30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

告白ー友達としてじゃなく

「逃げてばっかじゃだめだよな」と安達は考えていた。黒沢の想いに応えていいのだろうか。自分の気持ちがはっきりしない。そんなとき、偶然同僚の藤崎の心の声を聞いてしまった。「好き」という部分のみを聞いてしまった安達は、藤崎が自分を好きなのではと勘違いする。藤崎が好きなのは、黒沢と安達という、カップルだった。腐女子の藤崎はふたりの恋愛を応援していたのだ。そして、黒沢は、安達の気持ちが知りたくてしかたがない。我慢が限界に近づいているのを感じていた。恋におちた当初は、黒沢は、同期のままでいいと割りきっていたのだが。ふたりの時間が増えるほど、恋心がつのり、黒沢は追いつめられていく。

近づくほどに、抑えきれない想い。黒沢は告白してしまった。

安達と黒沢は夜の街を歩いていた。安達は心の中で、恐ろしいことを考えている。初めて好意を寄せられたから、黒沢のこと、好きなのではないか。では、藤崎に好意をよせられたら、自分はどうなるだろう。藤崎のような女性とつきあうなら、いろんな障害に苦しむことはない。黒沢とは友人でいればいいのかもしれない。ふらふらと、安達は車道に倒れこみそうになる。
黒沢はあやうい空気の安達から目が離せない。予定外に、想いがあふれ、黒沢は告白してしまう。安達は黒沢の気持ちを知っていたのに、いざ面と向かって告白されると、どうしていいかわからなかった。
翌日、黒沢は出張でオフィスにはいない。安達はホッとした。しかし、仕事をしながらも、黒沢の心の声が頭から離れない。交際すれば、大変なこともあるだろう。でも、黒沢の心にもっと触れたい、もっと大切にしたい。自分の気持ちに気づいた安達は黒沢のいる空港に向かって走りだした。「俺も、黒沢のこと、好きだ」と、安達は自分の気持ちを言葉にして伝えることができた。ふたりは抱きしめあう。「黒沢の心の声を聞くために、魔法使いになったのかもしれない」と、安達は思うのだった。

初デートで暴走

初めてのデート。周りの目を気にする安達だった。

初めてのデートに舞い上がってしまう黒沢。なぜ、ヘリコプターなのか。読者もツッコミたかった展開。

「安達もおれのこと、好きだったなんて、夢なんじゃないか」と黒沢は、電話で安達に言う。自分が男であることも含め、振られると思っていたのだ。安達に良い返事をもらい、まさかの両想いに浮かれている。
初めてのデートを、どうするか。黒沢は、恋愛経験のない安達のためにと暴走し始める。シューティングゲームでは、男性同士の二人組だと、注目されてしまう。若い女性二人組に、「カップルみたい」「(それは)ないって、釣り合わない」と、安達と黒沢のことを言われて、安達はショックを受けてしまった。黒沢は順番がきたので、様子のおかしい安達の手をとろうとした。その瞬間、安達は手をはなしてしまった。
黒沢渾身の初デートのサプライズプランは、ヘリコプターでの東京ナイトクルージングにバラの花束だった。安達はヘリコプターが苦手だと言えなかった。無理して乗り込んだヘリコプターで、気分が悪くなってしまった。黒沢はすっかり落ち込んでしまう。翌日、元気のない黒沢を、安達は自分から会社帰りのデートに誘う。黒沢のために何かしたいと動きだす安達は、以前の無気力な頃の彼とはすっかり違っていた。書店で漫画を買ったり、行きつけの居酒屋でビールを飲んだり。普通のデートをふたりは楽しんだ。「黒沢も楽しくなきゃ」と安達は言った。自分を救いあげてくれる安達は、魔法使いみたいだ、と黒沢は感じていた。

いつ、打ちあけるか

居酒屋デートの帰り、安達と黒沢は、手をつないで歩いていた。そのとき安達は黒沢の心の声を聞いてしまう。「月がきれいですね」「安達には伝わらないかな」黒沢は心の中でつぶやいた。油断していた安達は、本当の会話だと勘違いしてしまう。うっかり、「夏目漱石だろ」返事をしたのだ。魔法の力のことを、このまま秘密にしておいていいのだろうか。びっくりする黒沢に、安達は「全部口にでてるぞ」と、嘘をついてしまった。それを黒沢は信じるのだった。「もしも心を読まれてたら、俺」という黒沢の心をこれ以上読むのがこわくなった安達は、つないだ手を離した。黒沢は、困惑しているが、安達を追及はしなかった。お互いに微妙な空気になってしまった。

柘植と湊

湊のダンスを取材していた柘植は、クラブのボスから、盗撮者扱いされてしまう。慣れないダンスを強制されても、ひるまない柘植に、湊は惹かれていく。

安達の親友の柘植は、宅配サービスの青年と会話するうちに、自分が魔法使いになったことに気づいた。安達と同じである。しかもその青年、綿谷湊と、拾った猫が縁で親しくなる。可愛らしいがクールな外見の湊は、心の中は優しさでいっぱいだった。ハートを撃ち抜かれてしまった柘植は、それ以来、湊が気になっているが、はっきりとは恋心かどうかはわからない。魔法使いになったこともあり、困惑していた。そんなとき、安達は、柘植の新刊を読んで、ヒロイン像が変わったことを指摘する。今まで柘植は、ミステリアスな女性を描いていたが、新刊では、ツンデレで可愛いヒロインに変わっていたのだ。湊にそっくりだった。やはり、恋なのか。柘植は安達に指摘され、自分の著書を読みながら、やっと自分の気持ちに気づいた。
そしてある日、書店で偶然、湊と再会して、親しくなっていく。ダンスの夢を諦めようかと迷う湊に、励ましの言葉をかけるのだった。安達の恋愛相談のときは、大人びた上から目線でアドバイスしておきながら、柘植は湊の心の声を聞くたびに振りまわされてしまう。まだ自分の気持ちも伝えていない。湊のダンスを見たいと思い、柘植はあるクラブに行き、取材もかねて撮影していた。そのとき、クラブのボスである男性から盗撮者扱いされる。湊の立場をおもい、慣れないダンスをした柘植は足を痛めてしまった。そんな柘植に湊は「意外と度胸あるじゃねーか」と言って微笑む。
やがて宅配のあと、柘植と湊は話し込むようになっていく。そして湊はあるオーディションの敗者復活戦に参加することになったと柘植に報告する。柘植は応援に行くことにしていた。そこに湊から、あきらめる、と連絡がはいる。バイクがエンストして間に合わないのだ。「神様がもう諦めろ、って言ってんのかな」と、いつになく弱気な湊だった。柘植は柄にもなく自分のバイクで湊を送り届ける。結果は合格で、ふたりは喜びを分かちあう。「なんでそんな、優しくしてくれるんだよ」と湊は尋ねた。自分の気持ちを打ちあけるときがきた、と柘植は覚悟を決める。

誕生日プレゼント

生まれて初めて、恋人に誕生日プレゼントをわたす安達は緊張していた。

安達は、黒沢の誕生日プレゼントを何にしたらいいか悩んでいた。こっそり魔法を使って、黒沢の欲しいものをリサーチしてしまう。黒沢がイヤフォンを無くして困っていることを知った安達は、新しいイヤフォンをプレゼントした。「これは、魔法の力で黒沢が喜んでくれたわけだから。別にいいよな、魔法のことは言わなくても」無理やり自分を納得させようとする安達だった。交際を始めてから、ずっと気になっていた秘密だ。魔法について、いつ話すべきなのか。正直者の安達は、嘘をつきとおすことなどできない。

初めてのキス

柘植が湊という青年と恋に落ちた話を聞いた安達。そんな柘植と安達をこっそり見ている黒沢だった。

会社では、筋トレグッズのモニター体験のイベントが開かれる。柘植は湊を連れてやってきた。黒沢は、柘植と安達が親しく話すのを見ていた。しかも交際が深まるにつれて、黒沢は、安達が何かを隠していることに気づいていた。一方安達は、魔法について黒沢に打ちあけるべきか悩んでいた。黒沢に嫌われるのが怖い。安達は嘘をついたままでは、自分が罪悪感で苦しいのもわかっていた。「好きだからこそ、隠し事をしたまま付き合うことはできない」と、感じていた。
イベントに来た柘植は安達に湊との関係を話す。「(湊を)出逢った頃から好きになっていたんだと思う」という柘植の言葉を盗み聞きした黒沢は、柘植の相手を安達だと勘違いしてしまう。黒沢は嫉妬を抑えきれない。安達は黒沢に資料室に強引に連れていかれた。ふたりきりで、黒沢はどうしても、「何を隠しているのか、本当に自分を好きなのか、柘植という男とはどういう関係なのか」などを確認したかった。心乱れている黒沢をみて、限界を感じた安達は、ついに魔法使いであるという秘密を打ちあけた。「黙ってて、ゴメン」と安達は謝った。しかし黒沢は怒ろうとはしない。むしろ、触れることで、自分の恋心が伝わることを嬉しく思い、安達にキスするのだった。

湊と六角

モニター体験にやってきた湊は、偶然六角と再会した。
六角は大学時代にダンスサークルに入っていた。かなり本気だったが、自分には才能がないからと、就職したのだ。そして、ダンスをすることを避けていた。本当は趣味としてダンスをしたり仲間に会いたい。そんな気持ちを、安達は心の声で聞いていた。六角は、安達の「またやればいい」というアドバイスで仲間の練習を応援に行くようになった。
湊は、ダンスを続けて、プロになる夢をもっている。バイト生活の中で、ダンスの仕事をしていても、タレントの後ろで踊ったり苦労はつきない。六角の会社のイベントで正社員として活躍している姿を見せつけられ、辛くなってしまった。そんな辛い表情を六角には見せたくないし、素直に六角の活躍を褒めることもできなかった。湊の表情を読んだ六角は、湊の負担にならない程度に、何とか友人として会話したいと思った。
柘植は、自分が湊と出かけたいという一心で誘ったのだが、元気のない湊に気づいた。柘植は自分のことしか考えてなかったと、反省した。そして、魔法の力で湊と六角が、お互いに自分に自信がもてないことを知る。柘植は湊に、自分が小説家を目指していたがうまくいかず、就職した友人たちを避けていた経験を語る。湊と六角は、やっとうちとけて話せるようになった。「人生の選択を間違ってはいないだろうか」という誰もが一度は経験する迷いが、恋愛だけではない、エピソードとして提示されている。

黒沢への手紙

転勤の話に驚く安達だった。

長崎への転勤の話を上司から打診されて、戸惑う安達だった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents