グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

『グッドライアー 偽りのゲーム』の概要

『グッドライアー 偽りのゲーム』とは、監督のビル・コンドンが手掛けた「大人の騙し合い」をモチーフにした作品である。彼は2006年「ドリームガールズ」でジェニファー・ハドソンにアカデミー助演女優賞をもたらす。2011年に「トワイライト・サーガ」シリーズの4作目「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」、同じく5作目2012年「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2」で、この世界的人気シリーズの最終章を完成させた。続いて、2017年「美女と野獣」の大ヒット後、2017年「グレイテスト・ショーマン」では脚本を担当し、「This Is Me」で第75回ゴールデングローブ最優秀主題歌賞を獲得。今作でインターネットの出会い系サイトを通して詐欺師ロイと知り合う、裕福な未亡人ベティを演じるのは、「クイーン」でアカデミー主演女優賞を獲得した英国女優ヘレン・ミレン。ロイを演じているイアン・マッケランもまた英国が誇る、舞台・映画で活躍してきた名優である。今作が意外にも初共演となる2人だが、そのことが逆に物語に真実味を与える要素となった。真面目で誠実な老婦人という仮面が、緻密な計画を秘めた「もう1人の詐欺師」としてのベティの側面を覆い隠している。長い間囚われ続けた忌まわしい自分の過去との決別を図るベティ。対するベテラン詐欺師ロイは、表向きは辣腕実業家という触れ込みで投資詐欺を仕掛け、大勢の人たちを陥れてきた、殺人をも辞さない冷酷な男であった。お互いに魅力を振りまきながら駆け引きを有利に進めようと目論む2人の騙し合いは、やがてベティにとって未解決の「ある事件」へと紡がれていくのだ。幾重にも絡み合った策略と罠の数々。シーンを追うごとに、それらがひとつの結末へと集約されていく様を目の当たりにした観客は、恐るべき謎解きの醍醐味をじっくり味わうことができるだろう。

『グッドライアー 偽りのゲーム』のあらすじ・ストーリー

ベティを誘いだすロイの目的と彼の正体

ロイ(左側)とベティ(右側)の初めてのデートは、素敵なレストランでのディナー。

ロンドン 2009年。
夫と死別して1年になる老婦人エステルは、インターネットの出会い系サイトで自分と同年代のブライアンと知り合う。2人は、ロンドンのお洒落なレストランでの初デートで、お互いの近況を語り合った。孫のスティーヴンが車で送って来てくれたとエステルが言うと、ブライアンは息子のロバートはオーストラリアに住んでいると教えてくれた。
そして、本当の名前は、ロイ・コートネイだと告白する。それを聞いたエステルは気が楽になり、自分の本名はベティ・マクリーシュだと告げる。

食事が終わり、帰っていくベティを見送ったロイは、すぐにタクシーを拾い繁華街で降りた。ストリップクラブの奥の個室では、ロイのビジネスパートナーのヴィンセント・ハロランが待っていた。今夜はここで2人の投資家に、ある特別な提案をする予定なのだ。店の奥の個室では、ロイのビジネスパートナーのヴィンセント・ハロランと2人の投資家が待っていた。実は、ロイの裏の顔はベテランの詐欺師だった。うま味のある投資話をカモに持ちかけて、相手の資産を奪ってきた常習犯だったのだ。

ロイは、合計100万ポンドを集める投資物件を提示。最近知り合ったロシア人の資産家が80万ポンドを受け持つ。残りの20万ポンドをロイ、ヴィンセント、投資家のブリン、ベニが用意する。1人5万ポンドである。2人の合意を取り付け、次の会合で詳細を話し合うことが決まった。

ロイは、投資話の会合用にレンタルしておいた部屋の飾りつけをしている。壁には大きな絵画を掛け、長いテーブルと椅子も用意してある。高額な物件を扱う投資家という印象を、交渉相手に与えるには十分であった。

ロイとベティの2回目のデートで映画を観た帰り道で、ロイの持病の膝通が出てしまう。心配するベティをロイは「大丈夫だ。すぐに治るから」と安心させた。

ロシア人ヴラドを交えての会合が始まった。カリブ海の物件のパンフレットが配られ、購入後には2倍の価格で転売されるという。それぞれの出資額はキーパッドで行われることをロイが説明し終わった段階で、ブリンがヴラドをからかう。怒ったヴラドは席を立ち、帰ってしまった。ロイはブリンに、ヴラドの信頼を取り戻す必要があると警告する。

ロイとベティの3回目のデート予定のレストランは閉まっていた。杖をつくロイを気づかったベティは、先ほど現金で購入したばかりの新車で、自宅へと向かう。

食事が終わってくつろいでいると、スティーヴンが帰ってきた。ベティは、ロイの膝が痛むので、家で食事することにしたと言い訳をする。そろそろ帰る潮時を感じたロイを、アパートまで送ることになった。ロイの部屋はアパートの最上階で、エレベーターがないことを知ったベティは、ロイを自宅に連れ戻す。

膝が治るまでベティの家にいることになったロイに、警戒心を剥き出しにするスティーヴンだが、ベティの熱意に負けロイを受け入れる。自分の部屋に入ったロイは、杖をベッドに放り投げた。膝の痛みは演技だったのだ。

翌日、入院している友人を見舞に行く口実を用意していたロイを、スティーヴンが病院まで車で送った。スティーヴンが走り去るのを見届けたロイは、病院の出口を出て川沿いを颯爽と歩きだす。向かった先は、あの会合場所だった。今日はヴラドとの2回目の話し合いが行われる。

前回の会合でヴラドを怒らせたブリンがお詫びとして、4人全員が当初の倍の1人10万ポンドを出資すると報告する。ロイがキーパッドに40万ポンドと打ち込む。次にヴラドが残りの60万ポンドの送金を終えた。取引成立である。ヴラドを抱擁したブリンがヴラドの背中に付けた盗聴器に気づき、揉みあいになる。

それが合図だったかのように警察のサイレンが鳴り響いた。窓の外を見たヴィンセントが「警察だ!」と叫ぶ。違法な取引を何らかの方法で警察に察知されたと思いこんだブリンとベニは、あわててビルから飛び出していった。
後に残ったロイ、ヴィンセント、ヴラドとその連れはグルだった。駆け付けた警官もロイの仲間である。

大口の投資話でブリンとベニを騙したロイは、キーパッドでカモになった2人が投資した先ほどの20万ポンドを即座に引き出した。これを仲間うちで分けるのだ。

ロイは、友人を見舞うことになっていた病院に急いで戻った。迎えに来てくれたスティーヴンの車で、再びベティの家へと帰っていく。夕食後にスティーヴンが、大学院の博士論文の取材でドイツに行くので、しばらく留守にするという。

翌朝、ベティの家から少し離れた所に迎えにきていたヴィンセントの車にロイが乗り込む。2人は、あの会合でロシア人に扮したヴラドから、陰謀に加担した報酬の上乗せを迫られていた。精肉店を経営するヴラドの店に、ロイの手下の3人が入り、店の奥にいたヴラドの左手を叩きつぶした。

ベティの資産横取り計画

ヴィンセントの車でベティの家に戻ってきた2人は、帰宅したベティを迎える。ヴィンセントはベティに、ロイの遺産管理をしている投資アドバイザーだと名乗る。

タイミングを見計らったかのように、ロイから衝撃の言葉が発せられた。自分の資産をベティに残したいというのだ。知り合ったばかりの自分に残すのはフェアではないと狼狽するベティ。ヴィンセントがさりげなくベティの経済状況を尋ねる。現在の貯蓄高や投資、自分名義のこの家のことなどを聞きだす。ベティの総資産は280万ポンドにもなる。ヴィンセントは投資次第で5年で倍になると請け負う。

だが、この投資を成功させるには維持費と税負担を軽減する必要がある。それには、ロイとの共同出資が最善だとベティを誘導する。突然の提案に不安になったベティは返事を保留する。ヴィンセントが帰っていくと、ロイはベティに愛情を感じているかのように振舞うが、ベティはロイとの関係の進展を拒否する。

翌朝ロイは、ヴィンセントと次の段階に進む計画を練り上げた。庭のテーブルで美容院から帰宅したベティとお茶を飲む。ヴィンセントは投資で儲ける「幸運の風」と呼ぶプレゼントをベティに用意していた。彼女に2万ポンドの小切手を渡したのだ。そこへやってきたスティーヴンが「これ以上ベティに近づくな」と声を荒げ、気まずい空気が流れた。

その夜のレストランでのディナーの席でロイはベティに、2万ポンドのうちの半分をスティーヴンに贈り、あとの半分をベティとの旅行に使うアイデアを持ち出す。ベティが夫のアラスデアと計画していた旅行を実行しようという。
ロイの優しさに癒されるベティ。

次の日、キッチンでロイの散髪をしていたベティは、彼の髪の毛をボウルに入れていく。その時、ベティが床に崩れ落ち、かかりつけ医が呼ばれた。脳卒中だった。発作の治療法は手術を受けることだが、ベティは断固否定する。

翌日、ベティはロイを連れて旅行用の買い物に繰り出す。立ち寄った靴店のウィンドーに映ったブリンの姿を見たロイは、危険を察知する。彼はベティと別れ、地下鉄に入っていく。ロイを尾行してきたブリンも階段を降りていった。
ホームの上に設置された防犯カメラを、持っていた傘で押し上げるロイ。ブリンがロイに近寄り「俺を騙したな」と悪態をつく。その時、電車がホームに入ってきた。ロイはブリンを突き飛ばして殺害した。

ベルリン旅行が意味するもの

ベルリンのナチの潜伏者を捕獲に来た翻訳者のハンス・タウブ(左側)と英陸軍ライン軍団中尉のロイ・コートネイ(右側)。

ベルリンに着き、ブランデンブルク門の前に立ったベティとロイに、スティーヴンが駆け寄る。邪魔者の登場に、ロイの顔にサッと影がよぎる。スティーヴンは、先日ベティの家での無礼な振る舞いを謝罪するために合流したという。
次の日。疲れてホテルに残ったロイを置いて、ベティは第二次世界大戦当時に住んでいた実家を訪れる。しばらくしてホテルに帰ってきたベティは、両手に怪我をしていた。

その夜、ディナー前にスティーヴンが、ロイとベティをある建物に案内する。階段を上がり、目的の部屋に入ったロイに、スティーヴンは意外な話を始めた。

「少し変わっただろ?以前あなたが来た時から。軍の記録を調べたよ、ロイ・コートネイ。ドーセットの牧師の父の元に生まれたひとり息子で、英陸軍ライン軍団中尉だったが、終戦の3年後にここで負傷した。ただし、この負傷には殺人が絡んでいる」と。

当時のベルリンは、米・仏・ソ連・英に分割された。コートネイ中尉は「Vセクション」に配属され、その本部がここだったと暴露する。話の道筋が見えてきたロイは、観念して説明を始めた。「違う。Vセクションの本部はベルリンじゃない。ロンドン直属の諜報課で、本部はハノーファー。ナチを狩り出すのが任務だ。ベルリンに潜伏者がいると情報が入った。その潜伏者はマルティン・ガイガー。ベルゲン・ベルゼン収容所の元管理者だ」。

ロイの本名はハンス・タウブだった。第二次世界大戦当時、ドイツ語通訳として連合軍と仕事をしていた。ハンスはガイガーを追跡していたロイ・コートネイと共に、この部屋に来たのだ。格闘の末、ガイガーに顔を撃たれたロイに成り代わったのがハンスだったのだ。

新しい身分を得たハンスは、英国人のロイ・コートネイとして翌朝の輸送機で英国に帰還し、今に至る。全てが明るみに出た今も、ロイを信頼するベティの気持ちは揺らがなかった。ベティの気持ちに気づいたスティーヴンは立ち去り、ロイとベティが部屋に残された。ベティはパリ行きを取りやめ、ロイと共にイギリスへ帰国した。

追い込まれたロイとヴィンセント

ベルリンでの想定外の出来事に危機感を募らせたロイとヴィンセントは、ベティの資産争奪を加速させる。ベティを再訪したヴィンセントは、ロイとベティの資産全額を合わせる同意の確認を行う。
土壇場で、自分の残高がゼロになってしまう不安にかられたベティを安心させるために、ロイが自分の全財産をキーパッドに打ち込んだ。

その金額を見たベティは、全財産の送金を完了。すぐにロイも送金を終え、契約は締結した。次は、2人がアクセスする6文字のパスワードが必要になる。ベティは、壁に掛かったユリの花の絵に目をやり、「lilies」という言葉をつぶやき、ロイを擬視する。ロイの視線が一瞬険しくなった。なにかを思い起こそうとするような表情だ。ベティが自分のパスワードを入力して設定が完了した。

2人は契約完了のお祝いにシャンペンを開けた。ロイは息子のロバートに会いにロンドンへ帰るという。バッグをキッチンのテーブルを乗せたロイは、隣の部屋に水のボトルを取りに行った。ベティの視線はロイのバッグに吸い寄せられていた。

自分の本当のアパートに帰り着いたロイは、高揚感に浸っていた。おもむろにバッグを開け、入れたはずのキーパッドがないことに気付く。口座を開設している銀行に電話をかけるが、新しいキーパッドを発送するには2日はかかると言われ、頭を抱える。

ベティの逆襲

2階に上がったハンス(左側)は英語のレッスンの開始を待っていたリリー(右側)に近づく。

慌ててベティの家に舞い戻ったロイは、静まりかえる家の中に足を踏み入れた。部屋の奥に進むと、家具は取り除かれ、ガランとした空間が広がっていた。床に置かれた電気スタンドの横には、椅子に座ったベティの姿があった。ベティの手にはキーパッドが握られている。ロイが何かを言うたびにキーパッドになにやら打ち込んでいく。

ベティは、ロイの息子のロバートなど存在していないことを認めさせ、ロイが自分のキーパッドを取りに戻ったことを白状させた。
なんとかこの場を切り抜けようと必死になるロイに、ベティは追い打ちをかける。全ての真相はずっと「そこ」にあったのにと、ロイの横を指さす。ロイがいぶかしげに壁に向き直ると、チェストの上にユリの絵画があった。「花か?リリーズ?」と口にしたロイは愕然とする。「リリーズ」という言葉の真の意味を悟ったロイが蒼白な顔で「リリー?」という名前を絞り出すと、異様なまでの光をたたえたベティの視線がロイを突き刺す。

ベティは真実を解き明かしていく。少女時代のベティ/リリーは、資産家の家に生まれた。毎週水曜日に訪ねてくる、ハンスというドイツ語の家庭教師に好意を抱いていた。レッスンの日に、ハンスが家にやってきたのを2階の自分の部屋から見ていたリリーの胸が高鳴る。

ハンスは1階の広間で踊るリリーの3人の姉を目にする。音楽に惹かれるように広間に入ると、ひとりの姉がハンスをダンスに誘う。その場の雰囲気に高揚したハンスは、彼女にキスをしようとして拒絶され、恥をかかされてしまう。

憤りを抱えたまま、レッスンのために2階に上がったハンスは、リリーを衝立の陰に連れ込み、乱暴を働く。その時階段を上がってきた母は、リリーの様子から何が起こったかを悟る。ハンスは家庭教師を解雇された腹いせで、リリーの父が戦争を利用して財産を作った「裏切り者」だと密告。父は絞首刑となり、財産は没収。母は自殺し、リリーを除く姉妹3人も空爆の犠牲になった。

自分の忌まわしい過去をロイに告げ、復讐への最後の仕上げにかかるベティ。ベルリン旅行でベティは、自分の実家の床からハンスの髪の毛が入った銀のロケットを取り出した。旅行に発つ前に切り取っておいたロイの髪の毛とのDNA照合はすでに済ませている。

ベティは、ロイがロンドンに帰ってすぐにロイとの共同口座から自分の投資した全額を引き出しておいた。しかも、それを手伝ったのはヴィンセントだった。彼はロイの正体がバレたことで、ベティに脅されたのだ。

ベティは、孫のマイケルのパートナーのスティーヴンと、今回の計画を立てたことを告げる。郊外に家を借り、孤独な老女ベティとなり、ロイをおびき寄せたことなど。ベティがロイに差し出したキーパッドには、10万ポンドが残されていた。

進退極まったロイは、ベティの情けにすがろうとする。それも効果がないと悟った彼は、ベティに襲いかかった。揉み合いの末に車のキーでロイを切りつけ、応援を呼ぶベティ。床に這いつくばるロイの前に2人の男が現れた。投資家のベニとヴラドだった。10万ポンドは2人のためにベティが残しておいたのだ。

ロイへの復讐が終わり、仮住まいだった家から去っていくベティ。ベニとヴラドに痛めつけられるロイの悲鳴が背中を追いかけて来るが、ベティは後ろを振り返りはしない

大怪我を負ったロイを病院に訪ねてきたヴィンセントは、変わり果てたロイの姿に愕然とする。車椅子に座るロイの歪んだ口もとに、水を飲むストローをあてがう。口からこぼれた水は、ダラダラとロイの胸元に流れ落ちていく。

ベティの本当の自宅では、彼女の家族と友人が集まってホームパーティーが開かれていた。家の中でお茶の支度をしているベティのそばには、スティーヴンがいる。庭の奥では孫娘たちが池で水遊びをしていた。長年くすぶり続けてきた苦悩が去り、愛する家族に囲まれたベティの顔は輝いていた。

『グッドライアー 偽りのゲーム』の登場人物・キャラクター

ベティ・マクリーシュ(演:ヘレン・ミレン)

吹き替え:一柳みる
1年前に夫に先立たれ、インターネットの出会い系サイトで交際相手を探している初老の裕福な未亡人。スティーヴンという博士課程を取っている孫が1人いて、ベティの家に時々泊りに来る。老紳士のロイと出会い、デートを重ねるうちに彼の優しさに触れ、膝に痛みを抱えるロイを自宅に置くようになる。心臓に持病を抱えていて、ロイの前で発作を起こしたことをきっかけに、ロイと彼の資産管理をするヴィンセントの進める投資を決意するようになる。

ヘレン・ミレン
1945年イギリス生まれ。ロシア人の父とイギリス人の母との間に生まれる。舞台女優として活動を始め、映画・テレビで活躍。1991年に始まったドラマ『第一容疑者』シリーズで演じたジェーン・テニスン役ではエミー賞を3回受賞し、彼女の当たり役となる。その後もテレビや映画でコスチュームプレイ・アクション・ミステリー・ファンタジーなど、ジャンルを問わない役柄で主役級の出演を続ける。2006年『クイーン』で第79回アカデミー主演女優賞を受賞するなどイギリスを代表する女優である。

ロイ・コートネイ/ハンス・タウブ(演:イアン・マッケラン)

吹き替え:真田五郎
インターネットの出会い系サイトの登録者で、騙しやすいと判断したベティをカモとみなし、彼女の全資産を奪う手段として、魅力的な投資を持ち掛けるベテラン詐欺師。詐欺の相棒のヴィンセントと組み、数々の悪事を重ねてきた。騙されたと知った投資家を手下に襲わせることや殺害することに対しても、良心の呵責を感じない根っからの悪党。同情を引くために痛くもない足を引きずる演技や、紳士らしい振る舞いでベティの信頼を得て、着々と投資詐欺計画を遂行していく。

イアン・マッケラン
1939年イギリス生まれ。若い頃から舞台で経験を積み、シェイクスピア劇への出演も多数。1980年代になると映画界への進出に成功し、次第に名優と言われるようになり、主要な映画賞の常連となる。2000年に『X-メン』のマグニートー役でマーベル作品に出演の機会を得る。その後、2001年『ロード・オブ・ザ・リング』で魔法使いのガンダルフ役で第74回アカデミー助演男優賞にノミネート。2001年~2003年『ロード・オブ・ザ・リング』三部作、2012年~2014年『ボビットシリーズ』にも出演するなど、ガンダルフ役として圧倒的な指示を得る。2006年『ダ・ヴンチ・コード』では、ロバート・ラングドン教授の旧友リー・ティーブング役で出演。主な出演作は、1995年メグ・ライアン共演『恋の闇 愛の光』、1995年『リチャード三世』、1998年ブラッド・レンフロ共演『ゴールデンボーイ』、2018年ケネス・ブラナー監督・主演『シェイクスピアの庭』、2019年『キャッツ』など。

1948年のロイ・コートネイ(演:フィル・ダンスター)

9mtm1969
9mtm1969
@9mtm1969

Related Articles関連記事

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ドリームガールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドリームガールズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドリームガールズ』とは、2006年にアメリカで製作されたミュージカル映画。ソウル/R&B系レコードのモータウン・レーベル所属の黒人女性グループ、ダイアナ・ロスとスプリームスをモデルに、実話を素に描かれたブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。アメリカにおける60年代から70年代の音楽シーンと華やかなショービジネス界を背景に、デトロイトで結成された黒人女性ボーカル・グループ『ザ・ドリームズ』のサクセス・ストーリーと、その裏にある確執・裏切り・挫折など、様々な人間ドラマを描く。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダ・ヴィンチ・コード』とはダン・ブラウンの小説を原作に、2006年に公開されたアメリカの映画。監督はロン・ハワードで、脚本は原作者のブラウンとアキヴァ・ゴールズマンである。2006年の映画興行収入は2番目に高いが、批評家からは酷評も目立つ話題作。大学教授のロバート・ラングドンは、友人でルーブル美術館館長のソニエールが死体で見つかったことから警察に呼び出される。ロバートが追っ手を避けながらソニエールの孫娘と一緒に、ダ・ヴィンチの絵画に秘められたキリストの謎に近付いていくミステリーサスペンス映画。

Read Article

目次 - Contents