SOMI(チョン・ソミ)の徹底解説まとめ

SOMI(チョン・ソミ)とは、I.O.I(アイオーアイ)のメンバーとしてデビューし、現在はソロで活躍しているカナダ出身の韓国の歌手だ。2016年1月にオーディション番組「PRODUCE101」に出演し、そこで最終ランキング1位で合格し、アイドルグループI.O.Iのメンバーとしてデビューした。その後グループは解散し、初のデジタルシングル『BIRTHDAY』をリリースしソロデビューした。その後2枚目の『What You Waiting For』をリリースし、音楽番組で初のランキング1位を獲得した。

I.O.Iは期間限定で活動するグループだったため、2017年1月31日に解散した。

エリック・ナムとのデュエット曲「You, Who?」を発売

「You, Who?」ジャケット写真

解散後の2017年3月9日にアメリカ出身の韓国歌手エリック・ナムとのデュエット曲「You, Who?」を発売した。

「Unnies(オンニス) 」でシングル『Right?』を発売する

Unniesのメンバーたち

5月12日には韓国のバラエティ番組「お姉さんたちのスラムダンク2」で結成した「Unnies(オンニス) 」でシングル『Right?』を発売する

初のソロデジタルシングル『BIRTHDAY』を発売

「BIRTHDAY」のMVの写真

2019年6月13日にデジタルシングル『BIRTHDAY』をリリースしソロデビューを果たす。「BIRTHDAY」は発売と同時にBugs、Soribadaなどの音楽配信サイトのリアルタイムランキングで1位を獲得し、Melon、Mnet、Genie、Olleh Musicなど主要音楽配信サイトでも1位を席巻した。また、ミュージックビデオも16日基準で再生回数1100万回を突破した。

2枚目のデジタルシングル『What You Waiting For』をリリース

『What You Waiting For』のカバーイメージ

2020年7月22日には2枚目のデジタルシングルとなる『What You Waiting For』をリリースした。発売当日に、全世界9地域でiTunesのK-POPチャート5位内にランクインするのはもちろん、ミュージックビデオの再生回数は公開から2日にして再生回数1000万回を突破、音楽番組1位という記録まで達成した。また、音楽番組「M COUNTDOWN」の人気ランキングにてデビュー後初の1位を獲得した。

SOMI(チョン・ソミ)のプロフィール・人物像

SOMIは、2001年3月9日生まれで父親がオランダ系カナダ人、母親が韓国人のハーフだ。カナダオンタリオ州で生まれ、生後6か月で韓国に移住。テコンドーを8年間習い、武道家としての礼儀作法や精神を身につけた。現在ではテコンドー3段を持つほどの実力者となっている。インターナショナルスクール入学後、テコンドー師範でもある父の勧めでテコンドー部のある小学校に転校した過去がある。明るい性格でビタソムというニックネームがついている。ビタミンとソミを合わせた造語だ。そんな性格と裏腹にかなり怖がりな一面もある。明るい性格から芸能界での友達もでき、ガールズグループのGFRIENDのウンジと、ガールズグループのCLCのウンビ、ガールズグループTWICEのチェヨンとも仲良しで、ボーイズグループのAB6IXのイデフィとは親友だ。また、ガールズグループ2NE1の大ファンでロールモデルは2NE1のミンジだ。

SOMI(チョン・ソミ)のディスコグラフィー

BIRTHDAY

収録曲
1. Outta My Head
2. BIRTHDAY

1曲目の「Outta My Head」は、SOMI自身が作詞・作曲した曲だ。恋に戸惑っている気持ちを表した「君の頭の中に私はいるかな」というような切ない歌詞が印象的だ。そして、デビューシングルタイトル曲となった2曲目「BIRTHDAY」は自分のやり方を人の目を気にしないで突き通すという強い意志を示した曲だ。毎日を自分の「誕生日」のように特別な日として過ごして毎日生まれ変わるという進化をイメージとしている。「前の私を探さないで もういないから 自分勝手と言われてもしょうがない 毎日生まれ変わるような気分」という歌詞からも他人の目を気にせずに進化していくというメッセージが伝わってくる。

What You Waiting For

収録曲
1. What You Waiting For

ヒットメーカーでTHE BLACK LABELの代表プロデューサーであるTEDDYとSOMIが一緒に手掛けた一曲だ。愛を待つ女性の心境を表現した曲となっている。「目の前にいるのになぜ目が合わないの もう素直に言ってよ」という歌詞からも待たされてじれったくなっている様子がうかがえる。歌詞は感情的であるが、メロディーは清涼感あふれるメロディーなので聞きやすい。

SOMI(チョン・ソミ)の代表曲

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents