レディ・イン・ザ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ・イン・ザ・ウォーター』とは2006年に公開されたファンタジームービー。『シックス・センス』(1999)など衝撃的な結末の映画が大ヒットしたM・ナイト・シャラマンが監督を務めた。殻に閉じこもった人生を送っていたある中年男が、海の精に出会う。中年男は周囲の人々と協力して、海の精を助け、世界を救うために大奮闘する。天敵の恐ろしい魔物も登場し、危険と困難を伴うミッションを通して、中年男は失っていた自信を取り戻し、人生を見つめ直す。現代に蘇ったおとぎ話が、大きな感動を与えてくれる作品だ。

『レディ・イン・ザ・ウォーター』の登場人物・キャラクター

クリーヴランド・ヒープ(演:ポール・ジアマッティ)

吹き替え:清水明彦

「コーブ・アパート」の管理人。
勉強家で真面目に仕事をこなす人の良い人物で、アパートの住人にも好かれている。
吃音を持っているが、アパートの住人は決してそのことをバカにしたりはしない。
元々は医者だったが、妻と子どもが強盗に殺害されて以来、心を閉ざし生きている。
ストーリーと出会ってからは、ブルーワールドの存在を信じ、彼女の帰還のために奔走した。
最初クリーブランドは守護者ではないかと思われていたが、実はヒーラーであることに気付き、スクラントに襲われた彼女の傷を癒す。
グレート・イートロンが飛来する最後の瞬間まで、彼女に寄り添い支えた。

ストーリー(演:ブライス・ダラス・ハワード)

吹き替え:佐古真弓

ブルーワールドから派遣されたナーフと呼ばれる海の精。
裸で人前に出たり、ビンやアクセサリーなどを集めるなど、まだ少女のようなあどけなさを持つ。
とても不器用で自信がない少女ではあるが、世界を導く海の精マダム・ナーフになると言われている。
スクラントに命を狙われる恐怖と戦いながらも、「選ばれし器」のヴィックに彼が世界に多大なる影響を与えるという予言を伝えた。
スクラントに襲われ大きな傷を負うが、ヒーラーであるクリーヴランドに癒され、数々の困難を乗り越えて、故郷ブルーワールドに帰還する。

ヴィック・ラン(演:M・ナイト・シャマラン)

吹き替え:東地宏樹

妹と共にコーブ・アパートに住んでいる青年。
いつも妹とは悪態をつき合っている。
クリーヴランドの仲介でストーリーに出会い、「選ばれし器」として覚醒し、未来の革命の種となる「料理本」を完成させた。
また「料理本」の過激な政治思想が原因で、殺される運命であることをストーリーから予言される。
自身の早すぎる死については妹には黙っていてほしいとストーリーにお願いするなど、妹を思いやる優しい兄でもある。

アナ・ラン(演:サリタ・チョウドリー)

吹き替え:林佳代子

ヴィックの妹。
おしゃべり好きの面倒見のいい女性で、親身になってストーリーの世話をこなす。
掟でブルーワールドについて話せないストーリーに、こちらの質問にジェスチャーを使って答えるように提案するなど、機転の利く女性でもある。
このジェスチャーゲームを通して、ギルドやヒーラーなどの情報を確認することができた。
ストーリーの予言によるとアナは将来7人の子どもに恵まれる。

ヤン・スーン・チョイ(演:シンディ・チャン)

吹き替え:斉藤梨絵

母と共にコーブ・アパートに住む東洋人の大学生。
読書家で、クリーヴランドとはよく本の貸し借りをしている。
母親のチョイ夫人がひいおばあちゃんに聞いたというおとぎ話を、英語を話せない母親から聞いて、クリーヴランドに通訳してあげる。
最後はギルドの1人として、ストーリーの怪我を癒す手伝いをし、彼女のブルーワールドへの帰還に貢献する。

チョイ夫人(演:ジューン・キョーコ・ルー)

クリーヴランドに心を開き始めるチョイ夫人(左)とそれを手助けするヤン(右)

ヤンの母親。
おとぎ話についてクリーブランドから度々尋ねられ、ヤンのひいおばあちゃん、つまり自身の祖母から聞いた東洋のおとぎ話を話して聞かせる。
しかし頑固で人嫌いな性格なため、なかなかクリーヴランドに心を許さない。
母は無邪気な人なら心を許すというヤンからのアドバイスを聞いて、クリーヴランドはチョイ夫人の前ではあどけなく振舞った。
その様子を見て、チョイ夫人は親近感を抱き、おとぎ話の詳細をクリーヴランドに語った。
チョイ夫人からの情報のおかげで、ストーリーは無事ブルーワールドに帰還を果たした。

デュリー氏(演:ジェフリー・ライト)

自分は通訳ではないかもと疑問視するデュリー氏(中央)

吹き替え:安井邦彦

コーブ・アパートの住人で、クロスワードパズルを解くことが趣味の黒人。
クリーヴランドに通訳ではないかと期待され、得意とするクロスワードパズルから神からのメッセージを読み取ろうとする。
しかしそのメッセージを元に立てた計画は上手くいかず、結局彼は通訳ではなかった。
その後息子のジョーイが通訳ではないかということに気付き、息子を通して神からのメッセージを受け取ることが出来た。

ジョーイ・デュリー(演:ノア・グレイ=ケイビー)

コーンフレークの箱からメッセージを読み取ろうとするジョーイ(中央)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

スプリット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スプリット』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開は2017年の5月。23人もの別人格を持つ多重人格者に誘拐されてしまった女子高生たちが体験する、予想不可能な恐怖を描く。監督は「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」など、意表を突いたラストやどんでん返しで有名なM・ナイト・シャマラン。誘拐犯である多重人格者をジェームズ・マカヴォイが熱演し、主役の女子高生をアニャ・テイラー=ジョイが演じている。

Read Article

シックス・センス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シックス・センス』とはブルース・ウィルス主演の1999年のミステリー映画。 タイトルを直訳すると第六感。ブルース・ウィリスが演じる小児精神科医が、死者が見えるという第六感を持つ少年と向き合っていく、というストーリーだ。 映画館での上映では、「映画の秘密を話さないでください」のブルース・ウィリスの前置きも話題となり映画は大ヒット。アカデミー賞でも多くの部門にノミネートされた話題作。 監督は『サイン』などのM・ナイト・シャマラン。 第六感を持つ少年を演じたオスメントの名は世界中に知られた。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

サイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイン』とは2002年に公開されたアメリカのSFサスペンス映画。一時期大きな話題となったミステリーサークルの謎を題材にした映画で、宇宙人襲来のパニックを描きつつ、ある家族の再生と主人公の信仰心を扱った異色作。妻の不慮の死で信仰心を失った男グラハムの営む農場に、ある日突然ミステリーサークルが出現する。それと共に世界中でUFOや宇宙人が目撃。人々は宇宙人の襲来から神の啓示によって救われるのか、それともただの不幸な出来事となるのか。宇宙人から家族を守る鍵はなんとグラハムの信仰心だった。

Read Article

目次 - Contents