烈火の炎(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『烈火の炎』とは、1995年から2002年まで安西信行が『週刊少年サンデー』に連載した忍者バトル漫画およびそれを原作としたアニメ作品。腕から炎を出すことができる「炎術士」としての能力を持つ主人公花菱烈烈火が治癒の力を持つ女子高生佐古下柳と出会い彼女を君主と定め、彼女を狙う組織と戦う。火影忍軍が残した「魔導具」と呼ばれる特殊能力をもつ武器を使うキャラクターが多数登場し、戦国時代から続く火影忍軍の運命に抗う様子を描く忍者冒険活劇。

決勝:火影VS麗(紅)

最澄の無事な姿を見て心のひっかかりがなくなり、戦いを楽しむようになった薫と、それに対して高揚するジョーカー。

決勝戦前日、謎のジジイと名乗る老人が火影メンバーに助言をしていく。老人が烈火のもとへ行ったとき、音遠が烈火に紅麗の過去を話しているところだった。音遠から聞いた紅麗の過去とは、紅麗の持つ炎である紅は、元は紅麗がただ一人だけ心を開いた人間であったが、森に見せしめとして殺されてしまったという。紅麗は紅を炎術士としての力を使って自らの炎にしたというものだった。烈火は紅麗をただの残忍なだけの悪人ではないと知る。
その夜、薫と空の最澄は夜の闘技場を探検していたが、Jキーパーに見つかってしまう。偶然居合わせたジョーカーと共闘するが、Jキーパーに同時に攻撃しようとしたそのとき、ジョーカーが最澄を斬り、Jキーパーもバラバラにしてしまう。それまで飄々としていたジョーカーは、麗(紅)のメンバーだった。
決勝戦、先鋒は土門VS呪(のろい)。土門が攻撃を与えても呪がダメージを受ける様子はなく手ごたえがない。呪は「欲シイ…」という謎の言葉を発したりリングから落ちそうになった土門を助けたりと不可解な行動をとる。呪の正体は魔導具「縛呪(ばくじゅ)」という仮面そのものであり、魔導具が身体を入れ替えながら生き永らえていたのだった。そして呪は次の身体として土門を欲していたのである。土門は前日に謎のジジイからもらった魔導具「鉄丸(てつがん)」を誤って飲んでしまうが、これが正しい使い方であり、身体を鉄にして高い防御力を得た。縛呪は無理やり土門の頭部に被さるが、土門は持ち前の精神力と火影メンバー、風子を思い描くことでその支配を逃れ、縛呪を破壊し、勝利した。
次鋒戦の前に、謎のジジイが烈火の前に現れ、火竜の印を消してしまう。火竜を出すことができなくなった烈火は、謎のジジイを追いかけて花菱烈火の世界へ向かう。そこで待っていたのは八竜が人になった姿だった。八竜と一対一で対戦し、再び自分を認めさせることで元の6匹を取り戻すことができた。
次鋒は水鏡VS戒(かい)。戒は自分を水鏡の姉の仇だと言った。戒は魔導具「氷魔閻(ひょうまえん)」を使う、水鏡と同じ氷紋剣の使い手であった。二人の師である巡狂座(めぐりきょうざ)は水鏡を金、戒を石と例え比較をし、戒は血のにじむような努力をして氷紋剣を会得した。勝ちに対する執念の強い戒に対し水鏡は押されてしまう。最後の一撃は水鏡が自らの血液を刃にした攻撃が戒の胸を貫くが、水鏡も出血多量のため倒れてしまう。先に立ち上がったのは戒であった。戒は勝利したが、「姉の仇は我らが師巡狂座」と言い残して転落死してしまう。
中堅は風子VS命(みこと)。能面を被った大柄な人物に見えた命は、人型魔導具「魅虚斗(みこと)」であり、本物の命は中に隠れていた。その姿は若い女性であったが、残忍、狡猾な性格であり、風子を騙してできた隙に魔導具「毒魔針」を風子に刺す。毒が回って身体の自由が利かなくなる風子だったが、風子もまた毒魔針を命に刺すことに成功する。焦った命は「解毒丸」を取り出し、風子はそれを奪って飲み込む。全快した風子は風魂を魅虚斗に投げつけて破壊し、命もリングに叩きつける。審判の猿奈が風子の勝利をコールしようとするも声が出ない。命が針を投げて猿奈の声を奪っていた。その隙に命は後ろから風子を攻撃、ダウンを奪ってしまう。命の勝利となった。
副将は薫VSジョーカー。ジョーカーは魔導具「帝釈廻天(たいしゃくかいてん)」を用いて重力変化を起こす実力者だった。薫は応戦するもいつもの調子が出ない。最澄を斬った相手を目の前にして怒りに心を支配されてしまっていた。次第に薫は押されていくが、そこに瀕死であるはずの最澄が現れる。最澄は「僕のためのつらい闘いはいいんだ」と表面上は元気な姿を見せる。励まされた薫は、いつものように強敵を前に無邪気に戦いを楽しむ様子を見せた。それを見てジョーカーも、最澄を斬った意味はなかったと悟る。ジョーカーは本気の薫と戦いたかっただけであった。薫は鋼金暗器を「普段と逆の変形」にして伍の型まで変形させることで「幻の六の型」を完成させる。ジョーカーの重力結界の効果も合わせて大ダメージを受けたジョーカーは降参。薫の勝利となった。
大将は烈火VS紅麗。火竜との戦いを終えた烈火は紅麗と因縁の戦いをすることになった。烈火は体術・炎の攻撃力ともにトップの紅麗からの熾烈な攻撃を受ける。さらに紅麗は紅に加え、新たに麗(鉄)の「磁生」も自らの炎として取り込んでいた。苦戦する烈火のもとへ再び謎のジジイが現れる。ジジイは紅麗を「天才炎術士」と呼び、「その天才を超える者を見てみたい」と、烈火のもとへ飛び込んで行く。謎のジジイの正体は七匹目の火竜「虚空(こくう)」であった。虚空はレーザービームのように炎を放出する高威力の火竜である。烈火は「崩」「虚空」を同時に出現させ、無数のレーザーを放出し、ドームを破壊した。瓦礫の下から現れた烈火と紅麗だったが、炎を出す力も残っていない二人は肉弾戦で互いの信念をぶつけ合う。紅麗の仮面は少しずつ剥がれていき、その素顔が露わになった。吹っ切れた二人の最後の一撃で烈火の勝利となった。

煉華の出現

決勝戦の直後、紅麗はボロボロの身体のまま崖上まで行き、自分の気持ちが楽になったと感じていた。しかしそこに何者かが現れ、背後から攻撃する。炎術士による炎の攻撃であった。相手の名前は煉華(れんげ)であり、傍にいたのは森光蘭であった。煉華は紅麗と紅の細胞を混ぜて作ったクローンであるという。森によると、裏武闘殺陣の本当の目的は紅麗暗殺にあった。森は火影最強魔導具「天堂地獄」を手に入れ、永遠の命を手にするという。その目的のため、脅威となる紅麗を消す。煉華は炎の矢を放ち紅麗へトドメを刺そうとするが、駆けつけた音遠が紅麗を庇い、二人で海へと落ちていった。

封印の地編

復活の紅麗

心身ともにボロボロになり錯乱する紅麗を癒す音遠。

裏武闘殺陣の決勝戦後、森光蘭と煉華に襲われた紅麗は音遠とともに海に飛び込み行方不明になっていたが、見知らぬ島に流れ着いていた。音遠は紅麗の看病をしており、紅麗が目を覚ますと「良かった」と涙を流した。紅麗は一連の出来事で心に深い傷を負っており、錯乱状態になるが、音遠は紅麗を抱きしめて「戦うことをやめましょう」と諭す。二人はキスをして紅麗もまた戦うことをやめることも一興かと考える。
ところが裏麗の鉞(まさかり)が追手として紅麗を見つけ、すでに満身創痍の紅麗を一方的に攻撃する。止めに入った音遠は鉞に殴られ、気絶。紅麗は「やはり私には平穏は似合わないらしい」と再び戦うことを決意、鉞を燃やしてしまった。
深夜の月乃邸に、再び仮面をつけた紅麗が現れる。「森光蘭はどこだ?」と言って、その日月乃邸にいた全ての人間を燃やしてしまう。紅麗の完全復活であった。

天堂地獄

烈火達はジョーカーの案内で天堂地獄の封印の地へ向かう。月の光を鍵として入口を開けた後ほどなくして3名のゾンビに遭遇。彼らは天堂地獄の呪いで不死となってしまったのであった。水鏡がゾンビを凍らせたことで苦しみを緩和してやり、烈火達は天堂地獄の破壊へと決意を新たにする。
先を進むと道が二手に分かれており、烈火・土門・柳の3人と水鏡・風子・薫の3人に分かれて進むこととなった。

牙王VS土門

烈火達3名は牙王(がおう)と遭遇。牙王から「土門とやらせろ」と指名が来る。牙王は石王の兄であり、石王が死ぬことになった原因を作った土門を恨んでいたのだった。魔導具「石棍(せきこん)」を使い石を扱う牙王のパワーに土門は苦戦する。牙王はチョコ中毒であり、チョコがないと禁断症状が出るような人間だった。戦闘中にチョコが切れそうになったが、柳の懐からチョコの匂いを察知。柳を襲ってチョコを奪うことを試みるも柳は自らチョコを食べてしまった。その隙に土門が石棍を奪い取り、石棍の核を破壊する。土門が勝利を収めた。

緋水VS風子

途中薫が川に流され風子と水鏡の2名になってしまった一行だったが、緋水の指名を受けた風子はそのまま緋水と戦い、水鏡は薫を探しに行くことになる。自由自在に伸びる魔導具「神慮伸刀(しんりょしんとう)」を使う緋水と風子は互角に戦う。緋水には自らの手で好きだった男ヒデキを殺してしまった過去があった。そのため緋水は心を殺してあえて戦いをゲームのように愉しむ素振りを見せていたが、風子は「お前は死に場所を求めているんだ」と否定する。「決着をつけよう。刺せたらあんたの勝ち、ダメなら私の勝ち」と風子は提案する。緋水は提案に乗り神慮伸刀を伸ばすが、風子は風神の力で宙へ跳び、緋水へ一撃を加える。これで風子の勝利が決まった。
敗北した緋水はヒデキの所へ行くと自殺を図るが、風子が殴って「自分から死んじゃう奴は馬鹿だ!」と止める。緋水はヒデキの最期の笑顔と風子の笑顔を重ね、号泣する。緋水は神慮伸刀の1本を風子に預け、風子と別れる。

神威VS薫

川に落ちて気を失っていた薫が目覚めると、目の前にいたのは神威であった。神威は薫を偏愛しておりストーカーのようであったが、「好きだから殺す」と襲い掛かる。神威は全身サイボーグであり、腕をガトリングガンに改造していたりレーザーを打って来たり熱感知センサーを持っていたりと、やりたい放題であった。薫は魔導具「灯(ともしび)」の埋め込まれている岩の陰に隠れ、熱感知センサーに紛れる。動揺した神威を薫がバラバラに斬り、薫の完勝となった。

木蓮&命VS水鏡

薫を探す水鏡は、一人蹲って泣く女性に遭遇する。女性はここまで迷い込んでしまったと話すが、突如水鏡を刺す。女性は麗の命であり、木蓮の恋人となってともに裏麗へと寝返っていた。水鏡は閻水で水傀儡を作っていたため無傷だったが、木蓮に拘束される。すかさず命が白髭(しらひげ)の中に入りで水鏡を攻撃するも水鏡は隙間を縫うようにしてギリギリを刺し、命は恐怖から戦意を失う。木蓮に対しても水鏡が難なく勝利を収めるが、物陰に隠れていた謎の人物によって水鏡は戦闘不能になってしまう。この人物が後に裏麗四死天として登場する葵であった。

烈火VS文丸

烈火・柳・土門の3名が道を進んでいくと「死に向かう男と女 助けるならどちらか」という貼り紙を見つける。本気にしない烈火達であったが、直後地面が割れてしまう。烈火が崖上から手を伸ばし3人が落下することを何とか免れたが、力尽きて落下してしまうのも時間の問題だった。そこに貼り紙の主が現れ、烈火に土門と柳のどちらを助けるか選択を迫る。烈火は「どっちも嫌だね!」と回答を拒否する。すると土門が先へ進めと自分の手を離し、柳を放り投げて助ける。崖下へ落下する土門だったが、咄嗟に鉄丸を発動し難を逃れたようだった。
貼り紙の主は次に「死に向かう父と姫君 助けるならどちらか」という紙を投げかける。部下が烈火の家にいる成男を拘束しているようだ。男は「文丸(ふみまる)」と名乗り姿を現した。迷う烈火に柳は「烈火くんのお父さんを助けてください」と前に出る。柳を止めようとする烈火だったが、魔導具「影縫(かげぬい)」の力のせいで動けない。絶体絶命かと思ったその時、成男を拘束していた男が何者かに攻撃される。成男を助けたのは陽炎だった。自分の父と主君を危険な目に遭わせようとした文丸に対し烈火は激怒して影縫を破り、火竜「刹那」「塁」で攻撃、勝利した。
その後陽炎から「紅麗は生きている、封印の地へ向かっている」という連絡を受ける。かつての強大な敵だったが兄である。烈火は少し嬉しそうな様子を見せた。

風子VS双角斎

風子は風子に一方的に好意を寄せるストーカー双角斎(そうかくさい)と遭遇、魔導具「魂吸いの壺(たますいのつぼ)」の能力によって壺の中に閉じ込められてしまう。そのとき、雷覇が現れ風子がその壺の中に閉じ込められていると確認すると、自ら壺の中に飛び込んでいった。壺の中で雷覇は風子と合流するも風子は表情のない状態であった。風子は出口を求めてさまよい歩き、風神の最後の小玉まで使ったが出口が見つからなくて絶望していたのだった。なんとか雷覇は風子を目覚めさせ、壺の内壁を探るといとも簡単に出口を見つける。雷覇はそのまま刀を壺に突き刺し、破壊する。命乞いをする双角斎を冷たい目で見下して殺害した。

土門VS鬼凛

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents