咲-Saki-(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『咲-Saki-』とはスクエア・エニックスの『ヤングガンガン』で連載されている小林立による麻雀漫画である。麻雀に青春を捧げる少女たちの熱い思いや人間関係、丁寧に描かれる対局の様子が魅力であり、シリーズ累計発行部数は1000万部を突破。多くのスピンオフ作品が描かれ、アニメ作品にもなっている。舞台となるのは麻雀が広く浸透した世界。主人公の宮永咲は原村和という美少女と出会って麻雀の楽しさを知る。そして麻雀を通してなら仲違いしている姉とも話せるかもしれないという思いから全国大会を目指すことになる。

『咲-Saki-』の概要

『咲-Saki-』とはスクエア・エニックスの『ヤングガンガン』2006年4号から6号にかけて短期掲載され、その後同年の12号より連載が開始された小林立による麻雀漫画である。麻雀に青春を捧げる少女たちの熱い思いや人間関係、丁寧に描かれる対局の様子が魅力。

2021年1月時点でのシリーズ累計発行部数は1000万部を突破しており、2009年、2014年にはアニメが放送された。2016年には深夜ドラマとして実写化された他、2017年には映画が公開された。また派生作品として五十嵐あぐり作画の『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』や『シノハユ the dawn of age』、木吉紗作画の『咲日和』や『咲とファイナルファンタジーXIV』、めきめき作画の『怜-Toki-』や『染谷まこの雀荘メシ』、極楽院櫻子作画の『咲-Saki- re:KING’S TILE DRAW』、大和田秀樹作画の立『-Ritz-』がある。

舞台となるのは高校生による全国大会が開催されるほど麻雀が社会に広く浸透し、一部の人間は「特定の牌を集める」などの特殊な能力を持つ世界。長野県にある清澄高校の1年生、宮永咲は読書好きの目立ったところがない女の子だった。しかし友人の須賀京太郎に連れられて訪れた麻雀部で半荘を3回ほど打ったところ、部長の竹井久にその類稀なる麻雀の才能を見抜かれる。

家族麻雀が原因で麻雀が好きではなかった咲は、麻雀を打つことに消極的だったが、全国中学校大会で優勝した過去を持つ原村和との対局を通して麻雀の楽しさを知る。もっと麻雀を打ちたい、そして仲違いしてしまっている姉の宮永照とも麻雀を通してなら話せるかもしれないという思いから、咲は清澄高校麻雀部へ入部を決意し、仲間と共に全国大会を目指すのであった。

『咲-Saki-』のあらすじ・ストーリー

長野県予選団体戦

決勝戦まで

麻雀部の部室で和(中央奥)、優希(左)、京太郎(右)と麻雀を打つ咲(右下)。

家族麻雀が原因で麻雀から距離を置いていた宮永咲は、清澄高校に入学してから迎えた初めての夏に、友人の須賀京太郎に連れられて麻雀部を訪れる。そこで咲は京太郎に加え、麻雀部に所属する同じく1年生の原村和と片岡優希と卓を囲んで麻雀を打つことに。あまり乗り気ではない咲は素人同然の打ち筋で数局ほど打ち、すぐに辞去した。

卓を囲んでいた3人は咲を怪しむことはなかったが、傍で見ていた部長の竹井久は、咲の点数が3連続でプラスマイナスゼロということに意図的なものを感じた。久の考えを聞いて思わず部室を飛び出した和は咲を追いかけて訊ねた。咲は「負ければお年玉を巻き上げられるから負けないことを覚え、勝つと怒られたから勝たないことを覚えた」と語る。和は「もう1局打ってほしい」と言うが、咲は「私は麻雀それほど好きじゃないんです」と言って断った。

翌日、咲は久の「麻雀を打ってくれれば本を貸す」という提案に乗り、再び麻雀部の部室を訪れた。そこで和と優希、そして2年生の染谷まこと対局することになり、赤ドラ入りで半荘戦よりもさらに短い東風戦という状況にもかかわらずプラスマイナスゼロを再現してみせた。続けて久の「次は勝ってみなさい」という言葉に従い、生涯初の役満「四暗刻」をあがる。咲は勝利に喜びを覚えるが、和は「麻雀を好きでもないあなたに負けたのが悔しい」と悔しさを露わにした。

その日の夜、ずっとしまっていた麻雀卓を眺める咲に、父親が麻雀の雑誌を見せた。そこには疎遠になってしまった姉、照の記事が掲載されており、麻雀を通してならば確執を抱える姉とも話せるのではないかと考える。翌日、別居中の母と姉と再び一緒に暮らせることを夢見て咲は麻雀部への入部を決めた。

まこの実家の雀荘(アニメでは麻雀卓を設置した喫茶店)でプロの藤田と対局する咲と和。

こうして全国大会、特に5人が順番に戦う団体戦での全国大会に向けて動き出した清澄高校麻雀部。しかし咲と和は、まこの家が経営する雀荘でプロ雀士の藤田靖子にぼろ負けしてしまう。さらに去年行われた親善試合で、長野県の予選で戦うことになる龍門渕高校の天江衣という人が藤田プロを抑えて優勝したということを聞かされる。このままではダメだと感じた和は部長の久に強化合宿を求めた。合宿では久がそれぞれに合った特訓を提案し、咲はネット麻雀をすることになった。現実の対局とは異なり「牌が見えない」と苦戦する咲だったが、全国大会への思いを胸にめげずに取り組んだ。

そして合宿から6日、県予選の初日が訪れた。会場に到着して早々、咲は1人迷子になるが、和たちは会場の入り口で昨年県2位だった風越女子高校や、天江衣を除く龍門渕高校の面々を目撃する。その少し後、迷子の咲は龍門渕高校の4人とすれ違う。龍門渕高校の4人は咲とすれ違った時に衣と似た空気を感じ、咲を警戒し始めた。

県予選のトーナメント表を確認する清澄高校。

はぐれていた咲が無事に合流し、清澄高校は団体戦の1回戦に臨む。団体戦は各校が10万点を持ってスタートし、5人が半荘を戦ってトップだった学校がトーナメントを勝ち上がるルール。清澄高校は先鋒を優希、次鋒をまこ、中堅を久、副将を和、大将を咲が務めることになった。

初戦の対戦高校は東福寺高校、今宮女子高校、千曲東高校の3校。先鋒の優希は東一局で起家になり、早々に跳満をあがり他家を翻弄し、首位で次鋒のまこに繋ぐ。まこも勢いをそのままに収支をプラスで終えると、中堅戦の前に久は咲と和に軽食を摂るように勧めた。

会場内の喫茶店へ向かう道中、咲たちは龍門渕高校の井上純と国広一と遭遇する。全国中学校大会で優勝した原村和が清澄高校という無名の学校に進学したことは純も一も耳にしていたため、プレッシャーを感じた咲に対して「お前が原村和なのか?」と聞いた。和が名乗り出ることでその誤解はすぐに解けたが、中堅戦がすぐに終了したために龍門渕高校の2人は結局咲の名前を聞くことができなかった。

安い手ばかりで素早く終わらせた久からバトンを受け取った和は、いつも就寝時に抱えているペンギンのぬいぐるみを持って対局室に赴いた。和はネット麻雀の世界では「のどっち」というハンドルネームで伝説になるほどの腕前を誇っていたが、現実の麻雀では実力を発揮できずにいた。そこで久は、自宅でネット麻雀をする時の環境に近づけるべく、ペンギンのぬいぐるみを抱えながら対局してはどうかと提案したのだ。その結果、多かった和のイージーミスは減り、この県予選の場でも「のどっち」の時のような素早く正確な麻雀ができていた。

龍門渕高校の龍門渕透華は、以前より自分よりも目立つ全国中学校大会覇者の和のことを注目していた。透華は和の対局を見て彼女こそをあの「のどっち」だと確信し、純や一、同じく龍門渕高校の選手の沢村智紀に報告するが、純たちの反応は悪い。そして彼女たちの周りの一般の観客は、東福寺を飛ばしてあっという間に試合を終わらせた清澄高校の5人目、つまり咲の話で盛り上がっていた。

昼休みを挟んで始まった2回戦では、シード校の風越女子高校と龍門渕高校も参戦して県予選もさらなる盛り上がりを見せる。しかし観客は皆、風越女子高校や龍門渕高校の対局を見に行き、清澄高校が対局する様子を映し出している会場は閑散としていた。そんな中でも清澄高校はしっかりと勝利し、決勝戦に駒を進めた。同時刻に対局していた風越女子高校や龍門渕高校も勝ち上がり、明日の決勝戦はこの3校と、別の山から上がってきた鶴賀学園が卓を囲むことになった。

決勝戦

誤って優希のタコスを食べてしまう純。

決勝戦はそれぞれが半荘を2回ずつ戦い、大将戦が終了した時点で最も点数が高かった1校が全国大会への切符を手にする。前日から引き続き先鋒を務める優希は気合十分に対局室に移動する。

しかし対局が始まる前にトラブルが発生。なんと優希が会場に持ち込んだタコスが差し入れと間違われて龍門渕の先鋒の純に食べられてしまったのだ。エネルギー源のタコスがなくなって落ち込む優希。そんな彼女を見かね、風越女子高校のキャプテンにしてエースの福路美穂子がお手製のお弁当を渡す。優希はお弁当の中に入っていたタコさんウィンナーによって元気を取り戻したが、いざ先鋒戦が始まると純に流れを持っていかれてしまい、得意な東場でも一度もあがることができなかった。

前半戦終了後の休憩時に京太郎に買ってきてもらったタコスを食べ、気持ちを切り替えて後半戦に臨む優希。しかし調子が出てきたのも束の間、再び純の鳴きによって流れを持っていかれ、何もできずに後半戦も南場へ突入してしまう。

そこで優希が思い出したのは、合宿で久が語った麻雀部に対する思いだった。優希は仲間のことを思い、「今自分にできることをするんだ」と気合を入れ直す。それでも純は優希の前に立ち塞がるが、風越女子高校のキャプテン美穂子がアシストしたおかげで優希は純から出あがることに成功する。次の局でも優希は美穂子のサポートを受け和了。しかしそこからは今まで大人しかった美穂子が連続であがり、風越女子高校のみが先鋒戦の収支をプラスで終える結果となった。

2位で先鋒戦を終えた優希。彼女は悔しそうな様子で控え室に戻ると、咲と和が仮眠室に向かってすぐに大泣きした。まこは「仇は取る」と言って対局室に向かう。実家の雀荘で小さい頃から多くの対局を見てきたまこは、そのほとんどをイメージとして記憶している。だからこそどんな場面でも適切な判断ができるのだが、決勝戦の対局者の1人、鶴賀学園の妹尾佳織は麻雀を始めたばかりの素人だった。雀荘では見かけない素人丸出しの打ち筋に、まこは苦戦する。しかも佳織は強力なビギナーズラックの持ち主で、まこが親番の時に役満「四暗刻」をツモられてしまい、清澄高校は次鋒戦で最下位まで転落した。

和(右上)のぬいぐるみを持ち去る今宮女子高校の2人(左下)。

また次鋒戦の裏では、清澄高校に1回戦で負けた今宮女子高校の2人が仮眠室で眠る和と咲を見つけ、イタズラで和のペンギンのぬいぐるみを持ち去ろうとしていた。だが会場から逃げる最中に藤田プロに見咎められ、2人はぬいぐるみを落として逃げ出した。この時、藤田プロは龍門渕高校の大将、天江衣と一緒にいた。ぬいぐるみを見た藤田プロが「清澄高校の原村和が持っていた物に似ている」と言ったため、衣は連れて行ってあげようと駆け出した。

一方、最下位でバトンを受け取った中堅の久は、龍門渕高校の国広一と風越女子高校の文堂星夏、鶴賀学園の蒲原智美と対局する。前半戦の東一局、配牌があまり良くなく、ツモも裏目になるが、5面張を捨てて単騎というあえて悪い待ちにすることであがってみせた。

久は大会では良い待ちでは和了できず、悪い待ちほど和了できるという性質を持っており、怒涛の連続和了で最下位からトップまで順位を上げた。逆に最下位に落ちてしまった龍門渕高校の一は久の打ち方を見て、衣と初めて出会った時を思い出す。衣との対局に比べるとこんな状況は何でもないと考えて正攻法で攻め、前半戦終了時には4校がほぼ横並びとなった。

衣(左下)との取り合いで引き千切れてしまうぬいぐるみ。

中堅戦の前半戦が行われている時、和のぬいぐるみにイタズラをした今宮女子高校の2人は、逃げた後でやはりこれは良くないことだと思い直し、落としたぬいぐるみを探して和のもとに返そうと会場へ戻っていた。そこにぬいぐるみを抱えた衣が通りかかる。2人と衣はぬいぐるみの取り合いになり、その過程でペンギンのぬいぐるみの腕が千切れてしまう。衣が泣きながら龍門渕高校の控え室に入ってくると、透華は衣の抱えるぬいぐるみを見てすぐさま執事を召喚。透華の執事ハギヨシはあっという間にペンギンの千切れた腕を繋ぎ合わせた。泣き顔から一転、笑顔になった衣は和にぬいぐるみを返すべく、意気揚々と走り出した。

和は中堅戦が始まった頃に目を覚まして枕元に置いてあったぬいぐるみがなくなっていることに気づき、顔を青くして探しに出ていた。その最中に今宮女子高校の2人がぬいぐるみを盗んでしまったことや女の子と取り合いになってバラバラにしてしまったことを謝りに来たらしく、衣が直ったぬいぐるみを届けると大変喜んだ。

一方の中堅戦は、前半戦と後半戦の間の休憩時間。久に何度も直撃を食らい、1位から3位まで順位を落としてしまった風越女子高校の文堂は落ち込んでいた。そこにキャプテンの美穂子が現れ、文堂を励ました。後半戦は他家に警戒されて出あがりしにくくなった久だが、逆にそれを利用して和了できない空聴でのリーチで他家のあがりを潰すなど戦況をかき乱し、中堅戦終了時には下位だった清澄高校が上位に変わっていた。

和にライバル心を向ける透華(左)。

副将戦が始まる直前、仮眠室で眠っていた咲が目を覚まし、対局室に向かう和にエールを送る。副将戦の前半戦はリーチをした相手に振り込む者が誰もおらず、流局が多い堅い対局となった。そんな中、和は堅実なプレイングで点数を伸ばし、前半戦のオーラスまで他家にあがらせないパーフェクトゲームを展開する。

このまま和以外の3人は和了なしで終わるかと思いきや、龍門渕高校の透華が親の倍満をあがった。そして連荘で勢いに乗る透華だったが、鶴賀学園の東横桃子のリーチに気づかずに振り込んでしまい、呆気なく前半戦が終了した。

桃子は幼い頃から影が薄く周囲に存在を気づかれないこともしばしばで、その性質を麻雀にも活かすことができた。透華が無警戒に振り込んだのも、桃子のリーチに気が付かなかったからだった。後半戦に入っても透華は桃子のリーチの発声にすら気づくことができず、またしても桃子に振り込んでしまう。

そんな桃子の独壇場を止めたのは和だった。本来、影の薄さが麻雀にまで反映された桃子の捨て牌は認識することができない。しかし集中力が高まっている和には卓上をあたかもデジタルなゲーム画面かのように知覚していたため、対局相手の気配があろうとなかろうと関係がなかったのだ。和相手には能力なしの麻雀を強いられた桃子は副将戦を2位で終える。そして和は1位で大将戦へと繋いだ。

咲(右)の2連続嶺上開花に驚く一同。

咲の対局相手は風越女子高校の池田華菜と鶴賀学園の加治木ゆみ、それから龍門渕高校の天江衣。華菜は昨年大敗を喫した衣に対して闘志を燃やすが、まず和了をしたのは咲だった。役の名前は「嶺上開花」。槓で引いた嶺上牌であがる、咲の得意とする役だ。

東二局も咲が嶺上開花であがって迎えた東二局一本場。咲のポンを見て加治木が柔軟に対応し、咲の嶺上開花を槍槓で阻止してみせた。この加治木の和了で咲は委縮、そしてそんな咲に失望した龍門渕高校の衣がついに動き出す。

前半戦を圧倒的な強さで終える衣(左)。

roadback
roadback
@roadback

目次 - Contents