ホーリーランド(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホーリーランド』とは、2000年に森恒二により『ヤングアニマル』にて2008年まで連載された日本の格闘漫画であり、また漫画を原作としてドラマ作品である。不良たちが闊歩する夜の繁華街を舞台に「ヤンキー狩り」と噂される気弱な高校生神代ユウが様々な強敵と対決し路上の喧嘩での格闘技の恐ろしさをリアルに描く。

『ホーリーランド』の概要

『ホーリーランド』とは、2000年に森恒二により『ヤングアニマル』にて2008年まで連載された日本の格闘漫画である。コミックスも白泉社にて販売されており全18巻である。また漫画を原作としたドラマが2005年4月~同年6月までテレビ東京にて放映された。ドラマ版は毎週土曜日深夜1:30~2:00、全13話。主演俳優として石垣佑磨、徳山秀典、青山草太などが出演している。またアクションシーンはスタントマンなどは使わず主要キャスト陣が全て務めており、アクション観衆は原作者本人自ら手掛けた。また韓国でもドラマ化されている。韓国のCS局スーパーアクションが制作し2012年4月28日から翌5月19日まで全4話で放映された。主演俳優に韓国の音楽グループU-KISSのメンバーでドンホ(現在時点では脱退)とフンが出演している。
夜の東京の繁華街が舞台となっており、いじめられっ子で引き込もりだった気弱な男子高校生神代ユウはボクシングと出会い、街の不良達と喧嘩に明け暮れる日々を過ごすようになる。現代社会のアンダーグラウンドな部分にスポットライトを当て、いじめられっ子が力を以て戦い、苦しみ、成長していくストーリーである。登場する武術はボクシングをはじめとし、柔道、空手、剣道、レスリングなど様々である。そしてそれらが路上の喧嘩で実用されるとどうなるのか、またどのような武術なのか等も解説されている。

『ホーリーランド』のあらすじ・ストーリー

「ヤンキー狩り」の噂

街の不良たちで語られているヤンキー狩りの噂

「ヤンキー狩り」夜の下北沢の不良少年達の間ではこんな噂が流れていた。カツアゲ目的で絡んだ不良少年を次々と返り討ちにするボクサーがいる。その正体はいじめられっ子の元引きこもり高校生の神代ユウである。内気な性格と過去にいじめを受けていたことから、彼は家にも学校にも居場所がなく夜の街にいた。
基本的に内気な性格のユウは学校にも友達と呼べる存在は居らず一人で過ごしていたが、何人か撃退したある日学校でヤンキー狩りの噂が流れていた。噂を聞いたユウは狙われるかと思いきやカッコイイと称賛されていたことを知る。今までどこにも居場所がなく毎日を空虚に感じていたユウだったが、街で暴力を知り他人から称賛されていることで高揚感を得た。高揚感を得てぼーっとしていた時に一人の女子生徒に声を掛けられ我に返る。
この女子生徒はクラスメイトの井沢マイ。活発で今どきな女子校生であり、彼女はユウに声をかけた時不意に兄の面影を感じた。この時はまだ単なる気のせいくらいにしか気に留めなかった。声を掛けられ狼狽えながらもユウはその場を後にした。
恐怖よりも高揚感が勝ったユウはまた夜の街に出て不良に絡まれていたが、「ヤンキー狩り」と認識され狙ってきた。絡んだ不良を撃退するが狙われていることを知りその場を逃げ出すユウ。
狙われる恐怖に怯えていたところ、同じクラスの金田シンイチと偶然出会い行動を共にするようになる。初めて学校帰りに遊びに誘われたり、誰かと一緒にいることで必要以上に怯えなくなったユウは初めて街に受け入れられたように感じた。

刺客岩戸と井沢マサキとの出会い

岩戸に投げられてしまうが何とか立ち上がるユウ

そんな中不良が集う高校の世田谷商業の頭である吉井は、ヤンキー狩りに対し刺客として柔道部の岩戸を差し向ける。シンイチと一緒にゲームセンターで遊んでいたユウは吉井の部下に捕まり岩戸と直接対決することとなる。自分がいられる場所、存在意義を守るためにユウは拳を構える。
拳は構えたもののやはり恐怖心から最初は逃げ回っていたユウだが、迫りくる相手を前に腹をくくり渾身のパンチを振り抜くと岩戸の顎に直撃する。シンイチもまさかユウが「ヤンキー狩り」だとは何かの間違いかと思っていたが、周りの不良たちを含め確信に変わった瞬間だった。岩戸が倒れたのを見て終わったかのように思えたが岩戸は立ち上がり再びユウに襲い掛かる。
ユウは何とか善戦するも岩戸に捕まってしまい投げられてしまう。しかし不幸中の幸い背負っていたカバンがあったので致命傷にならず立ち上がった。痛みよりも何よりも自分の居場所がなくなることの恐れが彼を奮い立たせまた拳を構えた。

岩戸(左)に渾身の右ストレートを振り抜くユウ

何度かパンチを放っても岩戸に叩き落とされてしまい窮地に立たされるが当たるまで速い左のパンチを打ち続けるしかないと意を決し前に出るユウ。その時ユウの服の袖は岩戸に捕まれたがその刹那ユウは思い切り右の拳を振り抜いた。このパンチが岩戸の顎に直撃し勝利を収めた。何とか岩戸に勝利したが思い切り顎を殴った為拳を痛めてしまった。そして刺客が返り討ちに遭いメンツを潰された吉井はユウを袋叩きにしようとする。しかしその時、間に割って入った男がいた。
「路上のカリスマ」と呼ばれ街で不良に恐れられている井沢マサキだった。彼はヤンキー狩りの噂が流れた頃は気になる程度だったが段々興味が出始め今回のタイマンの場にも居合わせていた。突然間に入られてしまいいきり立つ吉井だったが井沢に圧倒されユウを襲うことを躊躇ってしまう。警察が近くまで来ていることもありその場の不良たちは不服ながらも逃げていった。井沢はユウに「俺は井沢マサキ。また会おうぜ」と言葉を残しその場を後にした。
井沢に助けられながらもなんとかその場を切り抜け、いつもの日常に戻った。
しかしユウは一人でいた。岩戸との戦いの後学校でシンイチと学校で会っても、衝撃的な戦いの後ということもあり気まずさを感じ会話をすることもなくなってしまった。夜の下北沢で不良たちに襲われ、刺客を送り込まれ戦ったことユウにとって恐ろしい体験だった。それと同時に、多くの人間が自分に対し真剣に向かってきて、血の匂いや痛みから自分の命を感じ必死になったことは彼にとって初めての体験だった。この感覚を忘れることが出来ず彼はまた夜の街に再び足を踏み入れていく。そんな中街の不良たちでは新たに噂が流れていた。ヤンキー狩りが世田谷商業の刺客である岩戸をトップの吉井の前で倒したこと、井沢が吉井と対立したことである。そして今ヤンキー狩りが吉祥寺にいるという噂も流れていた。

ユウの過去、大沢高校の刺客

ユウの過去

何気なく本に書いてあったことを実践してみるユウ。

ユウは噂通り夜の吉祥寺をあてもなく彷徨っていた。そして井沢に声をかけられたことを思い出しつつ自分は何か変われたのかと考えていた。そんな時街の噂を聞きつけユウを探していたシンイチと再会する。シンイチはユウが何故ボクサー顔負けのワンツーが打てるのかを問うた。そしてユウは自分の過去を踏まえ話始める。
ユウは中学でいじめられており不登校になっていた。同級生からの嘲笑の目、教師や家族の憐憫の目。陰のある目に怯え続けていた彼は自殺寸前まで追い込まれていたが直前で恐怖心から断念した。そんな時立ち寄った書店で一冊のボクシングの教本に出会う。そこには今までの自分とは無縁だった人の殴り方が書かれていた。その日の夜にユウは何気なく教本に書かれていた左ジャブの打ち方を実践してみた。身に着けたいというわけではなく、何となく始めたことだった。しかし繰り返し拳を放っていくうちに段々没頭していき気づけば何百何千回と拳を放っていた。

いじめっ子に反射的に反撃しユウが変わるきっかけとなったパンチ

パンチだけではなく筋力トレーニングも実施するようになり三か月が経った頃彼は再び書店に出向いていた。左ジャブばかりではなく右手でも打てるパンチを知るためにまたボクシング教本を読んでいた。その時ユウをいじめていた不良たちに出くわし人気のないところに連れていかれからかわれ始める。そしてその行為は次第にエスカレートしていき暴力を振るわれていく。しかし何千回と繰り返した左ジャブが無意識に放たれ一人の不良の顔面に直撃した。思いもよらぬ抵抗を受け不良たちは激昂しユウを袋叩きにしてしまう。こっぴどくやられてしまったユウだが初めて人を殴ったことからある感覚が芽生えていた。殴ったときの感触や殴られた相手の表情を思い出しもしあのまま右ストレートを続けて放っていたらどうなっていただろうか。自分は変わるかもしれない。この感覚が彼の体を突き動かしていく。今までの自分が変わるきっかけになると信じて繰り返しパンチの練習に没頭していった。
ユウの過去を知ったシンイチはユウと一緒にいることを決意した。世田谷商業に既に目をつけられておりそのユウと一緒にいることは危険だと承知の上でのことだった。しかしそれでも神代ユウの今後に目が離せなくなったこと、ユウの闘いに熱くなったこともあり再びユウと行動を共にするようになる。二人の友情が復活した瞬間だった。

路上のカリスマの闘いと第二の刺客

囲まれても冷静に判断し立ち回る井沢

シンイチと別れた後井沢がユウの前に現れた。ユウと別れたシンイチを偶然見かけてもしかしたら近くにユウがいるかもしれないと探していたのである。そして井沢はユウに「何故街に戻ったのか」と問う。岩戸を倒した一件で既に世田谷商業の不良から目をつけられており、下北沢も吉祥寺も危険極まりない場所であることもかかわらずなぜ戻ってきたのかをユウに問うた。しかしユウは逆にどうすれば街に居て良いのかと返す。
その時井沢の見かけた不良たちが後をつけユウと話をしている姿を発見しヤンキー狩りと路上のカリスマが繋がっていると判断し襲い掛かってきた。凶器を持った複数の男たちが襲い掛かるも井沢は難なく撃破。井沢の戦闘スタイルはボクシングを徹底的に路上の喧嘩用にカスタイマイズした技術を持っていた。しかし不良たちの一人が仲間を呼び始めたので井沢はユウを連れて撤退する。乗ってきたバイクで何とか逃げることに成功した。
不良たちから逃げた後、路上の自販機の前で井沢は街でこのまま生き残る術をユウに教える為に、ユウに思い切り右ストレートを打つように言う。最初は躊躇ったものの生き残るためにユウは渾身の右ストレートを放つ。しかし井沢はフットワークを使い回り込むようにしてパンチを躱す。井沢は後ろに下がらず前に出て躱せば勝機はつかめるとフットワークを使うことを教えた。その後井沢はその場を去るがその最中ユウの右ストレートをわかっていなかったら躱せていたか考えていた。ユウが磨いた右ストレートはそれほどすさまじいものだと実感するのであった。

代沢高校の刺客

井沢が見せた右封じを実践しショウゴ(左)を仕留めにかかるユウ

世田谷商業と同じく不良が集う高校の代沢高校。この高校の不良グループの中心人物である八木は、神代ユウをカツアゲ目的で襲ったが撃退されていた。大沢高校の空手家緑川ショウゴは、八木ががやられたのに報復出来ずにいることに対して苛立ちを隠せずにいた。そして街の有名人の井沢と同じくボクシングを使うことからヤンキー狩りは井沢の部下と考えていた。夜の喫茶店で仲間と愚痴をこぼしていると同じ大沢高校で留年している先輩土屋に絡まれる。レスリング使いの土屋は空手は弱いと馬鹿にし、それがきっかけでショウゴとタイマンを張ることとなる。
土屋は組み付いて倒し圧倒しようとするも強烈な空手の打撃により敗北する。この勝利でユウとタイマンを張れる機会を設けるように提案する。ヤンキー狩りを井沢の部下と認識していたショウゴは井沢を引きずり出すために、ヤンキー狩りを潰せばいいと考えた。こうしてショウゴとユウは戦うことになった。
決戦の舞台は夜の公園。そこには代沢高校の不良たちが武装して待ち構えており当然八木もいた。そしてユウに興味を持っていた井沢マサキも立ち会っていた。
怒号が鳴り響く中ユウとショウゴの対決が始まる。しかしユウは恐怖心から不用意に前に飛び出したことでショウゴの蹴りが直撃してしまう。勝負がついたかのように思えたがユウは立ち上がる。そしてショウゴの正拳突きを躱し右のストレートを繰り出し直撃させる。この技は以前井沢と偶然公園で会い不良たちに絡まれたときに井沢が使った「右封じ」であった。

活路を見出しショウゴの腕に組みつき脱臼させることに成功

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents