QQスイーパー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『QQスイーパー』は、最富キョウスケ作の少女漫画であり、月刊雑誌『ベツコミ』に、2014年から2015年にかけて全15話が連載された。単行本は全3巻である。人の心を掃除する「掃除屋」の少年少女が心に巣食う「ムシ」を退治していくというストーリーで、第1巻帯のキャッチコピーは「イケメンドSな“ココロの掃除屋”と”ワケあり”夢見がち少女が織りなす新感覚ラブファンタジー!!」であった。恋愛やファンタジーの要素だけでなく、SF的なダーク要素が織り込まれた、少女漫画の変化球ともいえる作品である。

『QQスイーパー』の概要

『QQスイーパー』は、最富キョウスケ作のSF要素が織り込まれた少女漫画であり、月刊雑誌『ベツコミ』の2014年4月号から2015年6月号にかけて全15話が掲載された。単行本は全3巻である。200万部を超えた『電撃デイジー』の次作として連載が開始され、同様に200万部を超えた『クイーンズ・クオリティ』へと続く。本作そのものは短い作品であるが、同氏の二大作の中継点として注目を集める作品である。玉の輿を夢見る西岡文は、転校してきた先で堀北玖太郎と出会う。玖太郎は周囲から「掃除が得意でよくわからないヤツ」と言われていたが、その実は人の心の中の悪い感情を掃除する「ココロの掃除屋」であった。家も身寄りもない文は「とてつもない精神力をもつ」ことを買われ、玖太郎の家に居候しながら、掃除屋の仕事を手伝うことになる。しかし文には昔の記憶がなく、「呪いの娘」と言われ続けてきた過去があった。そして、人の心を操り、文を「Q(クイーン)」と呼んで狙う者たちが現れたことで、文の秘められた力が明らかになっていく。人の心とそこに巣食う負の感情を巡る攻防を描く、SFラブファンタジーである。

『QQスイーパー』のあらすじ・ストーリー

文と玖太郎の出会い

1巻第1話より、旧校舎の部屋で寝ていた文(左)を見つけて驚く玖太郎(右)

ある晩、夜を明かせる場所を探していた女子高生、西岡文は、高校の旧校舎の小さな一室に辿りついてそこで眠りについた。翌朝、部屋を掃除しに来た男子高校生、堀北玖太郎が文を見つける。玖太郎は勝手に部屋で寝ていた文を責め立てた。これが玖太郎と文の「(文曰く)大変腹立たしい出会い」であった。
玖太郎と同じクラスに転入した文は、新しい友達もでき、穏やかな学校生活のスタートを切ろうとしていた。友達たちの言うところでは、玖太郎は、「いつも一人で過ごしている変わった人間だが、掃除だけはうまい」とのことだった。文は理事長室に呼ばれて学校理事長の喜田川鉱一と対面する。旧校舎の部屋で勝手に寝ていた理由を問われた文は、自分が両親を亡くしていて、頼りにしていた親戚も自分を置いて夜逃げし、身寄りも家もなくして天涯孤独の身であることを明かす。そして文は、旧校舎の部屋でもう一晩明かすことを許してほしいと鉱一に頼んだ。しかし鉱一によると旧校舎は「化け物屋敷」と呼ばれ、他の生徒はほとんど近づかない場所だった。「あそこ(旧校舎)が怖くないのか」と問う鉱一に、文は、「ほっとする素敵な部屋だと感じた」と答える。そして、続いて「どんな部屋だったか」と聞かれた文は、自分が見た部屋の様子を話した。「古い大きなドアがあったように思う」という文の答えを聞いた鉱一は、何かに気づいたような様子を見せた。

ウチガワの世界と掃除屋

1巻第2話より、坂口の心間でムシに襲われた文(右下)を助けた玖太郎(中央)

荷物を取りに旧校舎の部屋に行った文は、クラスメートの坂口純也とその仲間が部屋でくつろいでいるところに行き会う。坂口たちが部屋をぐちゃぐちゃに汚しているのを見た文は、怒りを露わにした。坂口の仲間と文が喧嘩になりかけたとき、玖太郎がやってきた。玖太郎が「ムシが湧く。お前についているやつも育つ」と謎の発言をした直後、突然部屋中から、不気味なムシたちが湧き始める。次から次へと湧くムシたちを目にした坂口たちは一目散に部屋から逃げて行った。残されて立ちすくむ文だったが、文を抱きかかえた久太郎が箒で床をひと突きすると、ムシはすぐに散っていった。消耗した文を部屋のソファに寝かせた玖太郎は汚れた部屋を掃除し続け、文は次第に部屋の空気が元通りに綺麗になっていくのを感じていた。
そのままいつのまにか眠っていた文が一人で目を覚ましたとき、部屋には大きな古い扉が現れていた。扉からは、「タスケテ」「ダレカキテ」という声が聞こえ、その声は坂口の声によく似ていた。助けを求める声を聞いた文は、戸惑いながらも扉を開けて中に入っていった。
文を部屋に残して廊下に出ていた玖太郎は、文が勝手に扉の中に入ってしまったことを知り、連れ戻しに中に向かう。目を閉じた玖太郎は一呼吸して目を開けると、何もないはずの引出しの中から鍵を取り出し、額縁の中から人の言葉を話すフクロウを呼び出した。そして玖太郎は、「玄武門掃除役中央区預北家38代当主補佐堀北玖太郎」「中央第4玄武門から『ウチガワ』に入ります」との言葉とともに、フクロウを連れて扉の中に入って行った。一方の文は、真っ暗で広く、壁にも床にも一面たくさんの扉がある空間にいた。慄きながらも先に進んだ文は、坂口の声が聞こえる扉を見つける。扉を開けた文が見たのは、部室のような部屋と、座り込んで「もうだめだ」と呟き続ける坂口の姿だった。そして、暗闇の中から大きなムシが現れ、坂口と文に襲い掛かる。そこに間一髪で到着した玖太郎とフクロウはムシを押しのけ、今いる場所と、玖太郎たちの「仕事」の実態を文に明かす。
この場所は坂口の心の中で、「心間(こころま)」と呼ばれる場所だった。心が病むと、心は悪い感情の残骸である「汚れ」を溜め込む。汚れが溜まるとそれを糧にする「ムシ」が集まって憑りつき、人の精神を傷つけて壊してしまう。そうなる前にムシと汚れを払うのが玖太郎たち「掃除屋」の仕事だと言うのだ。そして坂口の心の状態は、まさに汚れを溜め込んでムシが湧き、ひどい状態になっていたのだった。玖太郎はムシを退治したものの、ケガをして力を使い果たしていた。生き残っていたムシが玖太郎に襲いかかったとき、自らの拳でムシを倒したのは文だった。そして坂口の心間は綺麗になり、それを見届けた文は気を失った。
目を覚ました文は、扉があった部屋に戻って寝かされていた。そこにいたのは玖太郎と、学校の理事長、鉱一だった。鉱一は玖太郎の身内かつ掃除屋の一員だったのだ。消耗しきっている玖太郎とは対照的にピンピンして元気な文を見た鉱一は、自分たちの家に文を連れていく。家に住んでいたのは、玖太郎と鉱一、玖太郎の祖母のミヤコだった。思いのほか豪邸であることに驚く文に、鉱一は、自分たちの仕事のトラブルに巻き込んだことを詫びる。そして、掃除屋の仕事は特殊なもので一般には理解されるものではないこと、ふつうの生活を送ろうとするなら今回のことは忘れるべきで、忘れるための処置も可能であることを話す。しかし、文は忘れることを拒否してより詳しく知りたいと言う。文がもつ掃除屋としての資質を見抜き、さらに掃除屋としても家事手伝いとしても人手不足が深刻だったことから、鉱一は、文を家政婦兼掃除屋の手伝いとして雇い入れることを決める。こうして文は玖太郎たちの家に住み込みで働くことになったのだった。

掃除屋の一員となった文

1巻第4話より、自分の力で掃除をしてきれいになった部屋に喜ぶ文

ひそかに玖太郎を相手に玉の輿を狙っていた文だったが、玖太郎には小さい頃からずっと好きな女の子がいることを鉱一から聞いて諦める。その晩、家の中で迷った文が客間を探してドアを開けると、そこは玖太郎の部屋だった。玖太郎はムシとの争いの影響で熱を出して寝込んでいた。うなされている玖太郎を見て思わず駆け寄った文に、もうろうとした玖太郎は「ふゆちゃん」と呼びかける。我に返った玖太郎に焦った文はすぐに部屋を飛び出し、文は玖太郎の思い人、「ふゆちゃん」の存在を知ったのだった。
玖太郎たちの仕事は、人の心の掃除屋であるとともに、表向きはごく普通の「家の掃除屋」でもあった。鉱一のスカウトによって玖太郎の家で働くことが決まりかけていた文だったが、玖太郎が難を示したために、一般的な掃除屋としての力を量るテストを受けることになる。テストの課題は、家にある汚れた部屋の一つを掃除して完璧にきれいにすることだった。自信を持って取り掛かる文だったが、部屋には汚れたところからムシが湧き、いくらやってもきれいにならずに困り果てる。しかし、鉱一から他に行く場所がない文の事情を聞いた玖太郎が手伝いを買って出たことで、掃除は順調に進み始め、文は見事に合格を果たす。そして文は、晴れて掃除屋の一員となったのだった。

坂口の心の浄化

1巻第5話より、心の平穏を取り戻して玖太郎(左)に自分の行いを謝る坂口(右)

心に憑いたムシは払ったものの、坂口は学校を休み続けていた。アフターケアが必要との指示に従い、玖太郎と文は坂口の家の部屋を掃除する「環境調整」に向かう。ムシ憑きになる人間は高確率で家も汚れていて、環境を整えることで、ある程度心の状態を整えることができるのだ。そして実際に、坂口の部屋は文に「魔の森」と言わせるほどに散らかっていた。強制的にゴミを捨てて掃除をしたことで、坂口の部屋は綺麗に片付きつつあった。そして最後に玖太郎が手にしたのは、クローゼットにしまわれていた坂口の野球道具だった。実は坂口は、以前野球部のエースとして期待されていたものの、怪我が原因でチームに迷惑をかけたと責められたことで退部していた。以降悪い仲間とつるむようになっていた坂口は、そのときの挫折や後悔が、心にムシが湧くきっかけになっていたのだ。激昂して捨てるように言う坂口だが、玖太郎はその道具を特別扱いにし、まずは綺麗に洗うと告げる。ユニフォームの洗濯を任された文は、庭で手洗いしていた。そこに真子が姿を見せ、自分に坂口のユニフォームの洗濯をやらせてほしいと頼む。坂口の幼馴染だった真子は、昔から坂口に好意をもっており、坂口が落ち込んでいるときに何もできなかったことをずっと悔やんでいたのだった。一方の坂口は玖太郎と話し、穏やかな気持ちで野球の道具を手にしていた。洗濯を終えた文と真子が戻り、坂口は以前の自分を取り戻したのだった。

清水川に襲われた文と「呪いの娘」

2巻第6話より、ムシ憑きになった清水川(右)に襲われ首を絞められる文(左)

文が堀北家を手伝うようになってからひと月ほどが経ち、文の新たな生活は順調に進んでいた。文と過ごす時間が増えて以降、玖太郎はときおり、文に「ふゆちゃん」の面影を感じていた。昼休みに掃除に精を出していた文は、三年生の有名なカリスマ男子、清水川蓮に声をかけられ、無理やり体育館倉庫に連れていかれる。相談事があるのだという清水川だったが、文が近づくと態度を豹変させる。いきなり文の首を絞めてきた清水川は異様な様子を見せながら「こうなったのはあんたのせいだ」と言う。さらに清水川の背後からはムシが現れ、「どこに行っても同じ」「呪いの娘」「絶望しろ」との言葉を吐いた。文は「絶望なんかしない」言いながら清水川に反撃し、清水川は床に倒れこむ。しかし、その状況を清水川の取り巻きの女子生徒たちが見つけ、口々に文を責め立てた。文が絶体絶命の危機に陥ったとき、玖太郎が現れて清水川と女子たちを追い散らした。文は焦って玖太郎に必死に弁明するが、文が連れていかれるのを目撃していた玖太郎は、文が悪いとはまったく考えていなかった。文が首を絞められたことを知った玖太郎は、すぐに駆け付けられずに怖い目に遭わせたことを文に謝るのだった。
家に帰った文は、玖太郎、鉱一、ミヤコに襲われたときの状況を話す。文と玖太郎が清水川の傍にムシがいるのを確認していたことから、清水川が「ムシ憑き」であることは明らかであった。また、文の首を絞めた清水川の暴力行為は、症状が進行したことで自我を失う「発作」であると考えられた。その日はひとまず話を終え、四人は休むことにする。

「呪いの娘」と文の過去

2巻第7話より、文(中央)が家を出て行こうとしたところに遭遇した玖太郎(右)

文の様子に不自然さを感じていた玖太郎は、文に「悪い夢を見たら呼べ」と声をかけ、部屋を後にした。玖太郎に対してもいつもと変わらず明るい様子を見せる文だったが、心の中では、清水川に襲われたときにムシに言われた「お前に関わったやつは人生がめちゃくちゃになる」という言葉のことを考えていた。そして文は、堀北家を出ることを決意し、ひそかに家を出て行こうとする。一方の玖太郎も、昼間の事件のことを考えて眠れずにいた。胸騒ぎを感じた玖太郎が部屋を出ると、まさに文が家を出ようとしているところだった。別れを告げて外に出て行った文を無理やり捕まえた玖太郎は、文に出て行こうとした理由を問いただす。そして文は玖太郎に、自分がどこに行っても「呪いの娘」と言われ、実際に身の回りの人が不幸になっていくのだと明かした。それを聞いた玖太郎は、幼いことに出会った「ふゆちゃん」も自分のことを「のろいのむすめ」と言っていたことを思い出す。これまで漠然と感じていた「文は『ふゆちゃん』ではないのか」という思いをいっそう強くする玖太郎だが、名前と性格が違うだけでなく、文が自分のことを知らなかったことから、その考えを打ち消そうとする。
騒ぎに感づいて起き出してきた鉱一は、事情を聞くために文を家に連れ戻す。そして文は、玖太郎に話したのと同様に、これまで「呪いの娘」と責められ続け、実際に周りの人が事故に遭ったり不祥事を起こしたりと不幸になってきた経験を、鉱一とミヤコにも話すことになる。加えて文が明かしたのは、文には10年ほど前までの記憶がないということだった。自分を温かく迎え入れて幸せな毎日を与えてくれた玖太郎たちが自分のせいで不幸になるのを恐れる文は、家を出ることを見逃してほしいと三人に頼む。しかし鉱一は、「いったん掃除屋として雇われたにも関わらず仕事を投げ出して出て行こうとしているのか」と文を責め、掃除屋として最低限の仕事をしてから出て行くようにと文に言い渡した。それを聞き入れた文は、次の日に仕事が済むまでは滞在を続けることを決め、部屋を出て行く。鉱一の言動に怒りを隠せない玖太郎だが、実は鉱一は「呪い」の真実を解き明かして文のことを助けようとしていた。まずは仕事を経験して「呪い」から逃れる糸口をつかませるために、あえて冷淡な態度をとって文を引き留めていたのだった。そのことを玖太郎に明かした鉱一とミヤコは、玖太郎に文のサポートを任せ、文を守るようにと頼むのだった。
玖太郎が部屋に戻って二人になった鉱一とミヤコは、文が記憶をなくしたのが10年前であることにひっかかりを覚えていた。10年前は、ウチガワにムシの大量発生が巻き起こり、玖太郎の両親が亡くなった掃除屋業界の一大事件、「白虎門の大病」が起こった年だったのだ。

清水川の心の浄化

2巻第9話より、清水川(左)の心間に行きついて清水川に声をかける玖太郎(中央)と文(右)

翌日の晩、清水川の心の治療が始まる。旧校舎の部屋で待機していた玖太郎と文は、精神だけになって身体から抜け出し、間の扉の中へと進む準備を整える。実はウチガワの世界に肉体は入れず、むき出しの精神だけの状態になってはじめて扉をくぐることができるのだ。これまでにも扉の中に入っていたことがあった文だったが、そのときは気づかないうちに精神が抜けだし、身体を置き去りにしていたのだった。玖太郎は精神だけの状態は危険だが「なんでもあり」だと言い、玖太郎が壁にかかった額縁の中に手を入れると、以前扉に入ったときと同じしゃべるフクロウが現れた。再会を喜ぶ文にフクロウは、「今日も昨日も一昨日も会っている」と笑う。実はフクロウは、ミヤコが身体を家に置いたまま精神だけになり、フクロウとして具現化した姿だったのだ。そして、玖太郎と文、ミヤコは、扉をくぐってウチガワの世界へと入っていく。
同じころ、鉱一のところでは清水川の治療の準備が進んでいた。鉱一の助手、鬼塚理子が催眠をかけると、清水川は眠り、その心は「鈴」を持って深層の心間へと降りて行った。一方の玖太郎たちが鈴の音を頼りに清水川の心間へと進んでいたとき、突如暗闇からムシが湧く。自分の呪いのせいだと焦る文だが、玖太郎とミヤコはそのムシをたやすく退治する。そして玖太郎は、文の考える「呪い」が文の心が弱ることで生じるものであり、その実はウチガワに生じる「骸思(ムシ)」と同じものであること、呪いもムシも元々そこら中に存在するもので、それに苦しむ人を助けるのが「掃除屋」なのだと言った。そして玖太郎は、「呪いから身を守り、呪いから人を守る方法を教えてやる」と文に話す。文は、これまでに自分が苦しんでいた「呪い」と戦う術を手に入れたのだった。
ようやく清水川の心間にたどり着いた玖太郎たちは、ドアを開けて中に入る。そこは田舎の和室のような部屋で、中にいたのは膝を抱きかかえてうずくまる清水川だった。玖太郎が清水川に助けに来たことを告げたとき、部屋から次々にムシが湧きだす。襲い掛かってきたムシを久太郎が退治するも、ムシは再び湧き出す。玖太郎がムシを撃退し続ける中で、文が任されたのは「清め」の役だった。気持ちを静めて集中した文は、ミヤコの手を借りながら、見事に部屋の浄化を果たした。力を使い果たした文は気を失うが、薄れる意識の中で呪いを倒せたこと、玖太郎と会えたことを喜ぶのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents