危ないだろうが!」

ユミル「エレン!? お前どうして…」

アルミン「エレン、待ってってば!」パシュ

ミカサ「単独行動は危険」パシュ

ユミル「お、お前ら…三人だけでどうやって来たんだ」

ミカサ「走って」

ユミル「何て?」

アルミン「ユミル、もうすぐ調査兵団が到着するよ! それよりもあの巨人は何なんだ!?」

ユミル「あ…あいつ、クリスタ達を攫いやがった! 早く助けねえと」

77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:51:00 ID:39iqkodY

エレン「お前は装備が無いだろ!? ここにいろって!」グイッ

ユミル「もうその流れは飽きたぞ!!」

ミカサ「ユミル、エレンの言う通り。私たちに任せればいい」

ユミル「よせ、あいつは危険だ。いくらお前でも…」

アルミン「ユミル、ミカサの言う通りにしよう」

エレン「俺も行」

アルミン「エレン」

エレン「…わかったよ。離れるぞ」

ユミル「ま、待てって!」

アルミン「ユミル! ミカサなら大丈夫だ」

ユミル「……」

78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:54:19 ID:39iqkodY

ミカサ「…そうだ。ひとつ言っておきたい」

ユミル「は? 何だよ」

ミカサ「貴女じゃない。エレンに」

ユミル「……」

エレン「どうした?」

ミカサ「その…シャツのサイズが合わなくなってきたので、これが終わったら一緒に買」

ユミル「分かった行け!!」ドゴッ

アルミン「ミカサーーーッ!?」

ヒュウウウウウウ……

ガリッ

カッ!!

79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:56:02 ID:39iqkodY

腹筋巨人20m over「ヴォオオオォォォォォ…」

ユミル「」

ユミル(あコレ勝てるわ楽勝だわ)

腹筋巨人「ヴォオオオォォォォォ」ドスドスドス

アルミン「あはは、ユミル…驚いたでしょ?」

ユミル「いや、あまり…」

アルミン「そうだよね、無理も無いよ」

エレン「ああ…俺も最初は驚いた。でもあいつの事、化け物だとか思わないでくれよ」

ユミル(安心しろ。お前の同期は化け物しかいない)

ユミル(あと人の話を聞け)

80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/28(水) 22:58:18 ID:39iqkodY

獣の巨人「」

獣の巨人「え」

腹筋巨人「ヴォオオオォォォォォ…」ドスドスドス

獣の巨人「なにこれ聞いてない」

腹筋巨人「ヴォオオオォォォォッ!」ブンッ

獣の巨人「わぁ」サッ

ドガシャアアアアァァン!!

ユミル「地面が割れたんだけど…」

アルミン「ミカサー! 壁を壊さないように気をつけるんだぞー!」

獣の巨人「いてててて破片いててやばいやばい」

81 :アルミン巨人の表記が思いつかなかった 2013/08/28(水) 23:01:17 ID:39iqkodY

エレン「くそっ、俺も駆逐したい…」

ユミル「そんなお前の為に巨人が沸いてきたぞ」

巨人「アーアー」

巨人「ウーウー」

エレン「よし!」ガリッ

アルミン「露払いは任せてくれ!」ガリッ

江蓮巨人「ウオオオオオォォォォ!!」ゴォォ

有民巨人「ヲォォォォウ…」

ユミル「……」

ユミル「……」

ユミル「……」スッ

ハンジ「ようやく追いついた!」パシュ

ユミル「! ハ、ハンジ分隊長…」

82 :アルミン巨人の表記が思いつかなかった 2013/08/28(水) 23:03:32 ID:39iqkodY

ハンジ「あれ、君104期の子だよね? どうしてこんな所に?」ハァハァ

ユミル「私たちは…」

ハンジ「いや! そんな事より巨人だ!」ハァハァ

ハンジ「前衛、中衛は二手に分かれて巨人を叩け! くれぐれも犠牲は出すな!」

ドドドドドド……

ハンジ「で!?」ハァハァ

ユミル「は?」

ハンジ「あそこで戦っている巨人は何!?」ハァハァハァ

獣の巨人「ちょ、ま、たんまたんま」

腹筋巨人「ヴォオオオォォォォ!」ドゥッ

ユミル「あの猿…いえ獣の巨人が他の巨人を引き連れてきたものと思われます」

ハンジ「あのすんげぇ方は!!?」ハァハァハァハァ

ユミル「ミカサです」

ハンジ「納得ッ!!」

89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:46:42 ID:kpFyDmkw

ハンジ「モブリット!」

モブリット「はい!」

ハンジ「彼女の保護と後衛の統率を頼んだよ。私は前線の指揮を執る」

モブリット「分かりました、お気をつけて!」

ハンジ「あそうだ。君、名前なんていったっけ?」クルッ

ユミル「(把握しとけよ)…ユミルです」

ハンジ「ん?」

ユミル「ん?」

ハンジ「…良い名前だ」ニコ

ユミル「どうも…」

90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:05:03 ID:oc.mMsrk

ハンジ「それじゃあユミル、モブリットの側から離れないようにね」

ユミル「努力します」

バッ

ハンジ(ミカサも気になるけどやっぱりあの獣の巨人だ! あんな巨人は見た事が無いよ調べつくしたいなぁ心ゆくまで。でもあそこの頭でっかちな子もキュートで良いね)

ガリッ

ハンジ「はんがあああぁぁぁ」ブシュー

モブリット「分隊長どこのボザドですか!!」

ユミル「あれは痛い」

ユミル(結局私は…このまま正体を晒さずに済むのか)

ユミル(それ以上の問題が山積みな訳だが)

91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:07:39 ID:oc.mMsrk

腹筋巨人「オオォォッ!」ブン!

獣の巨人「あぶなっ」ヒョイ

獣の巨人「あーもういいよ。こいつら返して欲しいんだろ?」ポイー

腹筋巨人「!!!」バッ

ミカサ(危なかった…!)キャッチ

獣の巨人「こんなのがいたなんて予想外だった」ポリポリ

獣の巨人「撤退しよ」スタコラ

ハンジ「あの獣の巨人…壁を登れるのか!?」

ハンジ(まずい…)

ハンジ「ミカサ、ナナバ達をこっちへ! エレンもすぐに来てくれ!」

腹筋巨人「」コクリ

江蓮巨人「!」ドスドス

92 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:24:49 ID:oc.mMsrk

獣の巨人「ふう」ヨジヨジ

獣の巨人「あの腹筋野郎はやばいな。もう少しで頭吹っ飛ぶところだった」

鎧の巨人「まあここまで来れば安心だろ」

ハンジ「よし、やってくれ」

腹筋巨人「」コクリ

ミカサ(これは…ブーケトスの……練習!!)

腹筋巨人「ヴォオオオォォォォッ!」ブンッ

獣の巨人「どうしよっかなーこれから」ポリポリ

獣の巨人「あんなのが他にもいたら困るし……予定を早めるか」

ヒュウウウゥゥゥゥ…

獣の巨人「ん?」

93 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:40:56 ID:oc.mMsrk

江蓮巨人「ウオオオオオォォォォッ!」ゴォォォォ

獣の巨人「うおおおおおぉぉぉぉ!? 飛んできたぁ!?」

江蓮巨人「オオオッ!!」ガッ

獣の巨人「うおっ! お前ら本当になんなの?」ギリギリ

江蓮巨人「オオオオオオッ!」ギリギリ

獣の巨人(無理無理俺のが力強いし)ギリギリ

獣の巨人(もう面倒だから外側に落とそっかなこいつ)グググッ

江蓮巨人「…!」ググ…

モゾモゾ…

獣の巨人(何だ? あいつの髪の毛、今動いて…)

<コツコツ

獣の巨人「ん?」クルッ

ハンジ「はぁい」ニコ

ザシュッ!!!

95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:51:05 ID:oc.mMsrk

【数日後・トロスト区】

ユミル「よう、調子はどうだ?」

クリスタ「ユミル…? 調査兵団はどうしたの?」

ユミル「そんな事より差し入れだ。パンと果物があるけど、どれがいい?」

クリスタ「まさか抜け出してきたの? 駄目だよ、こんな時に」

ユミル「いらないのか?」

クリスタ「……りんご」

ユミル「おう、待ってろ。確かナイフがあったよな」

クリスタ「そこの引き出しに」

コニー「おっ、俺は梨がいい!」ヒョコッ

ユミル「ん? 今妙な雑音が聞こえなかったか?」キョロキョロ

コニー「おい! 梨、梨! 剥いてくれるよな!?」

ユミル「こんな時だけ擦り寄ってくるんじゃねえドチビ」ペチ

96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 01:24:57 ID:oc.mMsrk

ユミル(結局あの猿には逃げられた)

ユミル(ある程度の痛手は負わせたが、とどめを刺すには至らなかった)

ユミル(ミカサが全力で戦えりゃあよかったんだがなぁ…)

ユミル「まぁお前らの命には代えられねえよな」ポン

クリスタ「?」

コニー「おおっ! すげぇメロンがある!」

ユミル「時には鈍器にもなる便利な果物だ」

コニー「梨で」

ユミル(分隊長は割と奴の危険性を分かっているようだが…正直あの人にはもう関わりたくねえ…)

ユミル(あの猿が壁内に巨人を発生させていると仄めかしておいたし、もういいよな…)

ユミル「いてっ」サクッ

クリスタ「だ、大丈夫!?」

ユミル「ああ気にするな。舐めときゃ治る」

クリスタ「駄目だよ! ちゃんと見せて」

ユミル「へいへい…」

99 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 19:47:35 ID:JzOlIUAE

ユミル「……」

クリスタ「……」

コニー「…なあ、ユミル」

ユミル「何だ」

コニー「ライナー達は今どこにいるんだ?」

ユミル「…あいつらは隔離中だ。それ以上は知らん」

ユミル(まあ地下室に軟禁中なんだが)

コニー「あの時…二人は俺たちを助けてくれたんだよな?」

ユミル「まあ、結果的にはそうなったな」

コニー「何だよその良い方…」

ユミル「分かる訳ないだろ。壁を破壊した連中の考えなんて」

コニー「……!」

100 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 19:49:24 ID:JzOlIUAE

クリスタ「ユミル…」

ユミル「事実だろうが」

クリスタ「…ライナー達は自分たちだけ逃げる事だって出来はずだよ」

クリスタ「でもそうしなかった」

ユミル「……」

クリスタ「覚えてるんだ…巨人から守ってもらったこと」

コニー「そ、そうだぜ! あいつらがいなかったら俺たち死んでたんだぞ!」

ユミル「私に言わずに上に掛け合えよ。無駄だとは思うがな」

コニー「お前っ…!」

ユミル「まあ貴重な情報源を速攻処刑なんて事は無いだろうさ。ほら剥けたぞ」スッ

クリスタ「…ありがとう」

101 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 19:50:14 ID:JzOlIUAE

ユミル「そんな事よりお前らだよ!」クワッ

クリスタ「えっ」

コニー「危ねえっ! ナイフ向けるなよクソ女!!」

ユミル「なんでお前らまで巨人になれるんだよ!?」

クリスタ「え? そ、それ聞いちゃうの…?」

ユミル「当たり前だ! 寿命が縮まる程びっくりしたんだぞこっちは!!」

コニー「ばあちゃんみたいなこと言うなよ…」

ユミル「な、だっ、ば、馬鹿野郎! どっからどう見ても17歳だろうが!!」

コニー「お、おう…?」

cyber426
cyber426
@cyber426

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents