レディ・イン・ザ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・イン・ザ・ウォーター』とは2006年に公開されたファンタジームービー。『シックス・センス』(1999)など衝撃的な結末の映画が大ヒットしたM・ナイト・シャラマンが監督を務めた。殻に閉じこもった人生を送っていたある中年男が、海の精に出会う。中年男は周囲の人々と協力して、海の精を助け、世界を救うために大奮闘する。天敵の恐ろしい魔物も登場し、危険と困難を伴うミッションを通して、中年男は失っていた自信を取り戻し、人生を見つめ直す。現代に蘇ったおとぎ話が、大きな感動を与えてくれる作品だ。

デュリー氏の息子で、コーンフレークを食べながらおしゃべりばかりしている男の子。
純粋な心を持っている彼は、通訳として身近なもの、つまりコーンフレークの箱の文字の羅列の中から神からのメッセージを選び出す。
このメッセージを基に、スクラントに襲われたストーリーを癒すことが出来た。

ハリー・ファーバー(演:ボブ・バラバン)

吹き替え:塾一久

映画の評論家。
とても辛辣な批評家だが、文章を書くプロとしてクリーヴランドに物語の登場人物の定石について語って聞かせる。
その考察を聞いて、クリーヴランドはナーフを故郷に帰すためのヒントを得る。
しかし今回のおとぎ話においては、ハリーの考察は全くの誤りで、ストーリーの帰還作戦は一度失敗に終わってしまう。
その後パーティーでほろ酔い気分になったハリーは、偶然スクラントに出くわし、襲われてしまう。

レジー(演:フレディ・ロドリゲス)

なぜか体の右側だけを鍛えている男。
科学実験と言いつつ、毎日左腕が右腕より何センチ大きくなったかを測っている。
当初はナーフとは全く関係ないと思われていたが、偶然対峙した時にスクラントが動かなくなったため、レジーが守護者であることが分かった。
その後タートゥテックが来るまでは、スクラントからストーリーを守った。

リーズ氏(演:ビル・アーウィン)

儀式に参加するリーズ氏(左)

吹き替え:菅生隆之

コーブ・アパートに長年に渡って住んでいるアパートの主。
いつも自室に閉じこもり、戦争関係のTV番組ばかりを見ている。
悲しい過去から心を閉ざしていたクリーヴランドに「私のようにはなるな」と警告した。
このセリフからリーズ氏自身も、過去のなんらかの出来事から殻に閉じこもり生きてきたことが伺える。

ベル夫人(演:メアリー・ベス・ハート)

肩に蝶がとまったベル夫人(左)

吹き替え:鈴木弘子

動物愛護家の優しくとても頭のいい女性。
最初はヒーラーかと思われたが、スクラントに襲われたストーリーを癒すことは出来なかった。
しかし蝶は自分ではなくクリーヴランドに集まってきていることに気付き、彼がヒーラーであると指摘する。

バブチック氏(演:ジャレッド・ハリス)

儀式を見守るバブチック氏(中央)

コーブ・アパートの住人で、おしゃべりな妻と共に暮らしている。
「口が臭い」など自身のちょっとした恥ずかしい秘密を、妻が他の住人にいつもバラしてしまう。
その後秘密がない男として儀式に立ち会い、ストーリーの回復に一役買う。

ナレーター(演:デヴィッド・オグデン・スティアーズ)

吹き替え:家弓家正

今作の冒頭で、ブルーワールドに関するおとぎ話が語られる。
太古の昔に深い関わりがあったナーフと人間との関係性が、落ち着いたナレーションによって語られ、これから起こる不思議な世界を予感させる。

『レディ・イン・ザ・ウォーター』の用語

マダム・ナーフ

海の精であるナーフの女王で、世界を導く力を持っている。
チョイ夫人から聞いたおとぎ話から、ストーリーがマダム・ナーフであることが分かる。
ストーリーは不器用で他のナーフの中で笑い者だった自分が、女王になる資格などないと思い込んでいた。
しかしクリーヴランドの温かくも力強い励ましと、コーブ・アパートの人々の助けを借りて、無事故郷に帰還する。

おとぎ話

冒頭のナレーションで語られたおとぎ話の挿絵

冒頭で次のようなおとぎ話がナレーターによって語られる。
遥か彼方昔、人間と海の精は共存していた。
必ず現実となる海の精の予言に、人間は従い、平和な世界が保たれていた。
しかしいつしか人間は海の精の言葉に耳を貸さなくなっていく。
そして導く物のいない人間の世界は凶暴化し、争い事が絶えなくなる。
そんな状況を見て、海の精は己の子ども達を人間の世界に送り出す。
しかし人間の世界には海の精にとって大変危険な敵もおり、多くの子ども達が命を落とした。
それでも海の精は人間の世界を救うために子ども達を派遣し続けている。
といった内容であるが、ここで語られる海の精が劇中のストーリーのことであり、今作は現代版のおとぎ話となっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

スプリット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スプリット』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開は2017年の5月。23人もの別人格を持つ多重人格者に誘拐されてしまった女子高生たちが体験する、予想不可能な恐怖を描く。監督は「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」など、意表を突いたラストやどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン。誘拐犯である多重人格者をジェームズ・マカヴォイが熱演し、主役の女子高生をアニャ・テイラー=ジョイが演じている。

Read Article

シックス・センス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シックス・センス』とはブルース・ウィルス主演の1999年のミステリー映画。 タイトルを直訳すると第六感。ブルース・ウィリスが演じる小児精神科医が、死者が見えるという第六感を持つ少年と向き合っていく、というストーリーだ。 映画館での上映では、「映画の秘密を話さないでください」のブルース・ウィリスの前置きも話題となり映画は大ヒット。アカデミー賞でも多くの部門にノミネートされた話題作。 監督は『サイン』などのM・ナイト・シャマラン。 第六感を持つ少年を演じたオスメントの名は世界中に知られた。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

サイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイン』とは2002年に公開されたアメリカのSFサスペンス映画。一時期大きな話題となったミステリーサークルの謎を題材にした映画で、宇宙人襲来のパニックを描きつつ、ある家族の再生と主人公の信仰心を扱った異色作。妻の不慮の死で信仰心を失った男グラハムの営む農場に、ある日突然ミステリーサークルが出現する。それと共に世界中でUFOや宇宙人が目撃。人々は宇宙人の襲来から神の啓示によって救われるのか、それともただの不幸な出来事となるのか。宇宙人から家族を守る鍵はなんとグラハムの信仰心だった。

Read Article

目次 - Contents