30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

綿谷湊(わたやみなと)

ドラマ版の綿谷湊

漫画版の綿谷湊(頬杖をついている男性)

CV:天﨑滉平
演:ゆうたろう

宅配サービスのバイトをしている青年。ダンスの夢を追いかけている。柘植の部屋に配達で訪れたときに、心配していた猫がいたことで、柘植と知り合う。可愛らしいときとクールで頑張り屋さんのときがあり、魅力的な青年。六角とは大学時代のダンスサークルの仲間だった。自分だけが仲間と違ってバイト生活しながら夢を追いかけているが、実現していないことが苦しいときがある。漫画版では、柘植と湊の恋はゆっくりと育まれていく。

六角裕太(ろっかくゆうた)

ドラマ版の六角裕太

漫画版の六角裕太(バスに乗っている、右の男性)

CV:広瀬裕也
演:草川拓弥

新卒の明るい性格の後輩。安達は最初は苦手なタイプだと、思っていた。しかし社員旅行で心の声を偶然聞いてしまい、バスに酔うのを我慢している六角に、安達は優しく薬をわたす。安達の優しさに気づいた六角は安達と親しくなるのだった。実は、大学時代はダンスサークルに所属していた。湊の仲間だった。

藤崎希(ふじさきのぞみ)

ドラマ版の藤崎希

漫画版の藤崎希(黒髪の女性)

CV:関根明良
演:佐藤玲

安達の同僚。内気な安達が唯一、普通に話せる女性。安達は藤崎に好感をもっている。藤崎が「安達くん、好き」という心の声を安達は何度か聞いた。自分を好きなのか、と勘違いしている。本当は、藤崎は腐女子で、安達と黒沢のカップルを応援している。黒沢との交際が始まり、隠しごとが苦手な安達が仕事中にドキドキしながら黒沢と会話していると、それだけで、「絶対何かあった」と泣いて喜ぶ。
ドラマ版では、腐女子ではなく、恋愛に興味がない女性として描かれている。友情に厚く、安達と黒沢のピンチに何とか助けたいと行動を起こす。

黒沢の姉

漫画版の黒沢の姉(髪の長い女性)

CV:生天目仁美
演:野崎萌香

黒沢の姉は、突然黒沢に会いに来る。彼氏と喧嘩して、家出のように、宿泊先を求めてやってくる。弟のマンションに無理やり宿泊する。安達を看病するため、黒沢に安達のアパートで同居するよう強引に提案する。

羽鳥(はとり)

羽鳥。安達の会社の秘書課で働いている女性。

藤崎さんの友人。社員旅行で、バスの席をチェンジしたい黒沢は、羽鳥さんが六角に興味があるような話をする。

須賀(すが)

須賀(メガネをかけている女性)

安達と同じ会社で働いている女性。藤崎さんの友人。

松浦由紀子(まつうらゆきこ)

右の奥の女性が松浦由紀子

演:阿南敦子

黒沢が接待の席に、イケメン要員として連れていかれたときの、接待された女社長。「休めるところ行く?」と黒沢にボディタッチして誘いをかけた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents