30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

くろあだ

コンペの企画案に悩む安達とそれを見守る黒沢。

ボーイズラブのファンは特に推しカプ(応援するカップル)を呼ぶときに、どちらが先かを重要視する。先に呼ぶ名前は、男性的役割を果たす人物(攻め)。後に呼ぶ名前は、女性的役割を果たす人物(受け)。「くろあだ」とは、黒沢が男性的役割、安達が女性的役割を担うという意味。これは、原作とドラマでの二人のロマンティックなシーンでそうなっていたから。しかしファンの中には、「あだくろ」を好む人もいる。また、両方好む人もいる。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

(30歳・ 男性)という表現

「不覚にもキュンとしました。(30歳・男性)」という形の、漫画版の締めくくり表現のこと。ツイッターで4ページ1話の投稿から始まった当初、よく使用されていた。

柘植「君はまだ、本当は、あきらめたくはないんじゃないか」

「君はまだ、本当は、あきらめたくはないんじゃないか」とは、柘植が湊を励ましたくて問いかけた言葉である。
ダンスの夢を追い続ける湊は、自分だけがバイト生活で、仲間たちが正社員として活躍していることが辛くなってしまう。「潮時かなって思ってるんスよね」と、柘植につぶやいた。すると、柘植は、自分も小説家としてうまくいかないとき、友人たちを避けていた、と話す。湊は柘植の言葉が嬉しかった。

安達「黒沢の色に早く染めてくれよ」

初めてのデートで、安達の服をコーディネートしたい黒沢。心の声はリアルに伝わっていた。

「黒沢の色に早く染めてくれよ」とは、初デート中の、黒沢の妄想の中で安達が言ったセリフのことである。
おしゃれな黒沢の私服が気になる安達は、自分の私服のコーディネートを黒沢に頼んだ。安達がお店で試着する場面を、黒沢は妄想してしまった。現実の安達は驚いてしまった。黒沢は、安達を自分好みの洋服でコーディネートしたいという気持ちが強い。

黒沢「何を考えてるのか、言葉にしてくれないとわからない」

「何を考えてるのか、言葉にしてくれないとわからない」とは、黒沢が、転勤の話を自分に相談してくれないと怒っているときの発言のことである。
長崎への転勤を断ろうか、と安達は思っていた。何も知らされず、別の人間からそのことを聞いてしまった黒沢はショックを受ける。自分は、転勤ごときで、別れ話をすると、安達に思われているのか。はっきり説明してほしいと、安達は黒沢に言われてしまう。安達は上手く答えることができなかった。
そのとき、「何を考えてるのか、言葉にしてくれないとわからない」と黒沢は安達に告げた。安達は「傷つけたくない」という気持ちが強い。自分が過去に傷ついたことがあるからだ。この壁を乗り越えなければと、安達はわかっていた。

安達「うんまっ」

自宅に泊まってくれた、安達のために朝食をつくる。卵焼きを食べて、安達が「うんまっ」と言った。

「うんまっ」とは、ドラマ内で、安達が美味しいものを食べたときに、思わず言ってしまう言葉のこと。漫画では「うまっ」である。
黒沢は料理が得意だ。安達宅でのタコパで六角の焼いたたこ焼きを「あーん」して六角に食べさせてもらった安達が「うんまっ」と言った。しかも、六角は安達の口元をティッシュペーパーで拭ってあげる。嫉妬した黒沢はアヒージョを調理するのだった。そのとき、「安達のうんまっ、は俺のものだ」という、黒沢の心の声が安達には聞こえていた。交際を始めてからも、黒沢は安達にお弁当をつくってきたり、手料理をふるまう。

お姫様抱っこ

会社を出てすぐの「お姫様抱っこ」シーン

「お姫様抱っこ」とは顔を上にして横に抱っこする抱き運び方。少女向けコミック、女性向けライトノベル、アニメーション、TVドラマに登場する。ドラマでは、黒沢が体調の悪い安達が倒れそうなので、お姫様抱っこでタクシーに乗せることになった。この時点ですでに、安達は黒沢を恋の相手として意識している。

安達「もうすでに、やけどしそうです」

黒沢のつくったおかゆを食べる安達。

「もうすでに、やけどしそうです」とは、黒沢の刺激的な妄想シーンを見てしまった安達の言葉で、恋愛初心者なので強いショックを受けてしまった、と言う意味である。
黒沢が調理してくれたお粥を、安達は食べようとしていた。そのとき安達が魔法の力で見た、黒沢の心の妄想の同棲生活が刺激的だった。お粥もやけどしそうに熱い。黒沢は、お粥を手わたすとき、「やけどしないでね」と優しく声をかける。「もうすでに、やけどしそうです」と、安達は食べる直前に言った。体調を崩した安達を、黒沢は泊まり込みで看病する。「好きなだけ、泊まっていいよ」と安達に言われ、喜びのあまり妄想が広がっていく。ふたりが同棲して、ペアルックの部屋着で料理したり、洗濯する場面だった。

安達「俺は、こいつの心の声を聞くために、魔法使いになったのかもしれない」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents