息もできない(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『息もできない』とは、2008年公開の韓国のインディーズ映画。暴力や暴言を吐くことでしか自分を表現出来ない取り立て屋の男サンフンが、ある女子高生ヨニと出会う。最低最悪な出会い方をした2人だったが次第に心を通わせて行き、似たような過去やトラウマを抱えてきた2人の魂の解放を描く。怒りと憎しみで支配されたサンフンと、傷ついた心を隠し生きている負けん気の強いヨニ。それぞれの痛みを抱えた2人が不器用に惹かれ合って行くのだった。主人公ヤン・イクチュンが監督、脚本、編集を務めている。

『息もできない』の概要

『息もできない』とは、粗暴な借金取りの男と勝ち気な女子高生が出会い、トラウマからの解放を描いた2008年公開の韓国のインディーズ映画である。
父親への怒り、憎しみを抱えた暴力的な男キム・サンフンは、友人マンシクと共に取り立て屋として生活を送る。そんなある日、ひとりの女子高生ハン・ヨニと出会う。始めは衝突を繰り返す2人だったが、同じ傷ついた心を持ち合わせていた2人が心を通わせ合うのに、時間はかからなかった。サンフンは子供の頃、父親の母親への暴力を止めようとした妹が、父親に刺され殺されている。ヨニもまた、ベトナム戦争帰還後、不安定な精神状態の父親に日々罵られ、すでに亡くなっている母親を探しに行けと連日怒鳴られる日々を過ごす。
お互いの事情を口にすることはないサンフンとヨニだったが、不器用に惹かれ合い、お互いを必要とするようになる。しかし、かつては暴力に怯え、今は暴力の世界で生きるサンフンの「暴力の連鎖」が、2人にとってあまりにも悲しい因縁となってしまうのだった。

作品全体を覆う、息もつかせぬ2人の痛みと叫び。共に過去のトラウマと向き合い、魂と魂がぶつかり合ったときそれが浄化されて行く。
主人公キム・サンフンを演じたヤン・イクチュンはこの映画の製作、監督、脚本、編集、主演、5役を務め、製作資金の為に自身の持ち家を売ったという渾身の長編デビュー作。女子高生ハン・ヨニを2002年「嫉妬は私の力」でデビューを果たしたキム・コッピが演じ、新人女優賞を受賞した。
世界の映画祭、映画賞で25を超える賞に輝き、インディーズとしては異例の記録を叩き出した。2009年に開催された第10回東京フィルメックスでは史上初の最優秀作品賞と観客賞をダブル受賞し、日本の映画ファンに強烈なインパクトを与えた。本作は、2010年に日本公開となる。

受賞歴

2009年
第38回ロッテルダム国際映画祭:タイガー・アワード(グランプリ)
ドーヴィル・アジア映画祭:ゴールデン・ロータス賞(グランプリ)
ドーヴィル・アジア映画祭:国際批評家賞
第11回バルセロナ・アジア映画祭:ゴールデン・ドリアン賞(グランプリ)
ラス・パルマス国際映画祭:主演男優賞(ヤン・イクチュン)
ラス・パルマス国際映画祭:主演女優賞(キム・コッピ)
ウラジオストク国際映画祭:グランプリ
ウラジオストク国際映画祭:最優秀女優賞(キム・コッピ)
ファンタジア国際映画祭:作品賞
ファンタジア国際映画祭:最優秀男優賞
フリブール国際映画祭:エクスチェンジ賞
ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭:カトリック映画賞
ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭:観客賞
シンガポール国際映画祭:最優秀男優演技賞(ヤン・イクチュン)
ニューヨーク・アジア映画祭:新人監督賞(ヤン・イクチュン)
台北映画祭:スペシャル・メンション賞
カルロヴィヴァリ国際映画祭:NETPAC賞(アジア映画賞)
テキサス=オースティン・ファンタスティック映画祭:観客特別賞
テキサス=オースティン・ファンタスティック映画祭:ニュー・ウェイヴ部門 最優秀監督賞(ヤン・イクチュン)
アジア太平洋映画賞:男優特別賞(ヤン・イクチュン)
第46回大鐘賞:新人女優賞(キム・コッピ)
第30回青龍映画賞:新人男優賞(ヤン・イクチュン)
第30回青龍映画賞:新人女優賞(キム・コッピ)
韓国映画評論家協会賞:国際批評家連盟韓国本部賞
第10回東京フィルメックス:最優秀作品賞
第10回東京フィルメックス:観客賞

2010年
2010年キネマ旬報ベスト・テン:外国映画ベスト・テン第1位
2010年キネマ旬報ベスト・テン:外国映画監督賞(ヤン・イクチュン)

『息もできない』のあらすじ・ストーリー

暴力の世界で生きるサンフン

道端で喧嘩をするカップル。男は女の髪を掴みながら殴り、女は引きずられ倒れ込む。そこに1人の男がやって来て、男の方を殴り、蹴り飛ばす。そして倒れていた女の方に向き合い言い放つ。「お前、殴られてばかりでいいのかよ?」。

主人公サンフンは、友人マンシクと共に借金の取り立て等をしている。この日はマンシクが受けた仕事の依頼で、大学内の紛争の鎮圧に駆り出されていた。プラカードを持つ学生らにサンフン達がバッドを持って乗り込む。サンフンは暴れまわり、誰彼構わず殴りつける。拡声器を持ったサンフンは、「さっさと帰って寝やがれクソッタレ」と叫んだ。

事務所に戻ったサンフン達。社長でもあるマンシクが、「いい仕事をしてくれた」と言いそれぞれに給料を渡し帰す。そして1人残ったサンフンに「ご苦労だった」と言い、マンシクは給料を渡した。マンシクは、「それはそうと、これだけは頼みたい。現場で果敢なのはいいが敵と味方の区別は付けろ。あいつらは哀れな奴らだ。仕事だからいやいや暴れてるのに。味方に殴られたら頭に来るだろ?」と言った。サンフンはまともに話を聞いておらず、先程渡された給料の入った封筒を見ながら「俺のはラブレターかよ?なんでこんなに薄いんだ?答えやがれクソ野郎(씨발놈아/シバラマ)」と文句を言う。「文句垂れる前に中身を確かめろ。お前の悪い癖だ。よく考えてから行動しろ」とマンシクが注意をした。中身を見るサンフン。封筒の中身は小切手だった。マンシクは、「それから、いくら友達でも俺は4歳上だぞ。若い奴らの前で兄貴と呼んだらバチでも当たるのか?」と呆れたようにサンフンに忠告するが、サンフンはマンシクの苦言には反応せず「小切手は頼んでねえよ」と給料に対しての不満を口にした。

駄菓子屋の前で誰かを待っているサンフン

駄菓子屋の外でタバコを吸うサンフン。ポケットにしまった小切手を取り出し眺めている。誰かを待っている様子だ。しばらくすると反対側から小さない男の子が駄菓子屋に向かって歩いてきた。
男の子の名はヒョンインといい、サンフンの甥である。サンフンは小切手を差し出すが、ヒョンインは受け取らない。「おいこのガキ。これは飴の缶を10個は買える金なんだ。話の分かんねえガキだな。受け取れ。受け取らねえとボコボコにするぞ」と、半ば強引にサンフンはヒョンインに渡す。渋々受け取るヒョンインに、「俺が渡したら黙って受け取れ。分かったか?バイバイは?」とヒョンインに言った。
手を振るヒョンイン。サンフンはその場から去って行った。
小切手を不思議そうに眺めるヒョンインの元に、突然ヒョンインの母親がやって来て背後からヒョンインを驚かす。ヒョンインの手にある小切手に気付いた母親は、「誰からもらったの?」とヒョンインに聞く。ヒョンインは「叔父ちゃん」と答えた。

ヨニとの出会い

道端で出会ったサンフン(画像左)とヨニ(画像右)

ヒョンインと別れ帰り道の途中で唾を吐くサンフン。その吐いた唾が、通りかかったヨニの制服にかかってしまう。無視して歩き続けるサンフンに、「ちょっと。どうにかしてよ」とヨニが呼びかける。近寄るサンフンにヨニは平手打ちをし、それに激怒したサンフンはヨニを殴りつけ気絶させる。

気を失ったヨニが目を覚ますと、そばにサンフンが座っていた。ヨニの意識が戻るまで付き添っていたサンフンが、「生きてたのか。ガキが大人に逆らったらぶっ殺されると思え。俺が拭いといた」と制服を指した。何も言わず厳しい目つきでじっとサンフンを見るヨニ。サンフンが「早く帰ってメシでも」と話している途中で、ヨニがサンフンの顔に唾をかける。睨み合う2人だったが、サンフンがヨニを起こし、「家に帰って早く勉強しろ。痛けりゃ治療費を」と言い去って行くのをヨニが呼び止め、「今治療費を払って」と言った。

殴られた頬を冷やすヨニ(画像左)とサンフン(画像右)

サンフンが買ってきたビールで頬を冷やすヨニに、「飲まないのか?」とサンフンが聞く。「イカれた奴。こうなったのはあんたのせいよ」とヨニが答える。2人は言いたいことだけを言い合っているようで、会話が成立しない。ヨニが咎めるような視線をサンフンに投げ付けると「こいつガキのくせに口の悪い奴だ。何見てんだよ。人相占いか?」と悪態をつくサンフン。ヨニはビールしか渡さないサンフンに「治療費が少なすぎる。連絡先教えて」と言った。サンフンは呆れたように「まるで女のヤクザだな。学校でもその調子か?何年生だ?」と聞き、「3年生よ。文句ある?あんたは学校出てんの?バカな野郎」とヨニが答えた。そして帰り際、「連絡返さなかったら暴行罪で通報する。今どきポケベルって何よ原始人じゃあるまいし」とヨニが言い放つと「大人に礼も言わねえのか。ビールもらったろ?」とサンフンが反撃する。ビールを治療費としているサンフンにヨニは呆れ、「バカみたい」と吐き捨てるのだった。

サンフンの過去

事務所にいるサンフン。マンシクから「頼むから若い奴らを殴らないでくれ」と再三注意をされていた。「7人もお前に殴られた。俺とお前を入れて9人で仕事してるんだ。1人でも抜けたら仕事がこなせないだろ?だから絶対に若い奴らを痛めつけるな。頼むよ」とマンシクはサンフンに話す。うんざりした様子で「分かったクソ野郎」と悪態をつくサンフン。マンシクは話を変え、「親父さんは出所したか?」とサンフンに聞いた。「したさ。1ヶ月前に。思い出させてくれてありがとよ」と答えるサンフン。サンフンの父親は殺人罪で刑務所に15年収容されていた。「親父さんに小遣いやれよ」と言うマンシクに「てめえがやれよ」と中指を立て事務所を出るサンフンを心配そうに見送るマンシクだった。

事務所を出て父親の家に向かい、暴れ回るサンフン。父親の呻き声が外まで漏れ聞こえていた。サンフンは家の中で父親に暴力を振るっていたようだった。
翌朝自宅で目覚めたサンフンは飲みかけのペットボトルに手を伸ばし、傷だらけの拳に気付く。昨夜父親を殴りつけた際に出来た傷のようだった。サンフンは鳴り続けているポケベルの画面を確認してそのまま床に放り投げた。

駄菓子屋の前に居るサンフン。ヒョンインがやって来るのを見つけると捕まえてプロレス技をかけるなどしてちょっかいを出すが楽しそうじゃないヒョンイン。その様子を見て「シケた顔してやがるこの野郎」とサンフンが言った。そして、「ママに渡せ。誰からと聞かれたら…」とサンフンが封筒を渡そうとしたら、ヒョンインが母親を見つけ、「ママ」と言って走って行った。何も言わず立ち去ろうとするサンフンを呼び止めるヒョンインの母親。「サンフン。ヒョンインとご飯食べて行って」と言った。それには何も答えずヒョンインに封筒を渡すサンフン。ヒョンインの母親は、「これは返すわ。姉さんも働いてるから…」とヒョンインの手に渡った封筒を見てサンフンに言う。すると「誰が姉さんだ。俺の母親を知らねえだろ」とサンフンは怒鳴り再び歩き始める。

再会する2人(画像左サンフン・画像右ヨニ)

しばらく歩いていると、後ろからヨニに話しかけられる。「奥さん?ヤクザにも家族がいるのね」とからかうように言うヨニに、機嫌の悪いサンフンは「とっとと失せろ」と答える。ヨニは構わず、「なんで連絡返さないの?マジで通報するよ」と言うが、「クソアマ。失せろと言ったろ」と怒鳴りつけるサンフンだった。
そこで、近くにいた警察官に呼び止められる。一瞬焦りを見せたヨニが「話してるだけです」と平然を装いながら答えたが、サンフンは突然警察官に飛びかかり激しい暴行を加える。驚いたヨニは「やめてよ」と叫んだ。

「やめて。やめないとママが死んじゃうよ」。
幼い頃のサンフンの記憶が蘇る。父親が母親に暴力を振るっていたのだ。「ママが死んじゃう。パパやめて」とサンフンの妹が泣いている。「お兄ちゃんパパを止めて。ママを助けて」と泣きながらサンフンに訴えている。体操座りをして動かない子供の頃のサンフン。痺れを切らし両親の元へ走る妹にサンフンは「ほっとけ」と叫んだ。しかし、引き出しから包丁を取り出す父親を見て驚愕し立ち上がるサンフン。母親の叫び声を聞き急いで駆けつけると、お腹から血を流し倒れている妹を見つける。父親が刺したのだった。妹を背負い病院へと走るサンフン。処置を終えた医者はサンフンに、「着いた頃には息がなかった」と話す。母親は夫が娘を刺したことで錯乱状態になり、外に飛び出し車に惹かれ死んでしまう。

逃げたサンフンとヨニは、公園の塀に腰掛ける。「ねえ。人を殴ってよく眠れるわね。殺したことあるでしょ?」とヨニがサンフンに聞く。「黙りやがれ」と答えるサンフン。「連絡返さなかった罰と逃げ場所を提供したお礼におごってちょうだい。分かった?ついてきな」と言って颯爽と歩き出すヨニ。「イカれた女だな」と言ってたばこを吸い立ち上がろうとしないサンフンを無理やり引っ張り連れて行くヨニだった。

商品を物色するヨニ(画像左)とサンフン(画像右)

人で賑わう商店街に行く2人。不機嫌そうにしながらも、店の物を物色したりヨニに付き合わされ歩き回るサンフンだった。ヨニがアメリカンドッグを食べながらサンフンと帰る途中、ふいにサンフンが何かを目にし足を止めた。不思議そうにサンフンを見るヨニ。サンフンは後ろを振り返り歩いて行った。サンフンが見ていた視線の先には、ヒョンインの母親がいた。

家に着いたヨニは弟のヨンジェに、「何時だと思ってんだ。晩飯の支度もまだかよ。ジジィがうるせえんだ」と苛立たしげに言われる。「買い物に行ってた」と言うヨニにヨンジェは「1万ウォンくれ」と言った。「朝2万ウォンあげたでしょ?」とヨニが答える。「そんなはした金中華の出前で使っちまった」と全く悪びれないヨンジェ。ヨニは「一昨日も5万ウォン盗んだよね」と問い詰める。「財布が落ちてたから使っていいと思った。あれはお前の金か?自分の金みたいに言いやがって」とヨンジェが反発する。ヨニが「あんたのお金?そのお金で家事をして、買い物、炊事、洗濯、掃除、お父さんの世話もしなさいよ」と話すが、「黙れ。俺を怒らせる前に金を出せ」とヨンジェは傲慢に振る舞う。何も言わず睨み返すヨニだった。

食事を用意したヨニ(画像左)に、毒を入れたと騒ぎ出す父親(画像右)

父親にご飯を出すヨニ。「娘がご飯の支度してくれたな。お前の母さんは男に会うのに夢中だが、俺の娘は親孝行だ」と父親はうれしそうに笑い、2人で食事をする。すると父親が、「俺の通帳見なかったか?引き出しのもタンスにもない。母さんが盗んだのかも。ベトナムで戦って稼いだ金を母さんが使ったんだろ?」と話し始める。「通帳はお父さんが私に預けたでしょ?管理してるから心配しないで」とヨニが答えると、「そうか。じゃあしっかり預かっててくれ」と父親は納得した様子だった。しかし食べ始めた途端、口にしたものを吐き出し突然剣幕になり、「これは何だ。お前猫いらずを入れたろ?父親を殺そうとしたな。俺を役立たずだと思って殺すために猫いらずを入れた」と怒り出した。猫いらずとは、殺鼠剤で農薬の一種である。ヨニは、「何も入れてないわ。今作ったばかりよ。殺すわけないでしょ。黙って早く食べて」と反撃する。しかし、「猫いらずを食って早く死ねって?男の前で股を開きやがって。お前も母親と同じだ。早く母親を探してこい」と父親が怒鳴る。「お母さんがどこにいるっていうの?死んだこと忘れたの?」とヨニは辟易した様子で答えた。すると父親は錯乱し、「お前の母親を早く呼んできやがれ」と叫び食卓をひっくり返した。ヨニの父親はベトナム戦争帰還後精神的に不安定な状態になってしまい、1日中テレビを見て過ごし、妻は死んだのではなく他の男の所へ行っているなど頻繁に妄言を口にするようになっていたのだった。

借金取りのサンフン

債務者の家にいるサンフン(画像左)とファンギュ(画像右)

4nmaaari
4nmaaari
@4nmaaari

目次 - Contents