「ウィッチクラフトワークス」ありがちな魔法キャラアニメだが、ヒロインの魅力に押し切られますw

2014年1月から3月まで全12話で放送されたアニメ。講談社の月刊青年漫画雑誌『good!アフタヌーン』で連載されていた漫画のアニメ化。

KMM団(倉石たんぽぽ・目野輪冥・飾鈴・宇津木環那・桂虎徹←配置順にあらず。)
皆、塔の魔女で、主人公を初めて襲った敵である倉石たんぽぽから他4名に至るまで、メデューサの部下であり、当初は主人公を襲っていたが、メデューサ敗戦後は、共に主人公宅に居候という雑魚キャラ。ただ、こういったキャラもこのアニメの面白さの一つ。

ウィークエンド

ウィークエンド。塔の魔女で、火々里 かざねと同様に「終わりの魔女」の異名をもつ凶悪魔法使い。戦闘力は高くないが、知略を駆使してそれらを十分に補う戦い方をする。本アニメでは、彼女が開発した爆弾魔法兵器「ゲヘナの火」を使い、町ごと吹っ飛ばそうと企てる。

まとめ

一番のみどころは、重複するが男の主人公を守り溺愛するクールビューティーなヒロインの行動。←イラストにあるように、主人公をお姫様抱っこするシーンがしばしば。ただ、そこから徐々に力をつけていき、逆転していく主人公の成長もこれからのみどころ。アニメ続編はあるかなしか難しいところですが、原作漫画ではさらに詳細に楽しめますので漫画もおすすめです。

ardbeg001
ardbeg001
@ardbeg001

目次 - Contents