PRODUCE 101 JAPAN SEASON2(日プ2・プデュ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』とは、韓国の大人気サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズ日本版第2弾である。日本版第1弾となる『PRODUCE 101 JAPAN』からは、JO1が誕生。「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者投票で101人から選ばれた11人が、グローバルボーイズグループINIとしてデビューする。「視聴者がデビューメンバーを選ぶ」という斬新なスタイルで、社会現象を巻き起こした。LAPONEエンタテインメント主催。

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の概要

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』とは、韓国発サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版第2弾である。前作『PRODUCE 101 JAPAN』でデビューしたグループ・JO1の大躍進を受けて、番組開始前から話題を集めた。
全国各地から集まった101人の練習生が、グローバルボーイズグループとしてのデビューを掴むべく、様々なトレーニングやミッションを課される。2021年4月8日から無料動画配信サービス「GYAO!」で放送を開始し、練習生たちの奮闘に密着。番組内で放送されるパフォーマンスや練習風景を見て、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者の投票により、練習生に順位がつけられていく。
練習生になるには、事務所に所属していないことが応募条件の一つ。芸能活動経験のある人もいれば、ダンスや歌を習ったこともない人でも挑戦できるオーディションである。およそ3ヶ月に渡る放送を通して、国民プロデューサーは自身が応援したい「推しMEN」を見つけ、デビューできるよう投票をすることができる。自らの手でデビューメンバーを選ぶことができるのが、『PRODUCE 101』シリーズの最大の特徴。デビューメンバーが決定する最終回では474万6,276票もの投票があり、社会現象を巻き起こした。

主催:LAPONEエンタテインメント
国民プロデューサー代表(司会):ナインティナイン
トレーナー:青山テルマ、KEN THE 390、菅井秀憲、KENZO(DA PUMP)、仲宗根梨乃
特別協賛:SoftBank
協賛:FuRyu
協力:イヴ・サンローラン、允・セサミ、DAM、CJ FOODS

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』のあらすじ・ストーリー

練習生応募から「オンタクト能力評価」まで

2020年11月3日、『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』公式YouTubeにて、プロジェクト始動のティーザー映像が公開された。キャッチフレーズは「君の想いが“ツバサ”になる LET ME FLY」。前作で誕生したJO1デビューから1年も経たないうちのスタートということもあり、期待感が高まる一方「JO1はどうなるのか」とのコメントも多かった。

JO1メンバーによる応募募集コメント動画やトレーナー陣のコメント、国民プロデューサー代表(司会)のナインティナインのコメント動画が続々とアップロード。『PRODUCE 101 JAPAN』に馴染みのあるタレントからの応援メッセージ動画が寄せられ、芸能界の中でも注目度の高さがうかがえる。

年は明け2021年1月、ついに番組プロジェクトが本格始動。1月30日に101人練習生が公開されると、翌31日には「GYAO!」で「国民投票開始カウントダウンSP」が配信された。2月1日、「オンタクト評価」のため101人分のダンス・ボーカル・1分PR動画・10問10答動画が公開。国民プロデューサーは、この膨大な動画の中から気になる「推しMEN」を見つけ、投票を行う。

2021年3月30日、番組開始に先駆けて、「オンタクト評価」で勝ち残った60人の練習生によるお披露目曲「Let Me Fly〜その未来へ〜」のパフォーマンスが、公式YouTubeにアップロードされた。
番組内でステージパフォーマンスがあると、全体のパフォーマンスだけでなく、「推しカメラ」という練習生個人をズームアップして映した映像も同時に公開される。気になる練習生の「推しカメラ」を見て、全体カメラでは抜かれない細かな表情や動きを確認することができる。注目度の高い練習生は多くの視聴者が「推しカメラ」をチェックするため再生回数が伸び、YouTubeの急上昇に乗りやすくなる。そこで新規ファンの獲得を目指すことも戦略の一つ。

カウントダウン映像が次々とYouTubeに投稿され、国民プロデューサーの盛り上がりも最高潮に達した2021年4月8日、満を辞して無料動画配信サービス「GYAO!」にて第1話の配信がスタート。毎週木曜日21時〜23時半頃に「GYAO!」で本編映像が配信され、「GYAO!」とYouTubeに毎話の未公開映像とハイライト映像が公開される。国民プロデューサーによるオンライン投票も、原則毎週行われた。

第1話:60人練習生顔合わせとレベル分け評価(2021年4月8日放送)

オンタクト能力評価を勝ち残った60人の練習生が顔合わせ。事前に分けられた20組のチームごとに入場する。入場前に投票によって決まった個人順位が初めて知らされ、その順位にしたがって会場内のピラミッド型に設置された座席につく。初回順位1位は、最後に登場した木村柾哉。他の59人の練習生が見守る中、ピラミッドの頂上である1位の席に着席し、60人練習生全員が揃った。

60人の練習生に課される課題は「レベル分け評価」。様々なレベルの練習生が集まる中、それぞれが能力を伸ばしやすいよう、現時点でのレベルに応じてA、B、C、D、Fの5段階で評価される。事前に振り分けられたチームごとにパフォーマンスを披露し、トレーナー陣がチームメンバーそれぞれのレベルを判定。Aクラスはすでに「デビューに値する準備が整っている」とされる最上級クラス、BからDになるにつれそのレベルは下がり、Fクラスは「落第(Fail)」を意味する最下級クラスである。第1話ではSUPER MENSORE、Dフライト、T-RAP、浪速のプリンス、TOKYOブラザーズ、WESTセレクション、KANSAI新鮮組、DK WEST、もぎたてアルプス、Kフェニックスの10組のパフォーマンスが放送された。

沖縄出身3人組「SUPER MENSORE」のレベル分け評価パフォーマンス

上原貴博、北山龍磨、松田迅の3人は、Da-iCEの「ハッシュ ハッシュ」を披露。全体的に明るくフレッシュで、トップバッターに相応しい勢いのあるパフォーマンスと、トレーナー陣に好印象を与えた。特に上原は「ダンスを愛している」と、ダンストレーナー仲宗根から大絶賛。3人ともC評価を受けた。安堵から北山は涙を流し、それを見た松田ももらい泣き。

ダンスで輝かしい経歴を持つ「Dフライト」のレベル分け評価パフォーマンス

ダンス全米1位覇者福田翔也と、元ジャニーズ事務所所属のヴァサイェガ光の実力者コンビ。2020年の大ヒット映画『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌である、LiSAの「炎」を情熱的に表現した。「世界観をよく表している」とダンスは高評価だったものの、ボーカルとのバランスを踏まえ福田はB評価、ヴァサイェガはC評価。

ラッパー集団「T-RAP」のレベル分け評価パフォーマンス

ラップ志望の2人組「T-RAP(読み方「トラップ」)」。中野海帆のビートボックスと池崎理人の即興ラップで、登場シーンから会場を盛り上げた。ラップトレーナーであるKEN THE 390の「インファイト」を披露。KEN THE 390本人からは「良いパフォーマンスだった」と好評だったが、ダンストレーナーKENZOからは「もっと自分を出せ」との評価を受け、中野はBクラス、池崎はCクラスに。

番組開始前から注目度の高い練習生が集まる「浪速のプリンス」のレベル分け評価パフォーマンス

フリーの芸能活動経験を持つ尾崎匠海と、オンタクト能力評価で注目を集めた後藤威尊と佐野雄大が披露するのは、平井大の「Stand by me, Stand by you」。尾崎は「ダンスもボーカルも安定していた」と今評価初のA評価を受け、後藤はC評価、佐野はD評価。尾崎は「今までやってきたことは無駄じゃなかった」と嬉し涙を見せた。

ダンス経験豊富な東京出身者「TOKYOブラザーズ」のレベル分け評価パフォーマンス

元ジャニーズJr.の篠原瑞希、有名ダンススクールEXPGの特待生だった福島零士、バックダンサー経験のある佐久間司紗。大人気K-POPグループ2PMの「I'll be back ( Japanese ver. )」を披露した。パフォーマンスは良かったが「誰かになろうとしている」と厳しい評価を受け、C評価に福島、D評価に佐久間、篠原はF評価。自己表現が課題となった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バチェロレッテ・ジャパンのネタバレ解説・考察まとめ

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、アマゾンプライムビデオで配信されている婚活サバイバル番組。アメリカ発の人気シリーズとして好評な『バチェラー』シリーズの男女逆転版で、1人の独身女性(バチェロレッテ)を17人の個性豊かな男性たちが奪い合う。今回の主人公となるバチェロレッテは圧倒的な美貌と強さを兼ね備えた規格外のセレブ、福田萌子。彼女が次々と男性たちの本質を見極めていく様は多くの視聴者から高い評価を受けた。

Read Article

バチェロレッテ・ジャパンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、アマゾンプライムビデオで配信されている婚活サバイバル番組。アメリカ発の人気シリーズとして好評な『バチェラー』シリーズの男女逆転版で、1人の独身女性(バチェロレッテ)を17人の個性豊かな男性たちが奪い合う。個性豊かな人物たちの人生ドラマとしても評価されており、数多くの名言が登場した。

Read Article

目次 - Contents