魔王 JUVENILE REMIX(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔王 JUVENILE REMIX』とは、2007年から2009年にかけて『週刊少年サンデー』で連載されていた大須賀めぐみによるサスペンスアクション漫画。原作は伊坂幸太郎の『魔王』。都市開発が進み、治安悪化が進む猫田市。その街のヒーローである犬養舜二の裏の顔を知ってしまった安藤は、犬養の思惑を阻止すべくたった一人立ち向かう。
少年漫画では珍しい「腹話術」という地味な能力を使った躍動感のある戦いや、個性的なキャラクター達が織りなすスリリングな展開が魅力。

安藤「考えろ、考えろ、考えるんだ」

安藤が何か解決策を考えるたびに、何度も出てくるセリフ。
安藤が幼少期に見ていたアメリカドラマ「冒険野郎マクガイバー」に影響を受けたものである。
犬養の扇動によって何も考えず流されていく民衆の対になるように、安藤は「考えろ、考えろ、考えるんだ」と自身に言い聞かせ、考えることをやめないのであった。
作品を通して、一貫して出てくる言葉のため、安藤の人格を表す重要な要素である。

安藤潤也「消灯ですよ」

安藤たちが幼い頃から家族で使っていた就寝の挨拶である。
猫田市スタジアムで犬養が演説する日、その場にいた安藤は犬養に腹話術をかける寸前で力尽き倒れる。
体に限界がきた安藤は、両親を失い、兄までも失おうとしている潤也のことを想う。

そして最後、潤也のこの言葉で、安藤は永遠の眠りにつくのであった。

「おやすみ、兄貴。消灯ですよ」

『魔王 JUVENILE REMIX』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

本作品は小学館の連載で、原作である『魔王』『グラスホッパー』はそれぞれ講談社と角川書店

小学館の雑誌で連載されているにもかかわらず、原作が他出版社の小説(『魔王』は講談社、『グラスホッパー』は角川書店)という珍しい作品。

安藤が死ぬ直前まで彼の身辺調査をしていた人物は『死神の精度』の主人公の千葉

安藤が死ぬ直前まで彼の身辺調査をしていた謎の人物は、そのしゃべり方や彼が仕事をすると雨が降ることから、伊坂幸太郎の小説『死神の精度』の主役である「千葉」と言われている。

グラスホッパーの服は駅員の制服がモチーフ

グラスホッパーの服は当初軍人風の予定だったが、駅員の制服を参考にしている。

最高峰の殺し屋が「地震の能力」は伊坂幸太郎の案

健太郎・孝次郎の兄弟が最高峰の殺し屋として「地震の能力」をもつ設定にしたのは伊坂幸太郎の案。
兄弟、地震装置、新キャラの3つの案から最終的に兄弟の能力となった。

犬養の作画アレンジは大須賀案

犬養の作画アレンジは男も女も魅了する美形にしようと、大須賀が担当と決めたという。

Rei-Sho11185
Rei-Sho11185
@Rei-Sho11185

Related Articles関連記事

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

目次 - Contents