メン・イン・ブラック:インターナショナル(MIB4)のネタバレ解説・考察まとめ

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』とは、2019年のアメリカのSFアクション映画。『メン・イン・ブラック』シリーズの4作目であり、前作の『メン・イン・ブラック3』から7年ぶりの作品である。監督はF・ゲイリー・グレイ、脚本はアート・マーカムとマット・ホロウェイが務めた。エージェントH(クリス・ヘムズワース)と、エージェントM(テッサ・トンプソン)が主人公である。エイリアン撃退用の武器を扱い、MIB内部に潜むスパイと宇宙人から地球を守るミッションに挑む。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の概要

上:ハイT
左下:エージェントH
右下:エージェントO

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』とは、人気SFシリーズ『メン・イン・ブラック』シリーズの続編である。1作目が発表された1997年から22年が経過しており、前作とは監督・脚本家・主人公が入れ替わったシリーズ4作目となる。前作までの世界観をさらに広げるスピンオフ作品となっている。シリーズでおなじみのエージェントOやパグ犬のフランクなども登場する。過去の作品から独立して製作されているため、シリーズを知らなくても楽しめる作品となっている。地球に生息するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「MIB」のロンドン支局が舞台となっている。主人公は、先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)と、新人のエージェントM(テッサ・トンプソン)のバディである。エイリアン撃退用の武器を扱い、MIB内部に潜むスパイと宇宙人から地球を守るミッションに挑む。2019年6月14日に全米で公開された。興行収入3003万ドルとなる。クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソン、リーアム・ニーソン、レベッカ・ファーガソンらの有名・人気俳優・女優が出演している。前作までの評判には及ばなかったものの、シリーズとは独立して楽しめる作品として人気が出た。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のあらすじ・ストーリー

最高機密機関MIB(メン・イン・ブラック)はNYに本部を置く。組織に所属するエージェントたちは、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球に生息するエイリアンが違反行為や侵略を行わないよう、取締を行っている。
エリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)は、MIB上級司令官のエージェントO(エマ・トンプソン)に命じられ、ロンドン支局へ派遣され、エージェント見習いを始めることになる。ロンドン支局上官のハイT(リーアム・ニーソン)から任務の司令を受けたエージェントH(クリス・ヘムズワース)にエージェントMから助けを申し入れ、2人はペアとなる。エージェントHは、プレイボーイだが敏腕のエージェントである。
スパイとして侵入しているとみられるエイリアンは、何にでも擬態し、変幻自在に変装するツワモノだった。イギリス・フランス・モロッコで捜査を進めていくが、行く先々で2人に危険が迫る。なんと、スパイとして侵入しているエイリアンが裏工作をし、2人を抹殺するよう司令を出していた。そんな中、2人は命の危険と隣り合わせの任務を遂行していく。

ストーリー序盤

モリーがエージェントMになるまで

物語の始まりは、彼女が幼いころ、両親がエイリアンのタランシアンに遭遇したことから始まる。家の2階で寝ていたモリー(後のエージェントM)は、エイリアンを追ってきたエージェントによって、両親がニューラライズ(ニューラライザーという機械により光を浴びせることで、エイリアンに遭遇した記憶を消す行為のこと)をされている場面を目撃してしまう。そして気がつくと、モリー部屋にはタランシアンの子供が隠れていた。モリーはそのタランシアンを窓の外へと逃がす。その日から、モリーの頭は「エージェントになりたい!」という思いでいっぱいになったのだ。
時は流れて20年後、モリーは優秀な頭脳を駆使してMIBのNY本部に一般人でありながら侵入することに成功した。しかし身元がバレてしまい、エージェントOにより尋問を受ける。その尋問で、優秀な頭脳と行動力をかわれたモリーは、晴れてMIBのエージェント見習いとなる。名前もモリーから、エージェントMとなる。本物語は、エージェントMの初仕事となるロンドン支局が舞台である。彼女は、ロンドン支局にて、彼女の指導係となるエージェントHと出会い、物語が進行していく。

ロンドン編

エージェントMとエージェントHペアの初仕事

ザ・ツインズと戦うエージェントHとO。

晴れてロンドン支局に到着したエージェントMのところにやってきたのは、ロンドン支部長のハイTだった。支部を束ねるハイTは、英国風ジェントルマンといった風貌で、エージェントMも今後の先行きにワクワクしていた。ロンドン支局を散策していたとき、長身で型位もよく、黒いスーツに身を包んだエージェントHがやってきた。エージェントMは、一瞬で恋に落ち、エージェントHに声をかけに行く。エージェントHと親しくなりたかったエージェントMは、エージェントHがハイTより命を受けた任務への同行を申し出る。2人の任務は、ジャバビアン星の王族であるヴァンガスという宇宙人を護衛することであった。ヴァンガスは地球に羽目を外しにやってきており、2人の初任務の舞台はエイリアンが集まるナイトクラブだった。
ナイトクラブに到着し、ヴァンガスに挨拶をした後、しばらくして、ヴァンガスの命を狙う謎の双子のエイリアン(ザ・ツインズ)が出現する。ザ・ツインズは人間の姿に擬態していたため、エージェントHはこのエイリアンがナイトクラブにやってきたことに気が付かなかった。エージェントMは、不審な踊りをしているザ・ツインズに気づき、すぐにHに伝えようとするがHは気づかない。ヴァンガスも、自分の命が狙われていることを知り、Hに何かを託そうとした。しかし、Hは聞く耳を持たなかった。その時、ザ・ツインズがヴァンガスを見つけてしまう。エイリアンが放った一筋の光を浴びると、ヴァンガスの意識が朦朧として、立てなくなってしまった。
飲み過ぎだと勘違いしたHは、ヴァンガスをタクシーへと促す。タクシーがしばらく走ったところで、そのタクシーが双子のエイリアンにより襲撃された。爆発によって跳ね上がったタクシーはビルに宙ぶらりんになり、逆さまになったタクシーの中で、ヴァンガスは最後の命を繋いでいた。エージェントHがザ・ツインズと立ち向かう中、エージェントMはヴァンガスに駆け寄る。ヴァンガスは、エージェントMに「命をつなぐものだ」というメッセージを残し、紫の原石のようを手渡した。ヴァンガスは、そのまま帰らぬ人、いやエイリアンとなる。援護のエージェントたちが駆けつけ、ザ・ツインズは戦場から離脱した。本部に戻った2人は、今回の任務失敗についてハイTによる尋問を受ける。

マラケシュ編

紫の原石の正体

本部に戻ったHとMは、今回の任務失敗に対して責任を取るため、MIBより除名処分を受け、ニューラライズされそうになる。エージェントMは知恵を利かし、ロンドン支部内にスパイが潜む可能性を示唆し、その場を免れる。エージェントMはエージェントCと共に敵を倒せる武器を作るようハイTに命じられるが、エージェントHはそれが気に入らない。Hは、無理やりMを連れ出し、ヴァンガスを朦朧とさせた毒(一筋の光)ゼフォスが製造されたと考えられるモロッコのマラケシュへと捜査に向かう。マラクケシュに到着した2人は、ナザールとバサムに会う。ナザールは、エージェントHと昔からの付き合いで、Hが昔付き合っていたリザとの馴れ初めの一部をエージェントMのいる前で話題にしてしまう。
そのころ、ロンドン支局では監視カメラの情報から、ヴァンガスが死ぬ直前にエージェントMへと紫の原石を手渡していたことが発覚する。フォログラムより、紫の原石は未確認の武器であることが判明した。ハイTに報告しなかったことから、エージェントHとMがスパイだとして、2人を捕獲する作戦が発動する。ハイTに許可を得る前に、2人の捕獲作戦を勝手に進めていたエージェントCの様子を異常だと感じたハイTは、エージェントCがスパイなのではないかと疑うようになる。

新しい仲間

ゼフォスが作られている店に潜入する2人。

一方、エージェントHとエージェントMは毒薬が作られている店を訪れる。店の前には2日分の程の宅配物が積み上げられており、異様な雰囲気を感じ取る。店に入ると、店番が中で死んでいた。ボタンを押すと、隠れ扉が開き、めちゃめちゃになったチャス盤を見つける。
チェス盤に近寄っていく2人だが、そこに突然、上空から銃で一撃がある。上を見上げると生き残りの「ポーン(日本語で歩兵の意味。チェスの駒に例えられている)」がいた。チェス盤に乗っていた女王は息絶えてしまい、ポーンは「仕える女王がいなければ自分の命は終わりだ」と嘆きだす。エージェントMは、生き残りで目撃者のポーンに、ポーニィと名付けることにした。一緒に行動を共にすることになった2人とポーニィである。このときエージェントMはポーニィが次に仕える女王となった。

砂漠と兵器の威力

マラケシュの町をバイクで逃げるエージェントHとM。

ポーニィが仲間に加わったあと、早速MIBからの追手が3人の元に現れる。エージェントHとMは、二手に分かれ逃げる。エージェントHは、MIBの捜索をひきつけてナザールの元に戻り、彼が持っていたバイクのような超高速の乗り物を借りる。ナザールは、水筒も一緒に手渡した。エージェントMには、ザ・ツインズが後をつけていた。約束の広場にたどり着いたMは、Hと落ち合うことができ、超高速バイクに乗り逃走した。バイクに備え付けられた赤いボタンを押すと、バイクはさらに速度を上げる。時空を超えて砂漠のど真ん中へと到着するが、そのまま故障してしまった。
何とか追手を逃れ一段落していたとき、紫の原石が光りを放ち、動いていることにエージェントMが気がついた。触ってみると、紫の原石はキャノン砲に変身した。どうやら星を超圧縮し、熱核爆発によりキャノン砲のパワーを生むようだ。ボタンを最低出力で試し打ちしてみたが、砂漠のど真ん中に、一瞬で谷ができるほどの威力を発揮した。驚き、油断しているところに、水筒の中からバザル(ナザールの髭エイリアン)が銃を持って登場し、紫の原石を奪い、離脱されてしまった。なんとかバイクを直した3人は、銀河最強の武器商人・リザが住む要塞への侵入を試みる。

ナポリ編

要塞への侵入

リザの要塞へ向かうエージェントH。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

メン・イン・ブラック3(MIB3)のネタバレ解説・考察まとめ

SFアクションコメディーの大ヒット作「メン・イン・ブラック」シリーズの3作目。「魔法にかけられて」「アダムス・ファミリー」を手がけるバリー・ソネンフェルド監督、「E.T.」「宇宙戦争」などSFの名作を生み出したスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮。秘密組織MIBのエージェントJは、相棒であるKや、地球の未来を救うため、タイムスリップし過去の歴史改変を行う敵と戦う。

Read Article

メン・イン・ブラック2(MIB2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSFコメディー映画『メン・イン・ブラック』の続編。『アダムス・ファミリー』などで独特な世界観を作ることで知られるバリー・ソネンフェルド監督。秘密組織MIBのエージェントJは、ある捜査に入るが25年前に起きた事件が関連していた。当時の事件担当であるKを連れ戻し再びコンビを結成。Kの記憶に眠る当時の事件を紐解きながら迫り来るエイリアンの陰謀を阻止すべく、地球の存亡をかけた戦いが始まる。

Read Article

メン・イン・ブラック(MIB)のネタバレ解説・考察まとめ

1997年公開のアメリカの都市伝説、メン・イン・ブラック(黒衣の男)を題材にコメディー要素も取り入れたSFアクション映画。監督は、「アダムス・ファミリー」を手がけたバリー・ソネンフェルド。ストーリーはローウェル・カニンガムのコミック「The Men in Black (1990)」を元に、地球上に住むエイリアンの監視を行う秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)とエイリアンの共存と戦いを描いた作品。

Read Article

マイティ・ソー(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アメリカのMARVELが出版しているコミックスに出てくるヒーロー、マイティ・ソーが主役の映画シリーズの第1作目である。個々のヒーロー映画をクロスオーバーさせたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中では第4作目に当たる。アスガルドの第1王子のソーは、その傲慢さゆえに弟の策略にのり人間界に追放されてしまう。人間たちと関わるうちに感謝の心を学んだソーは、弟を止めるために立ちあがる。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

目次 - Contents