TIME LOCKER(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『TIME LOCKER』はSotaro Otsukaが開発し、2016年にスマートフォン・タブレット用に配信開始されたシューティングゲームである。Otsukaが一人で制作したインディゲームであるにも関わらず、世界で100万ダウンロードを突破しており、30を超す国々でプレイされている。
「障害物を避けてどれだけ前に進めるか」というシンプルなゲームでありながらも、個性豊かなキャラクター、多彩な強化アイテム、時間を自在に操れる不思議な操作性などの魅力も併せ持ち、人気を博している。

青い敵は倒すとアイテムを落とす。それ以外の動きや能力は黒い敵と一緒。

紫の敵

紫の敵

紫の敵はジグザグに進んでくる。動きが読みにくいため注意が必要。倒した時のポイントが黒い敵より少し高い。

射撃してくる敵

画像右上が射撃してくる敵

射撃してくる敵。弾に当たるとゲームオーバー。銃弾が入り乱れる状況ではとりわけ注意が必要。

オレンジの敵(ボスキャラ)

オレンジの敵(ボスキャラ)

オレンジの敵はプレイヤーを追いかけてくる。ボスキャラは耐久力が高く、倒した時のポイントも高い。

『TIME LOCKER』のゲームシステム

基本操作

敵を倒すことと、青いボーダーラインを越していくことでポイントが上がる

基本操作は指一本でスライドさせていくだけ。
指をスライドさせればプレイヤーが動き、指を止めれば時間が止まる。
上記の操作で「敵を撃って突き進む」という目的を遂行していく単純明快なゲームである。
ゲームが進むと、敵の動きが読みにくくなったり、耐久性の高い敵が増えて難易度は上がる。
敵を倒したり、前進を続けていくとポイントが加算されるシステムだ。
時折出現するオレンジ色のボスキャラを倒せばポイントは得られるが、ステージが切り替わったり、ゲームクリアは訪れない。そのため、ラスボスという概念もない。
『TIME LOCKER』は高得点の達成(ハイスコア)を目指してプレイされる、ゴールのないマラソンのようなゲームと言える。

ゲームを面白くしている仕掛け

「ひたすら敵を撃って突き進む」というシンプルなゲームでありながら、ユーザーを飽きさせない仕掛けがしっかりと施されている。

背後から迫る影

一定の速度で進まないと後ろから影が迫ってくる。右側のオレンジの敵はマンモス型のボスキャラ。

時間を自在に操れて、時には止めることも出来る本作であるが、時間制限は存在する。
敵の動きを止めている時は、自分の動きも止まっている。しばらく時を止めていると、後ろから一定の速度で迫ってくる影がプレイヤーに追いつき、飲み込んでしまう。
本作でゲームオーバーとなるのは、敵の体(もしくは攻撃)に接触した時か、影に飲み込まれた時である。
本作では時間を止めることはできるが、止め続けるとゲームオーバーとなってしまうため、一定のスピードを保って敵の中を走り続けなければならない。
この設定がプレイヤーに適度な緊張感を与え、ダレずにプレイさせる働きをしている。

取ればどんどん強くなれるアイテム

青い敵を倒すとアイテムボックスが現れる

アイテムをたくさん取ることでどんどん強くなれる

青い敵を倒すと、ハテナマーク(?)のついた青いボックスが出現する。
そのボックスを取ると、プレイヤーの攻撃機能が追加される。
『スーパーマリオ』で言うところのスーパーきのこ(大きくなる)や、ファイヤーフラワー(火の玉を投げられる)のように、プレイヤーを強くしてくれるアイテムである。
『スーパーマリオ』では、強化アイテムの効果は1種類しか取り入れることができず、同時に2種類の能力を得ることはできなかった。
しかし『TIME LOCKER』では、上限なく強化アイテムを取り入れ、プレイヤーの強さを増幅させ続けることができる。
強化アイテムをいくら取っても、敵への接触/攻撃の着弾でゲームオーバーとなることは変わらないが、「攻撃は防御なり」という言葉があるように、攻撃力や攻撃の幅が広がることで敵を寄せ付けにくくなる。
アイテムを大量に取得して武装をすることで、究極生命体のような強さでゲームを進行していける爽快感は本作の大きな魅力といえる。

キャラクターの多彩さとPOD

kwt-1991
kwt-1991
@kwt-1991

目次 - Contents