虎と狼(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『虎と狼』とは2009年から2012年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載した青春ストーリーである。「ひまわり食堂」を切り盛りするヒロイン鳥沢美以(とりさわ みい)と、客としてやってきた男2人、大上謙(オオカミ)と千谷虎次(トラ)の3人が織りなす青春ストーリーである。冷酷なオオカミと優しいトラは対照的な二人であるが、美以の人生に様々な影響を及ぼし彼女を成長させてゆく。

『虎と狼』の概要

『虎と狼』とは2009年から2012年の3年間神尾葉子が『別冊マーガレット』で連載した青春ストーリーである。神尾葉子は、1992年からマーガレットで連載した大ヒット漫画『花より男子』の作者である。神尾の作品には、自分の意志をしっかり持つ溌剌としたヒロインがいることが特徴である。前述した『花より男子』のドラマ・映画化、アジア圏への進出を皮切りに神尾の作品は世間に多く知られるようになった。その後、女性がターゲットである『別冊マーガレット』だけでなく、男性をターゲット層とした『ジャンプスクエア』で『まつりスペシャル』を連載。2009年の『まつりスペシャル』の連載終了後、神尾はもう一度少女漫画の舞台に帰ってきた。その再スタートとなった作品がこの『虎と狼』である。
2010年に『虎と狼』第1巻が発売されたことを記念して、東京・神保町でサイン会が行われた。またこの作品は2013年モーションコミック版でも動画配信されており、トラの声優はアニメ『鬼滅の刃』で有名となった花江夏樹が演じている。現在ではモーションコミック版は配信終了されている。しかし、『花より男子アプリ』をダウンロードすると、スマートフォンやタブレットで毎日1話ずつ『虎と狼』を読むことが可能である。

BL小説をこよなく愛する女子高生・鳥沢美以(とりさわ みい)は、祖母と共に「ひまわり食堂」を経営している。家庭の味が売りの「ひまわり食堂」は、いわゆる昔ながらの食堂である。現代社会においても「ひまわり食堂」のような昔ながらの定食を出す店が少なくなってきており、大手フードコートチェーン店が食品市場を独占する。このストーリーは現代と作品がリンクするところでもある。現実問題、商店街での飲食店は立ち退きを迫られシャッターを閉めざるを得ない店も少なくない。
美以の店も細々とやっているが味は一流である。そこに客として上がり込んできたのが大上謙(おおかみ けん)(通称:オオカミ)と千谷虎次(せんごく とらじ)(通称:トラ)であった。冷静沈着で冷たいが優しいところもあるオオカミと、人から好かれやすいが愛する気持ちを知らないトラ。2人ともかなりの美形で、お互いのことを「トラ、オオカミ」と呼び合う美形男子2人組にBL好きの美以はたまらない。料理で2人の胃袋をつかんだ美以。就職が決まり離ればなれになると思っていた矢先トラとオオカミが美以の学校の教師として赴任することになる。3人は多くの時間を一緒に過ごしていく。美以のトラに対する恋愛、今までひとりぼっちだった彼女が本当の友達を見つけるなど、「食堂×学園」という設定で美以、トラとオオカミ3人の青春群像劇が丁寧に描かれている。「ひまわり食堂」の料理のメニューも具体的、繊細に描かれており神尾の写実性の高さが見られる漫画でもある。

『虎と狼』のあらすじ・ストーリー

美以、トラとオオカミとの出会い

BL作品をこよなく愛する女子高生の鳥沢美以は、祖母が営む「ひまわり食堂」を手伝っている。寒さの厳しいある夜のこと、美形男子2人組が突然店に押しかけてくる。

第1話にて「オオカミ/大上謙」(真ん中の黒髪の男)と「トラ/千谷虎次」(右の目を瞑っている男)が、ひまわり食堂に突然やってくるシーン。2コマ目で、美以(左下の女の子)は突然やっきた美形男子たちに驚いている場面。

このおんぶされているのが「トラ/千谷虎次」で、空腹のために意識が朦朧としている。おぶってきた「オオカミ/大上謙」は「なんでもいいから食い物を出せ」と美以に注文する。イケメンな2人に浮かれていた美以は、2人をじっと見つめていたのでオオカミから「おい、ここはなんの店だ?客をジロジロ見る店か?」と怒られる。オオカミのキツい言い方に我に返った美以は、「なんでもいい、5人前くらい作ってくれ」と言い放ったオオカミの注文に急いで対応する。

カニクリームコロッケ、生姜焼き、野菜炒めなどを美以とおばあちゃんで一緒に作ってトラ(左)とオオカミ(右)の前に出した。

意識を失っていたトラはオオカミに起こしてもらい、料理を食べさせてもらう。オオカミが、トラの口に料理を運ぶ姿を見た美以は、元来のBL愛が発動し興奮する。料理を口にしたトラは「すごいうまい…こんなん食ったことない」と目を輝かせて絶賛する。一方のオオカミはお腹が鳴っているにも関わらず、料理に手をつけようとしない。「ビールをくれ。20歳なら超えている」と美以を睨みながら冷たく言い放つオオカミ。トラに「美味しいからオオカミも食べなよ」と勧められるオオカミだが、「いらね、お前が腹へってなきゃこんなとここねーし」とひまわり食堂を侮辱する。美以のトラへの印象はとてもよかったが、オオカミの印象は最悪だった。

学校帰りに、偶然トラ(中央)と遭遇する美以(右)。「トラ!」と呼ぼうとするが、恥ずかしくて「トンカツでも揚げようと思うのですがいかがですか」とごまかす。

その翌日、学校帰りに商店街で偶然トラに遭遇した美以。驚きのあまりしどろもどろする。昨日オオカミが「トラ」と呼んでいたことで名前は覚えていたが、恥ずかしくて「トンカツでもいかがですか」と誤魔化す美以だった。トンカツに惹かれたトラは喜んで美以と一緒にひまわり食堂へ歩いていく。

顔見知りのおばさん(上)の店が、閉店していることを知った美以(下)。大手建設会社が大型フードコートを建てる為、閉店を余儀なくされたのだ。

トラとひまわり食堂へ向かう道中に、同じ商店街のお店が閉店していることに気がつく美以。顔見知りのおばさんのお店だった為話を聞くと、来年この商店街は大型フードコートに建て替えられてしまうため、閉店を余儀なくされた。同じ商店街である為、美以はひまわり食堂のことが心配になる。

ひまわり食堂でご飯を頬張りながら、美以とおばあちゃんに自己紹介をするトラ。

ひまわり食堂の閉店も心配しながら店に入ると、美以のおばあちゃんが笑顔でトラをお出迎えしてくれた。美以はトンカツを作りながら、トラと話をする。そこでトラは美術を専門とする大学生であることを知る。オオカミもトラと同じ大学である。理系専門でトラいわく頭がいい。

トラ(右下)と美以(トラの左上)が楽しく話している最中、オオカミ(1コマ目中央)がトラを探してひまわり食堂にやって来た。

トンカツをぺろりとたいらげ、美以の料理の腕前を褒めてくれた。恥ずかしながらも、誇らしく思う美以。楽しく話していたところに、トラを探しにオオカミがやってくる。「まったくこんな所に来て」と、ひまわり食堂のことを馬鹿にしている。「こんな所」と言うオオカミに腹が立つも何も言えない美以。結局オオカミに強制的に帰らされたトラであった。

フードコート建設の巻

「ひまわり食堂」のある商店街が巨大なフードコート施設に建設しようとする話本格的に進行する。計画しているのは大手建設会社で商店街に社員達が赴き他の店に立ち退きを迫っていた。閉店する店も出てきた。
そんな折、美以のおばあちゃんが過労で倒れる。医者に診てもらうと大事はなかったが、倒れたことで美以はおばあちゃんが死んでしまうかもしれないと思って泣いた。倒れた原因は精神的な疲労の蓄積であった。

おばあちゃんとひまわり食堂を守るため、美以がフードコート建設を計画する会社に乗り込む場面。

おばあちゃんとひまわり食堂を守るために、動き出す美以。おかもちに手料理をつめて、フードコートを建設する会社に乗り込む。「手作りの料理を振る舞えば会社も計画を取り消してくれる」と甘く見ていた美以。だが、社長は美以の作った料理を食べるどころか、踏んでしまう。

美以が会社の受付で「祖母が倒れた」と言ったことを聞いていたオオカミ(右上)は、美以(左、下)の前に現れる。

落胆していたところに現れたのがオオカミだった。実はオオカミは、このフードコート計画をしている会社の息子であった。最初に突然トラをおんぶしてきたオオカミが「ひまわり食堂」を偵察にしていたと勘違いした美以は怒り心頭になる。オオカミは否定するも、美以は頭が混乱する。オオカミの父親、つまりこの会社の社長はオオカミの大学卒業後の話をしようとするが、オオカミは嫌がりその場を逃げるように去っていった。美以は諦めて、落ち込みながらひまわり食堂へと帰る。自分がひまわり食堂とおばあちゃんを守りきれなかった責任を感じて、1人ひまわり食堂で泣く美以。

ひまわり食堂で泣いていたところにトラ(左)から電話が入る。「話があるから来て欲しいと」と言われた美以は、トラの通う大学へ行く。
そこで、トラの描く日本画を目にする美以(右)。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents