紳士同盟†(クロス)のネタバレ解説・考察まとめ

『紳士同盟†(しんしどうめいクロス)』とは、種村有菜による学園ラブコメディ漫画。2004年9月から2008年7月まで、集英社の少女漫画雑誌『りぼん』にて連載されていた。お金持ちのみが通える名門学園を舞台に、ヒロインである元ヤン少女と生徒会長である青年との複雑な恋模様を描く。単行本だけでなく、イラスト集や文庫版のコミックスも発売されている。単行本は全11巻、文庫版は全7巻となり巻末にはそれぞれ書き下ろし漫画やキャラクター設定資料などのお楽しみ要素がある。2004年にはドラマCD化もされている。

『紳士同盟†(しんしどうめいクロス)』の概要

『紳士同盟†(しんしどうめいクロス)』とは、主人公である乙宮灰音(おとみやはいね)と、彼女の初恋の人物である東宮閑雅(とうぐう しずまさ)との複雑な恋模様を主軸とした恋愛漫画である。選ばれしお金持ちのみが通うことを許される名門校、帝国学園を舞台に生徒会執行部や学園生徒との様々な心の交流が描かれる。種村有菜の作品内では、2番目に長く連載をされた作品である。作者の連載にあたってのこだわりとして、メインキャラクター全ての名字に「宮」(読みはみや/ぐう)が付いている。また、キャラクターの誰と誰が結ばれるか分からないフリースタイルな恋愛を描きたいという思いから、同性愛的な側面が描写されている場面もある。

『紳士同盟†(クロス)』のあらすじ・ストーリー

()内は収録のコミックス巻数を示している。

出会い~生徒会執行部役員就任(1巻)

東宮閑雅(左)の顔に口元を寄せる辻宮真栗(右)。

私立帝国学園。お金持ちの生徒ばかりが集う学園で、乙宮家具の養女である乙宮灰音(おとみやはいね)は、倒産寸前の家業を立て直す為に日々学園内での下働きのバイトに勤しんでいた。朝礼の僅かな合間に、帝国学園生徒会長にして皇帝と呼ばれる東宮閑雅(とうぐうしずまさ)の顔を見ては想いに耽る毎日。なんとかして初恋である彼の役に立ちお近付きになりたいと願う灰音。しかし、暴漢から閑雅を助けようとして自身の元ヤンとしての過去が露呈するなど中々上手くいかず思い悩む。そんなある日、彼女の元に生徒会メンバーである一ノ宮由貴(いちのみやよしたか)から「皇帝が誘拐された」との報せが届く。恋する相手の危機にいてもたっても居られなくなった灰音は単身捜索に乗り出す。そして下働き仲間である郵便屋から「皇帝はきっとワルツハーゲンにいる」とヒントを得た彼女。ワルツハーゲンとは幼い頃に見た絵本の中に出てくる森の名前であった。学園の森、というキーワードを頼りに捜索し無事皇帝の姿を発見する灰音。勇気を振り絞り挨拶を交わすも、当の閑雅は「悪いが全く覚えていない。」と仏頂面を向ける。結局誘拐自体は皇帝による狂言であることも判明。初恋の相手の態度が余りに変わり果てていたことも重なり、衝撃を受ける灰音。しかし「1人になりたかった」という彼の呟きを聞いて想いを巡らせる。皇帝である閑雅は学園中の人間から注目され、将来を嘱望される立場。そんな周囲の誰かの視線に振り回される日々に疲れるのであれば、いっそ自分だけを見てくれればいいと感じた灰音は、「私を好きになればいいのに」と力強く告げる。それはかつてヤンキーとして荒れていた自分に、閑雅が「独りでいないで」と優しい言葉をくれた過去を思い出しての事であった。しかしその場に他の生徒も合流。あわや灰音が周囲から誘拐犯と疑われかけるも、皇帝の巧みな作り話により事態は事なきを得る。それに加え、皇帝捜索を依頼した生徒会メンバー、一ノ宮由貴から灰音を用心棒兼庶務として推薦したいという提案が上がる。批判的な声もある中、最終的には学園保険医の成宮千里(なりみやせんり)の口添えのお陰で灰音の生徒会就任が決まる。これを機に閑雅にもう一度笑ってもらえる様に、と意気込む灰音。すると翌日登校した先で目にしたのは、キスでもしそうな距離で顔を近付ける閑雅と副会長の辻宮真栗(つじみやまぐり)の姿。「男の人が好きなんですか」と衝撃のままに尋ねる彼女に、閑雅はただ一言「そうだ」と答えるのであった。

外道とマルチメディア部(1巻)

養女に出された理由を思い悩んでいた灰音は、閑雅に優しい言葉を掛けられ涙する。

閑雅の恋人が男だったというショックから中々立ち直れずにいる灰音。しかしまおらからのプレゼントである生徒会オリジナルデザインの制服に身を包み、その心持ちを新たにする。一方学園の保健室では、灰音の親友である天宮潮(あまみやうしお)が男子生徒と密会をしていた。紫陽花の君と呼ばれ、学園中の男子生徒の注目を集める彼女に興味を引かれる千里。彼は、灰音の後を追って生徒会に入りたいならば、親に頼んで金を積めばいいと告げる。対する潮は軽蔑したような視線で「おまえ気に入らない」と吐き捨てるのだった。またその頃学内では、灰音が小学生の時に養女に出されたという噂が囁かれるようになっていた。それと時期を同じくし、学内の新聞記事や報道を扱うマルチメディア部の部室が何者かにより荒らされる事件が起こる。犯人は生徒会の反乱分子の「外道」であることが判明し、何か対策を講じるべきだと訴える灰音。しかし皇帝は厳重注意を言いつけるのみであった。更に調査を続けるうち、彼女は閑雅と「外道」がお金で闇取引をしている現場を目撃してしまう。やめるよう説得する声も皇帝には届かず、落ち込む灰音。しかし閑雅の行為が、自身のゴシップ記事を回収するためのものであったということを知る。彼の思いやりに気付けなかったことに後悔を募らせる灰音。次の学園行事の遠足で、皇帝に謝る決意を固めるのだった。結果使用人の十夜(とうや)の助力もあり、皇帝との和解には成功。閑雅は「ゲイだというのは女除けの為の嘘」と告白する。「だから男じゃなくてもよかったんだ」と、養女に出された理由を長く気に病んでいた彼女に優しく言葉を掛ける。真実を知り更なる想いを募らせた灰音は、女除けの為の偽彼女に立候補する。こうして念願叶い皇帝の恋人(プラチナ)という立場を手に入れた灰音は、喜びに表情を染めるのだった。

プラチナ任命~まおらの秘密(2巻)

屋上で親友の灰音へ想いを馳せる潮。

偽恋人に立候補し、48代目のプラチナの任に着くことが決まった灰音。プラチナは未来の東宮夫人という言葉に心は踊るものの、イベントのダンスパーティーに向けての体脂肪率を減らすなど課題は山積み。それに加えて、周囲の生徒の反応が急に自身をもてはやすようなものに変わったことにも戸惑う彼女。それはかつての友人、りーことツカサも例外ではなかった。灰音がプラチナになった途端傍に戻ってきた彼女達の都合のよさに機嫌を損ねた潮。りーこのお弁当に牛乳をなみなみに注ぎ、その場を後にしてしまう。「私には灰音だけいればいいの。灰音にも、私だけがいればいいんだ。」そう呟く彼女を背後からそっと見ていたのは、保険医の成宮千里だった。
一方その頃、灰音は生徒会の役員名簿をきっかけにまおらこと一ノ宮由貴が男性であることを知ってしまう。体脂肪率を教えたり着替えを見せたりしていたため、気まずさを感じまおらを避けてしまう灰音。近く体育祭で行われるパン食い競争で1位を取り、周囲に生徒の目が無くなった瞬間に謝ろうと決めるのだった。しかし勢い余り、コンプレックスである前歯の2本の差し歯が取れてしまう事態となる。灰音は差し歯が取れると制御不能の暴走生物に変身するという特異体質を持っていたのである。結果として、差し歯を上手く嵌めたまおらによって事態は収拾され、仲直りは成功する。

蘇る初恋の記憶(2~3巻)

灰音(左)に励ましの言葉を贈る閑雅(右)。

乙宮家の何気ない日常の風景。灰音はそれを眺めながら、自身がまだ香宮(かみや)家に居た頃の記憶を思い返す。厳格な父、和仁(かずひと)と優しい母の舞加(まいか)。灰音は幼い頃から家の跡継ぎにと重圧を掛けられ、父親の望む枠からはみ出ることのないようにと育った。そんな和仁が初めて手渡しでくれた誕生日プレゼント、『忘れられない魔女の歌』の絵本。東宮閑雅という少年によって描かれたそれは、すぐに灰音の宝物になった。そしてその後のパーティーで閑雅と出会う。 自身よりも大変な立場にありながらも、笑顔と優しさを絶やさない閑雅に彼女は恋に落ちる。しかし、優秀な閑雅にもっと近づけるようにと努力する矢先、灰音が養女となることが決まる。次第に乙宮家内での居心地の悪さを感じ、夜な夜な家を抜け出すようになる。そんな折、汚れ切った彼女を見つけ出したのはかつて憧れた東宮閑雅だった。閑雅は、彼女に様々な励ましと共に「僕は君を好きになる。約束だよ」という言葉を贈る。灰音はその頑張れば叶う約束を励みに、帝国学園への入学を決意するのだった。

告白と波乱の合宿の始まり(3巻)

ずっと会いたかったという感情を吐露する小牧(左)を優しく抱きとめる灰音(右)。

過去を思い返した灰音は、衝動のままに皇帝の自宅へと面会に向かう。彼女は閑雅に、入学して会いに行った時の姿が、まるで自分の父・和仁の様に厳格になっていて恐ろしかったのだと告げる。灰音はあの日空中庭園に居た閑雅こそ、絵本を描いた東宮閑雅であると信じ等身大の想いを告げる。「あなたがすきです」という言葉に揺り動かされた閑雅は、今までの非礼を謝罪。彼女をそっと抱きしめるのだった。そうして少しずつ灰音に心を揺り動かされていく影武者の閑雅。しかし「お前は僕だ」という本物の閑雅の言葉に複雑な面持ちで影としての覚悟を決める。
一方その頃学園では、文化祭会議をかねての合宿が行われようとしていた。海辺の宿舎を前に盛り上がる生徒会一行。そんな彼らの前に現れたのは中等部生徒会長の香宮小牧(かみやこまき)と、初等部の香宮橘(かみやたちばな)。灰音と血の繋がった姉弟である筈の2人だが、その態度はどこか刺々しい。あまつさえ自分が閑雅の婚約者であると名乗る小牧。真栗と灰音は2人の関係を妨害すべく即席のコンビを結成するのだった。しかしその後、橘との口論をきっかけに和解した小牧によって閑雅との婚約は嘘であったことが発覚。本当は灰音をずっと姉として慕っていたことや閑雅の婚約相手が灰音に内定していることが告げられる。一連の嘘は、姉がこれ以上香宮の家に利用されることがないようにと小牧が仕組んだことだった。

現れた真の皇帝/灰音プラチナ解任(4~5巻)

華やかなドレスで着飾り、皇帝の恋人としてダンスパーティに出席する灰音。

文化祭の1日目。中等部主催の告白大会などを中心に学内は大いなる盛り上がりを見せていた。周囲の恋愛ムードにあてられた小牧は、草芽(くさめ)へと予てからの想いを伝える。まおらも、閑雅への想いにけじめをつけ傷心中の真栗に告白を促すが上手く躱されてしまう。一方灰音の前には、影武者と入れ替わった本物の閑雅が現れる。その様子にどこか違和感を感じるものの、2人で学園行事のダンスパーティーに出席することになる。しかし周囲からのプラチナ、という呼び声に自身が偽恋人であることを思い知ってしまいその場から逃走する。追いかけて来た閑雅に慰められ、口付けまで交わし幸せを噛み締める灰音。しかし翌朝登校した彼女を待っていたのは、2人のキスシーンを特集する学園新聞と、それを見て怒りを顕にする閑雅だった。「昨日の事は全て忘れろ」と怒りのままに捲し立てる閑雅。「大切な思い出を忘れたくない」と抵抗する灰音だが、そのせいでプラチナを辞めさせられてしまう。互いのことを思い合うあまり悩む日々を送る2人。しかしある時、灰音が高熱を出して倒れてしまう。自身が手渡していたバイト代が乙宮家の為に1度も使用されていなかったという事実を知り、重なったショックで家を飛び出す灰音。そんな彼女を連れ出したのは、和仁からの命を受けた香宮家の使用人だった。そこで和仁から、実母である舞加が記憶を無くしているという衝撃の事実を聞かされる。

真実に揺れる灰音/まおら編(5~6巻)

互いのことをかけがえのない存在に想い始めていた2人は、偽恋人という事実を忘れ楽しいひとときを過ごす。

0srke7
0srke7
@0srke7

Related Articles関連記事

満月をさがして(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

満月をさがして(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『満月をさがして』とは、2002年から2004年まで種村有菜により『りぼん』に掲載されていた、ファンタジー漫画およびアニメ作品である。 喉の病気で余命わずかの少女満月が、死神タクトの力を借りて変身して歌手になるというストーリー。少女と死神の交流を描きながら生と死といったテーマも根底にあり、小中学生から大人まで幅広い人気を集めた。

Read Article

アダルトすぎて問題に!?種村有菜さんによる二次創作&同人誌について

アダルトすぎて問題に!?種村有菜さんによる二次創作&同人誌について

「神風怪盗ジャンヌ」、「満月をさがして」などの人気作を精力的に発表し、90年代以降の少女マンガを語る上で外せない存在である女性漫画家の種村有菜さん。作品はアニメ化もされ、多くのファンに支えられる彼女は、Twitterに他作品の二次創作イラストをアップしたり、さらにコミケに参加したりという活動をしていることでも知られています。しかしその作品がエッチな内容だったために問題に……!?

Read Article

アイドリッシュセブン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アイドリッシュセブン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アイドリッシュセブンとはバンダイナムコオンライン提供のスマートフォン向けアプリ、及びそれを原作にしたアニメ作品。 主人公は父の経営するアイドル事務所で、アイドルの卵たちのマネージャーを任される。7人のアイドルの卵たちは、個性豊かで性格もバラバラだった。 主人公と「IDOLiSH7」と名付けられた彼らが、華やかだが厳しくもある芸能界を通して、頂点を目指し成長していく物語である。

Read Article

アイドリッシュセブン(第15話『閉じられる扉』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第15話『閉じられる扉』)のあらすじと感想・考察まとめ

IDOLiSH7のメンバーは雑誌やネットのゴシップ記事に惑わされ、だんだんと疑心暗鬼になっていく。そんな中、環の妹を探す為の番組収録が行われた。妹が見つかったと喜ぶ環。しかし環の前に現れたのは妹ではなく、自分たちを捨てた父親であった。 今回は「アイドリッシュセブン」第15話『閉じられる扉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第4話『プロの覚悟』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第4話『プロの覚悟』)のあらすじと感想・考察まとめ

デビュー前に活動停止を言い渡されてしまったIDOLiSH7は、アイドルとしての自覚を促すため、TRIGGERのライブを観て刺激を受けることを決める。ライブ当日、会場へ向かうナギと環と大和はTRIGGERの九条天に遭遇する。その頃、陸は双子の兄に関する秘密を打ち明けようとしていた。 今回は「アイドリッシュセブン」第4話『プロの覚悟』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第8話『プリーズ、ミュージック』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第8話『プリーズ、ミュージック』)のあらすじと感想・考察まとめ

ミュージックフェスタ出演当日、IDOLiSH7は初めて自分たちに楽屋が用意されていることにはしゃいでいた。だが、生放送であるミュージックフェスタで失敗は許されない。そんな中、発作を起こしかけた陸に気を取られてしまい、一織が歌い出しを失敗してしまう。 今回は「アイドリッシュセブン」第8話『プリーズ、ミュージック』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第12話『5人と2人』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第12話『5人と2人』)のあらすじと感想・考察まとめ

正式にデビューすることが決まったIDOLiSH7。記者会見も行われ、7人の顔は晴れ晴れとしていた。IDOLiSH7の冠番組も始まることになり、アルバムツアーも上手くいっている。順調に見えたスタートだったが、IDOLiSH7とMEZZO"の仕事をこなす壮五はだんだんと顔色が悪くなっていくのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第12話『5人と2人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第5話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第5話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

TRIGGERのライブも終わり、IDOLiSH7はダンスも歌も解禁され、新曲発表のライブに向けて奮闘していた。そんな中、陸の様子がおかしいことに気付いた一織は彼を問い詰める。陸には何か秘密があるようだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第5話『秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第9話『大切な時間』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第9話『大切な時間』)のあらすじと感想・考察まとめ

壮五と環のユニット『MEZZO"』のデビューが決まった。そんな中、社長と万理はバーベキューに行こうと7人と紡を川辺に連れていく。それぞれに別れて、夕飯の準備をする7人と紡。社長には、バーベキューをするだけでなく、なにか思惑があるようだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第9話『大切な時間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第16話『ゼロ地点の決意』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第16話『ゼロ地点の決意』)のあらすじと感想・考察まとめ

社長にIDOLiSH7解散と告げられてしまった。7人はどうして新人賞にノミネートされたことを喜べないのか悩んでいた。偶然にも全員がゼロアリーナの近くにおり、陸は、天を見つける。陸は、久しぶりに天と話すのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第16話『ゼロ地点の決意』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第13話『失われたもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第13話『失われたもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

多忙の末に倒れてしまった壮五は、ストレス性の急性胃炎と診断された。壮五が倒れてしまったのは自分のせいだと環は言う。だが壮五は、環のせいではなく自分の父に関係があるのだ、と倒れてしまった理由を話し始めた。 今回は「アイドリッシュセブン」第13話『失われたもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第14話『あの歌をもう一度』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第14話『あの歌をもう一度』)のあらすじと感想・考察まとめ

サウンドシップ出演当日、陸はとても緊張していた。仲間たちに励まされ、陸はサウンドシップへの覚悟を決める。そんな中、急遽TRIGGERの出演が中止となり、IDOLiSH7はTRIGGERの代わりにトリを務めることになってしまったのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第14話『あの歌をもう一度』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第17話『making the dream』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第17話『making the dream』)のあらすじと感想・考察まとめ

新人賞を受賞したIDOLiSH7は年末に行われるブラホワに向けて意気込んでいた。紡も新人賞を受賞したことを夢みたいだと喜ぶ。そこへ、一通の電話がかかってくる。電話の相手は、ダグラス・ルートバンクというアメリカの人気ポップロック歌手だった。 今回は「アイドリッシュセブン」第17話『making the dream』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第2話『はじまりのステージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第2話『はじまりのステージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーディションを経て結成された「IDOLiSH7」。紡の企画によって、初ライブの会場は約3000人が入る野外大音楽堂に決まる。初ライブに向けて紡とメンバー全員で宣伝活動に取り組むが、当日集まった観客はたったの9人だった。 今回は「アイドリッシュセブン」第2話『はじまりのステージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第7話『ひとすじの光』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第7話『ひとすじの光』)のあらすじと感想・考察まとめ

先日ライブを行ったIDOLiSH7だったが、その中で活躍した壮五と環の人気が急上昇していた。そんな二人をグループから引き抜こうと、八乙女社長が二人に声をかける。八乙女社長は環がテレビに映りたい理由を知っており、それを知った壮五は驚くのであった。 今回は「アイドリッシュセブン」第7話『ひとすじの光』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第6話『雨の中の凱旋』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第6話『雨の中の凱旋』)のあらすじと感想・考察まとめ

野外大音楽堂でのライブに再チャレンジすることになったIDOLiSH7。チケットは完売し、当日のライブも順調に進んでいた。しかし徐々に天気が悪くなり、機材が故障してしまう。照明もなく真っ暗な中、彼らはプロとしてどうするべきかを考える。 今回は「アイドリッシュセブン」第6話『雨の中の凱旋』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第3話『それぞれの気持ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第3話『それぞれの気持ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

初ライブを終え、気持ちを新たに前へ進もうとする紡とIDOLiSH7。紡にマネージメント協力を申し出た一織は、グループとしての路線にも関わるセンターを決めるよう提案する。方向性が定まったIDOLiSH7だが、路上ライブ活動をこなしていく中で活動停止を言い渡されてしまう。 今回は「アイドリッシュセブン」第3話『それぞれの気持ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第10話『広がる世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第10話『広がる世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

IDOLiSH7はWeb番組を始めた。個性的な7人は、生放送中もそれぞれマイペースだった。そんな中、大和にドラマの出演オファーが来る。知名度を上げるチャンスだというのに、何故か大和はオファーを断ってしまうのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第10話『広がる世界』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第1話『shaking your heart』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第1話『shaking your heart』)のあらすじと感想・考察まとめ

父親が経営する「小鳥遊事務所」に入社した小鳥遊紡は、デビュー前のアイドルグループのマネージャーを担当することになる。紹介された和泉一織、二階堂大和、和泉三月、四葉環、逢坂壮五、六弥ナギ、七瀬陸の7人のうちデビューできる3人を選ぶオーディションが行われる。 今回は「アイドリッシュセブン」第1話『shaking your heart』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents