KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

『KAITO V3』版のKAITOのパッケージ。

初代KAITOの後継機にあたるソフト。発売日は2013年2月15日である。当時のヤマハ『VOCALOID』シリーズの最新作であった『VOCALOID3』をもとに制作されたソフトとなっている。
初代のボイスの種類が1つであったのに対し、本作では「STRAIGHT」、「SOFT」、「WHISPER」、「ENGLISH」の4種類が収録された。これにより以前よりもバラエティー豊かなボイスが出せるようになると同時に、「ENGLISH」が追加された事から英語の歌詞も歌えるようになった。
イラストを担当したのは、同じ『VOCALOID3』を使用したソフト『初音ミク V3』や『鏡音リン・レン V3』などでもイラスト担当を務めた、イラストレーターのiXima。全体的な服装のイメージは初代の時と大きな違いはないが、マフラーが半透明になったり、初代では茶色だったズボンが紫になったり、靴がロングブーツに変更されていたり等々、細かい箇所が変化している。

KAITOの活動経歴

ボカロには、様々なライブ・フェスイベントが存在する。この項目に記載されているもの以外にも、企業が関わる大きなイベントからボカロP等のKAITOユーザーやファンによる個人主催でのイベント・ライブ等が多く開催されている。

THE VOC@LOiD M@STER

『THE VOC@LOiD M@STER(略称:ボーマス)』は、同人イベント情報サイトのケットコムにより都内を中心に開催されているボカロ専門の同人即売会である。
名前の由来は、人気アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』をもじってつけられた。元は2007年11月に複数のジャンルの同人オンリーイベント『スキマフェスティバル』内で開催されていたイベントの1つであった。その後、単独開催を定期的に行うようになり、2012年からは株式会社ドワンゴ主催の『ニコニコ超会議』内でも行われるようになった。
ボカロPや歌い手、弾いてみた等のボカロ関連の動画をあげているユーザー達による同人音楽CDの販売に加え、ボカロファンによる同人誌やグッズの販売、コスプレといったものも行われている。関連企業の出店も行われており、2010年2月に行われたボーマスでは会場内にステージを設け、参加者によるライブを行うイベント『Live Special』も行われた。

初音ミク ライブパーティー

『初音ミクライブパーティー』(略称:ミクパ)は2011年から2013年までの間に行われていたライブ・コンサートの名称である。なお、名称に「初音ミク」とついてはいるが、初音ミク以外のボカロ達の楽曲の演奏も行なわれたボカロライブ・コンサートとなっている。初期は初音ミクや巡音ルカ、鏡音リン・レンと『VOCALOID2』をエンジンにしたボカロ達の楽曲が演奏されるライブであったが、2012年のライブ以降、『VOCALOID』をエンジンにしたボカロのKAITOも出演するようになる。翌年の2013年にはKAITOと同じく『VOCALOID』をもとに作られたボカロのMEIKOも出演をはたし、ボカロオールスターのライブとなった。
2011年開催当時は初音ミクの名前にちなんで「ミクの日」である3月9日に行われていたが、あまりの人気ぶりから3月9日以外の日程でも行われるようになる。開催は日本国内だけでは収まらず、ロサンゼルスや香港などの海外での開催も行われ、2年間の間に計6会場、10公演を開催する事となった。延べ2万5000人以上の観客を集めたとされている。

ミクの日大感謝祭

2012年3月8日、9日の2日間を通して行われた公演。ミクパの1つでもある。会場はTOKYO DOME CITY HALL。昼夜の2部構成を2日間、計4公演が行われるライブ・コンサートとなった。
2日間とも異なる内容のライブ・コンサートとなっており、1日目には初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITOを登場させ、2日目にはKAITOの代わりにMEIKOが登場しての演奏が行われた。
4公演あわせて1万人を動員。さらには夜公演はインターネット放送に加え、日本国内24館と上海、香港、台湾の映画館での中継も行われた。同年8月29日にはBlu-ray、DVD、CDの発売が行われ、『初音ミク ミクの日大感謝祭 2DaysコンプリートBOX【Blu-ray+CD】 初回受注生産限定盤』に関しては、同年9月10日付けの週間BDランキングで総合初となる1位にランクインした。

マジカルミライ

2013年8月30日に開催されて以降、定期的に行われるようになったボカロ関連のイベント最大級の複合型イベント『マジカルミライ』。開催当初は初音ミクやその他ボカロ達によるライブを行うエリア『マジエリア』、初音ミクの創作の文化にまつわる展示やワークショップが展開されたエリア『カルエリア』、コラボレーション企画やグッズが売られたコーナー『ミライエリア』の3つのエリアで構成されたイベントとなっていた。名前の『マジカルミライ』も、それぞれのエリアの名前をあわせる形でつけられたもよう。「『初音ミクのすべて』を1日で体験できるユーザー参加型文化祭」というキャッチコピーで開催されるようになったイベントだが、KAITOのような初音ミク以外のボカロも含めた大型ボカロイベントとなっている。
ライブだけではない、様々なボカロの文化に触れる事ができるイベントという事で、毎年多くのファンが殺到している。開催当初のライブは昼、夜の2公演で計1万4千人を動員する事となった。その後、定期的にイベントの開催を行っていく事が決定。また初開催の翌年2014年からは毎年ライブの主題歌が設けられるようになり、2017年には米津玄師の名でアーティストとして活躍しているボカロP ハチが楽曲「砂漠の惑星」を提供し、大きな話題となった。

HATSUNE MIKU EXPO/HATSUNE MIKU EXPO 2016 JAPAN TOUR

2014年5月に行われたボカロの世界ツアー『HATSUNE MIKU EXPO』。インドネシア、ジャカルタで行われ、以降、同年10月にロサンゼルスとニューヨークで、さらに翌年の2015年6月に上海での公演が行われた。その人気の影響から2016年3月に、日本国内で行われたツアーが『HATSUNE MIKU EXPO 2016 JAPAN TOUR』である。福岡、大阪、名古屋、札幌、東京の全5都市をめぐるツアーとなっており、開催時は企画展『初音ミク』の同時開催も行われた。ライブはチケット購入が必要であったが、企画展の入場は無料。ライブに参加できない人でも参加できるイベントとなっていた。
またボカロによる日本国内でのライブツアーはこれが初めての事である。KAITOは『HATSUNE MIKU EXPO 2016 JAPAN TOUR』の最終日に出演した。

初音ミクシンフォニー

日本のプロオーケストラ・東京フィルハーモニー交響楽団によるフルオーケストラ編成の初音ミクコンサート。東京フィルハーモニー交響楽団は2011年に日本のオーケストラ初となる活動100周年を迎えた日本のオーケストラとしては最古の楽団である。オペラやバレエ演奏などにくわえ、アニメやゲームの楽曲をフルオーケストラ編成で演奏するコンサートを行うなど、様々な取り組みをしている。その楽団とコラボをする形で行われたコンサートが『初音ミクシンフォニー』である。なお、名称に「初音ミク」とつけられてはいるが、KAITOのような初音ミク以外のボカロ達の楽曲の演奏も行なわれている。2016年に開催を行って以降、定期的に開催が行われており、ボカロの最大級複合型イベント『マジカルミライ』に次ぐ、ボカロ関連のイベントを代表するコンサートだ。
なお、2021年に開催される『初音ミクシンフォニー』のキービジュアルとして、同年に誕生15周年目を迎えるKAITOを使用したものが公開されている。

SNOW MIKU

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

目次 - Contents