長ぐつをはいたネコ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『長ぐつをはいたネコ』は、2011年に公開されたドリームワークス・アニメーション製作によるコンピュータアニメーション映画である。ジャンルはアドベンチャー、アクション、コメディ、ファンタジー映画に分類される。長ぐつをはいたネコとキティの真剣さの中に面白さが混ぜ込まれているダンス対決は魅力の1つである。長ぐつをはいたネコは幼少期にハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと魔法の豆を探していた。中々見つからない為もう諦めていたが、魔法の豆が実際に存在する事を知る。そして、魔法の種を探す旅に出たのだった。

『長ぐつをはいたネコ』の概要

『長ぐつをはいたネコ』(ながぐつをはいたネコ、Puss in Boots)は、2011年に公開されたドリームワークス・アニメーション製作によるコンピュータアニメーション映画である。映画はRealD 3D及びIMAX 3Dで上映された。ジャンルはアドベンチャー、アクション、コメディ、ファンタジー映画に分類される。『シュレック』シリーズの前日譚であり、同シリーズ2作目『シュレック2』(2004年)のキャラクターである長ぐつをはいたネコを主役としたスピンオフ作品である。アニー賞9部門と第69回ゴールデングローブ賞にノミネートしている。監督は『シュレック3』のクリス・ミラーである。本作で今まで明かされなかった長ぐつをはいたネコの本当の名前が明らかになった。

物語は長ぐつをはいたネコが小銭稼ぎをしている所から始まる。バーで小銭稼ぎが出来そうな場所がないか客達に聞くと、ジャックとジルが魔法の種を持っていると教えられた。魔法の種を植え、巨人の住む空の上の世界には金の卵を生むガチョウがいるという。長ぐつをはいたネコは、早速魔法の種を手に入れる旅に出たのだった。

『長ぐつをはいたネコ』のあらすじ・ストーリー

幼い頃の夢

ダンスバトルをしているシーン。左からプス、キティ・フワフワーテ。

長靴をはき、人の言葉を喋る猫のプスは、長ぐつをはいたネコというあだ名を持つ多額の懸賞金がかけられたおたずね者だった。プスは昔ある事をきっかけに名誉を失ってからというもの、故郷を離れて盗みを繰り返しては逃亡生活を送っていた。
ある日、故郷では炎祭りが開催されていた。この日、プスはとある場所で賞金稼ぎの男から指輪を盗み出した後、失った名誉を挽回すべく故郷に帰って来た。プスは盗んだ指輪を金貨代わりに、バーでミルクを飲む事にした。バーにいる悪党達に、「次の飯代が稼げれば十分なんだが、ちょっと一稼ぎできるような場所は知らないか?」と尋ねたが、皆は懸賞金がかけられているプスを捕らえようと企んでおり、誰も答えようとはしなかった。だが、プスは襲われそうな気配を察し、すぐに剣を振りかざして悪党達を脅した。すると悪党達は次々と情報を吐き出し始め、悪名高い盗賊夫婦のジャックとジルが魔法の豆を持っているという話が耳に入った。魔法の豆を植えると、蔓が伸びて巨人の住む城へと辿り着く事ができるという。巨人の住む城には金の卵を生むガチョウがおり、金の卵さえ手に入れば一生安泰と言われる程価値がある。実はプスは幼い頃からずっと魔法の豆を探し求めていたのだが、中々見つからない為諦めていたのだった。悪党の1人に「ジャックとジルから魔法の豆を盗むなんて自殺行為だぜ」と言われたが、プスは昔の借りを返す為に早速ジャックとジルの元へと向かった。

ジャックとジルは猪が引く馬車に乗り、ホテルを訪れていた。ホテルはすでに満室であったが、ジルはジャックの持っていた拳銃を取り出して泊まっていた客を撃ち殺し、1部屋を空室にした。その光景を目の当たりにしたフロントは震えあがり、抵抗することなく部屋の鍵を渡した。
プスもホテルに到着し、ジャックとジルのいる部屋に忍び込もうと窓辺に立って中の様子を伺っていた。窓ガラスを爪で自分の形にくりぬき、中に忍び込もうとした時、横に魔法の豆を狙っている黒装束の猫が現れた。プスは黒装束の猫に引き下がるよう訴えかけたが、黒装束のネコは部屋に入りプスを挑発して来たのである。2人が争っていると、側にジャックとジルが寄って来た。2人は争いに気を取られ、うっかり見つかってしまったのである。ところが、黒装束の猫は危険を察知し、プスよりもいち早く外に逃げていた。プスもジャックとジルに捕まらないよう慌てて窓から飛び出し、急いで黒装束の猫を追いかけた。

黒装束の猫を追いかけていくと、猫の溜まり場に辿り着いた。他の猫達に囲まれた中で、いざ決闘をしようとした時、猫達は楽器を鳴らしてメロディーを奏で始めた。今日の戦いはダンスバトルで決着をつける決まりになっていたのである。どちらも譲らない戦いであったが、プスは近くにあったギターで黒装束の猫を殴り、一撃を喰らわせた。黒装束の猫は被り物を脱ぎ、ギターで殴って来たプスに怒りをぶつけ、別の部屋へ行ってしまった。被り物を脱いだ猫は男性ではなく女性だった。てっきり男性だと思って戦っていたプスは驚いた。慌ててギターで殴ってしまった事を謝り、彼女を追いかけた。
暗い部屋に着いたプスは、恐る恐る中に入り彼女を探した。途中、誰かの気配を感じて入り口の方を見ると、そこにはかつての因縁の相手であるハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの姿があった。過去のある出来事を境に、互いに裏切られたと思い込み、犬猿の仲になってしまった為、2人の間には険悪なムードが漂っていた。そこへ彼女がやって来て、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティから、彼女の名はキティ・フワフワーテだと聞かされた。実はこの2人は手を組んで、ある計画を企てていた。その計画とは、プスとキティ・フワフワーテ、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの3人で協力して、ジャックとジルから魔法の豆を奪い、巨人の城に忍び込むというものだった。だが、プスはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティのかつての裏切りを許す事ができず、その計画を拒んだ。キティ・フワフワーテはその様子を見かねて、プスにハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと昔何があったのかを尋ねた。プスはかつて、孤児院で育った出来事を語り始めた。

プスは生まれてまもない頃、バスケットに入れられ捨てられた。そのバスケットはとても軽かった為、風で飛ばされプスの故郷となるサン・リカルドまでやって来た。そして、バスケットはサン・リカルド孤児院に辿り着いた。プスは孤児院でママのような存在のイメルダに拾われ、孤児院で他の子供達と共に暮らす事となった。そこでハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと出会い、仲間としての絆を深めていった。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは魔法の豆を探していた。魔法の豆をちゃんと植えれば、蔓が雲の上まで伸びて巨人の住む城に辿り着ける。そこには金の卵を産むガチョウがいて、1つでも金の卵を手に入れられれば一生安泰だとプスに説明した。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは自分の故郷が巨人の住む城にある気がしており、ずっとそこに行くのを夢見ていた。プスはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの夢を叶える為に魔法の豆を探しを命懸けでやると誓った。こうして2人は豆クラブを結成し、共に魔法の豆を探す大冒険を始めたのである。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは頭脳担当、プスは手足担当となり一生懸命魔法の豆を探したが中々見つからず、いつしか魔法の豆探しは子供の夢物語として忘れ去られていった。
成長した2人は悪事を働き盗みを繰り返すようになっていた。ある日、プスは街で猛牛に襲われそうになった警察署長の母を救い、街の英雄となった。一方、ハンプティは相変わらずつまらない窃盗を続け、プスはそんな彼を諫めていた。ところがある夜、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティはプスを騙して銀行強盗の片棒を担がせたのである。プスは騙された事に対して悲しみと怒りを感じていた。2人は馬車に乗り警察に捕まらないよう逃走したが、橋の上に来た所でバランスを崩し馬車は倒れて粉々になってしまった。飛ばされた2人のすぐ側まで警察が来ていた。プスは自力で起き上がれたが、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは卵の形をしている為自力で起き上がれず、プスに助けを求めた。しかし、プスはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの裏切り行為を許せず、手を貸さずに1人川に飛び込み逃げたのである。その日を境にプスはおたずね者となった。

信頼を取り戻した後の裏切り

沢山の金の卵を見て驚いているシーン。左からハンプティ・アレクサンダー・ダンプティ、キティ・フワフワーテ、プス。

プスが昔話を終えた所でハンプティ・アレクサンダー・ダンプティが現れた。陰でプスの話をずっと聞いていたのである。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは、騙して悪事を働いた事を後悔しており、「もう一度チャンスを俺にくれ」とプスに再びお願いした。プスは渋々ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの説得に応じ、3人で協力してジャックとジルから魔法の豆を奪う為に動き始めた。

ジャックとジルは猪が引く馬車に乗っていた。タイミングを見計らって、その馬車にプスとキティ・フワフワーテが乗り込み、魔法の豆を探した。魔法の豆はジャックの握り拳の中にあり、更にその握り拳は頑丈に施錠されている箱の中にあった。また、馬車の中には猪の赤ちゃんが眠っており、起こさないよう慎重に動く必要があった。キティ・フワフワーテは持ち前のフワフワな手を使って魔法の豆を盗み出そうと試みた。だが、中々箱の鍵を開けられず苦戦していた。プスは爪を使って開けるよう促したが、キティ・フワフワーテは昔飼い主に爪を取られた為、爪が無かったのである。プスはキティ・フワフワーテの代わりに鍵を開け、遂に魔法の豆を手に入れる事に成功した。
馬車から急いで脱出しようとしたその時、プスは誤って猪の赤ちゃんを踏んで起こしてしまった。騒ぎを嗅ぎつけたジャックとジルは、魔法の豆を取り返そうとプスとキティ・フワフワーテに容赦なく襲いかかった。そこへ、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティが馬車を率いて現れた。プスとキティ・フワフワーテは馬車に乗り移り、ジャックとジルから距離を取った。そして、3人は壊れた吊り橋に馬車ごと突っ込んだ。そのまま崖の下に落ちてしまうと思われたが、発明家のハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは馬車を飛べるよう改造していた為、3人は命の危機を免れた。そして、魔法の豆を植えるスポットまで向かったのだった。

3人はようやく魔法の豆を植えるスポットに辿り着いた。魔法の豆をその場所に植えると、空から突如竜巻が現れ、魔法の豆がある地中へと吸い込まれてしまった。その直後、魔法の豆はすぐに小さな芽を出した。芽は小さいままだった為、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティが芽に「やぁ、新芽ちゃん」と声をかけてみたところ、芽は一気に成長した。3人は葉っぱの上に乗り、蔓と一緒にどんどん上まで上がっていった。そして、あっという間に雲の上に到着した。
雲の上で3人は、巨人の住む城を発見し早速中へと入って行った。中に入ってみると、そこには廃墟となった建物の中にジャングルのような草木の茂る場所があった。3人が訪れた時には城の中の巨人は既に死に絶えていたのである。代わりに、金の卵を守るモンスターがいた。モンスターと目を合わせると足にされてしまうという噂があった。3人はモンスターに見つからないよう隠れながら奥へと進んで行った。奥へ進んで行くと、金の卵が大量に転がっている場所に辿り着いた。金の卵を持って帰ろうと試みたが、金の卵は非常に重たく沢山持って帰るのは困難であった。どうしようか悩んでいた時、目の前に金の卵を生むガチョウの雛を発見した。そこで3人は、金の卵を持ち帰るのではなく、金の卵を生むガチョウの雛を連れて帰る事にしたのである。
出口に向かって進み出した3人の元へ、異変に気付いた金の卵を守るモンスターが再びやって来た。追いつかれないよう必死に逃げている途中、キティ・フワフワーテは川に落ちて溺れてしまった。プスがすぐに助け出し、キティ・フワフワーテは一命を取り留めた。そして3人はそのまま川の流れに乗って城の出口に繋がる排水溝に辿り着き、そのまま地上へと戻る事に成功したのだった。

その晩、3人は焚き火を囲み計画の成功を心から喜び合った。プスは少しずつハンプティ・アレクサンダー・ダンプティへの信頼を取り戻し始めていた。更にプスはキティ・フワフワーテとダンスを踊りながら、徐々に心を通わせ始めていた。踊っている最中、キティ・フワフワーテはプスにある秘密を伝えようとしたがハンプティ・アレクサンダー・ダンプティが間に入って来た為、伝える事ができなかった。
夜も更けて来たので3人は寝床に着いた。ところが、プスが横になって目を閉じた瞬間、突如ジャックとジルが現れた。プスはジャックとジルに殴られ、意識を失ってしまった。

翌朝、カラスに囲まれて目を覚ましたプスは、そこにハンプティとキティの姿がないことに気付いた。近くにあった足跡を見て、すぐにジャックとジルの仕業だとわかった。プスは馬を駆り、2人の姿を探す為に再び故郷であるサン・リカルドへとやって来た。プスはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティがジャックとジルに捕まっている所を発見し、走って追いかけた。プスはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティを助けるべく、ジャックとジルの前に姿を現した。そこでプスが見たのは、ジャックとジルと一緒に計画の成功を喜ぶハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの姿だった。

隠されていた真実

プスがキティ・フワフワーテの協力を得て脱獄するシーン。

実は、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティはずっとプスに恨みを抱いていたのである。銀行強盗を行い、警察から追われて逃げる際に、プスは橋の上で倒れ自力で起き上がれなくなったハンプティ・アレクサンダー・ダンプティを見放し、1人で逃走したのである。その時の事を根に持ち、刑務所に入っている間ずっとプスに復習する計画を練っていたのである。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティはプスがサン・リカルドに帰って来てから、ずっと尾行していたのだった。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは警官を呼び、プスを捕らえさせようとした。プスは剣を抜いて戦おうとした時、イメルダが現れ「もう逃げないで。ママを悲しませないで。ちゃんと罪を償って。」と言われてしまった。イメルダを悲しませたくないプスは、抵抗する事を諦め自ら警察が用意した小さな檻の中に入って行った。捕らえられたプスを横目に、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは金の卵を町の人々に与え、英雄のように称えられたのであった。連行されていくプスを、申し訳なさそうにキティ・フワフワーテが見つめていた。そう、彼女もハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの計画を初めから知っており、プスを騙していたのである。プスは悲しみに浸りながら、刑務所へ連行されて行った。

牢屋に入れられたプスは、その中で白く長い髭を生やした老人に出会った。その老人の名はマメノキと言い、通称ジャックと呼ばれていた。彼は元々魔法の豆の持ち主であり、『ジャックと豆の木』の主人公であった。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは、牢屋に閉じ込められていた頃、プスに復讐する計画を遂行する為にマメノキから魔法の豆を盗み出していたのだ。マメノキはハンプティ・アレクサンダー・ダンプティに金の卵を生むガチョウの雛を盗むなと警告をした旨をプスに打ち明けた。プスはなぜ金の卵を生むガチョウの雛を盗んではいけないのかを尋ねた。すると、巨人の城にいたモンスターは金の卵を生むガチョウの雛の母親であり、子供を取り戻すまで町で暴力の限りを尽くすという恐ろしい真実を耳にした。
このままではサン・リカルドが危ないと悟ったプスは、ここから脱獄しようと試みた。猫の鳴き声で看守を呼び、牢屋の監視穴から覗き込んできたのを確認した後、つぶらな瞳で看守を見つめた。看守はプスの可愛らしさに心を奪われ、「扉を開けろ。武器を捨てろ。」という指示に対抗する事なく従ってしまった。だが、「道を開けろ。」という指示をした時には正気に戻ってしまい、プスの脱獄作戦は失敗したと思われたが、突如看守の背後からキティ・フワフワーテが現れ、プスの手助けをしてくれたのであった。プスに心を惹かれ始めていたキティ・フワフワーテは、プスを騙して陥れた事を後悔しており、その罪を償いに来たのだ。プスはキティ・フワフワーテの協力により、見事脱獄に成功した。そして、急いでハンプティ・アレクサンダー・ダンプティの元へと向かった。

ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは、これから町が母親ガチョウに襲撃される事を知っていた為、金の卵を生むガチョウの雛を連れて遠くへ逃げようとしていた。プスはすかさず目の前に立ち、金の卵を生むガチョウの雛をよこせと迫った。そして「俺への復讐はともかく、なぜこの町や、自分の育った孤児院までを犠牲にする?」と問い詰めた。それに対しハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは「ここは昔から俺の居場所じゃない」と言い返した。そう、ダンプティ・アレクサンダー・ダンプティはプスと一緒に育ち、悪さをして来た仲間であったのにも関わらず、ある日を境にプスだけが英雄になってしまったので、自分だけが置いてけぼりにされたと思い込み、プスだけではなくこの町の事も恨んでいたのである。そんなハンプティ・アレクサンダー・ダンプティにプスは「お前は本当はそんな奴じゃないだろ」と声をかけ、一緒に町を救うべく説得した。そんなやり取りをしていると、遠方から恐ろしい唸り声と巨大な翼が風を切る音が聞こえて来た。もう時間が無いと焦ったプスは、再度「この町を救う為に俺に協力してくれるなら、今までの事を許す」とハンプティ・アレクサンダー・ダンプティを説得した。プスの説得に心を揺れ動かされたハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは、町を助ける為に動き始めたのだった。

再び町の英雄に

プスとキティ・フワフワーテがキスをしているシーン。左からキティ・フワフワーテ、プス。

やがて、町に巨大な母親ガチョウが現れた。金の卵を抱えている町の人々を見た母親ガチョウは興奮し、金の卵を生むガチョウの雛を歩き回って探し始めた。町の建物は巨大な母親ガチョウによって次々と破壊されて行った。
プスとハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは母親ガチョウを町の外に連れ出そうと、金の卵を生むガチョウの雛を馬車に乗せて誘導した。途中、金の卵を生むガチョウを狙ってジャックとジルが攻撃を仕掛けて来たが、キティ・フワフワーテの援護により2人はなんとか町の入り口にかかる橋の上まで来ることができた。ところが、母親ガチョウが橋の上に乗った瞬間、重みに耐えきれず橋が崩れ落ちてしまった。橋から落下しそうなハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと金の卵を生むガチョウの雛を、プスはたった1人でロープを掴み支えていた。この状況で両方とも助け出す事はできないと悟ったハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは、町を救う為に金の卵を生むガチョウの雛を母親ガチョウに返す事を優先させる決断をした。そして、自らロープを放し橋の下に落下して行ったのだった。プスは金の卵を生むガチョウの雛を母親ガチョウの元へ引き渡した後、落下したハンプティ・アレクサンダー・ダンプティを見て唖然とした。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティは金の卵に変化していたのである。母親ガチョウは金の卵を生むガチョウの雛と金の卵になったハンプティ・アレクサンダー・ダンプティを連れ、雲の上の巨人の城へと帰って行った。

町を母親ガチョウの脅威から救ったプスは、再びサン・リカルドの英雄として讃えられた。イメルダもプスを見直し、2人のわだかまりが解け互いに抱きしめあった。そこへ、警察達が駆け付けまだおたずね者には違いないプスを捕らえようとしたが、プスは鮮やかな身のこなしで逃走した。途中でキティ・フワフワーテが現れ、プスは別れの挨拶をした。ところがキティ・フワフワーテは巧みな手さばきでプスからブーツを奪い翻弄した。プスはキティ・フワフワーテを追いかけ、またダンスバトルをした会場にやって来た。2人は華麗なダンスを踊った後、そっと口づけを交わしたのであった。

『長ぐつをはいたネコ』の登場人物・キャラクター

主人公

長ぐつをはいたネコ(プス)

CV:アントニオ・バンデラス/吹き替え版:竹中直人

通称おたずね者と呼ばれている長ぐつをはいたネコ。ダンスが得意。クールで喧嘩っ早いが女性には優しいので、かなりモテる。悪党からお宝を奪っては売りさばき、小銭稼ぎをしている。サン・リカルドではプスが銀行強盗をしたと勘違いされており、賞金がかけられている。旅をする中でキティ・フワフワーテを何度も口説き、最終的に2人は恋に落ちる。

キティ・フワフワーテ

CV:サルマ・ハエック/吹き替え版:本田貴子

黒装束を身に纏いプスの前に現れたメス猫。昔、飼い主に爪を取られた為、フワフワな手の持ち主となった。稼ぐことが大好きなスリの達人であり、ダンスも上手い。ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティと手を組んでプスを騙し、金の卵を盗み出した。だが、旅の途中でプスの優しさやかっこよさに惹かれ、恋に落ちていった。

ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

シュレック3(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック3』は、2007年5月18日に公開されたアメリカ合衆国で製作されたファンタジー映画、アドベンチャー映画、コメディ映画である。フルCGで作られたアニメーション映画である。2008年にピープルズ・チョイス・アワード ファミリー映画賞、キッズ・チョイス・アワード アニメ映画声優賞を受賞している。おとぎ話の悪役達の意外な一面が見所である。ハロルド国王が亡くなり、遠い遠い国の王位を決めなければならなくなった。正しき後継者に王位を引き継ぐ為に、シュレックは仲間と共に立ち向かう。

Read Article

シュレック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック』は、2001年に公開されたアメリカのフルCGのアニメーション映画である。ジャンルはファンタジー、アドベンチャー、コメディに分類される。公開年にはアカデミー長編アニメ賞を受賞した。大人向けに制作された作品で、ユニークなセリフが数多く盛り込まれている所が魅力の1つである。 ある日、シュレックという怪物が人里離れた沼で平凡に暮らしている所に、おとぎ話の主人公達が押し寄せてきた。自分が再び平凡に暮らせるよう、ロバのドンキーと共にフィオナ姫を探す旅に出たのであった。

Read Article

シュレック2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック2』は、2004年のアメリカ合衆国のファンタジー、アドベンチャー、コメディ映画。2001年に公開された『シュレック』の続編。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、アニー賞にノミネートされたが、受賞は逃す結果となった。 本作で新しく登場する長ぐつをはいたネコの、殺し屋モードと甘えモードのなんとも言えないギャップが、本作の魅力の1つである。 幸せな結婚生活を送っていたシュレックとフィオナ姫は遠い遠い国から結婚を祝う舞踏会の招待状が届いた。そこで2人は、様々な困難に立ち向かう事となる。

Read Article

シュレック フォーエバー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュレック フォーエバー』は、2010年に公開されたアメリカ合衆国でフルCGで制作された子供向けコメディ映画。『シュレック』シリーズ最後の作品であり、初の3D映画となっている。ランプルスティルスキンと契約を交わし、違う世界に飛ばされたシュレックは、24時間以内に運命の人とキスをしなければ永遠に消えてしまう事になってしまった。元の世界に戻る為、フィオナ姫を探す旅に出る。シュレックのいた世界と飛ばされた先の世界では、キャラクター達の性格も異なっており、今までの作品とは違った楽しさがある。

Read Article

目次 - Contents