しあわせ食堂の異世界ご飯(ラノベ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『しあわせ食堂の異世界ご飯』とは、原作ぷにちゃん、作画文月マロ、キャラクター原案雲屋ゆきおによる転生グルメファンタジー漫画である。主人公は生まれながらに前世の記憶を持つエストレーラ王国の王女アリア・エストレーラ。前世で料理が好きだったアリアは生まれ変わっても大好きな料理を作りながら暮らしていたが、冷酷無比な皇帝の妃候補としてジェーロ帝国に行くことになってしまう。街で生活することにしたアリアは閑古鳥の鳴く食堂で料理人として働くことになる。異世界料理でお腹も心も幸せにしていく物語である。

『しあわせ食堂の異世界ご飯』の概要

『しあわせ食堂の異世界ご飯』とは、原作ぷにちゃん、作画文月マロ、キャラクター原案雲屋ゆきおによる転生グルメファンタジー漫画であり、『ベリーズカフェ』サイトにより連載されていた小説のコミカライズである。主人公は生まれながらに前世の記憶を持つエストレーラ王国の王女アリア・エストレーラ。前世で料理が好きだったアリアは生まれ変わっても大好きな料理を作りながら暮らしていたが、冷酷無比な皇帝の妃候補としてジェーロ帝国に行くことになってしまう。身分を隠し街で生活することにしたアリアは今にも潰れそうな「しあわせ食堂」で料理人として働くことになる。日本で料理人をしていた経験を活かし、街の住人の胃袋をつかんでいく。瞬く間に行列のできる人気店となった「しあわせ食堂」に評判を聞きつけた謎の美青年リントがお店を訪ねて来る。料理を通して様々な人と関わっていきながら見知らぬ土地で暮らしていく物語である。

『しあわせ食堂の異世界ご飯』のあらすじ・ストーリー

帝国への旅立ち編

エストレーラ王国の王城で第二王女のアリア・エストレーラは妹の第三王女ルシア・エストレーラと共に父親である国王イバン・エストレーラに呼び出されていた。王国からジェーロ帝国へと妃候補を出すことになったと国王は2人に告げて肩を落としてアリアとルシアに向かって謝罪した。国王は自国より力のあるジェーロ帝国が妃候補を集めているとなれば結婚を申し込まないわけにはいかなかったのだ。ジェーロ帝国の皇帝は結婚適齢期にも拘らず、悪名高く冷酷無比という噂があるため婚約者すらいなかった。国のために結婚すると覚悟していたアリアは国王の判断は正しいとわかっていた。だが、それは自分についてであって可愛い妹のルシアをそんな国へ行かせるわけにはいかなかった。「国の為にどんな相手でも嫁ぐ覚悟はある」と泣きそうになりながら言うルシアとそんな恐ろしい国に娘を行かせるのがつらそうな父親。2人の顔を見たアリアは自分がジェーロ帝国へ嫁ぐと告げたのだった。話し合いが終わり、自室に戻ったアリアは大好きなエストレーラの街を眺めていた。

素朴だが笑顔があふれているエストレーラがアリアは大好きだ。

ジェーロ帝国へ嫁いだら、そう簡単に祖国へ帰郷することもできないのでエストレーラの景色も見納めかもしれなかった。冷酷な皇帝ならば城の外へ出してもらうことも難しいかもしれないと考えると憂鬱になった。だが、「まだ妃に選ばれるとは決まっていないし何より前世も含めて54年も生きているので何とかなる」と思っていた。日本で定食屋の娘として育った記憶を生まれた時から持っていたアリアは、自分が作った料理でみんなが笑顔になるのが何よりの幸せだった。アリアは生まれ変わっても料理が好きで、たびたび日本の料理を作ってはみんなに振舞っていた。エストレーラの王宮では厨房で料理を作らせてもらえていたが、ジェーロ帝国へ行ったら料理なんて作らせてもらえないだろう。アリアにとってそれは一番悲しい事であった。アリアは初めて料理を作ってビックリされたことや、おいしそうにみんなが食べてくれたことを思い出していると、外から掛け声が聞こえてきた。その方向を見ると騎士団が模擬戦をしていてその中にアリアと幼い頃からずっと一緒だったシャルルの姿を見つけた。アリアの料理を一番楽しみにしていて食材を調達してきてくれていたシャルルと別れるのは寂しかった。暗くなりそうな気持を切り替えるため、アリアはジェーロ帝国に持っていく食材の準備をするのだった。
ジェーロ帝国に旅立つ日、アリアは泣いて抱き着いているルシアを抱きしめて心配しないように元気づけていた。そこへ侍女の服を着たシャルルが走ってくる。

騎士団にいるはずのシャルルが侍女の服を着て現れたことにびっくりするアリア。シャルル(中央)アリア(右上)

アリアは騎士団に所属しているシャルルが侍女の姿をしていることに驚き、なぜそんな恰好なのかと聞いた。するとシャルルから返ってきたのは「騎士団を退職して侍女になった」という驚きの事実であった。アリアをひとりで危険なジェーロ帝国へ行かせるわけにはいかないとシャルルはやったこともない侍女になったのだ。「護衛は任せてくれ」と言うシャルルに嬉しいと感じるアリアであったが、同時に不安も感じるのだった。ジェーロ帝国へは馬で片道1カ月ほどかかったが、アリアとシャルルは無事に国境近くまでたどり着くことができた。他愛もない話をしながら進むアリアとシャルルの前に狼の群れが立ちふさがり現れ、シャルルが次々と倒していくが1人だけではアリアを守り切れなくなってきた。シャルルは狼をひきつけアリアだけでも逃がそうとするがアリアはシャルルを置いて逃げることを躊躇っていた。そこへ2人の男性が現れてあっという間に狼を倒してしまう。アリアとシャルルは助かったお礼を言い、男性2人に素性を隠し自己紹介した。男性2人はリントとローレンツと名乗り、リントはアリアと同じくらいの年齢できれいな銀髪をしていた。助けられたお礼をしなければと思ったアリアは少ない持ち合わせからお金を渡そうとするもリントに断られてしまう。どうしようかとアリアが考えていた時、シャルルのお腹の音が鳴り、丁度夕食時だったので夕飯をごちそうすることになった。リントに魔法で火を熾すのを手伝ってもらいながらアリアは準備を進めていくのだった。

アリアの取りだす見たことのない食べ物を興味深げに見るリント。

今日のメニューは「じゃこの梅おにぎりと魚介のあら汁」。アリアの手元を見つめるリントは取り出された「じゃこ」を初めて見て、魚の稚魚を食べるのかと訝しんでいた。じゃこはアリアが王城の生簀でわざわざ食用に育てたもので、この世界では出回っていないものだった。アリアが次に取り出したのは「カリカリ梅」。そちらにも興味をしめしたリントにアリアはいたずら心で試食を進めた。ローレンツにも勧めてみたが、酸っぱいのを知っているのか遠慮されてしまった。恐る恐る口に入れたリントは強い酸味を毒だと思い、アリアに斬りかかってきた。何もできないアリアの前にシャルルが駆け付け、リントの剣を受け止めると、声も出ないアリアの代わりにシャルルが攻撃の理由を聞いた。リントが毒を盛られたと勘違いしていることが分かったローレンツはアリアを助け起こし謝りながら、梅干しについてリントに教えた。毒ではないと分かったリントは2人に謝り、「また毒を盛られたと思った」とつぶやいたのだった。「また」という言葉に引っかかったアリアだったが、少しのいたずら心でちゃんと言わなかったことを謝り、気を取り直して食事の支度に戻った。アリアがあら汁にみそを入れようとしていると、リントが近寄ってきて見慣れない茶色いものは何かと聞いてくる。リントが警戒心から食材の事を聞いてきていたのかと思ったアリアは、みそについて丁寧に説明した。毒を盛られるような生活をしているリントが自分の料理で少しでも元気になればいいと願うアリアだった。

今日のメニュー「じゃこの梅おにぎりと魚介のあら汁」の完成。

炊き立てのご飯にじゃことカリカリ梅を混ぜておにぎりにし、魚介のあら汁を添えれば完成だ。シャルルやローレンツが美味しそうに食べるのを見たリントは、少し警戒しながらおにぎりを食べると、悪くはないと思うと素直じゃない感想を言ってアリアをほっとさせた。素直じゃないリントの言葉にローレンツはリントの代わりにとばかりにアリアの料理を褒めた。アリアが料理を喜んでもらえたことを嬉しく思っていると、リントも自分もちゃんと美味しいと思っているとばかりに料理の感想を伝えたのだった。
珍しい料理ばかりだが、アリアはどこの出身かとローレンツに聞かれ、エストレーラと答えると、そんなに遠くから女性2人だけで来たのかと疑問に思われてしまう。アリアは余計なことは言わないようにしようとあいまいに笑ってごまかし、リント達はどこから来たのかと聞き返した。リントとローレンツはジェーロ帝国から来たと言った。終戦して少し経ったものの、今から行くジェーロ帝国の様子が気になっていたアリアはリントに街の様子を聞くことにした。リントによると思ったより落ち着いているようで生活するのに問題ないと聞いてアリアはほっとした。アリアは改めてエストレーラの為に妃になれるように頑張ろうと決意したのだった。
ジェーロ帝国に着いたアリアとシャルルはまずは皇帝陛下に謁見しなければと王城に向かった。アリアは着替えを済ませ、ジェーロ帝国で政務大臣を務めているバルク・フォンクナー侯爵に皇帝への取次ぎを願い出ると、フォンクナー侯爵から驚きの真実を聞くことになった。

妃候補を集めていると言う話ではるばるやってきたアリアに告げられたのは全く反対の妃を望んでいないと言う言葉だった。

フォンクナー侯爵から聞かされたのは、妃を望んでいるのは臣下であって、皇帝自身は妃を望んでいないという事だった。フォンクナー侯爵によると、皇帝に望まれていないと知り既に国へ帰った妃候補もいるようだった。はっきりと国へ帰れとは言われなかったが、皇帝の妃の座を諦めて国へ帰るか、わずかな望みにかけて留まるかアリアに選ばせているようだった。妃候補を集めたのはジェーロ帝国側なので、城へ滞在する場合の衣食住はすべてジェーロ帝国が面倒を見てくれるという話だったが、皇帝が目を向けるかどうかはわからない。アリアは自分の判断で国へ帰ることはできないと考えてまずは国王に手紙を出し相談することにした。アリアはフォンクナー侯爵にしばらく滞在して考えると伝え、1つわがままを言うことにした。アリアのわがままとは、街で生活することだった。堅苦しい王宮で料理もさせてもらえないよりも、街で暮らして好きに料理を作りながら暮らしたいと思ったからだった。ジェーロ帝国から必要なお金は渡されていたが、貰ったお金だけ使って生活するのは申し訳なかった。アリアは前世のような料理に関わる仕事があれば働きたいと思っていたが、働くとなるとシャルルの負担は増えてしまう。シャルルに反対されるかと思ったアリアだったが、シャルルはアリアのしたいことを応援すると言った。シャルルの同意を得られたアリアは早速、家と仕事を決める為街を歩いていたところ、怪我をした女性を家まで送ることになった。女性は「しあわせ食堂」の店主でエマといった。しあわせ食堂は前世の定食屋を思い出させる懐かしくて温かい雰囲気の店だった。アリアは身分を隠して自己紹介し、シャルルのことも友人として紹介した。怪我をしたエマではお店に立つのも厳しいだろうとアリアは心配したが、エマは「もう随分客足が遠のいているから大丈夫」だと悲しそうに笑った。エマは話を切り上げてアリアおシャルルにケーキをご馳走する。それを食べたシャルルは率直に「パサパサしていて美味しくない」と言った。それを聞いたエマは、あまり気を悪くする様子を見せず「やっぱり美味しくないかい?」と言った。どうやらエマは亡くなった主人との思い出がつまった店を畳めず、苦手な料理を作っていたらしい。しんみりさせてしまったと言いながら気分を変えるように仕入れた荷物を整理するエマ。エマの仕入れたものは海老だった。店の人が渡し間違ったのかエマは海老なんて料理できないのにと困った様子だった。それを見たアリアは代わりに料理すると提案したのだった。りっぱな海老だったので、アリアはシャルルの好きなエビフライを作ることにした。この世界には揚げ物という調理方法はなく、エマが美味しいと言ってくれることを願ってアリアはエビフライを作ったのだった。

初めてエビフライを食べるエマ。

エマは初めて見る揚げた料理にびっくりしたものの、美味しそうに食べるシャルルを見て恐る恐る口へ運ぶと、サクッとした衣とぷりぷりの海老に驚き感動した。エマは「こんなにおいしい料理が作れるのに料理人じゃないなんてもったいない」と言いながらアリアに仕事は何をしているのかと聞いた。アリアは王女ですとはさすがに言えずシャルルと仕事を探し中だと言ってごまかした。その時アリアはエマが店を畳むかもと言っていたことを思い出して、初対面で図々しいと思いながらも料理人として雇ってくれないかと申し出たのだった。アリアはしあわせ食堂の雰囲気がとても気に入っていて、店がなくなるのは悲しいと思っていた。突然の申し出にびっくりしたエマだったが、アリアとシャルルを雇うことにし、店の空き部屋を貸すことにしたのだった。

しあわせ食堂立て直し編

店で雇ってもらえることになり、部屋を貸してもらえることになったアリア。

しあわせ食堂で雇ってもらえることになったアリアとシャルルは店の空き部屋を貸してもらえることになった。次の日、シャルルの訓練の掛け声で起きたアリア。部屋を出ると知らない男の人があいさつをしてきが、誰だかわからず戸惑うアリアとシャルルに男の人はエマの息子のカミルだと名乗った。カミルはしあわせ食堂で仕入と給仕を担当しているようだった。そして開店後、昼時になってもしあわせ食堂には1人もお客が来ていなかった。思ったよりも深刻な事態にアリアは新たな作戦を考えることにした。そもそも、しあわせ食堂にはメインメニューが3種類あったが、どれもありきたりでぱっとしないうえに味は他店よりも劣っていた。アリアは新メニューを出してお客を呼び込む作戦を立て、材料を買うためにカミルと共に市場に買い物に行くことにしたのだった。市場で買ったのは米とスパイス類。アリアは新メニュー「具だくさんの野菜カレー」を作り、食欲をそそる匂いでお客を呼び込もうと考えたのだ。材料をそろえた翌日、アリアの期待通りにカレーの匂いにつられて次々とお客が来店してきた。食べたお客たちは初めて食べる味に夢中になり、それを見たカミルも試食したにもかかわらずもう一度食べたいとよだれをたらしそうになっていた。最初のお客が言いまわったのかあっという間に店内は満席になり、閑古鳥が鳴いている普段からは想像できない光景が広がっていく。エマは満員の店内を見て「こんなにお客が来てくれるのは主人が生きていたころ以来だ」と言って涙ぐんだ。カレーの噂はあっという間に広がり、しあわせ食堂の外にはいつの間にか行列までできてカレー作戦は大成功したのだった。閉店後、翌日の仕込みをしていると入口の方から物音がした。買い出しから戻ったカミルだと思ったアリアは手伝うためドアを開けると、そこには森で出会ったリントが立っていた。アリアはしあわせ食堂で住み込みで働いていることを話すと、リントはカレーのうわさを聞いて食べに来たのだと言った。カレーは品切れしてしまっていたが、森で助けてもらった恩人に何かしたいと思っアリアは、ほんの少し残ったカレーでアレンジしてリントに食べてもらうことにした。

残ったカレーをアレンジしてスープカレーにした。

残ったカレーをスープカレーにリメイクしたアリアは、リントが無反応で食べているのが気になり美味しくなかったかと心配した。リントは以前アリアが作ったおにぎりに入っていた梅とじゃこは入っていないのかと言った。アリアは食に興味のなさそうなリントがこうしてカレーの噂を聞いて食べに来たのも嬉しかったし、おにぎりを気に入ってくれたのも嬉しかった。アリアはジェーロ帝国でもう一度出会えたリントともっと仲良くなれたらいいなと思ったのだった。
しあわせ食堂でアリアが働き始めて2週間経った。カレーはすっかりメインメニューになり連日品切れが続いている。しあわせ食堂で働き始めてからアリアは毎日たくさんの喜ぶ顔が見られて幸せだった。しかしアリアは妃候補としてジェーロ帝国に来ているので父親からの返事によっては街にいられなくなってしまう。せめてその間はしあわせ食堂を更に賑わせる主力メニューを考えたいと思っていた。アリアは今後カミルやエマでも作れる料理を何にしようかと考えながら店に入ると、そこにはエマと話す女性の姿があった。女性はベロニカといい、アリアに息子の好き嫌いのことで相談に来たのだった。ベロニカの息子は野菜嫌いだけでなく肉も固くて嫌いらしい。この世界は調理方法が少なく、肉は焼くか煮るかくらいしかなかった。そこでアリアは子供が大好きで肉を柔らかく食べられる料理を作り、ベロニカと息子に食べてもらうことにした。
今回のメニューは「たっぷりチーズの粗びきハンバーグ」。
この世界にミンチ肉というものはないので、アリアはシャルルに頼んで肉を細かく刻んでもらっていた。付け合わせは子供も大好きなトウモロコシとジャガイモ、それに苦手なニンジンは可愛く星形にカットした。仕上げにはチーズを乗せて完成。ベロニカが息子のレオを連れて来て食卓につくと、レオは可愛く切ったニンジンに興味を持ってくれたようでベロニカは嫌いなニンジンなのにとびっくりした。

嫌いだったはずのニンジンも肉もおいしいと言って食べるレオ。

そしてレオが1口食べると「美味しい」と言って笑ったのでアリアもベロニカも大喜びした。ほっとしてみんなでハンバーグを食べ始めると大人たちも初めて食べるハンバーグを大絶賛し、アリアはしあわせ食堂の新メニューができたと喜んだ。アリアはみんなの喜ぶ顔を見てしあわせ食堂でもっとみんなを笑顔にしたいと思ったのだった。
ある日アリアはシャルルとカミルと共に買い出しをしていた。そこへフォンクナー侯爵から使いが来て、アリアの様子を見に来ると、王女であることを秘密にしているのかと確認しに来た。アリアはちょうどいい機会だからと、「街に暮らしてから皇帝の恐ろしい噂や悪い噂を1つも聞かないのはなぜか」と聞いた。すると使いの人は「若い皇帝には偽りの噂話も時には必要なのだ」と言ったのだった。冷酷無比だと噂を流さなければいけないほど国が不安定なら妃を迎え、後ろ盾を得たほうがいいはずなのに妃がいらないとはどういうことなのか。ますます皇帝のことがわからなくなるアリアだった。
しあわせ食堂の定休日、アリアはシャルルとカミルと共に港町まで新メニューの食材を探しに来ていた。みんなで浜焼きを食べていたアリアは日本ではおなじみの魚の煮つけが食べたくなった。アリアは魚の煮つけを食べたことのないシャルルやカミルの為にも、夜は魚の煮つけとリクエストがあったエビフライを作ることにした。しあわせ食堂に戻ると店の前にリントとローレンツがいて定休日の看板を見ていた。残念そうにしているリントとローレンツをアリアは夕食に招待することにした。大人数なのでアリアは港町で仕入れてきた魚で魚介パーティーをすることにした。ローレンツは魚の煮つけを食べると、初めて食べる味だが優しい味でとても気に入った。リントはシャルルの勧めで食べた魚のフライやエビフライを気に入ったようだった。「料理をおいしく食べてもらえたら満足だ」と笑うアリアに、リントは、貴族や王城の料理人にもなれるほどの腕前を持っているのに無欲だと笑ったのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents