30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)のネタバレ解説・考察まとめ

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)』とは、豊田悠のボーイズラブのラブコメディ漫画。スクエアエニックスpixivより単行本となった。2020年ドラマ化。地味で内気なサラリーマン安達は童貞のまま30歳になった日から、触った人の心の声が聞こえるようになる。偶然エレベーターの中でイケメン同期黒沢の心の声を聞くと、自分への恋心だった。安達はどう受けとめるのか。ピュアで一途な恋が感動を呼んだ。全ての人に優しい世界。ボーイズラブの枠を超えたと絶賛されたラブコメディである。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の概要

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』は、豊田悠のボーイズラブのウェブ漫画で、ドラマ化もされているラブコメディだ。スクウェア・エニックスpixivより2018年に漫画版が発売された。作者の豊田悠は、2010年花とゆめアテナ新人大賞でデビュー優秀賞を受賞して少女漫画家としてスタート。その後ボーイズラブ漫画も手がけるようになった。「もし人の心の声が読めたら、それに振りまわされてしまうな」というアイディアを思いつき、主人公は当初、恋のアプローチをする側の人間だった。そういう意味では柘植に近いキャラクターだった。「4ページのマンガを描くとなったら、主人公がアプローチされる側にしたほうがおもしろかった」と述べている。コミックは反響を呼び、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2019」で1位になった。2019年にドラマCDが発売され2020年に実写ドラマ化されている。
4ページが1話分のウェブコミックなので、思わず笑ってしまう展開が4ページごとにある。しかし、主人公安達と職場の同期黒沢の恋愛がすすむにつれて、シリアスな『続く』で終わることも増えた。繊細かつ丁寧に安達と黒沢の心境の変化が描かれている。スマホでも読めるようコマ割りなど、工夫されている。
ドラマ版も好評だった。主演の安達役は『仮面ライダービルド』の赤楚英二、黒沢役は『女子的生活』『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の町田啓太。監督は『チア男子‼』の風間大樹。一回が30分で木曜深夜24時30分開始という時間帯ながら、ドラマ満足度連続1位を独走。固定観念や偏見のない世界観、純愛とコメディ、二つのバランスが見事にとれた脚本と演出、何より安達と黒沢の瑞々しく繊細な演技が話題となった。ドラマは回を追うごとに注目されるようになり、ギャラクシー賞テレビ部門第58回マイベストTV賞第15回グランプリをはじめ各賞を総なめにした。またYouTubeの無料第一話は、開始一か月足らずで再生回数200万回を突破した。視聴者の中には、初めてボーイズラブのドラマを見たという人も多い。そこまで魅了されるのは、人間成長ドラマとしての側面を持っているからである。
主人公安達は心の声を聞くことができるが、その能力を喜べない善良さ、誠実さを持つ。自分を見てくれる、認めてくれる黒沢の気持ちを知って嬉しい反面、戸惑う。恋愛にも、人生にも、自分から決して動こうとしなかったが、黒沢との交流で変わっていく。安達だけでなく、黒沢はじめ、親友の柘植、同僚の藤崎など、現代に生きる人々を反映したキャラクター設定に説得力がある。純粋な恋愛、誰かを幸せにする勇気、ハラスメントのない優しい世界など、ほっこりして、考えさせられる。漫画版、ドラマ版両方とも、自分の心を大切な人に伝えていこう、という隠れたメッセージをラブコメディの根幹に埋め込んだ名作。

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』のあらすじ・ストーリー

漫画版

魔法使いがキュンとした

安達は、同期の黒沢が、自分を好きだと知って驚く。彼の心の声は純粋で優しい。

黒沢は、恋心を隠して同期として安達に接している。

地味で冴えないサラリーマン安達は、30歳になった。30歳まで童貞だと魔法使いになれる、という都市伝説は、本当だったらしい。安達は触った人の心の声が聞こえるようになってしまった。その魔法を悪用しようとは思わないが、同期のイケメン、黒沢があまりにも爽やかでカッコイイので、つい触ってしまう。しかもエレベーターが混みあってしっかり心の声が聞こえてしまった。黒沢の好きな人は、寝ぐせをつけてる人らしい。黒沢は30年モテたことがない自分を好きなのだと、安達は気づいて愕然とした。そして、幻聴かもしれない、と思った。
ある日、急に上司から仕事を押しつけられて夜遅くまで残業していた安達は、黒沢に手伝ってもらうことになった。触れるたびに、黒沢の本音が聞こえてしまう。それは純粋な恋心プラス男としての正直な気持ちだった。つまり、黒沢は本気で安達を好きらしい。寒そうな安達にマフラーをだして、丁寧に巻いてあげる黒沢の心の声に「すっげーいい奴じゃん」と、安達は好感をもった。
その夜は、終電もなく、誘われるまま黒沢のマンションに泊まることになった。安達は黒沢が同じ漫画が好きと知って、少しホッとする。その後、黒沢が貸してくれたパジャマを受け取るときには、黒沢の心の声が妄想となって、見えてしまった。ふたりはドキドキの眠れない夜を過ごした。
その翌朝、上司から、良くできた書類を誰と作成したのか問われ、安達は黒沢の名前を言ってしまう。お礼として、安達は黒沢とふたりで焼肉に行くことになった。安達は初めての恋愛にキャパオーバーだったが、友人としてなら、結構いけるかと一瞬思う。しかし黒沢から聞こえる心の声があまりにも純粋で、自分に好意をもっている相手を利用するなんて、卑怯に思えた。その場から、安達は逃げるように帰ってしまった。

王様ゲーム

魔法使いになったり、同期のイケメンに想いをよせられたりと、戸惑い気味の安達は、親友の柘植に相談することにした。柘植は、驚きながらも、相手に対する自分の気持ちはどうなのかとたずねるのだった。恋愛小説家の柘植なら、と安達は期待していたが、いつものように、真面目、不器用、鈍感だと、自分の欠点を指摘されてしまう。また、心の声で、柘植が恋愛経験がない童貞だと知ってしまう。その翌日、黒沢は会社でピンチに陥っていた。大切な取引先の社長が、目の前で不機嫌になり、理由がわからない。安達はお茶をだすときに社長の手にふれて、魔法を使った。なぜ機嫌が悪いのかを心の声を聞いてつきとめた。いつもと同じケーキがないから、という理由だった。
安達のお手柄もあり、宴会に連れていかれた黒沢と安達。王様ゲームで、キスを強制される。あたりまえのように、命令して、はしゃぐ先輩社員たち。(このエピソードは、原作漫画では悪ノリしすぎなエピソード、ドラマでは人権を無視した、ハラスメントとして描かれている)黒沢は、安達の頬に軽くキスをして、その場をおさめようと思ったが、安達が震えていることに気づいた。おでこにそっとキスして、心の中で「ごめん」とささやく。その声は安達に届いていた。

ごめん、好きになって

王様ゲームで、無理やり安達にキスをする羽目になった黒沢。宴会を抜け出してひとり、落ちこんでいた。そこに、心配顔の安達がやってくる。

辛そうに宴会から抜け出す黒沢を心配した安達は、ペットボトルの水を持って追いかけた。「いやだよな、男同士でキスとかさ」と黒沢が安達に話しかけてきた。ほぼ同時に、「ごめん、好きになって」という心の声も聞こえてしまった。黒沢は悲しんでいた。安達は「いやじゃなかったよ」と、返事をした。傷ついている黒沢に、安達はありのままの気持ちを説明した。経験がないから、キスが怖かったけど、黒沢のせいじゃないと。そして、黒沢にキスされたとき、全然大丈夫だったと。
「それ、どういう意味かわかってるの」と黒沢は距離を詰めてくる。ふたりの唇が重なりあう直前に、会社の人たちが探しにきて、キスは未遂に終わった。安達は、この件以来、黒沢の優しさ、純粋な想いに惹かれていく。「もっと知りたい」という気持ちが何なのか、まだ気づいていなかった。
漫画版では、ここで、黒沢の恋に落ちた日が描かれている。上司からイケメン要員として、女社長の接待に連れていかれた夜に、黒沢は安達をかばって、お酒を飲みすぎてしまう。そしてセクハラを受けたとき、うまく立ちまわることができなかった。「顔だけが取り柄のくせにいらんことしやがって」と上司には理解してもらえない。その夜、黒沢を介抱したのが安達だった。「弱ってるとこみるの、新鮮だな」と、安達は黒沢の人間性を理解してくれた。完璧にみえて、本当は努力家であることも知っていたのだ。衝撃を受ける黒沢だった。その日以来、黒沢は安達を知れば知るほど惹かれていった。初恋みたいな気持ちに自分でも驚くとともに、前途多難を実感するのだった。

社員旅行

後輩の六角は、安達の苦手なタイプだった。しかし心の声で、無理していることを安達は知る。つらそうな六角をいたわる安達。

安達は魔法で黒沢の本音を知った。それは、会社で目にする完璧な同期ではなく、人間らしいものだった。

社員旅行にしぶしぶ参加した安達は、バスで新入社員の六角と、親しく話すことになった。心の声で、六角がバスに酔っていることを知った安達は、酔い止めの薬をわたす。その優しさに驚く六角は、安達のことを見直す。安達が誰かと親しくなるのを、牽制するかのように、黒沢が安達の隣の席にやってくる。六角はあっさりと黒沢に席を譲るのだった。安達は魔法を利用しようとはしない、しかし社員旅行の間ずっと隣に黒沢が陣取っているため、様々な人たちの心の声を聞いてしまう。黒沢を追いかける女性社員たちは安達に「邪魔」と、冷酷な言葉を心で投げつけていた。また、藤崎が別の団体客の乱暴者に目を付けられ、ピンチに陥っていたときに、柄にもなく立ち向かってしまった安達は、黒沢に助けられてしまった。黒沢はいつもかっこいい。しかしその心の声は、安達のことを心配したり、悩んだり、焦ったりと人間らしいものだった。外見ほど完璧ではなかったのだ。「黒沢可愛いな」と感じる安達だった。

黒沢と美女

黒沢は会社を休んだ安達が心配で、アパートに来てしまった。

社員旅行で、温泉に入ったり、軍艦を見たり、安達は黒沢と仲の良い友人のように、楽しい時をすごす。黒沢はあらためて、自分の気持ちが恋愛なのに対して、安達はそうではないと思い知らされた。一方で安達は、黒沢のおかげで自分が成長していることに気づいていた。
ある日、柘植と飲みに行った安達は、柘植から「楽しそうなのは黒沢のおかげでは」と、指摘されてしまう。その帰り、安達は偶然、黒沢と美女を目撃してしまった。元カノだろうか、お似合いのふたりだった。安達は、美女と黒沢を目撃したショックで、体調を崩して会社を休んでしまう。心配する黒沢は仕事らしくふるまいながら、安達のアパートを訪ねるのだった。
黒沢は、安達の食事の世話をして、帰ろうとしていた。安達は元気になったが、黒沢に聞きたいことがあった。あの美女と歩いていたのは、デートなのだろうか。もしそうなら、なぜ、自分にこんなに優しくしてくれるのか。心の声が「安達が好きだ」と何度も聞こえてきただけに、気になってしまう。安達はその気持ちを、黒沢にはうまく説明できない。結局、(こんなに優しく看病してくれて、好きとか想ってくれて、俺はどういう立ち位置なのかな、この間女性と会ってたよね)とは言えなかった。その代わりに「家族以外に看病してもらったことないから驚いた」とか「彼女とかいたことないから、わからない」という言葉になってしまった。
黒沢はこの安達の発言に驚く。恋愛に関わる全てが初めて、なんて打ちあけられたら、黒沢はその初めての恋人になりたいと思わずにはいられない。「お前と付きあうやつは幸せだな」と、黒沢は安達に告げた。心の声も優しく伝わってきた。「絶対全部大事にするのに」という心の声を聞いて、安達は自分が黒沢に惹かれているのではと感じた。安達と黒沢は見つめあう。
安達が黒沢の雰囲気にのみこまれそうになったとき、あの美女がやってきた。実は黒沢の姉だった。黒沢のマンションは姉が宿泊するため、黒沢は安達と同居することになった。かいがいしく、黒沢は安達を看病する。安達は、黒沢に好意を抱いているが同居となると、どうしていいかわからない。ふたりきりになるのが怖い。逃げるように六角の、三人でたこ焼きパーティーするという提案を受けいれてしまった。

六角とタコパ

六角は、無邪気に安達のアパートにやってきて、黒沢と3人でたこ焼きパーティーをすることになる。

黒沢は、タコパでますます親しくなる安達と六角の関係に嫉妬してしまう。

アパートにやってきた六角によって、安達は黒沢とふたりきりになることを回避した。何も知らない六角は、タコパを盛り上げようと張りきるのだった。たこ焼きパーティーの準備と片付けの手際の良さに、安達は驚き、サークルの経験について尋ねた。六角は、大学時代はダンスサークルに入っていた。しかし社会人となった今は、ダンスをしないのだと安達に話す。六角の心の声は、苦しんでいるように聞こえた。「未練たらしい、つーか、だせーな、俺」と六角がつぶやくとき、安達に見えた心の中は、幸せそうなダンスをしている六角の姿だった。本当はやりたいのかな、と安達には思える。「いいじゃん、たまにはダンスやっても」と、安達は優しい言葉をかけた。六角の心を楽にしたのだった。それを見ていた黒沢は、自分は褒めてもらったことはない、と嫉妬してしまう。
安達は、黒沢の嫉妬に驚いた。魔法のことも、どう説明していいかわからない。黒沢の気持ちに応えられるだろうか。黒沢の本気が実感としてわかるだけに、すこし怖い気もする。安達は答えをみつけることができなかった。

maruyama1540
maruyama1540
@maruyama1540

目次 - Contents