v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

ボカロには、様々なライブ・フェスイベントが存在する。この項目に記載されているもの以外にも、企業が関わる大きなイベントからボカロPやファンによる個人主催でのイベント・ライブ等が多く開催されている。

THE VOC@LOiD M@STER

『THE VOC@LOiD M@STER(略称:ボーマス)』は、同人イベント情報サイトのケットコムにより都内を中心に開催されているボカロ専門の同人即売会である。
名前の由来は、人気アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』をもじってつけられた。元は2007年11月に複数のジャンルの同人オンリーイベント『スキマフェスティバル』内で開催されていたイベントの1つであった。その後、単独開催を定期的に行うようになり、2012年からは株式会社ドワンゴ主催の『ニコニコ超会議』内でも行われるようになった。
ボカロPや歌い手、弾いてみた等のボカロ関連の動画をあげているユーザー達による同人音楽CDの販売に加え、ボカロファンによる同人誌やグッズの販売、コスプレといったものも行われている。関連企業の出店も行われており、2010年2月に行われたボーマスでは会場内にステージを設け、参加者によるライブを行うイベント『Live Special』も行われた。

flowerイラストコンテスト

v flowerの初となる公式コンピレーションアルバム『debut』の発売を記念して行われたイベント。開催期間は2014年8月15日~2014年9月15日である。ニコニコ動画を運営する会社・ドワンゴによるイラスト・漫画投稿サイト「ニコニコ静画」にて行われた。
「『flower(フラワ)』の応援やキャラクターの魅力を描いたイラスト」をテーマに募集がかけられ、多くのニコニコ静画ユーザー・v flower好きのイラストレーター達からの応募が行われた。なお、優秀賞を獲得した3名には『v flower』のプレゼントに加え、CDショップやCD即売イベントにてイラストの展示がされるといった特典が用意された。

v flower DJ NIGHT

v flower初のDJライブ。開催日は2018年8月5日。東京都渋谷区にあるライブハウス「恵比寿Creato」で行われた。
恵比寿Creatoは全面LEDスクリーン装備のライブハウスとなっており、ライブ当日は超特大スクリーンにv flowerが映し出される形での演奏が行われた。ステージ上には、ぬゆりや電ポルP、かいりきベアなどの、v flowerでの楽曲制作を行った事がある有名なボカロP達も演奏者として登場し、v flowerファン大盛りあがりの一大イベントとなった。なお、ライブ当日会場に訪れることのできなかったv flowerファンも楽しめるようにと、ライブ光景はニコニコ動画を通して生中継が行われた。
ライブ開催以外にもアクリルフィギュアやキーホルダー、缶バッジや大判ステッカーにライブTシャツと、当日限定のグッズ販売も行われた。

v flower 7th Anniversary特集

ボカロ専門の音楽レーベル「KARENT」にて行われた企画。情報が公開されたのは2021年5月7日。2021年で誕生7周年目を迎えたv flowerを祝う為のイベントとなっており、v flowerの楽曲制作を行ってきた人気ボカロP達の大ヒットナンバーから書き下ろしの新曲まで、様々なv flowerソングを特集した企画となった。企画に関する情報が公開された2021年5月7日に、YouTubeにて特集に組まれた楽曲の試し聴きができる試聴動画が公開された。特集に組まれた楽曲達は、KARENTを通してiTunes Store、Amazon Musicなどの各音楽ダウンロードサービス、さらにはLINE MUSICやSpotifyなどのストリーミングサービスにて配信が行われた。

v flowerの人物像・プロフィール

性別:女
年齢:不明
発売日:2014年5月9日
ボイス:非公開

ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』シリーズの3機目『VOCALOID3』を使って作りあげられた音声合成ソフト。後に『VOCALOID3』の後継機にあたる『VOCALOID4』や、株式会社「エーアイ」が提供している合成音声読み上げソフト『AITalk』を用いて制作されたソフトも発売された。ボイスのもととなっている音源の提供者は非公開となっている。

初期デザインを担当したのは、イラストレーター・ろこると、イラストレーター・ヤマコである。ろこるがデザインしたイラストもとに、ヤマコがキャラクターイラストを制作した形になる。この段階では黒のメッシュ入りの白髪ロングの少女で、服装もパンクなスカート衣装と「女」らしさを意識したデザインが行われていたが、『VOCALOID4』を用いて制作された『v4 flower』では、少年のような姿をしたボーイッシュ系のキャラクターにデザインが変更された。デザインの担当者もイラストレーター兼動画師の△○□×に変わっている。

公式サイトによると、「クーデレ」な少女キャラクターである事が明かされている。「クーデレ」とは、「普段はクールであるが気を許した人にのみデレる」性格の者の事を指す言葉である。v flowerも販売されるソフトのパッケージ等ではクールな表情を保ったキャラクターとなっているが、本人が運営している(という体の)Twitterには、「気を許した人(ファン)」の前だからなのか非常に明るく元気溌剌なツイートを行っていたりする。『v4 flower』の情報が公開され、外見に大幅な変更が生まれた時にも「髪切って見た目は変わっても性格までは変わらないYO!」とテンションの高いツイートが行われていた。

v flowerのディスコグラフィー

ボカロ音楽には、数多くのCDが存在している。この項目に記載されているもの以外にも、企業からリリースされたメジャーアルバムからボカロP等のv flowerユーザーによる同人CDが多く販売されている。

『debut』

【DISC1(CD)】
1. Break out!
2. メランコリックシューゲイザー
3. イノコリ先生
4. シャノワールの冒険書
5. HOMEROOM
6. 曖昧劣情Lover
7. 京都ダ菓子屋センソー
8. 5th
9. ウヌボレ仮面
10. 絶対音楽で踊れ
11. 曖昧なリバーシ
12. Close to You

【DISC2(DVD)(初回限定盤のみ付属)】
1. Break out!
2. メランコリックシューゲイザー
3. イノコリ先生
4. シャノワールの冒険書
5. 京都ダ菓子屋センソー
6. 曖昧なリバーシ
7. Close to You

v flower初の公式コンピレーションアルバム。発売日は2014年10月1日である。
動画サイトで累計100万回再生を突破したv flowerの楽曲「イノコリ先生」(作:HoneyWorks)の収録にくわえ、cosMo@暴走PやみきとP、tilt-sixなど、ボカロ界では知らない者はいない大人気ボカロP達によるv flowerを用いた楽曲をいくつも収録したアルバムとなっている。
ジャケットの英作を担当したのは、v flowerのパッケージイラストの制作を担当したイラストレーターのヤマコ。初回限定版には、動画サイトに投稿されたMVが収録されたDVDに加え、初アルバムのリリースを記念したカード「flower PRECIOUS CARD」を封入した三方背BOXがついてきた。なお、「flower PRECIOUS CARD」には全て異なるID番号の記入が行われ、世界でただ1枚の特別なカードになるよう仕上げられている。

『一期一会』

1. vividest
2. 生きてるおばけは生きている
3. Nirvana
4. frost
5. CRY AWAY
6. ヒトサマアレルギー
7. ハナレバナシ
8. magic city
9. 車窓の彼女へ
10. 虹色サイダー
11. No Logic
12. 東京サマーセッション

『v4 flower』をフィーチャーした、v flower公式の2ndアルバム。発売日は2016年2月24日である。
アルバムのキャッチコピーは、「人生はチョコレートの箱。開けてみるまで分からない。」。2015年にヤマハの音声合成システム『VOCALOID』シリーズの4機目として開発された『VOCALOID4』を用いる形で制作されたv flowerの新しいソフト『v4 flower』。本作はビジュアル、歌声ともに新たに生まれ変わる形で発売された『v4 flower』に注目し、v flowerとの「今までとこれからの出会い」を形にしたアルバムとして制作された。
トラック1に収録された楽曲「vividest」(作:ANDRIVEBOiz)は、『v4 flower』の情報公開時に動画サイトにアップされ、話題になった楽曲であり、『v4 flower』の始まりといっても過言ではない1曲となっている。その他にも、これまでv flowerを用いて多くの名曲を生み出してきたボカロP達による『v4 flower』を用いた書き下ろし楽曲が収録されている。
ジャケット制作を担当したのは、『v4 flower』をデザインしたイラストレーター△◯□×(みわしいば)である。初回生産限定で、豪華スリーブケース仕様で発売されていた。

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

Read Article

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

サーキットに舞い降りた歌姫!初音ミクの歴代「レーシングミク」をフィギュアで振り返る!

初音ミクと言えばネットの世界から一躍有名になったポップカルチャーの象徴ですよね。様々なシーンで活躍する初音ミクはなんとレーシングチームの公式マスコットとしてサーキットに舞い降りていました!今回はそんな「レーシングミク」をフィギュアでご紹介☆登場以来、毎年サーキットで輝く初音ミクの姿は要チェックです!

Read Article

《家庭用ゲーム編》一度はプレイしておきたい音楽ゲームまとめb

スマホのリズム・音楽ゲームは多くの方がプレイされていると思いますが、家庭用ゲームではやっていますか?今でこそ少し影が薄くなった気もしますが、まだまだ現役!それどころか、むしろ画像の綺麗さ鮮明さ、爽快感、演出効果、インパクトなど、どれをとってもやはり家庭用ゲームは上質なのです。今回は家庭用ゲーム機で遊べるリズム・音楽ゲームの名作をご紹介しますb

Read Article

初音ミク派生キャラ+グッズまとめ

我らが歌姫、初音ミク様ですが、最近ではいろいろなミクさんがいらっしゃるようになりました。また、その人気ぶりも絶好調極まりなく、グッズ化はもちろんのこと、中にはアニメ化されたり海外進出しているキャラクターなどもたくさんいます。今回は、そんな初音ミクから派生して生まれたキャラクターをかわいいグッズと一緒にまとめてみました。一口にミクさんといっても、みなさんは誰が一番好みですか?

Read Article

目次 - Contents