チャイニーズ・ゴースト・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』とは、1987年に香港で制作・公開(日本では1989年に公開)されたSFホラー恋愛映画である。
遠い昔の中国を舞台に、借金の集金をしながら旅をしている青年ニン・ツォイサンが一晩泊まれる場所を探し、蘭若寺へ向かう。すると琴の音色が聞こえ、ツォイサンが音色の方へ行くと、琴を奏でる美女シウシンと出会う、というストーリーである。本作品におけるSFXホラーは画期的であり、香港映画界に大きく影響を与え、これ以降多くの類似作品が多く製作された。

CV:島田敏、水島裕
借金の集金をしながら旅をしている書生人で、どんくさく気弱な性格である。
郭北県まで辿り着くが、道中で雨に見舞われ帳簿が濡れた為に集金ができなかった、そのうえ一文無しだった為、ただで泊まれる場所を探し、山中にある蘭若寺へ向かう。蘭若寺では、二人の道士、インとハーハウが戦っていたところへ顔を出した為に、彼等に剣先を突きつけられ、板挟み状態となる。自分を間に言い合うインとハーハウに対し、戦いを止める様に説得する。
ハーハウが去った後、インから蘭若寺には恐ろしいものがいると警告される。それでも寺の中へ入ると、琴の音や歌声が聞こえ、その方向へ向かいシウシンに遭遇する。シウシンが精気を奪おうと誘惑を仕掛けるも、純粋で鈍い性格故にそれに全く乗らない。インがやって来たのを感じ逃げ出したシウシンを追いかけ、彼女から「悪人」に追われている、その「悪人」は蘭若寺にいる「ヒゲの男」(インの事)だとも言われる。その場を去ろうとするシウシンへ、送って行くと言うが、家は厳粛だから駄目だと断られる。そしてインを引き付けるから、早く逃げる様に伝える。シウシンが去った後、「もう来ないで」と書かれた置き手紙があった。
改めて借用書を書いた後、再び町へ行き以前に門前払いを食らった宿屋へ借金の集金へ出向く。宿屋の店主は、自分が蘭若寺で過ごした事を聞くと恐れを抱き、借金をきちんと返済する。報酬を手にし、この町の絵売り屋で見かけた美女の絵を買おうと考えるも、絵売り屋からその絵はどこかへやって、探すからまた来る様に言われる。
シウシンの事が気になり、再び蘭若寺へ向かうも、シウシンは以前とは違う様子で何故また来たのかと問い詰められる。間もなくシウシンの妹・シウチンや妹・シウチンや彼女達を操る妖怪・ロウロウがやって来たので、シウシンが自分を隠す為に置風呂に入れられる。ロウロウやシウチンがいなくなった後、シウシンに外へ連れて行かれ、彼女から町で見かけた美女の絵を渡され驚く。シウシンから、絵のモデルが自分であり、三日後には黒山妖怪へ嫁に行く事を告げられた。翌日には、町の絵売り屋からも絵のモデルの女性(シウシン)が1年程前に亡くなった事を聞かされた。同時に見た、張り紙に描かれた似顔絵の殺人犯ラウ・ヤットウがインに似ており、インが殺人犯ではないかと思い込む。
またも蘭若寺にてシウシンと再会、この頃は彼女と親密な関係となっていたものの、鈴の音を聞いたシウシンが逃げ出す。シウシンの行方を探していた背後を、シウシンの妹・シウチンが襲い掛かるも、妖気を感じやって来たインが倒す。しかし見て、「殺人犯が人を殺した」と勘違いし、見つけ出したシウシンと逃亡、途中でシウシンの姿は消えていた。
その後、郭北県役所へ出向き「殺人犯」を目撃したと役人に伝える。そこへインがやって来て、彼を指して「殺人犯」と叫ぶ。しかし、直ぐにインが名のある役人だった事が分かったうえ、インから用事で会いに来たとまで言われる。更に役人達により(捕縛された)殺人犯ラウ・ナットウが連れて来られた事で、インが「殺人犯」でない事が証明された。それでも納得が行かない様子に、インが蘭若寺で倒したのは幽霊だった事、シウシンが住んでいると思っていた蘭若寺の裏にある家は、実際は無縁仏だという事を伝えられる。
インと共に無縁仏に向かいシウシンの墓を見て、シウシンが本当だと分かり。一度は寺を去ろうとするも、愛するシウシンの為にインの妖怪退治に協力する事にした。自ら「おとり」となり寺で待機していたところへシウシンがやって来るが、幽霊であると知りシウシンに怯える様子を見せる。シウシンは思わず涙し、自らの事情を説明し始める。シウシンは、自分の骨がロウロウにより押さえられ幽霊として操られている事を伝える。そして、二日後の黄昏前に自分の骨壷を田舎の家に埋葬すれば転生できるとシウシンは言い、それを聞きの彼女願いを叶えようと考える。その直後にロウロウの「長い舌」が襲って来て、シウシンが長い衣で作った道に沿って逃げようとするも、ロウロウの妖術によりいばらに囲まれる。そこへ現れたインにより助けられる。ロウロウにより霊の世界へ引きずり込まれたシウシンの為に、骨壷を手に入れたいとインに訴える。
インと墓場にある五つの骨壷全てを持ち出し下山、宿を取る。インの術で知らない四人の女性の霊が呼び出され、インが骨壷を持って去る様に彼女達へ告げた。残り一つの骨壷からシウシンを呼び出し、彼女と見つめ合う。気を遣ったインがその場を立ち去った後、シウシン共に美女の絵に文字を書いて愛を誓う。直ぐに妖気を感じたインが戻り、この場を去る様に促すが、目の前でシウシンが黒山妖怪のもとへ吸い寄せられてしまう。
シウシンを救い出す為に、救出時間「線香一本分」の間にインと共に冥界へ行く事となった。冥界の兵士達にインが剣で立ち向かうなか、シウシンを助け出す。しかし、黒山妖怪の強大な妖力によりインと魂を引き抜かれそうになる。そこへシウシンがインの剣を取り出して、黒山妖怪の頭部に突き刺す。その勢いで自分の服の胸部にしまっておいた金剛経が出て来て黒山妖怪に張り付き、妖力が弱まる。そしてツォイサンがインの剣で深く突き刺し、黒山妖怪は爆破し消失。
イン、シウシンと共に元の世界へ戻るが夜明け時だった。シウシンは朝日の光を浴びると骨壷に戻れなくないうえ、木の柱が倒れて来たのを押さえ朝日が差し込むのを必死に防いでいた。その為、シウシンの顔を見られないまま彼女に別れの言葉を告げた。振り返ると、既にシウシンは骨壷に戻っていた。
シウシンの「転生」を願いつつ骨壷を埋葬した後、インと共に虹のかかる道を背にしながら去って行った。
ニン・ツォイサン役を演じたレスリー・チャンは、1977年から歌手として活動を開始、シングル曲『風継続吹』(1983年、山口百恵『さよならの向う側』のカバー)や『Monica』(1985年、吉川晃司『モニカ』のカバー)が大ヒットし、以降多くのヒット曲を出す。俳優としても、映画『男たちの挽歌』シリーズ(1986~1987年)、『さらば、わが愛/覇王別姫』(1993年)、『夢翔る人/色情男女』(1996年)等、数多くの話題・ヒット作品に出演。2003年4月に死去。

シウシン(演:ジョイ・ウォン)

出典: i.pinimg.com

CV:島本須美、冨永みーな
蘭若寺に留まっている幽霊で、旅の途中で悪人に殺された後に骨が樹の下に埋められ、先年樹妖怪ロウロウによって骨が押さえられ、幽霊として操られて来た。
男を誘惑しては精気を吸い取り「ミイラ」にしているのも、ロウロウの命令によるもので、川で遭遇した道士ハーハウもその犠牲となった。続けて、蘭若寺にて泊まる場所を求めてやって来たツォイサンも狙い、誘惑を仕掛けるも、純粋かつどん臭いツォイサンはそれに乗らない。そこへインがやって来た事を感じ逃げ出すも、ツォイサンが追いかけて来る。ツォイサン何故逃げるかと聞くので、「悪人」に追われていると答える。その「悪人」は蘭若寺にいる「ヒゲの男」だとも言う。再び立ち上がり逃げ出そうとするが、事情を知らないツォイサンが、家まで送ると言い出し、それに対し家族が厳格だから駄目だと拒否する。ツォイサンは「悪人」を引き付けている間に逃げる様に言い、その場から別れて行った。しかしその際にインに自分の存在に気付かれ追いかけられるが、妖怪・ロウロウの妖術がインの追跡を止めた。またツォイサンに危険が及ぶと感じ、彼のもとへ「もう来ないで」と書いた置き手紙を沿えた。
翌日夜に、ツォイサンが自分へ会いに再び蘭若寺へ来て、何故また来たのかと言いつつ険しい表情を見せる。間もなく妹・シウチンや自分達を操る妖怪・ロウロウがやって来たので、慌ててツォイサンを風呂桶の中に沈める。ロウロウには、ツォイサンに書いた置手紙の事がバレており、「自分を裏切った」としてロウロウから戒められる。更にロウロウより、三日後に黒山妖怪のもとへ嫁ぐ様に告げられる。その間、桶に隠れていたツォイサンがシウチンやロウロウに見つかりそうになった際は、衣を使ったりしてごまかす。ロウロウ達がいなくなると、ツォイサンを外へ連れ出し、ツォイサンに美女の絵を渡し、絵のモデルは自分であり、また三日後には黒山妖怪へ嫁ぐ事を告げる。それでも引き下がらないツォイサンへ「貧乏書生」「金目当てなのね」とあえて嫌われる様な言葉を発し、ツォイサンを帰らせた。
その後、自分の事を諦めきれなかったツォイサンが蘭若寺を訪れ再会する。この頃ツォイサンとの関係は親密となっていたものの、鈴の音が聞こえるとその場を去る。妹・シウチンを倒したインを「殺人犯」と勘違いしたツォイサンと共に逃亡、その途中で別れる。
後日、蘭若寺でツォイサンと再会するが、妖怪を呼び出す為の「おとり」として来ており、外ではインが待機していた。またツォイサンは自分が幽霊だと分かり怯えた様子で、以前と違うツォイサンの態度に思わず涙し、善良な幽霊もいると訴える。自分はロウロウによって骨が押さえられ、幽霊として操られて来た事をツォイサンに伝え、二日後の黄昏前に自分の骨壷を田舎の家に埋葬する事で転生ができるとも告げる。そこへロウロウの「長い舌」が襲い、自分の長い衣で道を作り、ツォイサンに逃げる様に言うが、ロウロウにより地下(霊界)へ引きずり込まれる。
インとツォイサンが墓場から持ち出した骨壷に対し、インが術を使った事で霊界から呼び出される。インに感謝しツォイサンと見つめ合う。気を遣ったインが出て行った後にツォイサンと二人で美女の絵に文字を書いて愛を誓う。その矢先に妖気を感じ取ったインが戻って来て、この場から去る様に促す。しかしその直後に黒山妖怪のもとへ吸い寄せられてしまう。
インとツォイサンが自分を助けに冥界に来るが、黒山妖怪の妖力によりインとツォイサンが魂を引き抜かれそうになる。その時、インの剣を取り出して黒山妖怪の頭部に突き刺す。更にツォイサンが服の胸部にしまっていた金剛経が出て来て黒山妖怪に張り付き、妖力が弱まり、ツォイサンもインの剣で深く突き刺した事で、黒山妖怪は爆破と共に消失する。
元の世界へ戻った一同たが、夜明け時だった。朝日の光を浴びると自分の体が消失して骨壷に戻れなくなってしまうなか、木の柱が倒れて来たのをツォイサンが止め光が差し込むのを防ぎ、急いで骨壺へ戻る様にツォイサンが促す。互いの顔を合わせられないなか、ツォイサンに別れの言葉を告げ、骨壷に戻って行った。
シウシン役を演じたジョイ・ウォンは、十代から芸能界へ入る。『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987年)で一気にブレイクして以降、『ゴッド・ギャンブラー』(1989年)や『スパイゲーム』(1990年)等、アクション、ホラー、コメディーとジャンルにとらわれない作品群へ出演しその多くがビデオ化された。日本の作品でも『北京原人 Who are you?』(1997年)等に出演するが、宮沢りえ共演の『華の愛 遊園驚夢』(2001年)を最後に引退を表明し。カナダのバンクーバーへ移住し静かに暮らしている。

イン(演:ウー・マ)

CV:内海賢二、青野武
蘭若寺に留まり幽霊や妖怪を退治する道士であり、剣の技に長けている。怒りっぽい性格で声が大きい。蘭若寺にて、同じ道士であるハーハウと剣で勝負をしていた時に、宿泊目的でやって来たツォイサンと遭遇する。ツォイサンの説得でハーハウが去った後、ツォイサンに蘭若寺には恐ろしいものがいると警告し、一旦その場を去る。
川でシウシンにより精気を奪われ「ミイラ」化したハーハウのもとへ駆けつける。遺体を見届け埋葬しようとするも、「ミイラ」となったハーハウが襲いかかり、直ぐに術を使い体を燃やす。また妖気を感じ取りシウシンを追いかけ、あと一歩のところで彼女を操る妖怪・ロウロウの妖術によって妨害されてしまう。
後日蘭若寺にいたツォイサンにシウシンの事を聞くが、知らないとシラを切られる。逆にツォイサンから(町の似顔絵を見て)自分の事を殺人犯ラウ・ヤットウだと思い込まれる。更に、再びシウシンへ会いに来たツォイサンの背後から襲い掛かったシウシンの妹・シウチンを倒したところをツォイサンに見られ、彼から「殺人犯が人を殺した」と勘違いされる。
その後、ツォイサンは郭北県役所へ出向き(シウチンを殺した)殺人犯を目撃したと伝える。その役所へ自ら飛び出して来て、ツォイサンは思わず「ラウ(殺人犯)だ」と叫び、役所の部下達も身構える。一方で役所のチウ副官は、以前自分が名の知れた役人だという事を知っており、自分のもとへ駆け寄った。チウ副官に対し、自分はツォイサンに用事に会いに来たと言い、一方のツォイサンは拒否していた。その直後、部下により(捕縛された)殺人犯ラウ・ナットウが連れて来られ、手配書の似顔絵の犯人も「本人」である事が判明した。それでも引き下がらないツォイサンに対し、自分が倒したのは幽霊だった事、またその場所が蘭若寺だった事を告げた。すると、「蘭若寺」の名を聞いた役人者達が、恐れを抱き、その場から逃げ出した。またツォイサンは、シウシンが蘭若寺の裏にある家に住んでいると主張するも、蘭若寺の裏には家は無く、寺の裏は無縁仏になっており、夜に寺から聞こえてくるのは霊魂の声だと告げた。
そして、ツォイサンを無縁仏に連れて行き、シウシンの墓を見せる。シウシンの正体が幽霊だと知り失望するツォイサンに、インは寺を去る様に言う。しかし、ツォイサンにはそれなりに利用価値があるのではと心変わりし、ツォイサンに妖怪退治を手伝う様に言い、ツォイサンはそれを承諾する。
その夜、自分が樹木へ隠れ、ツォイサンが「おとり」として蘭若寺の中へ隠れるなか、ツォイサンの前にシウシンが現れる一方、自分の方にも大きな妖力を感じてツォイサンに持たせていた鈴を鳴らす様に叫ぶも、ツォイサンはシウシンとのやり取りに夢中になっていた。シウシンが二日後の黄昏前に自分の骨壷を田舎の家に埋葬する事で転生ができる事を聞き、ツォイサンは彼女の願いを叶えようと考えた。その矢先、ロウロウが「長い舌」でツォイサンとシウシンを襲う。そこへ剣でロウロウに対抗し、ツォイサンを助けるが、ロウロウによりシウシンが地底(霊界)へ連れて行かれる。ツォイサンがシウシンの為に骨壷を手に入れたいと言い出したのに対し、今まで人間の醜い心ばかりを見て来ただけに、ツォイサンの純粋さに心打たれた。
ツォイサンと墓場へ向かい五つの骨壷を持ち出し下山、宿を取る。そして、術を使い五つの骨壷のうち四つから四人の女性の霊を呼び出し、彼女達へ骨壷を持って去る様に言う。残り一つの骨壷からシウシンが出て来て、彼女は自分に礼を言い、ツォイサンと見つめ合う。ツォイサンとシウシンに気を遣い、二人を残しその場を立ち去る。しかし、妖気を感じ取り直ぐに戻って来て、ツォイサンとシウシンをこの場から去る様に促す。その直後にシウシンが黒山妖怪のもとへ吸い寄せられてしまう。
シウシンを助ける為、救出時間「線香一本分」の間、ツォイサンと共に冥界へ向かう。自分が冥界の兵士達へ剣で立ち向かい、ツォイサンがシウシンを助け出す。それに対し黒山妖怪の強力な妖力により、インとツォイサンが魂を引き抜かれそうになる。そこへ自分の剣を取り出したシウシンが黒山妖怪の頭部に突き刺す。その勢いでツォイサンが服の胸部にしまってあった金剛経が出て来て黒山妖怪に張り付き、妖力が弱まる。更にツォイサンがインの剣で深く突き刺し、黒山妖怪は爆破と共に消失。
元の世界へ戻って来るも夜明け時だった。ツォイサンが朝日の光が差し込むのを防ぎつつ、シウシンの顔を見られないまま別れの言葉を告げ、シウシンは骨壷に戻って行った。シウシンの骨壷を埋葬した後、ツォイサンと共に虹のかかる道を背にその場を去って行く。
イン役を演じたウー・マは『ファースト・ミッション』(1985年)や『奇蹟/ミラクル』(1989年)といったジャッキー・チェン作品をはじめ、『霊幻道士2 キョンシーの息子たち!』(1986年)等、多ジャンル作品へ出演、1980年~1990年代にかけて香港映画の名脇役として知られる。2014年2月に死去。

殺人犯ラウ・ヤットウ(演:ウー・マ(二役))

郭北県で手配されていた殺人犯であり、ツォイサンは町に貼られた手配書の似顔絵を見て、顔が似ているインを殺人犯だと思い込む。また、蘭若寺にてインがシウチンを倒したところをツォイサンが「殺人」だと勘違いした。
郭北県役所でツォイサンが(シウチンを殺した)殺人犯を目撃したと主張するが、チウ副官によると6時間前に捕まえたと答える。そこへインが現れた後、役所の部下により(捕縛された)殺人犯ラウ・ナットウが連れて来られ、町の手配書の似顔絵の犯人が「本人」であると証明された。捕縛されながらも、終始周りに噛み付く様な行動を取っていた。

ハーハウ(演:ラム・ウェイ)

CV:谷口節、大塚芳忠
郭北県で活動する道士であり、雨中で盗賊達と戦っている時に、旅の道中にあったツァイサンと遭遇する。盗賊を斬り殺した後、持っていた饅頭を食べようとした際に、自身を見て動揺するツァイサンを見て、彼にも饅頭を分けてその場を去る。
その後、蘭若寺で同じ道士であるインと剣の勝負をしていたところで、宿泊目的でやって来たツァイサンと再会。自分とインの剣先でツォイサンが板挟み状態となり、ツォイサンが戦いを止める様に説得。それを聞き、一旦その場を引き上げる。
川で腕の傷の手当てをしていた時に、川の奥で水洗いをする女性・シウシンに思わず見とれる。川近くでシウシンを抱くが、シウシンにより精気を吸い取られミイラと化する。その後、やって来たインが、見届けて埋葬しようとしたところをミイラ化した状態で襲いかかる。しかしインの術により、体を燃やされる。
ハーハウ役を演じたラム・ウェイは、香港の大手映画会社ショー・ブラザーズへ入社するが芽が出ず、長い下積み生活を送る。オーディションを通して出演した『省港旗兵 九龍の獅子』(1984年)で注目され、台湾ゴールデンホース賞を受賞する。以降、『プロジェクトA2 史上最大の標的』(1987年)での悪徳警官役や『サイクロンZ』(1988年)等、多くの作品にて存在感ある演技を披露した。

ロウロウ(演:ラウ・シウミン)

CV:磯辺万沙子
千年樹妖怪であり、死体を樹の下に埋められ幽霊と化したシウシン達を操っている。シウシンがツォイサンに出会った事が気に食わず、彼に添えた置き手紙を見せシウシンを戒め、三日後に黒山妖怪のもとへ嫁がせると告げる。また、親密な仲になって行ったシウシンとツォイサンに対し、「長い舌」で襲いかかる。途中からやって来たインによる剣の攻撃もかわして、シウシンを地下(霊界)へさらって行った。ロウロウの出番はここまでで、その後の行方は不明である。
ロウロウ役を演じたラウ・シウミンは、振付師やダンサーを経て、1970年代終盤から俳優業としての活動を開始。『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』シリーズ全作(1987・1990・1991年)に出演した他、『アンディ・ラウの カジノタイクーン 』(1992年)や『八仙飯店之人肉饅頭』(1993年)、『影なきリベンジャー 極限探偵C+』(2007年)等に出演。

シウチン(演:ファニー・シェ)

シウシンの妹であるが、詳しい血縁関係は不明である。ツォイサンがシウシンを求めて再び蘭若寺を訪れた際に、ロウロウと共にシウシンを尋ねて来る。その際、シウシンはツォイサンを部屋の風呂桶に隠していた。ロウロウとシウシンとのやり取りの間、風呂桶の中が気になり何かを隠しているのではと思い近づく。
するとシウシンに妨害され、結局最後まで風呂桶の中は見れず、ロウロウと共にその場を去る。その後、蘭若寺の外でシウシンとはぐれ彼女を探すツォイサンの背後から襲おうとしたところへ、インの攻撃を受けて最後は体もろとも真っ二つとなる。
シウチン役を演じたファニー・シェは、日本では知名度は低いものの、他にも『画中仙』(1988年)やチョウ・ユンファ主演の『黒社会』(1989年)等に出演。現在も自身のSNSを更新中。

チウ副官(演:バリー・ウォン)

チウ副官(写真右)。

郭北県役所で副官を務める。以前は役人だったインとは唯一の知り合いである。ツォイサンが(シウチンを殺した)殺人犯を目撃したと主張するも、殺人犯(ラウ・ヤットウ)は6時間前に捕まえた筈だと答える。
それでも一応確かめると告げた矢先に、インが現れ、ツォイサンは思わず「ラウ(殺人犯)だ」と叫び、役所の部下達も身構える。一方で自分だけ、インが以前は名の知れた役人だという事を知っていて、彼のもとへ駆け寄った。その後、部下により(捕縛された)殺人犯ラウ・ナットウが連れて来られで、町の手配書の似顔絵の犯人が「本人」であると証明された。
それでも引き下がらないツォイサンに対し、インが自分が倒したのは幽霊で、その場所は蘭若寺であったと告げる。インの話の中で「蘭若寺」の名を聞いた途端、恐れを抱き、部下達と共にその場から逃げ出した。
チウ副官役を演じたバリー・ウォンは、監督・プロデューサーとして、『ゴッド・ギャンブラー』 (1989年)やジャッキー・チェン主演『シティーハンター』(1993年)等、多くの作品を世に出し、ヒットさせている。また、『男たちのバッカ野郎』(1987年)等の作品で俳優としても出演。

黒山妖怪

CV:郷里大輔
黄泉の世界に留まる妖怪であり、シウシンを我が物にしようとしている。またシウシンのみならず、多くの魂がこの妖怪のもとで転生できず押さえられている。インの術によりシウシンを骨壺から出しツォイサンと再会させた矢先に、シウシンを黄泉の世界へ引き連れて行く。
シウシンを連れ戻しに黄泉の世界まで来たインやツォイサンに対し強い妖力で対抗し、彼等は魂を引き抜かれそうになる。そこへシウシンがインの剣を取り出し、頭部目掛けて刺してくる。すると、体内から押さえ込んでいた魂が飛び出し、一部がシウシンにも飛び付く。その勢いでツォイサンの服の胸部から金剛経が飛び出し、自分の顔に張り付き妖力が弱まる。そしてツォイサンがインの剣で深く突き刺した事により、爆破と共に共に消失した。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents