アサシン クリードII(アサクリII)のネタバレ解説・考察まとめ

『アサシン クリードII』とは、ユービーアイソフトモントリオール・スタジオの開発によるステルスアクションゲームだ。PlayStation 3、Xbox 360、Microsoft Windows、G-cluster、ひかりTVゲームといった、5つの機種およびクラウドゲームサービスでプレイすることができる。
本作はフィレンツェやヴェネツィアなどの中世イタリアの街を舞台に、「最強のアサシン」と呼ばれるエツィオ・アウディトーレの数奇な生涯を、リアルかつ鮮やかなグラフィックと壮大なストーリーで描く。

『アサシン クリードII』の概要

『アサシン クリードII』とは、ユービーアイソフトモントリオール・スタジオの開発によるステルスアクションゲーム。PlayStation 3、Xbox 360、Microsoft Windows、G-cluster、ひかりTVゲームといった、5つの機種およびクラウドゲームサービスでプレイすることができる。『アサシン クリード』 シリーズの第2作目で、シリーズの中でも屈指の人気を誇るエツィオ三部作の内の第1作目に当たる作品であり、アメリカでは2009年11月17日、ヨーロッパでは2009年12月3日、日本では2010年8月5日に発売された。また2013年10月31日には日本において、クラウドゲームとしても発売されている。対象年齢はPEGI : 18+、CERO:Z(18才以上のみ対象)である。2010年4月には、「史上最も出版物で特集を組まれたゲームソフト」として、ギネス・ワールド・レコーズに認定された。
本作でプレイヤーは過去編の主人公エツィオ・アウディトーレとして、15世紀のルネサンス期イタリアをフリーランを駆使しながら縦横無尽に駆け巡り、多彩な武器や道具を使い、時に激しく時に静かに任務や暗殺をこなしていく。また、現代編の主人公デズモンド・マイルズとして、アサシン教団とテンプル騎士団の間にある根深い因縁や、秘宝「エデンの果実」の秘密に迫っていく。
アクションの自由度の高さが魅力であることに加え、緻密なグラフィックによってリアルに再現された歴史的建造物や、実在した偉人が協力者や敵対者として作品内に登場する点も見どころだ。
シリーズを通してタイトルに入る『アサシン クリード』は、日本語で「暗殺者の信条」を意味しており、これは作品内でアサシン教団に代々伝わる「真実はなく 許されぬことなどない」という教えを指している。
ストーリーは前作エンディングから続き、現代編から始まる。自らの遺伝子に刻まれたアルタイルの記憶を追体験し、「エデンの果実」の在処をアブスターゴ社に知られてしまったデズモンドは、用済みの存在として命を狙われる。しかしルーシーの協力によってアブスターゴ社を抜け出すことに成功、更なる謎に迫るために再びアニムスに入り、「最強のアサシン」と呼ばれるエツィオ・アウディトーレの記憶を追体験することになる。

『アサシン クリードII』のあらすじ・ストーリー

オープニング

アサシンのアジトに連れてこられたデズモンド

「これは俺の物語だ」 - デズモンド・マイルズ

アサシンの末裔であるデズモンド・マイルズはアブスターゴ社に捕らわれ、被験体17号として約1000年前の時代を生きたアサシン「アルタイル」の記憶を追体験させられた。その中で秘宝と呼ばれる「エデンの果実」の在処や、テンプル騎士団が抱える野望を知るが、テンプル騎士団が欲していた「エデンの果実」の所在が知られたことにより、用済みの存在として抹殺される危機に瀕していた。
しかしアブスターゴ社の研究員としてデズモンドに接していたルーシーは実はアサシン教団の一員であり、デズモンドはルーシーの協力の元でアブスターゴ社を脱出することになる。
デズモンドはルーシーの要望でアニムスに入り、新しいメモリーを追体験する。それは「最強のアサシン」と呼ばれるエツィオ・アウディトーレがこの世に誕生する瞬間だった。エツィオのメモリーの記録を手に入れてすぐ、2人は急いでアブスターゴ社からの脱出を図る。

怒涛の脱出劇の果てに車のトランクに押し込まれたデズモンドがルーシーに連れてこられたのは、現代のアサシンのアジト。そこにはルーシーの仲間でアサシン教団の一員であるショーン・ヘイスティングスとレベッカ・クレインがおり、デズモンドを短期間で優れた戦闘技術を持つアサシンに育成するために、アニムス2.0を使いエツィオ・アウディトーレの記憶を追体験させられることになる。

シークエンス1 無知ゆえの幸せ

ジョヴァンニの装束を身にまとうエツィオ

隠れ家についてまもなく、デズモンドはアニムス2.0に入り、エツィオの記憶を追体験することになる。

舞台は1476年のイタリア、フィレンツェ共和国。17歳になったエツィオ・アウディトーレは仲間と共に、ヴェッキオ橋の上でヴィエリ・デ・パッツィ一行と乱闘を始める。ヴィエリが投げた石によって口元に傷を負ったエツィオだが、劣勢となったヴィエリ達は逃走し、追いかけようとしたところを兄のフェデリコに制止されるのだった。
まだ自分がアサシンの末裔だとは知らないエツィオは、兄と屋根の上で競争したり、恋人のクリスティーナとのアバンチュールを楽しんだ挙句に番兵に追いかけられたり、時折父や母の仕事の手伝いをしたり浮気した妹の彼氏にお灸を据えたりと、寛大な家族に見守られながら自由気ままで奔放な生活を楽しんでいた。
しかしその平和な日々は、ある日突然終わりを迎える。
エツィオの父ジョヴァンニと、兄フェデリコ、そして弟ペトルチオは、何者かの謀略により反逆の罪を着せられ、投獄されてしまう。シニョーリア宮に幽閉されたジョヴァンニはエツィオに自室の隠し扉の場所を伝え、中にある物を全て持ち出すことと、友人であるアルベルティ判事に手紙を届けることを指示した。エツィオが父の言いつけ通り隠し扉を見つけて箱の中身を確認すると、そこにはアサシンの装束と装備、そしてアルベルティ判事に向けた陰謀について書かれた手紙が入っており、アサシンに扮したエツィオは番兵に狙われながらも、命からがらその手紙を判事に届ける。
だが味方だと信じていた実はアルベルティ判事は裏切り者で、アウディトーレ家に無実の罪を着せた上で有罪とし、エツィオの目の前で3人の刑が執行されてしまう。

シークエンス2 脱出計画

アルベルティ判事の暗殺を果たし、名乗りを上げるエツィオ

番兵の目をかいくぐり逃げ延びたエツィオは、使用人のアネッタと落ち合い、アネッタの姉であるパオラの元に母と妹が匿われていると聞き、娼館「ラ・ローザ・コルタ」に向かう。
追われる身となりながらもアルベルティ判事への復讐に燃えるエツィオは、パオラや娼婦たちから群衆に紛れる術やスリの技など、生き延びるための技術を教わる。
パオラの助言により母が援助をしていたレオナルド・ダ・ヴィンチの工房を訪ねると、写本の暗号を解読した上で父の形見である壊れたアサシンブレードを修理してくれる。そこに兵士が現れ、レオナルドにエツィオの居場所を問いただすべく乱暴に尋問し始めるが、エツィオがアサシンブレードで兵士を倒し、事なきを得るのだった。
娼館に戻ったエツィオは、パオラからアルベルティ判事に関する情報を得て、いざ復讐を果たすべくサンタ・クローチェ修道院へと向かう。そしてパオラから教わった術とレオナルドから受け取った武器を駆使してアルベルティ判事の暗殺を果たしたエツィオは母と妹と再会し、2人を連れて居場所のなくなったフィレンツェを抜け出し、伯父マリオのいるモンテリジョーニに逃げ落ちることになる。

シークエンス3 眠れ、安らかに

逃亡中のエツィオ一行を襲うヴィエリ・デ・パッツィ

エツィオは母と妹を連れてモンテリジョーニに逃げる道中、番兵を引き連れたヴィエリ・デ・パッツィに出くわす。追い詰めかけられた所に現れたのは、父方の伯父マリオ・アウディトーレ。マリオの加勢によって窮地を切り抜けたエツィオ一行は、無事モンテリジョーニの街にあるアウディトーレ一族の居館、ヴィラ・アウディトーレにたどり着くのだった。そしてそこで初めて、エツィオは自分がアサシンの一族の末裔であることをマリオから聞かされる。
エツィオはマリオから戦闘技術を教わった。マリオはエツィオにアサシンの仕事を継がせるためモンテリジョーニに留まらせようとするが、エツィオはイタリアを捨てスペインに発つと言って聞かない。この時点ではまだ、エツィオにとって暗殺は私的な復讐を果たす手段でしかなかったのだ。しかしエツィオ達を匿って以来マリオは頻繁にヴィエリから襲撃を受けていることを聞き、エツィオは責任を果たすべくマリオと共にヴィエリ一派をトスカーナで撃退する運びとなる。その中でヴィエリの背後にはパッツィ家の影があることを知り、更には父や兄弟の処刑にテンプル騎士団のロドリゴ・ボルジアが関わっていることを知る。
ヴィエリの暗殺を成功させ、テンプル騎士団やパッツィ家が抱く陰謀を新たに知ったエツィオに、マリオはジョヴァンニが解読していた写本の断片の一部を見せるのだった。

シークエンス4 パッツィ家の陰謀

会合を行うボルジアと「パッツィ家の陰謀」の首謀者達

エツィオがモンテリジョーニのヴィラ・アウディトーレに留まることを決めた後、伯父マリオから働くことを促されたエツィオの妹クラウディアは、嫌々ながら帳簿の管理をすることになる。エツィオはクラウディアのサポートを受けながら、テンプル騎士団の陰謀を阻止するために動く傍ら、廃れてしまったモンテリジョーニの改築や復興を目指すのであった。
ヴィラに戻ってきたエツィオを、マリオは曽祖父が作ったという地下室の聖堂に案内する。聖堂には人々の自由のために戦ったアサシン達の像が飾られ、その中央には厳重に守られた謎多き伝説のアサシン・アルタイルの鎧と像が飾られていた。それらを守る檻を開けるには、イタリアの地下墓地に散らばった部品を集める必要があると教えられる。デズモンドがエツィオと完全にシンクロするためには、アルタイルの鎧の入手が必須だという。
忌まわしき処刑から2年後の1478年、エツィオはフィレンツェ共和国に戻り、レオナルドの工房を訪ねる。手に入れた写本の断片の解読をレオナルドに頼み、エツィオは解読が終わるまで新しい暗殺技術の練習に励んだ。そしてレオナルドの知恵と技術によって新しい武器を手に入れたエツィオは、暗殺のターゲットに近づくための助言を求めると、レオナルドは「狐」という盗賊との接触をすすめてくる。
狐を探すためにヴェッキオ市場に来たエツィオだが、スリに財布を盗まれ追いかける。盗人を追いかけた先には、狐が待っていた。エツィオが狐に対して、ヴィエリ・デ・パッツィの父で次なる標的であるフランチェスコ・デ・パッツィの居場所を探っていることを伝えると、秘密の会合を探ればフランチェスコの居場所がわかると狐はエツィオに助言し、エツィオをサンタ・マリア・ノヴェッラの裏手にある地下へと続く隠し扉まで案内する。隠し扉の先の地下墓地カタコンベに侵入したエツィオは、テンプル騎士団の会合場所を見つけ、そこではフランチェスコ・デ・パッツィとヤコポ・デ・パッツィ、ロドリゴ・ボルジア、そしてテンプル騎士団と思しき面々が様々な武器を囲んで、明日にフィレンツェの実質的な支配者ロレンツォ・デ・メディチと、その弟ジュリアーノを襲撃する計画を企てていた。
テンプル騎士団の会合場所の先で、エツィオはアサシンの墓地を発見し、アルタイルの鎧を手に入れるために必要な印章の1つを手に入れる。
地上に戻ったエツィオは狐と落ち合い、テンプル騎士団の計画を阻止するために動こうとするが、地下墓地で盗み聞いた情報でわかったのは計画が決行される日時と場所のみで、全容が予測できていなかった。翌日エツィオは計画が行われるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に向かったが、すんでのところで出遅れてしまい、ジュリアーノ・デ・メディチはフランチェスコ・デ・パッツィによって惨殺され、ロレンツォ・デ・メディチも重傷を負ってしまう。この事件こそが世にいう「パッツィ家の陰謀」だった。
辛くも逃げ延びたロレンツォはフランチェスコを打ち倒すために、知己であったジョヴァンニの息子エツィオに協力を願い出る。そしてエツィオはかつて父と兄弟が捕らえられたシニョーリア宮に潜むフランチェスコを暗殺する。シニョーリア宮の前の広場ではパッツィ家家長で陰謀の首謀者の1人でもあるヤコポ・デ・パッツィが、メディチ家による支配からの脱却を求める民衆を煽っていたが、エツィオによってシニョーリア宮の屋上から吊るされたフランチェスコの遺体を目の当たりにして、早々に逃げ出すのであった。

シークエンス5 未決事項

ボルジアに叱責されるヤコポ・デ・パッツィ

フィレンツェの街はとりあえず落ち着きを取り戻し、エツィオはヴェッキオ橋の上でロレンツォと落ち合っていた。ロレンツォはエツィオの父ジョヴァンニと知り合ったきっかけを、エツィオに語る。ロレンツォはエツィオに対し、今回の陰謀に加担したのはパッツィ家の人間だけではなく、、アントニオ・マフェイ、フランチェスコ・サルヴィアーティ、ステファノ・ダ・バニョーネ、ベルナルド・ディ・バンディーノ・バロンチェッリの4名が関与していることを伝えた。ロレンツォからフランチェスコの元から取ってきたという写本の断片を受け取り、エツィオはヤコポ・デ・パッツィと陰謀に加担した4名の敵の暗殺の実行を決意する。
レオナルドの工房にロレンツォから受け取った写本の断片を持っていくと、レオナルドはそれを解読しエツィオに毒の刃を持つ暗器ポイズンブレードを提供する。新たな武器を手に入れたエツィオは、モンテリジョーニのヴィラ・アウディトーレに戻り、伯父のマリオにターゲットを探す手助けを頼み、その礼として手に入れた写本の断片を渡す。写本には「預言者」という言葉が記されていた。
マリオとの訓練で戦闘技術に磨きをかけたエツィオは、ヤコポ達を打ち倒すためにトスカーナのサン・ジミニャーノへと向かう。
殺される恐怖に苛まれ街で最も高い塔の上で喚き叫ぶアントニオ・マフェイ、暗殺者の襲来を恐れて別荘に引きこもるフランチェスコ・サルヴィアーティ、逃げ足が速く用心深いベルナルド・ディ・バンディーノ・バロンチェッリ、修道院に潜むステファノ・ダ・バニョーネ、4名の暗殺を成し遂げ、ヤコポに近づくエツィオ。ヤコポがサンタ・マリア・アッスンタ教会に潜んでいることを知ったエツィオは会合に向かうヤコポの尾行を開始するが、ヤコポはアンティコ・テアトロ・ロマーノで待ち受けていたロドリゴ・ボルジアに刺され、瀕死の状態に陥ってしまう。狡猾で勘の鋭いボルジアはエツィオの存在に気付いていたが、番兵にエツィオの相手をさせて自分はその場から去ってしまう。エツィオは息も絶え絶えで苦しむヤコポに最後の慈悲で、とどめを刺してやるのだった。

シークエンス6 岩の道

馬車に乗りロマーニャ/フォルリを目指すエツィオとレオナルド

メディチ宮を訪れたエツィオは、ロレンツォにパッツィ家の陰謀の首謀者達を暗殺したことに対しての礼として、メディチ家のマントを贈られる。アウディトーレ家を反逆者として貶めたアルベルティ判事と、敵対していたパッツィ家の面々の暗殺を果たし、メディチ家との繋がりによってフィレンツェとトスカーナでの平穏な立場を取り戻したエツィオは、宿敵ロドリゴ・ボルジアを討つためにヴェネツィアに向かうのだった。
ヴェネツィアへ向かう道中、アペニン山脈でエツィオはレオナルド・ダ・ヴィンチと再会する。レオナルドは貴族から肖像画の依頼を受けヴェネツィアに馬車で向かう途中だったが、馬車が故障し立ち往生しているところだった。エツィオの助けにより無事馬車を修理できたレオナルドは、人が空を飛ぶ方法を考え付いたことをエツィオに打ち明ける。
エツィオはレオナルドと同行してロマーニャへ向かうことになるが、馬車で走行中に何者かが差し向けた兵士に襲われてしまう。次々と襲い掛かってくる兵士を振り落とし、途中レオナルドと一旦離れて敵を殲滅させ、ロマーニャ/フォルリにたどり着くのだった。
アヴァンポスト・ヴェネツィアーノでレオナルドと再度合流し、いざヴェネツィアに向かう船に乗ろうとしたところで、通行証を持っていないエツィオは船頭から乗船を拒否される。どうにかヴェネツィアに渡る手を見つけるため、レオナルドにはひとまず先に乗船してもらい、フォルリの港を探索していると1人の女性が助けを求めているのを発見する。エツィオが救ったその女性こそが、ミラノ候の娘にしてフォルリ領主の妻であるカテリーナ・スフォルツァだった。カテリーナの力添えでヴェネツィア行きの船に乗ることができるようになったエツィオは、無事レオナルドと合流し、レオナルドからカテリーナに対して油断しないようにと釘を刺されるのだった。
一旦体と脳を休めるためにアニムスから出ることを促されたデズモンドは、レベッカとショーンからアニムスの副作用について教わる。ルーシーはまだデズモンドに副作用の兆候はないと言い切るが、流入現象のテストを終えたデズモンドは強烈な幻覚症状に見舞われる。デズモンドが見たのは、前作の主人公アルタイルの記憶だった。白昼夢のような状態の中、アルタイルは1人の女性の後を追う。塔の上で追い詰められた女性の正体は、アッカでテンプル騎士団総長であるロベール・ド・サブレの影武者をしていた女騎士、マリア・ソープだった。マリアの挑発に乗るように、アルタイルはマリアを抱きしめ口づけをした。睦言を交わした後、名残惜しそうに2人の男女は別れ、アルタイルは塔を後に飛び立った。
レベッカに促されベッドの上で目覚めたデズモンドは、ショーンに嫌味を言われながらも再びアニムス2.0に入り、エツィオとしてヴェネツィアの地に降り立つ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents