30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

朝比奈(あさひな)

朝比奈先輩(中心、黒沢を探す男性)

漫画版のキャラクター。黒沢の職場の先輩。安達が転勤するという情報を黒沢に最初に伝えた。

浦部健吾(うらべけんご)

浦部健吾

演:鈴之助

安達の先輩社員。ドラマオリジナルキャラクター。『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』という都市伝説を安達に語る。結婚している。自分と家族の都合で、よく安達に残業を押しつける。実は安達のことをよく観察し、協力したいと思っている。若者たちの職場には、昭和世代の上司や先輩たちがいる。そのリアリティをこのドラマの中では一人で引き受けている。最終話で何とかして安達を励まそうとする。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の用語

理性の黒沢

理性の黒沢、は青い黒沢。胸に(理性)と書いてあることもある。

黒沢が、安達への想いがあふれ、うっかり押し倒したり、いろんなことをしたくなると、現れる。つまり、脳内限定のもう一人の黒沢である。胸に(理性)とはっきり書いてあることが多い。脳内ではあるが、本物の黒沢を殴ったりして、冷静さを取り戻すまで、戦う。安達は心の声だけでなく、妄想を情景をしてみることができるので、ふたりの黒沢を見てしまう。

腐女子

安達は、うっかり藤崎の心の声を聞くことがある。

腐女子とは、ボーイズラブの小説や漫画を趣味とする女性のこと。オタク女子でも、ボーイズラブの分野がない場合は、腐女子とは呼ばない。受け、とは(女性的役割)を指す。攻め、とは(男性的役割)を指す。推し、とは(応援している)と言う意味。カップルをカプ、と省略する。尊い、は(素敵)と言う意味。つまり、「推しカプが尊い」とは、(応援しているカップルが素敵)ということになる。

自主規制

藤崎が「好き」と心でつぶやいた。その部分だけ聞こえたので、安達は自分を好きなのかと思った。

(自主規制)とは、藤崎の心の声に登場する用語。ボーイズラブでは、過激な性描写を含む作品も多く、不特定多数の読者にさらされている場合は途中から(自主規制)として、省略することがある。それだけ、過激なものだ、と腐女子は理解する。ツイッターなどでみられる(文字数)という(途中で文字数が限界で、語れなかったよ)のような、仲間同士の共感を得ることができる。

チェリまほ

左から町田啓太、赤楚英二によるチェリまほのポーズ

「チェリまほ」とは、原作者の豊田悠が、「チェリまほ」と「まほチェリ」の二つの案からファン投票で決めた、原作漫画の愛称。漫画版とドラマ版の両方で使用されている。主演の赤楚英二は、PR動画などで積極的にこの愛称を披露して、指でチェリーの形をつくってアピールした。

お泊りパジャマ

残業で終電がなくなり、安達は黒沢のマンションに泊めてもらうことになった。黒沢は安達に片思いしている。いつか泊まってくれるかも、と用意した、安達のためのパジャマを着てもらえる日が来た。

黒沢と残業した後、安達は終電を逃してしまった。黒沢のマンションににお世話になる。ドキドキのお泊り経験だ。黒沢が、使って、と差し出すシルクのパジャマは、安達のために購入したもの。片思い7年間の間に購入したらしい。「安達のお泊りパジャマ」もしくは「黒沢が安達とのお泊りを妄想するパジャマ」略して「妄想パジャマ」ともファンの間で言われている。

ダブルマヨおにぎり

安達はあまり料理をしないので、出勤途中におにぎりを買う。商店街に出店している「真むすび」という店でいつも買う。必ず、お気に入りのダブルマヨだ。平凡な毎日を送っていた安達にはこれはルーティーンであった。ある日、魔法使いになった安達はおにぎりを買って、お金を払うときに、「真むすび」のおじさん(吉田ウーロン太)に触れてしまう。「でた、ダブルマヨ」という心の声が聞こえたのだ。これが、魔法に気づくきっかけとなった。やがて安達は魔法を使うまいと、触らずに購入するようになった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents