窮鼠はチーズの夢を見る(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『窮鼠はチーズの夢を見る』とは水城せとな原作の漫画である。2006年2月から2009年5月、大人の女性向けコミック誌『NIGHT judy』で連載される。大人の男同士の甘くない恋愛模様を描いたボーイズラブ作品である。本作は人を好きになることの喜びや痛み、そのリアルな恋愛描写が話題となり多くの女性から支持されている。ある日主人公・大伴恭一の元へ妻から浮気調査を依頼されたという調査会社の男が訪ねてきた。彼は大学の後輩今ヶ瀬だった。今ヶ瀬はずっと好きだったと恭一に告白し恭一はその言葉に翻弄されてゆく。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の概要

『窮鼠はチーズの夢を見る』とは、2006年2月から2008年の5月まで女性向けコミック誌『Judy』の増刊号『NIGHT Judy』で不定期に掲載されていた日本の漫画である。原作は主に少女向け漫画雑誌などで活躍している水城せとなで、代表作『脳内ポイズンベリー』や『失恋ショコラティエ』で知られている。
本タイトル『窮鼠はチーズの夢を見る』は、既婚のサラリーマン・大伴恭一と彼の大学時代の後輩・今ヶ瀬渉との濃密な恋愛模様を描いた一連のシリーズの単行本の総称である。全2巻であり、下巻のタイトルは『俎板の鯉は二度跳ねる』という。
掲載されていた『NIGHT Judy』がエロスをテーマにした雑誌であるため比較的リアルな性描写が特徴だ。「このBLがやばい!2010年」で1位を獲得し話題となった。
2008年に2月27日に中村悠一主演でドラマCD化されている。
2020年9月11日に大倉忠義主演、行定勲監督での実写映画が上映された。この映画で今ヶ瀬役の成田凌は「第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞」を受賞。映画のキャッチコピーは「好きで、好きで苦しくて、幸せ」。
サラリーマンの大伴恭一は7年ぶりに再会した大学の後輩・今ヶ瀬渉に強請られていた。理由は自分の浮気であった。今ヶ瀬は調査会社に勤めており、偶然恭一の妻から夫の浮気調査を依頼されていたのだ。今ヶ瀬は7年前からずっと恭一を想っていたと告白し、浮気に身に覚えのある恭一に対し、調査報告しない代償に「あなたのカラダが欲しい」と要求する。
結局恭一と妻は離婚することになり、独り身になった恭一の家に今ヶ瀬は押しかけるように入り浸たった。流されやすい恭一は今ヶ瀬の存在が特別になり関係を持つようになるが、同性愛者にはなれなかった。恭一は自分を一途に想う今ヶ瀬と現れる女性たちに翻弄される日々を繰り返す。

『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじ・ストーリー

貴方のカラダと引き換えで

跪き、愛を告白する今ヶ瀬とその気持ちを初めて知る恭一。

「おい今ヶ瀬 キスだけだって言ったはずだぞ」
妻のいるサラリーマンの大伴恭一(おおともきょういち)は今まさに大学時代の後輩・今ヶ瀬渉(いまがせわたる)に強請られていた。どうしてそうなったかというと原因は恭一自身の浮気にあった。恭一の知らない間に彼の妻・大伴知佳子(おおともちかこ)は恭一の浮気調査を調査会社に依頼していて、それを請け負ったのが偶然にも今ヶ瀬だった。
今ヶ瀬は調査の結果、恭一の不倫が発覚したのでそれを恭一本人に伝えた。今ヶ瀬は知佳子に調査の結果を報告しない代わりに取引をしないかと提案する。今ヶ瀬はお金ではなく「貴方のカラダと引き換えで」と言った。
今ヶ瀬は自分が同性愛者であること、そして大学時代恭一のことがずっと好きだったと告白をした。戸惑う恭一に今ヶ瀬は「男とセックスが無理ならキスだけならどうですか?」と言う。恭一は最初躊躇していたが、純粋に気持ちを伝えてくる今ヶ瀬に次第に流されるような形で彼からのキスを受け入れた。恭一は大胆になっていくキスに嫌がりながらも取引のためにそれを我慢した。
その晩、自宅に帰った恭一は家の物がたくさん買い替えられていることに気づいた。恭一はすでに寝ている知佳子の隣のベッドに入る。恭一は先ほど今ヶ瀬と交わしたキスのことを思い出して恥ずかしくなり赤面する。恭一はこれで今ヶ瀬との取引を終え、家庭は守られたと安堵していた。
しかしまた今ヶ瀬に呼び出される。今ヶ瀬はこないだの不倫は揉み消したが、今回はまた別の不倫が見つかったのだと言う。今ヶ瀬はまた同じ取引を恭一に提案する。断ることのできない恭一はまた受け入れるしかなかった。今ヶ瀬はまるでたくさん不倫が出てくることを知ってるかのように恭一を弄んでいた。弱みを握られ言いなりになっている恭一に気を良くした今ヶ瀬は、巧みな話術で恭一を翻弄し追い詰める。恭一が追い詰められる毎に今ヶ瀬が恭一の身体を触れる手もだんだん激しくなっていった。ついには恭一を押し倒して組み敷き、舌を入れる。恭一は嫌がりながらもそのまま今ヶ瀬にベルトを外され愛撫されることにも抵抗できなかった。

無自覚な嫉妬と別れ

離婚したいと言う知佳子と引き止める恭一。離婚を切り出された理由は調査報告とは関係なかった。

ある日恭一は食卓で会話もなく向かい合いながらお茶を飲んでいる妻・知佳子に「買い物に行こっか?」と声を掛ける。暗かった知佳子の顔がパァっと明るくなった。恭一はテンション高く買い物を楽しむ知佳子を見て安心していた。
恭一がはしゃぐ知佳子と歩いていると、今ヶ瀬が若い男とカフェに居るのが目に入った。「友達かな…」と思ったもの束の間、恭一は二人がテーブルの下で足を絡ませていることに気づく。
別の日、今度は恭一から今ヶ瀬を呼び出した。恭一は先日男と会ってる今ヶ瀬を見かけたことを話した。周りくどく二人の仲を疑う恭一に、今ヶ瀬はなんてことないように相手は恋人で半同棲もしていると答えた。恭一は恋人がいるのに自分にキスをする今ヶ瀬を責めた。今ヶ瀬は「貴方にはカンケーないでしょ?」と答え、嫉妬しているように見える恭一をわざと揶揄った。恭一は思わずカッときたが、今ヶ瀬はまた恭一のことがどれだけ好きかを語り始めた。今ヶ瀬は恭一が気にするなら恋人との関係を終わらすと言った。嫉妬してないと言い張る恭一に対して今ヶ瀬は恭一が嫉妬している前提で「コレって痴話喧嘩でしょ」と言った。恭一はまるでもう今ヶ瀬と自分が恋人のように関係があると決めつけられていることに腹を立てて席を立った。恭一は「調査報告でも勝手にしてくれ!これ以上俺に関わらないでくれ!」と今ヶ瀬を怒鳴りつけその場を去った。恭一はもう今ヶ瀬に心を振り回されたくなかった。
恭一が自宅へ戻ると、そこにはテーブルに離婚届けを置いて座っている知佳子が待っていた。知佳子は神妙な面持ちで「恭ちゃん 別れて欲しいの」と言った。恭一は咄嗟に今ヶ瀬が早速浮気の調査報告をしたのだと思い、焦って知佳子に何度も謝った。すると、知佳子は離婚したいのは恭一のせいではないと言った。知佳子は調査会社へ恭一の浮気調査を依頼したことを打ち明ける。知佳子はそれはもしあった時にもらえるかもしれない慰謝料が目当てだったと言った。そして「その調査結果には何も出てこなかったの。恭ちゃんは非の打ち所がない旦那様だった」と言った。
知佳子は毎日買い物のことを考えてしまうこと、恭一が稼いだお金を知佳子が使うことしか二人の繋がりがないことを恭一に伝えた。それを聞いても恭一は知佳子との離婚を必死に引き止める。しかし、知佳子にはすでに新しい男ができていた。

好きにならないのに愛されたがっている狡い男

今ヶ瀬に知佳子との離婚の八つ当たりをする恭一。

恭一は今ヶ瀬に電話して知佳子が最初から離婚する気だったことや男を作っていたことを全部知っていたのか問い詰めた。電話の向こうの今ヶ瀬は自宅で恋人と一緒だった。今ヶ瀬が「掛け直します」と言っても恭一は興奮していてそんなことは聞いていなかった。恭一は今ヶ瀬の様子を気にせず「全部知っていて取引をしたんじゃないのか!」と責める。今ヶ瀬は落ち着いた口調で「貴方は奥様が大事だったんじゃなかったんですか?」と恭一に問いかけた。恭一は相手が大事なのは相手が自分のことを大事に思ってくれるからでそうでなければそんな相手は不要だと言った。今ヶ瀬はそんな恭一に「相手が愛してくれれば貴方も愛せるようになるんだ」と言い、恭一は「そういうもんだろ」と言った。今ヶ瀬は自分の後ろの台所に恋人がいるのにも関わらず「俺は貴方が死ぬほど好きですよ…俺のこと好きになってくれますか?」と言った。そしてそれを恭一は拒否する。恋人が聞いていることに構わず今ヶ瀬は恭一との会話を続ける。今ヶ瀬は恭一が自分から人を好きにならないくせに愛されたがってキリがなく自分を愛してくれる相手を探していると言った。そしてそんな恭一に「それならもう 俺しかいないですよ 俺以上に貴方なんかを愛する人が 現れるわけないじゃないですか…!」と言った。その瞬間、やりとりをずっと聞いていた今ヶ瀬の恋人が堪らずカップを今ヶ瀬に投げつけ家を出ていった。その音に恭一は何事かと聞いたが今ヶ瀬はなんでもないと言った。
今ヶ瀬は恭一に誰かのせいにして楽になるなら自分のせいにしてくれと言い「さようなら」と告げて電話を切った。
そのことに恭一は酷く喪失感を感じたが、それは「バツイチになったせいだ」と言い聞かせた。

ゲイの後輩が家に入り浸っている

今ヶ瀬との心地よい暮らしの中で自分が流されていることに気づく恭一。

半年後、恭一が家の掃除をしていると今ヶ瀬が訪ねてきた。今ヶ瀬はとっくに恭一の引っ越し先を調べていて、恭一が独り身にうんざりした頃を見計らって訪ねてくるつもりでいた。まだ今ヶ瀬に恋人がいると思っている恭一は今ヶ瀬に「恋人とうまくいってんの」と聞く。今ヶ瀬はとっくに別れたと言い「フリーですよ 俺と付き合いますか?」と冗談ぽく言った。恭一はそれを軽くあしらった。今ヶ瀬はじゃあたまには飲みに行ったり週末はテニスして連休は温泉にでも行こうと言った。恭一が「温泉か…いいな」と呟くと今ヶ瀬は後ろから恭一を抱きしめキスをした。
恭一は高校の同窓会に来ていた。その会場で恭一は昔好きだった子に再会をした。同級生には独り身になって寂しいだろうと言われたが、恭一はそんな孤独感とは縁がなかった。なぜなら「ゲイの後輩が部屋に入り浸ってるせいだ」ったが、口が裂けてもそうとは言えなかった。
自宅のベッドで恭一は今ヶ瀬と絡み合っていた。恭一は今ヶ瀬に愛撫され悶えていたが、それ以上のことをされかけたため今ヶ瀬の頬を殴った。今ヶ瀬は半年ぶりに恭一を訪ねて以来恭一の家に居座り、一緒にご飯を食べまるで新婚生活のような生活を送っていた。
恭一はそんな暮らしも悪くないと思い始め、このまま今ヶ瀬に流されてしまうのかと想像していた。その時恭一の携帯に恭一が高校の時好きだった人物「西村 美咲(にしむらみさき)」からメールの着信があった。美咲は結婚をしていて子供もいる主婦になっていた。
美咲から呼び出された恭一はそのままホテルに誘われ一晩だけの関係を求められる。恭一は誘いに乗りながらも心の中で「今ヶ瀬ごめん」と思ってしまった。セックスの間も頭の中に今ヶ瀬のことが思い浮かんだ。事が済んだ後美咲は一気に日常のストレスを恭一に愚痴り始めた。それに相槌を打ちながらも「今ヶ瀬のこと考えてるうちにイッちまった」と思い返していた。
自宅に帰った恭一は今ヶ瀬に必死で帰りが遅くなった言い訳をしていた。今ヶ瀬は黙って聞いていたが恭一が嘘をついていることを見抜き疑っていた。
眠った恭一は大学時代の夢を見ていた。当時の彼女に他の子との関係を気にされていた。そして彼女にキスをされている時、向かいの建物を歩いている今ヶ瀬が自分を見て目を逸らしたことに気づいた。
目を覚ました恭一はまだ起きていて携帯を見ている今ヶ瀬に昔自分がキスしているところを見たのか聞いてみた。今ヶ瀬はあっさり見たと言い「あんまりにも悔しすぎてハッテン場に出かけて行きずりのオッサンとやっちゃいました」と言った。それを聞いた恭一は当時の今ヶ瀬の心情を察して心を痛めた。しかし今ヶ瀬がさっきから見ている携帯電話が自分の物だと気づき声を荒げる。今ヶ瀬は悪びれもなく堂々と恭一の携帯をチェックしていた。今ヶ瀬は当然メールのやりとりを見ていたので今日の美咲とのやりとりも把握できた。頭にきた恭一は今ヶ瀬の胸ぐらを掴みかかる。恭一は付き合ってもないのに嫉妬心を隠さない今ヶ瀬に「俺は悪いことをしてないぞ!!」と訴える。今ヶ瀬は悪いと思ってないのに美咲とのことを嘘をついてまで隠そうとした恭一を責めた。
恭一は堪忍したように美咲との経緯を話し始め「高校の時の憧れが美化されただけだ、お前が俺を想うのと同じだ」と言った。それを聞いた今ヶ瀬は自分の気持ちを軽く思っていた恭一の言葉に傷つき苛立った。恭一は「俺はそんなこだわるようないい男じゃないよ…」と自分を蔑んでいったつもりだったが、今ヶ瀬にはこの後に及んで自分のことしか考えていない恭一に腹を立て「もうここへは来ない」と恭一に言い放ち部屋を出て行く。

一歩踏み出した今ヶ瀬とのカンケイ

ホテルで遭遇した今ヶ瀬を見過ごすことができなかった恭一。

今ヶ瀬が恭一の元を去ってから一週間経った。恭一はゲイにならずに済んだことに安堵しながらもその反面、連絡ひとつ寄越さない今ヶ瀬に少し苛立っていた。ちょうどそのタイミングで再び美咲からメールの着信があった。恭一はまた美咲の誘いに乗りホテルに行く。恭一が美咲とホテルの廊下を歩いていると、別室から知らない男と出てきた今ヶ瀬を目撃する。今ヶ瀬はこちらに気づいていなかった。恭一は咄嗟に身を隠して道を引き返し、今ヶ瀬が新しい男を見つけたことについてこれで「めでたしめでたしだ」と自分自身を納得させそのまま去ろうとした。しかし、恭一の頭の中で何かがキレた。恭一は美咲を置いてそのまま振り返り今ヶ瀬の元へ向かい彼を押し倒した。恭一は今ヶ瀬の胸ぐらを掴み自分のことを好きだと言ったのにあっさり新しい男作った今ヶ瀬のことを責めた。突然のことに今ヶ瀬は目をまん丸くして驚いた。恭一は一気に自分の気持ちを捲し立て、自分が落ち込んでることを知らずに誰とでもヤると今ヶ瀬を責めた。一通り言いたいこと言って息を整える恭一に今ヶ瀬はやっと「……しごと…俺今仕事中です…」と言えた。今ヶ瀬はいまだに胸ぐらを掴まれたまま、一緒にいる男は依頼人であってホテルで待機していただけだと説明した。そこで恭一は我に返り今の状況を確かめ振り返ると、そこには呆然と見ている依頼人の男と青ざめた顔をして立っている美咲がいた。

引き止める恭一を見透かしたように指摘する今ヶ瀬。

恭一は今ヶ瀬と一緒に自宅へ帰る。今ヶ瀬が恭一の家から去った後来なかったのは仕事で地方を回っていただけだった。しかし連絡しなかったのは恭一にムカついていたからだった。
恭一の家の玄関まで付いてきた今ヶ瀬は部屋に上がらず「やらせてくれるなら上がります 駄目なら帰ります」と言った。恭一は「なんでそうなるんだよ!結局カラダ目当てかよ!!」と声を荒げるが今ヶ瀬は「いけませんか?好きな人とセックスしたいって想うのが悪いですか?」と静かに答える。今ヶ瀬は散々な目に遭ったのになにも埋め合わせもないことを言うと、恭一も今ヶ瀬に悪いことをした自覚があるのは認めた。しかし恭一はゲイでもないのに簡単にセックスはできないと言った。今ヶ瀬はそれを聞いて「そうですよねじゃああきらめますさようなら」と言って去ろうとする。恭一は引き留めようとするが逆に今ヶ瀬に壁に押し付けられる。嫌だと言う割に無防備で今ヶ瀬に導かれるのを待っている恭一に「そう簡単にはいかない」と忠告する。子供みたいに扱われた恭一は「俺にどうして欲しいんだよ…!」と今ヶ瀬に言った。今ヶ瀬は自分の股間に恭一の手を持っていき「キスしてください ここに」とわざと恭一が困るようなことを言った。今ヶ瀬は恭一にはできなくて当然だと思っていたが、意外にも恭一は今ヶ瀬の手を払い除けた。恭一は黙って今ヶ瀬のズボンのチャックを下ろし彼の股間を愛撫し始めた。恭一の意外な行動に今ヶ瀬は悶えながらも「駄目ですよ…貴方にそんなことさせられない…!」を目を瞑る。
今ヶ瀬は大学時代を思い出していた。入学したての今ヶ瀬はテニスサークルの勧誘をしていた恭一に初めて出会う。廊下で見た恭一と彼女のキスを見たこと、恭一と彼女を目の当たりにしてイラつき大量にタバコを吸っていた頃を思い出していた。そう考えてるうちに今ヶ瀬は恭一の口の中で果てた。
恭一は自分の行動を振り返り「俺の人生の重大な1ページが書き換えられてしまった気がするよ」と落ち込んでいた。そんな恭一を見て今ヶ瀬は優しく声をかける。今ヶ瀬は恭一にゲイになって欲しいと思ってるわけではない、いつか恭一が本当の恋を知り「運命の女」が現れたら今ヶ瀬はすんなり恭一の前から姿を消すと慰めるように言った。今ヶ瀬は「だからそれまで俺と遊んでください」と恭一に抱きつき眠った。恭一は今ヶ瀬の頭に触れながら言われた通り「俺は本物の恋を知らないんじゃないか」と考えていた。

恭一に心を乱される夜

恭一の行動に期待しそうになる今ヶ瀬。

恭一の家でまるで新妻のように過ごしている今ヶ瀬には恭一より早く帰ってきた時にするべきことがあった。それは家事全般と恭一のPCのチェックだった。メールやネットの履歴を調べ恭一に女の影がないかチェックする。嫉妬というよりただ知っておきたいだけだった。自分の立場をわきまえて恭一に面倒な思いをさせないように。そこでネットの検索履歴から「ハッテン場」というワードを見つけた。以前、大学時代恭一と彼女のキスシーンを目撃した後今ヶ瀬が言った単語だった。おそらく、恭一はそれがゲイ用語だとはわかっていたのだがどうやって使われる言葉か分からなくて調べたのだろうと今ヶ瀬は思った。今ヶ瀬は検索した日付の恭一の行動はやけに優しかったのを思い出した。今ヶ瀬はもしかしたら自分のことが好きなのかなと期待してしまう気持ちを必死で抑えていた。今ヶ瀬は恭一は自分にとって月みたいに遠い人なんだと言い聞かせPCの電源を切った。

奇妙な四角関係

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

愛がなんだ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛がなんだ』とは、角田光代による恋愛小説、およびそれを原作とした今泉力哉監督による実写映画作品。 映画作品では、岸井ゆきのが主役のアラサーOL・テルコを、成田凌がテルコの片思い相手であるマモルを演じ、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録した。テルコはマモルに一目惚れをしてからマモル一筋の毎日を送るが、マモルはテルコのことを都合のいい女と思っている。テルコとマモルのどうしても埋まらない距離感がリアルに描かれている。

Read Article

失恋ショコラティエ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『失恋ショコラティエ』(しつれんショコラティエ)とは、水城せとなが『月刊フラワーズ』本誌にて連載していた漫画。物語は完結しており、単行本は同社のフラワーコミックスαから全9巻発行されている。 また、松本潤主演でテレビドラマ化されており、2014年1月から3月まで放送された。 ショコラティエである主人公・爽太を中心に、高校時代からの憧れの女性サエコ、チョコレートショップの同僚で年上の薫子、片思い仲間のえれなとの間の、甘くほろ苦い恋愛模様とそれぞれの切ない思いを描いた恋愛ストーリーとなっている。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

目次 - Contents