TIME LOCKER(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『TIME LOCKER』はSotaro Otsukaが開発し、2016年にスマートフォン・タブレット用に配信開始されたシューティングゲームである。Otsukaが一人で制作したインディゲームであるにも関わらず、世界で100万ダウンロードを突破しており、30を超す国々でプレイされている。
「障害物を避けてどれだけ前に進めるか」というシンプルなゲームでありながらも、個性豊かなキャラクター、多彩な強化アイテム、時間を自在に操れる不思議な操作性などの魅力も併せ持ち、人気を博している。

『TIME LOCKER』の概要

『TIME LOCKER』はSotaro Otsukaによって開発され、2016年に配信が開始された日本のシューティングゲームである。
指一本でシンプルに操作でき、指を止めればゲーム内の敵や弾も止まる。
操作の簡単さに加え、ピンチになれば敵の動きを止めてしまえるので、シューティングやアクションを苦手としている人であっても楽しみやすい仕様になっている。
ゲーム名「TIME LOCKER」は、自在に時間を止めることができるユニークな操作性に由来している。
Sotaro OtsukaはIT企業で3年間ほどソーシャルゲームを作っていたが、会社を辞めて独立し、本作を開発した。
『TIME LOCKER』は30以上の国々でプレイされており、日本以外では主にアメリカ、中国、韓国などで楽しまれている。

『TIME LOCKER』のあらすじ・ストーリー

本作に明確なストーリー性は存在しない。
プレイヤーが敵を攻撃し、または攻撃を避け、ひたすら前進を続け、ハイスコアを更新することを目的としたゲームが『TIME LOCKER』である。
また一定の距離を進むとボスが出現する。ボスを倒してもやはりエンディングが訪れたりすることはないが、倒すと多くのポイントを獲得できる。

『TIME LOCKER』の登場人物・キャラクター

プレイヤー

プレイヤーとして使用出来るのは、最初はTHE LOCKERのみであるが、ゲームを進めていくと、新たなキャラクターが解放されていく。
キャラクターは全50種類以上も存在する。

THE LOCKER

THE LOCKER

THE LOCKERの攻撃

最初から使用出来る基本キャラクターで、前方へオレンジの弾を発射する。
THE LOCKER以外のキャラクターは、この前方攻撃に加えて別の攻撃が付加された仕様になっている。

GORI WRAP

GORI WRAP

GORI WRAPの攻撃

GORI WRAPは課金制のPODで120円で購入できる。無限に使える買い切りキャラクター。
青い分身のような GORI WRAPが現れ、前方の敵を駆逐してくれる。

ALLO SAURUS

ALLO SAURUS

ALLO SAURUSの攻撃

ALLO SAURUSは課金制のPODで120円で購入できる。無限に使える買い切りキャラクター。
プテラノドンのような黄色い飛行生物が2体現れて付いてくる。2体は敵に光線を放った後、敵に突撃して自爆し、少しすると復活する。
攻撃と防御を兼ね備えた基礎性能で、ハイスコアを生みやすい。

WIDE RHINO

WIDE RHINO

WIDE RHINOの攻撃

WIDE RHINOはコイン制のPODで入手できる。
攻撃の特徴は、威力の高いWIDE SHOTを放つこと。アイテムとしてWIDE SHOTを入手すると、さらに強力になる。

RODEO STAMPEDE Ⅱ

kwt-1991
kwt-1991
@kwt-1991

目次 - Contents