イコライザー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イコライザー2』とは、2018年に製作されたアメリカのヴィジランテ・アクションスリラー映画で、2014年に製作された『イコライザー』の続編である。普段は配車サービスの会社で運転手として働いている元CIAエージェントだったロバート・マッコールが、CIA時代の同僚スーザンが殺されたことを受けてその復讐に動き出すというストーリーになっている。監督は前作に引き続きアントワン・フークアが務め、主人公のロバート・マッコールも引き続きデンゼル・ワシントンが演じている。

襲われたマッコール

マッコールが後部座席に乗せた殺し屋の男と話すシーン。左から殺し屋の男、マッコール。

ある日の昼。運転手としての仕事中、後部座席に乗せた男が突如としてマッコールにナイフで襲い掛かってくる。マッコールは周囲の車にぶつけながらもその男からの攻撃をかわし、男が取り出した銃を奪い取って返り討ちにする。マッコールはその男の持つスマートフォンを調べ、仕事用に利用していた愛車をその男もろとも燃やして証拠隠滅を図るのだった。

デイブの語る真相

マッコールがデイブに真相を追及するシーン。

マッコールはデイブの家にアポなしで現れて、デイブに自分を殺そうとしてきた男のことを話し始める。マッコールがその男のスマートフォンの通話記録から電話をかけるとデイブのスマートフォンに繋がり、マッコールを殺そうとしたのがデイブであると判明する。デイブはCIAでマッコールがいなくなってから、捜査チームを解散させられて仕事もなくなり、裏稼業として殺しの仕事を請け負っていことを明かす。また、カルベルをCIAの協力者と知らずに殺してしまい、その事情に気付き始めたスーザンを口封じのために強盗を装って殺したことも白状する。マッコールがデイブの家を出ると、そこにはかつて仕事をともにし、今はデイブの手下となっている3人の男コバック、アリ、レズニックがいた。旧友スーザンを殺されたマッコールは「許さない」と彼らに言ってその場を去る。

人質になったマイルズ

マイルズがマッコールの自宅にある隠し部屋に潜むシーン。

マッコールがブライアンにスーザンが殺された事情を話しに行っていた頃、デイブは部下を従えてマッコールの自宅へ向かっていた。そのマッコールの家では、マイルズがマッコールに助けてもらったお礼として、マッコールの部屋のペンキ塗りをやっていた。デイブらがマッコールの部屋に侵入してきたことを仕掛けたカメラから確認したマッコールは、電話の指示でマイルズを隠し部屋に潜ばせる。デイブが隠し部屋の存在に気付きかけたその時、マッコールはデイブに電話をかけて自分がそこにいないことを告げたことでマイルズは助かる。ただ、マイルズがデイブらが立ち去ったと思い隠し部屋から出ると、違和感を感じて待ち伏せしていたデイブらによって捕まってしまう。

嵐の中の決闘

マッコールが嵐の中戦うシーン。

デイブとの最後の戦いの舞台として、マッコールは彼の亡くした妻の家を選んだ。その家のある地域にはハリケーンが迫っており、周囲の住民は避難して誰もいない状態であった。デイブは3人の部下を従えてその家の近くまでやって来る。デイブは高台からスナイパーライフルのスコープ越しに周囲を見渡しながら部下に指示を出し、3人の部下らはマッコールの居場所を探していた。マッコールはコバックをある建物内におびき出すと、鏡を使ってコバックを錯覚させた隙に、モリでコバックの首を一突きにする。また、スーザンの写真を壁一面に貼ったマッコールは、その写真に気を取られているアリを刀でめった刺しにする。そして、マッコールは亡くなった妻が営んでいたパン屋に忍び込んで、小麦粉を辺りにまき散らした。そのパン屋にマッコールがいると判断したレズニックはパン屋に手榴弾を投げ込むと、爆破によって小麦粉にも発火し、火力が増した爆発に巻き込まれて死ぬ。デイブの部下3人全員を殺したマッコールは、奪ったトランシーバーでデイブへ降参を促すも、諦めないデイブは車のトランクに監禁しているマイルズをスナイパーライフルで狙い始める。マッコールが車のタイヤを銃で撃ってパンクさせて車高が下がったおかげで、デイブの放った銃弾が逸れてマイルズは間一髪で助かる。デイブのいる高台に登ったマッコールはデイブと格闘になる。デイブの攻撃をかわしたマッコールはデイブが振り回すナイフを奪い取ると、デイブをナイフでめった刺しにする。マッコールは倒れたデイブを高台から突き落としてスーザンを殺された復讐を完了させるのだった。

マイルズとサムのその後、そしてマッコール

マッコールが亡くなった妻の家のコテージから海を眺めるシーン。

傷も癒えたマイルズは美術学校へも再び通い出し、スプレーで汚された壁にはきれいな画を完成させていた。

姉と生き別れたサムは、マッコールがスーザンから得た情報をもとに姉と再会を果たす。

ハリケーンも去り、海も落ち着いた亡き妻の海辺の家でマッコールは海を眺めていたのだった。

『イコライザー2』の登場人物・キャラクター

主人公と関連人物

ロバート・マッコール(演:デンゼル・ワシントン)

日本語吹替:大塚明夫

元CIAのエージェント。前作ではホームセンターで勤務していたが、今作では配車サービスの会社Lyftで運転手をやっている。いつも時間に正確で明るく対応しており、乗客からの評価も高い。彼の住むアパートに住んでいる若者のマイルズには、悪の道へ逸れることがないように声をかけており、過去に読んだ本をプレゼントしている。CIA時代の友人スーザンが殺されると独自に調査を進め、CIA時代に相棒だったデイブが黒幕であると突き止める。自首しないデイブと戦うことになり、その戦いの場に自分の亡くなった妻の海辺の家を選ぶ。ハリケーンの迫る中、デイブと手下3人を皆殺しにする。

マイルズ・ウィテカー(演:アシュトン・サンダース)

日本語吹替:福西勝也

マッコールの住むアパートの住人。画家を目指すために美術学校に通っているが、サボりがちになっているところをマッコールに諭される。スプレーで落書きされた壁をマッコールが自発的に汚れを落としているところを見て、汚れを落としたうえで壁に画を描くことを申し出る。その後、壁をきれいにする作業も疎かになり、不良に絡まれて殺人を促されているところをマッコールに救い出してもらう。そのお礼にマッコールの家の壁のペンキ塗りをしていると、マッコールを捕まえに来たデイブらによって捕まる。デイブによって車のトランクに監禁されることになるが、間一髪のところでマッコールに再び助けてもらう。その後は美術学校にも真面目に通い、落書きされた壁をきれいにして画を完成させる。

ブライアン・プラマー(演:ビル・プルマン)

konta920e7
konta920e7
@konta920e7

Related Articles関連記事

イコライザー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イコライザー』とは2014年に製作されたアメリカ映画で、1980年代にアメリカで放送されたテレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の初の劇場版である。普段はホームセンターで働く主人公のロバート・マッコールは元CIAのエージェントで、偶然知り合った娼婦を救うためにロシアン・マフィアと戦いを挑むサスペンスアクション。監督はアントワン・フークアが務め、主人公をデンゼル・ワシントンが演じ、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツらが共演した。

Read Article

インデペンデンス・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インデペンデンス・デイ』は1996年に公開されたアメリカのSFアクション映画。タイトルの意味は「独立記念日」で、物語の設定がアメリカの独立記念日である7月4日であることから取られている。 ある朝、世界各地の都市に巨大なUFOが突如出現し、大規模なレーザー攻撃で街を破壊していく。圧倒的な力を持つ宇宙人と人類との戦いを描く。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

目次 - Contents