30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

黒沢の心の中の妄想シーン

「ご飯粒をとろうとして、見えた白いバスローブの妄想」とは、黒沢のある日の、脳内での妄想シーンのことである。
黒沢の理想のデートらしい。シャンパンで乾杯したあと、安達と二人きり、白いバスローブを着ている。黒沢の寝室のベッドに安達は押し倒される。「口元についたご飯粒(ご飯粒ではない別の食べ物を含む)を恋人がとってあげる、それを食べる」というのは少女向けコミック、女性向けライトノベルでは定番エピソードだ。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

愛をつかさどる女神様の気まぐれで与えられた魔法

安達を魔法使いにした女神様(コミック1巻より)

漫画版の作者からのメッセージに登場する女神様が、気まぐれに安達を魔法使いにしたのだというエピソード。
30歳まで童貞だ、ということは、魔法使いになる人はかなりの数に上るはず、という読者からのツッコミが多いので、コミック単行本の空きスペースに作者からの返事が描かれた。「愛をつかさどる女神様の気まぐれ、とでも思ってください」というメッセージである。女神様のイラストつき。

漫画版で描かれるゲーム的な表示

黒沢に、泊まっていくかと自宅マンションに誘われた安達は、どうするか迷う。

この直後、ヘリコプタークルージングで安達はダウンした。それを予告するかのような、ゲームオーバーの表示だ。

ファンタジー要素多めの漫画版では、初期は特に、安達がゲームのキャラクターであるかのような表示がある。(安達清)魔法使い・レベル30・スキル「触れた人の心が読める」という感じで展開する。ツイッターに投稿された4ページの漫画から始まったこの作品の、特徴ともいえる。読者の感想には「軽くて読みやすい」や、「クスッと笑える」などがある。

黒沢のウインク攻撃

黒沢のおにぎり食べながら、のウインク。

赤楚英二は、撮影中の町田啓太に関する思い出として、このシーンをあげている。安達のアパートから一緒に出勤して、同じおにぎりを買ってきた黒沢。幸せオーラ全開だ。そのとき、同じおにぎりだと、六角にみつかってしまった。黒沢は瞬時に安達が買ってきてくれた、と嘘をついて逃れた。その直後のウインク。

恋愛に興味がない藤崎さん

黒沢の相談にのる藤崎。

「恋をしても、しなくても」「相手が黒沢くんでも、そうでなくても」「安達君には、幸せになってほしい」と、同僚の藤崎が心の中でつぶやく。藤崎は、恋愛に興味がない。そのことを家族、同僚たちには隠している。友達を大切にして、仕事に打ち込んでいる。いつも笑顔で、周りの空気を乱すことはない。安達と黒沢をいつも応援している。

レインボーカラーはLGBTの象徴

ドラマで随所にみられるレインボーカラー。これは、1978年以来、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人たち)の象徴として、使用されている。

海外でも好評

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』・ドラマ版(英語ではCherry Magic)は、日本国内でも当初は3局だった。しかしその後日本国内のみならず、海外でも配信された。台湾、タイ、ベトナム、フィリピン、香港、マカオなど。台湾では、ネットトレンド分析サイトで、日本ドラマ部門1位となった。『半沢直樹』、『逃げるは恥だが役にたつ』を超えたと話題になった。また、タイでは、赤楚英二と町田啓太を迎えて、オンラインファンミーティングが行われた。

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):Omoinotake 『産声』

オープニング曲「産声」は三人組バンド、Omoinotake(オモイノタケ)が、ドラマのために制作した。バンド初のドラマタイアップ曲となった。主人公の揺れる想いや成長したいという願いが歌詞に込められている。
Omoinotakeは、2012年結成。島根県出身の三人が、渋谷の路上やライブハウスで経験を積んできた。劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかないThe clouds gather」の主題歌などで注目を集める3人組ピアノトリオ・バンド。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents