とんでもスキルで異世界放浪メシ(とんスキ)のネタバレ解説・考察まとめ

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』とは江口連により小説投稿サイト「小説家になろう」で2016年より連載を開始した、異世界グルメ作品である。同年、オーバーラップノベルズより書籍化もされている。ある日、異世界に召喚された社会人ムコーダと、地球の料理に惹かれてやってきた伝説の魔獣フェンリル達と共に、異世界を気ままに旅していくストーリーだ。

『とんでもスキルで異世界放浪メシの』概要

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』は江口連原作のライトノベルで2016年から小説家投稿サイト「小説家になろう」で連載を開始した異世界グルメものの作品で、通称『とんスキ』とも呼ばれる。

また、同年には株式会社オーバーラップよりノベルズ化され2021年時点で10巻まで刊行されている。また同社より漫画版も刊行されており、こちらはスピンオフ作品『とんでもスキルで異世界放浪メシ スイの大冒険』も含めて全12冊が発売されている。

料理好きのサラリーマン向田剛志(ムコーダ)はある時、3人の少年少女とともに異世界の王城に召喚される。彼らを召喚したレイセヘル王国は、ムコーダらに魔物達や周辺諸国に対する戦力として禁断の秘儀である「勇者召喚」で4人を召喚したのだが、ムコーダだけは3人の少年少女に巻き込まれて召喚されてしまった一般人であることが判明する。状況を察したムコーダは早々に王城から退避する。さらには悪い噂の絶えないレイセヘル王国を脱出し、勝手きままな旅をしようと決意するが、その道中でムコーダお手製料理の匂いに惹かれてやってきた伝説の魔獣フェンリルと従魔契約を結ぶことに。かくしてムコーダと大食漢フェンリルとのあての無い旅が始まるのだが、そこから様々な人や魔獣やさらには神様とも出会い次第に仲間を増やしていくのだった。

累計発行部数350万部を超える本作は全体を通じてほのぼのとした雰囲気で物語は進行していく。いわゆる異世界ファンタジーなのだがムコーダの従魔であるフェル・スイ・ドラちゃん・ゴン爺(WEB版のみ登場)がチート級の戦闘力を持っており戦闘というより蹂躙劇になってしまう。それに加えて、作品自体がバトルをメインとしていないので戦闘シーンが極端に少ない。その代わりに食事シーンが大半を占めており、見どころの一つとなっている。ムコーダが作り出す料理に笑顔を浮かべる人々や魔物や女神達の幸せそうな姿に癒される読者が多い。バトルものではなく料理ものに異世界要素が加わった珍しい作品だが、それ故にマイルドなストーリーになっておりサクサクと読みやすいと作品のファンから好評を得ている作品だ。

『とんでもスキルで異世界放浪メシ』のあらすじ・ストーリー

勇者召喚

突如異世界に召喚される日本人達。

27歳独身の向田剛志(ムコーダ)は料理が趣味の平凡なサラリーマン。ある日、近くに居た少年少女ら3人と共に異世界に召喚されてしまう。レイセヘル王国の「勇者召喚」によって異世界にやってきたムコーダだったが、実はこの召喚は少年少女を標的としたものであって、ムコーダはただ巻き込まれただけなのだった。そんなムコーダも、他の3人と共にレイセヘル国王から事の次第を聞く。魔王や魔物の侵攻により困窮する国民を救うべく、古の秘儀である勇者召喚を行ったこと、どうか魔王に立ち向かってもらいたいこと、そして帰る手段が不明なこと。話を聞くに連れて、ムコーダは豪奢ないで立ちで羽振りの良さそうな国王や胡散臭い話の内容に不信感を抱き、身の危険を感じる。そこでムコーダはレイセヘル王国から脱出し、外国に雲隠れすることを決意する。幸い力の無いムコーダを国も厄介者扱いしているようで、衣食住が賄える程度の金を貰い、ムコーダは一人王城を後にするのだった。

伝説の魔獣フェンリル

異世界の食事に惹かれて現れる伝説の魔獣

城下町にやってきたムコーダは情報収集を始めた。すると、侵攻しているのは魔王ではなくレイセヘル王国であることが判明する。よりキナ臭くなってきたこの国から早々と脱出する為、ムコーダは馬車を使って国境付近の街キールスまで行く。そこから南東に位置するフェーネン王国まで徒歩で行く算段だ。道中の護衛としてヴェルナー、ヴィンセント、リタ、フランカ、ラモンの5人で構成される冒険者「鉄の意志(アイアン・ウィル)」を雇い、ムコーダは国境越えを開始する。道中、ムコーダが持つ固有スキル「ネットスーパー」が効果を発揮する。地球の食べ物や食材や生活雑貨などあらゆる物を取り寄せるネットスーパーのスキルと、道中狩ったレッドボアの肉を使い、ムコーダは大好物の生姜焼きを作りこれを振舞う。その美味しさに舌鼓するアイアンウィルの面々だった。賞賛される中食べ進めるムコーダだったが、そこに突然現れる巨大な狼の魔物。それは伝説と呼ばれ恐れられる魔獣フェンリルだった。恐怖に固まる冒険者達。緊張するムコーダに向けてフェンリルは生姜焼きを食わせろと要求する。唯々諾々とムコーダは生姜焼きを振舞う。総重量約7~8キロの生姜焼きを完食して満足したフェンリルは、ムコーダに対して主従の契りを交わして付き従う従魔契約の話を持ちかける。しかし、その本音にはムコーダの料理を満足するまで食べ続けたいという目的があったのだ。

癒し系スライム「スイ」を仲間に

ゴミを食べて消化できる生まれたてのスライム「スイ」

かくして従魔契約を結んだ魔獣フェンリルが旅の仲間に加わった。フェンリルに「フェル」と名付けたムコーダは、ステーキや鳥の照り焼き等々、フェルの食事の世話に四苦八苦するも、どうにかフェーネン王国への入国を果たす。アイアンウィルの面々と別れムコーダとフェルの一人と一匹になる。道中、レイセヘル王国が周辺諸国に侵攻する噂を耳にしたムコーダは、まず冒険者ギルドと商人ギルドに加入する。そして食材(というか肉)確保の為、各地でクエストを受けつつ新たな目的地を東に位置するレオンハルト王国に定めて旅をする。順調に目的地へ向かう中、ムコーダは異世界に来たことから、魔法というものに興味を抱く。そこでフェルから魔法の訓練を受けていた。すると、いつの間にか懐に居た小さなスライムが居たのだ。しかも、勝手に従魔契約まで結ばれていた。だがこのスライム、実ははどんなものでも体内に飲み込み消化する特技を持つ、非常に稀有なスライムだった。偶然、旅の間に出たゴミの処分に困っていたムコーダはこのスライムに「スイ」と付けて新しい旅の仲間に加えるのだった。

風の女神の加護

異世界の菓子パンに心奪われる残念女神ニンリル

レオンハルト王国に向けて、ムコーダ一行は魔物達が闊歩する森を抜けることにする。途中、フェルによるブートキャンプと称したダンジョン攻略をしたり、高位の魔物であるグリフォンを倒したり、気付けばスイが言葉を喋れるようになったりしていた。そんなムコーダ一行の旅を神界から見ていた風の女神ニンリルは、自身の眷属であるフェルの様子を偶然見た時に、フェルがあんぱんを食べている姿を目撃する。以前より異世界(地球)を覗き見してはあんぱんを食べたいと思っていたニンリルは、フェルにあんぱんを与えているムコーダと彼が持つスキル「ネットスーパー」に目を付ける。ムコーダに自身の加護を与える代わりに異世界の甘味を捧げるよう、眷属のフェルに神託を下す。以上の経緯からムコーダは風の女神の加護を手に入れるのだが、代わりに異世界の甘味の虜になった残念女神に目を付けられることとなった。

カレーリナの街へ

唐揚げを揚げるムコーダと、気になるフェル達

女神ニンリルの加護を得たムコーダは、一か月半ほど掛けて森を抜けて草原に出る。途中でグリフォンをやっつけたり、スイが万能薬エリクサーを生成できるようになるなど、色々なこともあったが目的地が近づいてきたことに安堵する。しかし、食料(主に肉)が尽きかけていたので付近の街に立ち寄るべく街道を進んでいた。すると盗賊に襲われている商人ランベルトと護衛の冒険者パーティ「不死鳥(フェニックス)」と遭遇し、これを救援する。フェルとスイの力により難なく盗賊を撃退したムコーダ一行は、ここがレオンハルト王国内であることと、ランベルト達の目的地が近くの街カレーリナであることを知り、彼らの護衛も兼ねて旅に便乗することにした。夜、フェル達との約束通り豪華な夕食を振舞うムコーダ。この夜は余っていた肉全て使った唐揚げだった。その匂いが気になったランベルトや冒険者達とも食卓を囲み、一夜を明かす。翌日、目的地であるカレーリナの街に到着するのだった。

指名依頼

ギルドマスターヴィレムからの依頼を受けるムコーダ

レオンハルト王国でも5番目に大きな街カレーリナ。商人ランベルトと別れフェニックスの面々に案内されて冒険者ギルドに向かう。しかし、そこでムコーダは自身の冒険者登録が抹消していることを知る。実は、低ランクの冒険者は一か月の間依頼を受けないと登録が抹消してしまう仕組みになっていた。改めてムコーダは冒険者に再登録しこれまでに討伐した魔物の解体を依頼して、金と肉を手に入れる。また、長旅でボロボロになった装備品を一気に買い替えることを決め、女神ニンリルへの供え物を済ませて宿に泊まる。翌日、ゴブリン討伐の依頼を受けたムコーダ達は速攻で依頼を達成する。カレーリナの冒険者ギルドで報告を済ませていると、突然ギルドマスターのヴィレムに呼び出される。聞くと、Cランクに上げてもらえる代わりに指名依頼を受けるという内容だ。その内容がメタルリザードの討伐と、牛型のモンスター「ブラッディホーンブル」の討伐。それを聞いて、ランクよりも肉に目を光らせるムコーダ達はギルドマスターからの依頼を受けることにした。

女神が増えた

新たに三女神から加護を与えられるムコーダ

左から女神アグニ、女神ルサールカ、女神キシャール

指名依頼を果たすべく旅立つムコーダ一行。しかし、メタルリザードの住処に行ってみるとそこに居たのは上位の魔物ミスリルリザードだった。難なく討伐できたものの、この事を報告すると街の近くにミスリル鉱山があることが判明する。希少価値の高いミスリルの発見という予想外の成果を上げるムコーダに感謝するギルドマスターヴィレム。ブラッディホーンブルのステーキの想像を絶する味にご満悦のムコーダ。大満足の中、女神ニンリルへのお供え物の準備をしていると、聞き慣れない声が頭に響く。ムコーダからの貢物を待つニンリルの背後から土の女神キシャール・火の女神アグニ・水の女神ルサールの三女神が乱入したのだ。以前ニンリルがムコーダから異世界の甘味を捧げられる所を目撃した彼女達は「自分も!」と思い至りムコーダに加護を与える代わりに色々と要求する腹積もりだったのだ。彼女達をどうすることもできないムコーダは、求めてもいない加護の代わりに、お供え物をする量が増えることになってしまった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents