南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

『南極料理人』の概要

『南極料理人』とは、2009年に公開された日本映画で、西村淳の著書である『面白南極料理人』と『面白南極料理人 笑う食卓』の二作を原作としている。監督・脚本は沖田修一で、主演は堺雅人である。南極の基地外のロケは原作者の出身地である網走等で行われ、基地内の撮影はセットを組んで行われた。第50回日本映画監督協会新人賞最終候補や2009年度新藤兼人賞金賞、第29回藤本賞新人賞受賞など、様々な賞にノミネート・受賞をしている。2019年には、浜野謙太を主演に『面白南極料理人』のドラマ化がされている。
海上保安庁の巡視船で厨房にたつ「西村」は、同僚のスズキの代理で南極観測隊に無理やり派遣されることになった。派遣されたドームふじ基地での仕事は、自身を含めた隊員8人分の食事を約一年間にわたって用意することだった。気圧や気温など日本とは環境が全く違う中、隊員たちの食事作りに苦心する西村。時にはふざけあって次第に打ち解けていく隊員たちだったが、ラーメンの在庫がなくなる「ラーメンショック」や南極で何よりも大切な「水問題」等により、ストレスと不満が爆発する事態となる。西村はじめ隊員たちはこの事態をどのように乗り越え、絆を深め、派遣期間を終えたのか。この作品は閉鎖的な基地という中での男同士の関わりや、日本に残してきた家族等との関係を、時には笑いを散りばめながらみせてくれる作品となっている。

『南極料理人』のあらすじ・ストーリー

1997年 ドームふじ基地の日常

ドームふじ基地の看板

吹雪の雪原に、平坦な建物が見える。その建物から防寒服を身に着けた四人の男が駆け出してくる。先頭の男が逃げていて、あとの三人はそれを追いかけているのだ。先頭の男は捕まり、「もうイヤなんです、勘弁してください」と何度も言うが、どこにも逃げ場はないと叱責される。追いかけてきたうちの一人が「いいか、お前は大事なメンバーなんだよ、お前が強くなるしかないんだよ。やれるな?」と聞くと、逃げてきた男はしぶしぶうなずく。

「よし、じゃあやるぞ、麻雀」

ここは南極のドームふじ基地。南極沿岸部にある昭和基地から、およそ1,000キロも離れた内陸の山に建つ基地だ。年間の平均気温はマイナス54℃。標高は富士山よりも高いおよそ3,800メートル。ペンギンやアザラシ、ウイルスさえも生存できない場所である。気圧は日本の約6割程と低く、何をするにも息が切れる。基地の厨房では、この基地の調理担当である「西村」が冷凍のレンコンやホウレンソウを水で解凍している。刺身を切り、白身魚の天ぷらを揚げ、魚の照り焼きを作る。それらをいろどりや配置を気にしつつ、キレイに盛り付けていく。

ドームふじ基地の隊員たち

西村が作った料理が並ぶ食卓

先ほど西村が調理していた料理が、所狭しとならべられた食卓が映し出される。料理を無言で食べる男たちがいる。「兄やん(にいやん)」と呼ばれる雪氷(せっぴょう)サポートの大学院生が、ご飯をかきこむ。「平さん(ひらさん)」と呼ばれる大気学者は、神経質にキノコを一つずつ避けている。「盆(ぼん)」と呼ばれる通信担当の男は、大盛りの白米の上におかずを何でものせてしまっている。「ドクター」こと医療担当の男は、食事よりもお酒ばかり飲んでいる。「タイチョー」と呼ばれる気象学者は、不器用でミニトマトをテーブルに落としてしまっている。車両担当の「主任」は、もくもくと周りを気にせず食べている。そして「本さん(もとさん)」と呼ばれる雪氷観測担当は、煮魚にさらに醤油を大量にかけている。それを複雑な感情の目で見つめる西村。以上の八人の観測隊員が、約一年間このドームふじ基地でともに生活する。
朝には西村がカセットテープをセットし、基地内にクラシックを流す。その音楽を合図に、各々の部屋から出てくる隊員たち。洗面所とトイレは同じ空間にあり、それぞれ洗顔や歯磨きをすませていく。壁には「節水厳守」の張り紙がある。隊員全員が一応の身なりを整えたら、朝のラジオ体操の時間である。ドクターが日本で二か月分撮りためてきたラジオ体操のビデオテープを、デッキにセットする。テレビにはレオタードを着た三人の女性が映し出され、それにしたがって身体を動かしていく。「昨日と衣装が違うな。毎日違う衣装が楽しめるな」と、隊員たちはうれしそうである。

帰国まであと414日

おにぎりを作る西村

この日の朝食は、ご飯に味噌汁、焼き魚に納豆、玉子焼きとおひたしである。それらが並んだ食卓で、タイチョーが今日のそれぞれの予定を確認していく。そこで平さんが、「最近水を使いすぎている人がいるようです。造水槽を確認したら、25センチも減っていました」と、南極では何よりも大切な水を作る造水槽内の水の減りが激しいことを指摘する。「25センチ!?」「25センチかぁ」と、隊員たちは口々に驚きの声をあげる。平さんは主任を見つめながら「とにかく気を付けてください」というが、主任はわれ関せずの表情をしている。また、タイチョーが今日が節分のため、西村に豆はあるのかと確認する。「ないので、ピーナッツでもいいですか」と西村。まだこの話題が続きそうだったため、西村が朝食を食べるように促す。
朝食後、隊員たちは分厚い防寒具を身に着けていく。用意ができた隊員から外に出て、それぞれの作業をするのだ。西村もこの日は防寒具を身に着け、外の食材が入ったたくさんの段ボールを整理している。一人の人間が一年に飲み食いする量は1トン弱で、この南極では食材が無いからといって近所のスーパーに走ることはできない。食材は全て冷凍・乾燥・缶詰が基本で、凍ったらダメになるこんにゃくなどは無い。さらに気圧が低いため、お湯は85℃で沸騰し、麺はそのまま茹でると芯が残る。せめて野菜を育てることは出来ないかと、西村は様々な種を持ち込み水耕栽培をしているが、できるのはカイワレやモヤシばかりだ。西村は昼食に豚汁とおにぎりを作っている。具はシャケやいくら、梅干しなど。大皿二枚にぎっしりと握っていく。そこにドクターがやってきて、ドクターがこぐロードバイクで隊員たちのもとに昼食ができたことを知らせにいくことになった。基地に戻った隊員たちは、冷えた身体を温めるようにご飯をかきこんでいく。タイチョーはおにぎりを割って、目当てのイクラが入っているのを確認し、ニンマリとする。しかし主任は南極用の車両の中で一人漫画を読んでおり、戻ってこない。西村は主任の元へ豚汁とおにぎりを届けたが、その途中でおにぎりは凍ってしまった。主任は「はぁ、帰りたいわぁ」「左遷もええとこですわ」と愚痴るが、西村は「何言ってるの」と冷静にあしらう。

エビフライ

西村(左)に伊勢海老があることを伝える盆(右)

通信担当の盆が、片手におやつを持ちながら基地周辺にアナウンスをする。「一時半になりました。造水の時間です。」そのアナウンスを合図に、隊員たちは基地周辺の雪を集め、造水槽に運ぶ。南極で一番大事なものは、間違いなく水である。水たまりさえないこの場所では、毎日水を作らなければならない。幸い、その原料は無限にある。造水作業中、盆が興奮した様子で西村に告げる。「さっき昭和(基地)と交信してて聞いたんだけど、でっかい伊勢海老があるんだって。前の隊が忘れてったやつ」それを聞いたドクターが、「じゃあ、今夜はエビフライだな」タイチョーや本さんもそれに賛同する。西村は「いや、伊勢海老なら刺身でしょ」と抗議するが、本さんが「俺たち、完全に気分はエビフライだからね」と、刺身なんてあり得ないという表情で否定する。「エッビフライ、エッビフライ」と合唱しはじめる隊員たち。造水作業にも力が入る。

南極派遣前の日本での生活

唐揚げに文句を言う西村(左奥)に、「じゃあ食べなきゃいいじゃん」と反論するみゆき(右奥)

南極での生活のおよそ一年前。西村は海上保安庁が保有する巡視船の厨房で、主計士(庶務や調理を担当する)として勤務していた。同じ主計士のスズキが、「西村くん、この画素ってなに?」とデジタルカメラのパンフレットをみながら聞いてくる。「(画素が)40万個もあったら、南極でも平気かな」と、ウキウキした様子である。スズキは幼少期から念願の、南極観測隊の一人に選ばれたのだった。

西村家の台所では、妻のみゆきがおっかなびっくりといった様子で唐揚げを揚げている。家族で夕飯にその唐揚げを食べるが、西村は「なんでこんなぐちゅっとしてんだよ。二度揚げした?」とみゆきに文句を言う。みゆきはそれに対し、「じゃあ食べなきゃいいじゃん」と言い、娘の友花(ゆか)もみゆきに似た態度で西村をにらむのだった。

再び場面は海上保安庁の巡視船に戻り、スズキが第38次南極観測隊に派遣されることが決まったと、船長がみんなに報告していた。スズキは「20年越しの夢がようやく叶いました」と言い、西村が花束を渡す。「それでは行ってまいります」と満面の笑みで胴上げされたスズキだったが、南極に行く前にバイク事故でケガを負ってしまうのだった。西村は船長に呼び出されていた。「じゃあ、そういうことだから。西村くん、おめでとう」と、握手の手を差し出す船長。しかし西村は応じず、「家族と相談させてください」と言うが、船長は「おめでとう」としか繰り返さない。スズキの代わりに、西村が南極に行くことになってしまったのだ。

節分

伊勢海老フライが並ぶ、異様な食卓

この日の夕食は、隊員たちの希望通り伊勢海老のエビフライだ。しかし一人1尾のエビフライは太く、伊勢海老のお頭も一緒にお皿に盛りつけてあるため、異様な光景である。「ミソをタルタルソースに活かしてみました」と西村。タイチョーの「いただきます」を合図に、みんな一斉にお頭を皿から避け、食べ始める。しかし本さんとタイチョーは「やっぱ刺身だったなぁ」とこぼすのだった。夕食後に西村が自室でくつろいでいると、般若のお面をした兄やんが日本からのFAXを届けに来た。すでに壁に以前送られてきたものが何枚も貼られている、友花とみゆきからの新聞形式の手紙である。みゆきからのコメントには、「我が家の節分の鬼は、友花が書いたお父さんの似顔絵です。お父さんがいなくなってから、毎日楽しくて仕方ありません。こちらのことは気にせず、どうぞそちらで元気にお過ごしください」とあった。基地内では、兄やんがパンツ一枚に般若のお面で鬼役をやっていた。西村は他の隊員たちに混ざり、泣きたいような笑いたいような顔で、兄やんに豆をぶつけるのだった。
基地内の電話コーナーに、兄やんが座っていた。壁には「1分740円 使いすぎは身の破滅」という張り紙がある。ここからKDD(衛星で僻地や災害地との通信をつないでいる会社)の衛星通信を使い、日本に電話をつないでもらうのだ。「はい、KDDインマルサットオペレーターの清水です。どちらにおかけしますか?」兄やんは自分の彼女の電話番号を伝え、つないでもらう。電話コーナーには砂時計が常備されており、それをひっくり返して兄やんと彼女は会話を始めるのだった。基地の外では、ドクターが氷を採取していた。その氷でウイスキーロックを楽しむのである。医務室に戻ったドクターの目の前には将棋盤があり、対戦相手は西村だ。「日本に帰ったらトライアスロンに出てみようかと思って。空気薄いとこで一年鍛えたらいいとこ行くかなって」とドクターが言う。さらに、「自由だよなぁ、ここは。ガミガミ言う人もいないし、息子は金せびってこないし。俺なんかあと2・3年いてもいいくらいなんだけどね。ガハハハ」と笑うのだった。

本さんの誕生日

本さんの娘が歌う「ハッピーバースデー」の歌を、隊員たちが盗み聞きする様子

ある夜、西村が廊下を歩いていると、厨房に明かりがついているのに気が付く。こっそり厨房の窓から中をのぞくと、タイチョーと盆が一心不乱にラーメンをすすっている。西村はそのラーメンへの執着心に恐怖を感じたのか、そっとその場を去って行った。翌朝、ドクターが撮りためてきたビデオとともにラジオ体操をする隊員たち。ホワイトボードには、帰国まであと351日の文字がある。この日は本さんの誕生日で、西村は料理の腕を振るうことになっていた。しかしいつも本さんのサポートをしている兄やんが、手を軽い凍傷で負傷してしまい、西村が本さんのサポートに入ることとなった。本さんの仕事の雪氷観測では、専用のリフトで氷床の最深部2,500メートルから、コアと呼ばれる氷の棒を取り出す。コアは30万年も前に降り積もった雪が固まってできており、当時の気候情報などがつまった、いわば雪のタイムカプセルである。観測の合間に休憩しているとき、西村は本さんに「今日何か食べたいものありますか」と聞いてみる。そこで今日が自分の誕生日だと気付いた本さんは、「そっか、じゃあ肉。よくわかんないけど、分厚いやつ」と返す。西村は本さんを祝うために何が食べたいか聞いたのだが、最終的に「別に飯食うために南極来たわけじゃないんだから、何でもいい」と言う本さんにイラついてしまうのだった。それでも西村は、ドクターとともにフライパンに入りきらないほどの大きさの肉を焼く。「これ、焼けてないよね。火力が足りないんだよなぁ」とうまくいかず、二人は肉とともに外に出た。そこで棒に刺した肉をドクターに持たせ、西村は肉に直接油を塗る。火をつけると一気に燃え上がり、松明のようになった。ドクターは面白がって、西村と、近くにいた主任を巻き込んで追いかけっこをする。仕事を終えた本さんは、日本の家族に電話をしていた。娘が「ハッピーバースデー」の歌を歌ってくれたが、妻は本さんと話したくない、と電話には出なかった。食卓では、外で焼いた巨大な肉がローストビーフとしてふるまわれていた。一心不乱に食べる本さんやほかの隊員を見て、西村は満ちたりた顔をするのだった。夕食後は隊員たちが即興で作った本さんの歌を歌い、酔っ払っている。そこで本さんが西村に近づき、「西村くん、子供いるんだっけ。奥さんはここに来ること賛成だったの?」と聞く。西村は友花の抜けた乳歯を持っており、それを本さんに見せる。本さんは、「やりたい仕事が、たまたま南極でしかできないだけなんだけどなぁ」としみじみするのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

半沢直樹(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

NEW

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

リーガルハイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

リーガルハイとは、古沢良太の脚本によるテレビドラマ。裁判で無敗の最強弁護士・古美門研介と正義感が強い新米弁護士・黛真知子が繰り広げるコメディータッチの弁護士ドラマである。裁判に勝つためなら何でもする古美門と依頼者の気持ちに寄り添う黛との噛み合わないやり取りは見ものである。また、登場人物のキャラが濃く仕上がっていて見所満載である。

Read Article

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

目次 - Contents