高校球児ザワさん(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『高校球児ザワさん』とは、三島衛里子によって2013年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載された漫画。舞台は西東京にある野球強豪校、日践学院高校の硬式野球部だ。男子部員にまざる唯一の女子選手、都澤理紗(みやこざわりさ)の高校生や野球部員としての日常を描く。各話が8ページほどの短いページ数で、一話完結型で描かれる。高校球児なら一度は体験したことがあるような体験が、本作では多く盛り込まれている。また、女子であるザワさんが、時折女の顔を見せながら野球に打ち込む姿も、魅力の一つである。

『高校球児ザワさん』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ザワさん「6コ。いや、理想は8コ」

身体測定後、胸のサイズを友人に尋ねられたのに、「6コ。いや、理想は8コ」と自分の腹筋を見ながら何個に分けたいか答える場面。3kgも体重が減ったしまったザワさん。女子としては喜ばしいことのはずが、ザワさんは腹筋が減ってしまったことを気にしていた。野球部の女子、というザワさんらしいセリフということで、名言といえる。

長谷川「オレの中では自分カワイイと思ってない女は女じゃないから」

投球練習中、ザワさんにきつめに当たる長谷川。その様子を見ていたチームメイトが、長谷川に「一応女なんだから…」と声をかける。「オレの中では自分カワイイと思ってない女は女じゃないから」はそれに対する長谷川の返事だ。長谷川には彼女がいたが、そういった恋愛観をもっていた。彼の恋愛観知ることができる、貴重な名セリフである。

ザワさん「理紗も、大学でやきゅう続けたい」

楠本と食事をしている際に、大学についての話になった。楠本が「大学で親父と同じ野球部に入りたい」と漏らした際に、「理紗も、大学でやきゅう続けたい」と告げた。大学で野球をすると決めた後の言葉。「野球」を「やきゅう」としているところが、その後「女の子」として野球に関わっていくザワさんを暗示している。

『高校球児ザワさん』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

そもそも野球部が嫌いだった作者

www.excite.co.jp

作者は、野球部員達はどこか「注目されて当然」と思っているように感じていたそうだ。しかし、母校が甲子園に出場し、何とはなしに試合を観に行ったら、すっかりハマってしまったとのこと。試合ではなく選手自体をよく見るようになったおかげで、「高校球児ザワさん」は出来上がったのである。

キャッチコピーとして使用された「フェチすぎる野球マンガ」という言葉

元々「フェチすぎる野球マンガ」というのはエキサイトニュースで紹介された際の言葉だった。しかしそれを機にこの言葉が単行本の帯などにも使用され、キャッチコピーとして広まることとなった。

ザワさんの結婚相手は山崎

最終巻にて、ザワさんの結婚式の写真が描かれている。そのお相手は、ザワさんに一目惚れをした山崎であった。この結婚式の写真は、1ページだけのものであり、実際に二人が結婚したのかどうかはわからなかった。しかし、『なんしょなら!!お義兄さん』という正式な続編が連載され、その中でザワさんと山崎は結婚している。甲子園で一目惚れした相手と、山崎は結婚することができたのだ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents