美しい隣人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『美しい隣人』とは、2011年1月から3月まで放送された、隣家に引っ越してきた異常な女性をテーマにしたサスペンスドラマ。主演は主人公の沙希を演じた仲間由紀恵。郊外の住宅地、美空野町に暮らす平凡な専業主婦矢野絵里子は、夫と息子の3人家族で平穏な日々を過ごしていた。ところがある日、絵里子の家の隣に引越して来た謎の美女・マイヤー沙希によって、彼女の平穏な生活は崩れ去っていくというストーリー。仲間由紀恵演じる沙希が、檀れい演じる絵里子の幸せな生活を崩壊させていく姿と、そこに潜んだ謎が見どころである。

『美しい隣人』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

沙希「よかった」

窓から身を投げて沙希が言った最後の言葉。沙希は些細なことで怒ってしまう、かなり神経質な精神の持ち主である。息子を亡くした沙希が絶望の中でTVニュースを見ていると、駿を抱いて泣きながら「よかった」と言っている絵里子を観た。その事に怒りが込み上げてきて、沙希は絵里子への復讐を決意した。そして絵里子が恨みを買ったきっかけを視聴者に伝えるために、沙希は最後の言葉としてこの言葉を発したのである。

沙希「あなたのその顔が見たかったからよ」

「なぜ自分を攻撃するのか」と絵里子が尋ねた際に、「あなたのその顔が見たかったからよ」と沙希は答えた。沙希の異常性を表すセリフであり、本作のキャッチコピーである「女は、苦しむ女を見るのが好き。」を体現しているセリフである。復讐に取り憑かれて絵里子の不幸を見る事に生き甲斐を感じている沙希を表現している。

沙希「身体のどこを切っても幸せの蜜が溢れてきそう」

隣に引っ越してきた沙希と徐々に仲良くなっていく絵里子に対して「身体のどこを切っても幸せの蜜が溢れてきそう」と言った。悩みもなく普通に幸せに生きている絵里子に対して表面上は誉めているように聞こえる。しかし実は不幸な自分を顧みて、絵里子の幸せを奪ってやりたいという意味にも聞こえるセリフである。

自宅でロッキングチェアーに座る沙希

一人暮らしの家の2階の部屋で暗い中白いロッキングチェアーにもたれ掛かり、虚ろな目をする沙希がたびたび登場する。亡き息子を想いながら、一点を見つめる姿は沙希の異常性を表す印象的なシーンとして有名である。

『美しい隣人』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

地震の発生で最終回の放送が中断した

2011年3月15日の最終話は22:00〜23:09の15分拡大版が放送される予定だったが、22:31ごろに発生した静岡県東部地震により22:35から22:50まで地震速報が放送された。そのため放送が中断され22:50から中断した部分の続きから再開された。また最終話のみ東日本大震災の影響で協賛社の提供クレジットが自粛され、ACジャパンの公共広告CMに差し替えられた。

本作の続編として『サキ』が放送されている

本作放送後の2年後にあたる2013年に、続編という形で『サキ』が放送されている。本作のスタッフが多数参加し、主題歌も東方神起が担当している。『サキ』の主人公である網浜サキは本作の沙希と同一人物という設定である。『サキ』のラストではサキが妊娠していて、「名前はもう決まってるんです」と話すシーンがあることから、時系列として本作は『サキ』と後の話である。

本作の放送中に限定CMが放送されている

本作の放送時間限定として、仲間由紀恵が出演していたサッポロビールの麦とホップのCMの別バージョンが放映された。『仲間さん つづき篇』というタイトルのCMで、その内容は共演する田村正和にドラマの続きを聞かれ、仲間由紀恵が「自分の口からは言えない」と答えるものであった。

『美しい隣人』の主題歌・挿入歌

主題歌:東方神起「Why? (Keep Your Head Down)」

作詞:ユ・ヨンジン、作曲:ユ・ハンジン、ユ・ヨンジン
日本語バージョン「Why? (Keep Your Head Down)」は2011年1月26日に東方神起の日本での31作目のシングルとして発売された。ユンホとチャンミンでの2人体制となってから初の楽曲。

5mkoekiku
5mkoekiku
@5mkoekiku

Related Articles関連記事

リング0 バースデイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リング0 バースデイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リング0 バースデイ』とは、2000年に公開された日本のホラー映画。『リング』『らせん』『リング2』に続くリングシリーズ完結編である。原作者・鈴木光司原作の短編集『バースデイ』に収録されている『レモンハート』の映画化。生前の貞子の悲恋と悲惨な最期を描く。昭和43年、母・志津子が亡くなってから東京の劇団に所属していた18歳の山村貞子、彼女の身に起きた悲劇の数々。激しい呪いの秘密の全てが明かされる。仲間由紀恵が後のおぞましい姿から想像もできない生前の可憐な貞子を好演。

Read Article

東方神起(韓国アイドル)の徹底解説まとめ

東方神起(韓国アイドル)の徹底解説まとめ

2003年に韓国で結成。2004年に日本デビュー。 激しいダンスと繊細なハーモニーの両方を兼ね備え、多くのファンを獲得した。 結成当時5人だったメンバーは3人が脱退し、2人で活動を続けている。 現在日本で活動している多くの韓国発アイドルの先駆け的存在。 デビューから10年以上が過ぎ、バラエティー番組やドラマにも出演し活躍の場を広げている。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『四月は君の嘘』とは、新川直司のピアノを題材にした漫画作品。2011年から2015年まで『月間少年マガジン』にて連載された後、アニメ化、実写映画化、舞台化、ミュージカル化もされている人気作品だ。母の死をきっかけに、ピアノの音が聴こえなくなった元天才ピアニストの有馬公生。暗い日々を過ごす中、圧倒的な個性を持つヴァイオリニストの宮園かをりと出会い、再び音楽を通じて成長する物語である。音楽に情熱を注ぐ演奏家たちや彼らを支える周りの人の言葉は、心を動かされるものが多い。

Read Article

【仲間由紀恵】達筆な人も!?芸能人の書く文字まとめ【堺雅人】

【仲間由紀恵】達筆な人も!?芸能人の書く文字まとめ【堺雅人】

文字はその人自身を表すといった諺が示すように、書く人の個性が強く出ます。丸々したものだったり、筆圧が強めだったり、ものすごく達筆でもはや読むことすらできないものもありますよね。この記事では、芸能人の書く文字についてまとめました。まるで芸術作品のような美文字には、惚れ惚れしますよね…。

Read Article

【毒舌】東方神起チャンミンのドS発言まとめ!

【毒舌】東方神起チャンミンのドS発言まとめ!

「うちの会社は狂ったのか」、自分と結婚して欲しいとせがむファンに「嫌だ」…等々。毒舌なのになぜか笑える、東方神起チャンミンの発言をまとめてみました。 チャンミンは、韓国や日本を中心に活動する韓国出身の男性シンガーソングライター、俳優である。2004年2月に韓国でデビューした歌手グループ東方神起のメンバーで、日本では2005年4月にデビュー。

Read Article

今スグ欲しくなる!?芸能人愛用のメガネ・サングラスのブランドまとめ

今スグ欲しくなる!?芸能人愛用のメガネ・サングラスのブランドまとめ

芸能人の中には、メガネやサングラスがトレードマークという方もいますよね。彼ら/彼女らがカッコ良く身に付けている姿を見たら、思わず欲しくなってしまいます。この記事では、そんな芸能人たちの愛用メガネ、サングラスのブランドをまとめました。これであなたも憧れのあの人になれる!?

Read Article

【韓流アイドル】整形は本当だった?東方神起の過去と現在

【韓流アイドル】整形は本当だった?東方神起の過去と現在

バツグンのルックスと素晴らしい歌唱力から、日本でも絶大な人気を誇る東方神起。もともと5人で活動していた彼らにも、韓流アイドルの宿命として整形疑惑がささやかれています。この記事では、そんな彼らの整形前後の画像を紹介しています。日本人にとっては整形は受け入れがたいかもしれないけれど、国によっては一般的なところも。整形の有無だけで好き嫌いを判断する前に、文化や考え方の違いをちゃんと理解しましょうね。

Read Article

休みの日にお勧め!一気見したい2クールアニメまとめ【銀の匙ほか】

休みの日にお勧め!一気見したい2クールアニメまとめ【銀の匙ほか】

「せっかくの休日なのに何もやることが無くて困った」という経験がある人は多いのではないだろうか。そんな時にお勧めしたいのがアニメ鑑賞である。アニメは一話ごとの時間が約30分と短いため集中して見続けることができ、ジャンルも冒険や恋愛、近未来サスペンスなど幅広く楽しむことができる。本記事では2クールで楽しむことができるおすすめのアニメ作品を厳選して紹介する。

Read Article

ジャンル豊富!書店員が選ぶおすすめ漫画10選【監獄学園ほか】

ジャンル豊富!書店員が選ぶおすすめ漫画10選【監獄学園ほか】

日本を代表するカルチャーの一つ「漫画」。日本では毎日のように新しい漫画がどんどん登場しており、定番の冒険・ファンタジーから、学園・青春物、ホラー・サスペンスなどジャンルも多彩である。どれを読んだらいいか迷ってしまうという人も多いのではないだろうか。本記事では書店員が選ぶおすすめの漫画作品を、10タイトル厳選して紹介する。

Read Article

思わず見惚れる!色彩センスが抜群なアニメまとめ【四月は君の嘘ほか】

思わず見惚れる!色彩センスが抜群なアニメまとめ【四月は君の嘘ほか】

アニメーションを作り上げるうえで面白いストーリーや個性的なキャラクターなどは欠かせないものであるが、美しい色彩感覚もまた、物語全体に深みを出してくれる重要なポイントである。自然風景や日常の生活などをよりリアルに表現したり、キャラクターの心情を細やかに表現してくれる「色」。本記事では特に色彩センスが優れているおすすめのアニメ作品を厳選して紹介する。

Read Article

思わず涙!感動すると話題の漫画作品10選【あさひなぐほか】

思わず涙!感動すると話題の漫画作品10選【あさひなぐほか】

心をリフレッシュさせたいとき、涙を流してストレスを解消する方法「涙活」。映画鑑賞や音楽などやり方は様々だが、手軽に手に取れる「漫画」を利用してみてはいかがだろうか。漫画にはふと心に刺さるような深いセリフや、感動的なシーンが沢山描かれている。本記事では「泣ける!」と評判の漫画作品を、10タイトル厳選して紹介する。

Read Article

目次 - Contents