棺担ぎのクロ。(懐中旅話・追憶旅話)のネタバレ解説・考察まとめ

『棺担ぎのクロ』とは、2005年から2018年の間に芳文社『まんがタイムきらら』にて連載されていた、きゆづきさとこによる4コマ漫画作品である。中世ヨーロッパ風のファンタジーな世界観を主人公達が旅をし、その過程で様々な出来事や人々に出会う旅物語である。主な登場人物である旅人のクロ、蝙蝠のセン、双子の女の子の二ジュクとサンジュの4人の旅先での出来事が1話完結型の4コマ漫画形式で絵がかれている。

『棺担ぎのクロ。』の概要

『棺担ぎのクロ〜懐中旅話〜』とは、きゆづきさとこによる4コマ漫画作品である。2005年から2018年の間に芳文社『まんがタイムきらら』にて連載されていた。2007年7月25日にはドラマCDも出しており、連載終了後の2019年2月27日には番外編や本編のその後の物語が綴られた『棺担ぎのクロ〜追憶旅話〜』も発売された。中世ヨーロッパ風のファンタジーな世界を旅する、主人公のクロと蝙蝠のセン、双子の子供ニジュクとサンジュの四人の物語が1話完結型で描かれている。優しく温かなお話もあれば、何処か闇を感じさせるダークファンタジー的な側面を持ったお話もあり、どこか童話を感じさせる世界観が、きゆづきさとこによる独特で可愛らしい絵によって、優しく丁寧に描かれている。

『棺担ぎのクロ。』のあらすじ・ストーリー

棺担ぎのクロは、クロずくめの旅人クロと喋る蝙蝠セン、双子の子供ニジュクとサンジュが様々な場所へ訪れ、色々な人達や出来事に出会って行くと言った話である。1話完結型の短編集のような構成で、時系列がバラバラに進んで行く。最初はクロの旅の目的すらも語られておらず、なにもわからないまま物語は進んで行く。

クロの旅の目的

熱中症で倒れたクロの服を二ジュクとサンジュが脱がした際に、黒い染みを初めて見つけた。

一緒に旅をする4人だが、皆が皆同じ目的を持っている訳ではない。クロが旅を続ける理由は魔女にかけられた呪いを解くためである。クロは魔女からうけた呪いのせいで体に黒い染みが付着している。この染みはクロが感情を出すと体に広がり始め、最終的には命を奪う。この呪いを解くために、自分に呪いをかけた魔女を探して旅をしている。普段は感情を出さないようにしたり、包帯を体に巻く事でなんとか隠しているが、ふとした瞬間に怒ってしまったりすると染みは一気に浸食していく。

次の場所へ向かうための旅支度を終えた朝に、二ジュクとサンジュはクロのいつもと違う部分に気が付いた。

物語後半では、黒い染みが手まで浮き出てきてしまっている。他者に触れて移してしまう事を避ける為に、クロは黒い手袋を常に付けているようになる。

センの旅の目的

魔女によって100匹の蝙蝠の姿に変えられたセン

センの旅の目的もクロと同じで、魔女にかけられた呪いを解くためである。ただセンにかけられた呪いはクロとは違う。センにかけられた呪いは体を100匹の蝙蝠に変化させられる物だった。この100匹は全てがセンと言う訳ではなく、体の一部のようで、言語を話す個体は1匹だけで、他の蝙蝠は会話をする事は出来ない。ただ自由に操る事が出来る描写があったり、傷を負った際に言語を話す個体が痛がったりする。

染め月の夜に呪い薄まり、一時的に体が元に戻ったセン

センの呪いはクロよりは軽いようである。月が赤色に染まる染め月と言う現象があるのだが、その日の夜だけは、月が呪いを肩代わりしてくれるため、センの姿は人に戻る。ただクロにかかった呪いは、月では背負いきることが出来ないため元の姿に戻ることはなかった。

ニジュクとサンジュの旅の理由

ハカセの命令でずっと檻の中にいた二ジュクとサンジュはハカセが死んでしまった事を理解出来ていないために、初めて出会ったクロに、ハカセが何処にいるのか質問をしている。

ニジュクとサンジュの旅の目的は自分たちの親のような存在であるハカセを探すためである。しかしハカセは既にこの世にはいない。ただその事実は幼すぎる二人には理解する事が出来なかった。そんな二人にクロはその事を教えはせず、自分達で何時かその答えにたどり着くべきであると考えた。ただ生まれてきた以上生きるべきだと考えたクロは二人に「私達と一緒に来るかい?それを探しに」と旅に誘った。こうして二人はハカセを見つけるために、クロと共に旅をする事を選んだ。

それぞれの行き着く場所

魔女を探すクロとセン、ハカセを探す二ジュクとサンジュ、一見違う目的を持ちながら様々な場所を旅して歩く4人だが、その旅は終着である魔女の元で繋がる事になる。

『棺担ぎのクロ。』の登場人物・キャラクター

クロ

CV:高山みなみ(ドラマCD)/金澤まい(きららファンタジア)

本作の主人公で、魔女の呪いによって容姿が大きく変えられてしまった中性的な容姿の少女。服装と背負っている棺も相まって男性に間違われたり、吸血鬼だと誤解されたりと周囲から変な誤解をされてしまう事が多い。担いでいる棺はいつか自分が呪いに敗れて死んでしまう時に使うための物で、常にコレを背負って旅をしている。クロと言う名は本名ではなく、二ジュクとサンジュと出会った際に考えた物である。本来の名前もしっかりあるようなのだが、本人が今の自分には似合わないからと名乗りたがらないために不明である。体中に呪いの影響で黒い染みがあり、普段は包帯を巻いて隠しているが感情を表に出すと呪いが強まり染みが溢れ出す。そのため普段は感情を余り表に出さない。

一時的に呪いが弱まった際のクロ

toba
toba
@toba

Related Articles関連記事

新しいヒロインの形!?アニメ「GA芸術科アートデザインクラス」の野田ミキの可愛さ溢れるシーンまとめ

芸術だけでなく、石膏デッサンや水彩画、芸術的背景・歴史なども面白く学び楽しめる「GA芸術科アートデザインクラス」!特にアニメは高山みなみさんや堀江由衣さんや沢城みゆきさんなどをはじめとした豪華な声優陣たちと、他にはない個性溢れるキャラクターたちで、とても面白いです。そんな中今回は類を見ない個性をもった野田ミキに注目してみました!野田ミキ「あんまり可愛すぎて心奪われるなよ〜」

Read Article

《絵師必見!》アニメ「GA芸術科アートデザインクラス」から学ぶアートのあれこれ

きゆづきさとこさんの原作である漫画もさることながら、アニメ「GA芸術科アートデザインクラス」でも様々なイラストや絵画、漫画などの描き方や勉強になることがたくさん登場してます!それはシュルレアリズムからピクトグラム、水彩や油絵、色の不思議やカメラによる写真の取り方まで、多くのことを学べるのです。今回はそんな学べるGAのアニメシーンを解説とともにまとめました。

Read Article

漫画家:きゆづきさとこ「GA芸術科アートデザインクラス」内の絵画まとめ

漫画家:きゆづきさとこさんは、「GA芸術科アートデザインクラス」をはじめ、「棺担ぎのクロ」や「ユグドラ・ユニオン」などのイラストなどを描かれておられます。油絵や水彩画、デッサンや石膏デッサン、メルヘンから、パステルやカラフルなどの色の違いなどを勉強することができます。「ミクダヨー」さんの絵と比較なんかもしてみました。

Read Article

目次 - Contents