レディ・イン・ザ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・イン・ザ・ウォーター』とは2006年に公開されたファンタジームービー。『シックス・センス』(1999)など衝撃的な結末の映画が大ヒットしたM・ナイト・シャラマンが監督を務めた。殻に閉じこもった人生を送っていたある中年男が、海の精に出会う。中年男は周囲の人々と協力して、海の精を助け、世界を救うために大奮闘する。天敵の恐ろしい魔物も登場し、危険と困難を伴うミッションを通して、中年男は失っていた自信を取り戻し、人生を見つめ直す。現代に蘇ったおとぎ話が、大きな感動を与えてくれる作品だ。

ブルーワールド

海の精が住む世界。
この海の精はナーフと呼ばれ、未来を見通すことが出来る。
人間界に派遣されたナーフは、「選ばれし器」と呼ばれる人物に会うと、その人物に「目覚め」が起こる。
そしてその「目覚め」は後々世界に大きな影響を与える。
また人間界からブルーワールドにナーフが戻ると、宇宙に調和をもたらすと言われている。

スクラント

ナーフの天敵。
ナーフを襲い、命を奪う魔物。
背中に草のような毛が生えており、普段は地面と同化し、人間からは身を隠している。
唯一守護者だけはスクラントの心をコントロールでき、見つめると怖がって動けなくなってしまう。

タートゥテック

ブルーワールドを守る魔物で、掟の番人と呼ばれている。
風貌はまるでサルのようで、木の上に住んでいる。
大変凶暴で、生れ落ちると同時に親を殺してしまう。
しかしこの凶暴さで何世紀もブルーワールドの秩序を保ちつつ、スクラントからナーフを守ってきた。

グレート・イートロン

嵐の空に現れたグレート・イートロン

ナーフを故郷に連れていく巨大なワシ。
人目を避けてナーフの元に飛来し、ナーフを背中に乗せ、ブルーワールドまで連れていく使命を担っている。

選ばれし器

ナーフが人間界で会わなければならない人物。
ナーフがこの「選ばれし器」という人間に会うと、その人間は「目覚め」を体感する。
そしてその人間が成しえた事が、後々の世界に大きな影響を与えると言われている。

料理本

ヴィックが執筆した文化や社会を批判する本。
この本がアメリカの未来の指導者に大きな影響を与え、大事な変革が起こる。
しかし作者のヴィックは、「この本が原因で殺されてしまう」とストーリーに予言された。
ショックを受けるヴィックに「人はみんな繋がっているの。1人の死がすべてに影響を与える。」と伝え、彼の死が決して無駄ではないことを伝える。

『レディ・イン・ザ・ウォーター』の名‌言・‌名‌セ‌リ‌フ‌/‌名‌シー‌ン・‌名‌場‌面

ストーリー「あなたの心は美しい。あなたの心は大きい」

ストーリー(右)に悲しい過去を晒され、苦しそうに日記を抱きしめるクリーブランド(左)

ストーリーはクリーヴランドの日記を読み、彼は妻子が強盗に殺されたという悲しい過去を抱えていることを知る。
そして「あなたの心は美しい。あなたの心は大きい」と彼の人柄を見通す。
それを聞いたクリーヴランドは、過去を思い出し、日記を抱えて辛そうな表情をする。
一見、過去を暴くような失礼な行動だが、この出来事を通してクリーヴランドは過去に向き合い始め、後にストーリーを救う原動力となった。

シャワー室でのやり取り

左側のシャワー室にいるストーリーからメッセージを受け取ろうとするアナ

水を浴びると調子が良いストーリーは、ラン兄弟の部屋のシャワー室で裸で水浴びをしながら過ごしていた。
人間界ではブルーワールドの話はしてはいけないという掟があり、ストーリーからブルーワールドへの帰還について直接聞きだすことができない。
そこでアナは一計を案じて、言葉でなくジェスチャーで返事をするようストーリーに提案した。
まずクリーヴランドはチョイ夫人から聞いた話をアナに聞かせ、アナはシャワー室にいるストーリーに伝える。
ストーリーはその問いにジェスチャーで答え、それを見たアナが答えをクリーヴランドに伝える。
大変まどろっこしいやり方だが、これで掟を守りつつ、ギルドや通訳といった役割について聞き出すことが出来た。
協力者が一丸となってストーリーを守り、未来の世界につなげようという団結力が感じられる場面だ。

ハリー「なぜ映画の登場人物は傘をささない?」

スクラントに襲われそうになり、慌てて転んだクリーブランド

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

スプリット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スプリット』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開は2017年の5月。23人もの別人格を持つ多重人格者に誘拐されてしまった女子高生たちが体験する、予想不可能な恐怖を描く。監督は「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」など、意表を突いたラストやどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン。誘拐犯である多重人格者をジェームズ・マカヴォイが熱演し、主役の女子高生をアニャ・テイラー=ジョイが演じている。

Read Article

シックス・センス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シックス・センス』とはブルース・ウィルス主演の1999年のミステリー映画。 タイトルを直訳すると第六感。ブルース・ウィリスが演じる小児精神科医が、死者が見えるという第六感を持つ少年と向き合っていく、というストーリーだ。 映画館での上映では、「映画の秘密を話さないでください」のブルース・ウィリスの前置きも話題となり映画は大ヒット。アカデミー賞でも多くの部門にノミネートされた話題作。 監督は『サイン』などのM・ナイト・シャマラン。 第六感を持つ少年を演じたオスメントの名は世界中に知られた。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

サイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイン』とは2002年に公開されたアメリカのSFサスペンス映画。一時期大きな話題となったミステリーサークルの謎を題材にした映画で、宇宙人襲来のパニックを描きつつ、ある家族の再生と主人公の信仰心を扱った異色作。妻の不慮の死で信仰心を失った男グラハムの営む農場に、ある日突然ミステリーサークルが出現する。それと共に世界中でUFOや宇宙人が目撃。人々は宇宙人の襲来から神の啓示によって救われるのか、それともただの不幸な出来事となるのか。宇宙人から家族を守る鍵はなんとグラハムの信仰心だった。

Read Article

目次 - Contents