美少女戦士セーラームーンの必殺技まとめ

『美少女戦士セーラームーン』とは、武内直子による日本の少女漫画および、それを原作としたアニメなどメディアミックス作品。少女漫画雑誌『なかよし』で1992年から5年間連載され人気を集めた。
中学2年生の月野うさぎは言葉を喋る不思議な黒猫ルナとの出会いがきっかけで、愛と正義のセーラー服美少女戦士『セーラームーン』に変身し、「セーラー戦士」の仲間と共に妖魔退治と「幻の銀水晶」集めを行う。セーラー戦士達は太陽系の「守護星」の力をエネルギーとして敵と戦う。作中では数多くの戦士と必殺技が登場する。

『美少女戦士セーラームーン』の概要

『美少女戦士セーラームーン』とは、武内直子による日本の少女漫画および、それを原作としたアニメ、ゲーム、ミュージカル、特撮テレビドラマなどメディアミックス作品である。原作漫画は講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で1992年2月号から1997年3月号まで連載された。旧版単行本は全18巻、新装版は全12巻、完全版・文庫版は全10巻と様々な形で出版されている。『なかよし』が発行部数を205万部突破した頃の看板作品であり、「戦闘美少女系魔法少女」の先駆けである。原作連載と同時期である1992年3月7日から1997年2月8日にかけ、テレビ朝日系でテレビアニメ5作品が全200話放映された。変身時には手の爪がマニキュアで染まり、戦闘服はセーラー服にブーツという斬新な組み合わせの演出でファンを魅了した。また変身後の決め台詞も話題を呼んだ。

2013年頃からは『プレミアムバンダイ』の「ミラクルロマンスシリーズ」で大人向けコスメや大人向け玩具、『資生堂』や『GU』等の有名ブランドとのコラボ商品が発売された。2014年7月からは新アニメ版としてWebアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』の放送が開始され、その後深夜アニメとしてテレビ放送も行われた。『美少女戦士セーラームーンCrystal』は連載当時のアニメ版の続きやリメイクではなく、原作漫画の忠実なアニメ化をコンセプトに原作に添って第一期から順に作成されている。『美少女戦士セーラームーンCrystal』の第4期として劇場版が『美少女戦士セーラームーンEternal』のタイトルで2021年に公開された。

主人公の月野うさぎは東京の十番街に住むドジで泣き虫な中学2年生の女の子だ。ある日うさぎは言葉を喋る不思議な黒猫ルナと出会い、愛と正義のセーラー服美少女戦士「セーラームーン」に変身し、街を襲う妖魔と戦うことになる。初めは1人で戦い苦戦していたが、度々うさぎの前に現れる「タキシード仮面」に助けられ、次々と現れるセーラー戦士の仲間達と共に妖魔退治を順調に続けてゆく。
ある日、セーラー戦士達ははルナに「幻の銀水晶」と「月のプリンセス」を探すという指令を受け、妖魔退治に並行して銀水晶とプリンセス捜索を行うことになる。しかし妖魔の主「クイン・メタリア」率いる「ダーク・キングダム」やタキシード仮面も銀水晶を探していることが分かり、物語は銀水晶の争奪戦へと発展していく。

妖魔は人間のエナジーを吸い取りそれを妖術の源にして、恐ろしい妖術を使ってセーラー戦士達に攻撃を仕掛けてくる。妖魔を倒す為にはセーラー戦士達の「守護星」の力を使う必要があり、セーラー戦士達はそれぞれの授かった「守護星」の力をエネルギー源とて妖魔を退治する。
これはダークキングダムを倒した後も様々な敵と対峙する際に必要な力となってゆく。

原作と旧テレビアニメ、新装版テレビアニメでは必殺技の名前や攻撃の様子も少しずつ変わっているものがある為、ファン必見である。
また、変身時はそれぞれの額に「守護星」のマークが浮かび上がる。

「守護星」とは

セーラー戦士達が妖魔を倒す為に出す技の源である。技の名前を唱えながら、妖魔に向かって「守護星」のエネルギーを放出する。
それぞれのキャラクターに「守護星」が割り振られており、力を宿している。セーラー戦士の変身時には「守護星」の惑星記号が額に浮かぶ。
『美少女戦士セーラームーン』に登場する「守護星」の種類は、「月」・「太陽」・「水星」・「火星」・「木星」・「金星」・「天王星」・「海王星」・「冥王星」・「土星」である。
セーラームーンは「月」の「守護星」を持ち、マークは「☽」だ。タキシード仮面は「太陽」の「守護星」を持ち、「☼」のマークを持つ。セーラーマーキュリーは「水星」の「守護星」を持ち、マークは「☿」である。セーラーマーズの「守護星」は「火星」で、マークは「♂」。セーラージュピターは「木星」の「守護星」を持ち、「♃」のマークである。セーラーヴィーナスは「金星」の「守護星」で、マークは「♀」だ。セーラーウラヌスは守護星に「天王星」を持ち、マークは「♅」である。そして相方のセーラーネプチューンが「海王星」の「守護星」を持ち、「♆」のマークだ。セーラープルートの「守護星」は「冥王星」で、マークは「♇」。セーラーサターンは「土星」の「守護星」を持ち、「♄」のマークである。
第5期の『セーラースターズ編』に登場する『スリーライツ』のセーラースターファイター・セーラースターメイカー・セーラースターヒーラーは太陽系ではなく「キンモク星系の守護星」の力を持ったセーラー戦士である。

セーラームーンの必殺技

ムーン・フリスビー(原作漫画)/ムーン・ティアラ・アクション(旧テレビアニメ)/ムーン・ティアラ・ブーメラン(新装版漫画、特撮ドラマ、新アニメ)

『セーラームーン』の代表的な技で、旧テレビアニメや新装版アニメでも第1話目に登場した。
原作漫画、旧テレビアニメ、新装版漫画・特撮ドラマ・新アニメで技の名称は異なるが、内容は同じ技である。

額に装着しているティアラを外し、ブーメランの要領で敵に向かって投げることで物理的な攻撃を行う。使用の際にティアラが円形に形を変えたり、時にはエネルギー体になる。ティアラはある程度の軌道修正が可能で、攻撃をかわした敵を再度狙える時もある。
シンプルだが応用力が高い技であり、敵がティアラを手で受け止めた際にはティアラが肥大化し敵を拘束することができる。
派生技として『ムーン・ティアラ・スターダスト』、『ムーン・トワイライト・フラッシュ』がある。

ムーン・ティアラ・スターダスト

『ムーン・ティアラ・スターダスト』は、旧テレビアニメ『セーラームーン』第1期の5話「妖魔の香り!シャネーラは愛を盗む」で登場した技だ。原作や新アニメには登場しない技で、旧テレビアニメにこの1度だけ登場した。敵への攻撃技ではなく、浄化作用がある技である。

ティアラは直接ぶつけず、円形になったティアラから星屑のように降るエネルギーで浄化を行う。妖術で妖魔にされた人間を複数人相手にすることが可能で、ティアラのエネルギーを受けた妖魔は人間の姿を取り戻す。うさぎの弟の進呉が妖魔に操られてしまいうさぎに襲いかかる中、うさぎは弟を相手に『ムーン・ティアラ・アタック』を使うことができなかった。そこでルナが教えてくれた技が『ムーン・ティアラ・スターダスト』だ。

ムーン・トワイライト・フラッシュ

原作、特撮ドラマ、新アニメで登場した技で、月の光をぶつけて敵を倒す必殺技である。

月光をティアラの宝石の部分に反射させて増幅させ、ビーム状にして敵に放つ攻撃技だ。
新アニメでは技名は無いが、「月に変わって、おしおきよ!」の掛け声で原作と同様の効果の技を発揮する。

超音波攻撃

原作、新・旧テレビアニメで初期に登場した技である。

ピンチになったセーラームーンが思わず号泣した際に、髪のお団子部分につけた赤色の"超音波増幅バレッタ"が反応して高周波の超音波を発生させる。超音波で敵を痺れさせることができる技である。但し、敵・味方に関係なくその場にいる全員に影響が出てしまう。

セーラームーン・キック

原作、アニメに登場したキック技である。
旧テレビアニメでは第1期の第17話「モデルはうさぎ?妖魔カメラの熱写」で初めて登場した。姿を見せない妖魔に対してセーラームーンがキックをすることで妖魔は姿を現した。

体当たり系の物理攻撃であり「守護星」の力は使っていない。
敵を確実に倒す技ではないが、この話以外でも時々登場し何度も使われている。

セーラー・ボディ・アタック(旧テレビアニメ)

旧アニメ第2期である『セーラームーンR』の第14話「天使?悪魔?空から来た謎の少女」で登場した。
原作や新アニメには登場しない技で、旧テレビアニメにこの1度だけ登場した。

セーラームーンが胸の前で両手をクロスさせて敵に突撃する物理攻撃の技である。
シンプルな体当たりであり、エネルギー源である「守護星」の力は関係ない。

ムーン・ヒーリング・エスカレーション

floorlistMT4
floorlistMT4
@floorlistMT4

Related Articles関連記事

美少女戦士セーラームーン(セラムン)のネタバレ解説・考察まとめ

美少女戦士セーラームーン(セラムン)のネタバレ解説・考察まとめ

『美少女戦士セーラームーン』とは、武内直子による漫画、及びそれを原作としたアニメ。後にゲーム、ミュージカル、テレビドラマにもなった。 東京の十番街を舞台に、主人公である月野うさぎが黒猫のルナによってセーラームーンに変身し、地球を征服しようとしてくるさまざまな敵から、平和を守るために戦っていく様を描く。 1992年からアニメ一期が始まり、五期の最終回まで約五年間にわたって放送された。

Read Article

美少女戦士セーラームーンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

美少女戦士セーラームーンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『美少女戦士セーラームーン』とは武内直子による漫画作品、およびそれを原作とするアニメ作品である。ちょっぴりドジで普通の女の子、月野うさぎを始めとする5人の仲間が、正義のヒロイン、セーラー戦士として妖魔たちと戦う。セーラームーンと言えば「月に変わっておしおきよ!」というセリフがあまりにも有名だが、その他にも様々な名言・名セリフがある。女の子の心を揺さぶる、勇気や愛に満ちたセリフは、世間でもかなり高く評価されている。

Read Article

《最新追加!》「魔法少女なんてもういいですから。」のミトンのとんでもない扱いまとめ

《最新追加!》「魔法少女なんてもういいですから。」のミトンのとんでもない扱いまとめ

2016年から絶賛放送中のアニメ「魔法少女なんてもういいですから。」!大人気魔法少女アニメとは裏腹に、内容は過去にない全く新しい感じのエピソードなのが注目かつ面白いです。しかしながら、そんな中魔法少女系アニメ・作品でお馴染みのマスコット・使い魔的存在であるキャラクター(ミトン)が、とんでもない扱いをされているのです。今回はそんな哀れなミトンの、とんでもない劇中の扱われシーンをまとめました。

Read Article

目次 - Contents