最強のふたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『最強のふたり』とは、2011年にフランスで公開された、実話をもとにコミカルに描くヒューマンヒストリー映画である。パラグライダーの事故で首から下が不自由になってしまった大富豪の男と、その介護人として雇われた、貧困層の黒人青年との交流を描いた物語。共通点のない2人が、それぞれの趣味を共有していく様子をユーモラスに描き、友情を育んでいく。第24回東京国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞した。監督・脚本は、フランスの2人組監督のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュが担当している。

『最強のふたり』の登場人物・キャラクター

フィリップ(演:フランソワ・クリュゼ/日本語吹替:小川真司)

パグライダーの事故で下半身不随になってしまい、介護人を雇うが次々と辞めて行ってしまう。そんな中ドリスと出会い、障害者に対しても容赦がないドリスを気に入り介護人として雇うようになった。芸術に造詣が深く真面目な性格だが、ドリスに感化され新しい価値観やユーモアを覚えて行く内に、ドリスと不思議な絆を結んでいく。アリスという妻がいたが不治の病で亡くしている。妻の死後、半年間文通をしているエレノアという女性がいるが、自身の障害を知られることに怖気づいてしまい1度待ち合わせ場所から逃げ出してしまう。しかしその後、ドリスの粋な計らいによってエレノアと初めて顔を合わせることが出来たのだった。

ドリス/本名:バカリ(演:オマール・シー/日本語吹替:菅原正志)

スラム街出身の移民の青年。宝石強盗で半年服役後、失業手当をもらうために就職活動をした証明書のサインを求め、フィリップ邸へ面接へ出向く。働く気などなかったのだが、デリカシーのない態度をフィリップが気に入り介護人として働くことになる。最初は芸術好きで紳士的な振る舞いのフィリップと馬が合うはずないと思っていたが、意外と柔軟な考えを持つフィリップとやがて打ち解け合い友情が芽生え、自身も絵を描き始めるなど影響を受ける。複雑な家庭環境で育ち、弟や妹達とは血の繋がりがないものの家族思いな一面がある。

イヴォンヌ(演:アンヌ・ル・ニ/日本語吹替:野村須磨子)

フィリップの助手であり、フィリップ邸を総括している女性。初めはドリスにあまりいい印象を持っていなかったが、一緒に時を過ごしていく内にだんだんと打ち解けるようになり、恋愛の話なども出来る間柄になる。気難しい印象があったが、ドリスと関わっていく中で笑顔が増えていく。庭師のアルベールとは恋人関係。

マガリー(演:オドレイ・フルーロ/日本語吹替:佐古真弓)

フィリップの秘書。フィリップの介護人の面接を行ったり、文通相手への代筆をしたりなどのサポートをしている。ドリスに何度も口説かれその度いつも上手く交わしてたが、最後に女性の恋人がいることが判明する。

マルセル(演:クロティルド・モレ/日本語吹替:白川万紗子)

フィリップのマッサージやケアを担当する女性介護士。ドリスに介助の仕方を教える。

エリザ(演:アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ)

フィリップの1人娘で16歳の高校生。養子としてフィリップ家に迎え入れられる。わがままで素行が悪く、ドリスや使用人たちにぞんざいな態度をとっていたため、ドリスはフィリップに「躾が必要」だと提言し、フィリップに叱られる。バスティアンと恋人関係にあったが酷い言葉を言われ振られてしまいドリスに助けを求める。それを聞いたドリスはバスティアンにお灸をすえるのだった。

バスティアン(演:トマ・ソリヴェレ)

フィリップの娘、エリザの恋人。エリザを手ひどく振ったことをドリスが知り、エリザに謝って毎朝クロワッサンを持ってこいと命じられる。その後ドリスに言われた通り毎朝フィリップ邸を訪ねクロワッサンを差し入れしている。

アルベール(演:クリスティアン・アメリ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents