とらドラ!(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『とらドラ!』とは、竹宮ゆゆこによる日本のライトノベルであり、これを原作としたラブコメ作品である。登場人物たちの感情表現が豊かであり、個性的なところが魅力であり見どころである。2008年10月より、全25話を放送。目つきの悪さから、不良と勘違いされてしまう高須竜児は、密かに同じクラスの櫛枝実乃梨に惚れていた。ある日、小柄で清楚な美少女だが、凶暴な性格である、逢坂大河は同じクラスの北村祐作宛のラブレターを間違えて竜児の鞄に入れてしまった事から、お互いの想い人がお互いの親友であることを知ってしまう。

『とらドラ!』の概要

『とらドラ!』とは、竹宮ゆゆこによる日本のライトノベルであり、これを原作としたラブコメ作品である。イラストはヤスが担当。2006年から2009年にかけて電撃文庫(メディアワークスおよびアスキー・メディアワークス)より本編全10巻、著者・イラストレーターによるスピンオフ『とらドラ・スピンオフ!』全3巻が刊行された。小説・漫画については日本国外において翻訳版が刊行されている。恋愛や家族関係など、それぞれに悩むところのある高校生たちの学生生活を描く作品。 タイトルは本作の登場人物、逢坂大河のあだ名「手乗りタイガー」(とら)と、高須竜児の「竜」(ドラゴン)に由来する。2008年10月よりテレビ東京系列6局およびAT-Xで放送、2009年2月よりKTS(鹿児島テレビ放送・ひようたん書店枠)にて放送。監督は長井龍雪、シリーズ構成は岡田麿里、キャラクターデザインは田中将賀。J.C.STAFFによるアニメーション制作で全25話完結。
高須竜児は、生まれつきの目つきの悪さから、不良と勘違いされてしまうような人間だが、温厚で優しい人間であり、密かに同じクラスの櫛枝実乃梨に惚れていた。逢坂大河は、小柄で人形のような清楚な美少女だが、凶暴な性格で手乗りタイガーと揶揄されており、密かに同じクラスの北村祐作に惚れていた。ある日、大河が間違えて竜児の鞄に北村宛のラブレターを入れてしまった事から、竜児は大河の好きな人が北村であることを知ってしまう。そして、竜児は実乃梨が好きだと大河にカミングアウトしてしまう。竜児と大河の好きな人がお互いの親友であったことから、共同戦線を結ぶことになり、お互いの恋を応援することから物語は始まる。

『とらドラ!』のあらすじ・ストーリー

虎と竜

高須家へ上がり込む大河

自分の目つきがコンプレックスの高須竜児は、「ヤンキー高須」と恐れられていた。高校2年生の始業式、クラス替えで密かに思いを寄せていた櫛枝実乃梨と同じクラスになる。浮かれて歩いていると人形のように小さい美少女と廊下でぶつかってしまう。少女の名前は逢坂大河。可憐な見た目とは真逆の暴力性で、みんなから「手乗りタイガー」と恐れられている。教室へ鞄を取りに行くと大河と鉢合わせになり、大河は何故か竜児の鞄を取ろうとし、鞄の取り合いになるが、諦めて怒って出て行ってしまう。その夜、自分の鞄に同じクラスである北村祐作宛の中身が空であるラブレターが入っていたことに気づく竜児。大河が竜児の鞄を奪おうとしたのはこれが理由だった。深夜3時、突然誰かの襲撃を受ける竜児。電気をつけるとそこには木刀を携えた大河がいた。竜児はなんとか穏便にラブレターが空であったことを説明し、自分にも好きな人がいることを話しているうちに、同じクラスである櫛枝実乃梨が好きなことを知られてしまう。竜児は大河と北村が上手くいくよう、なんでも手伝うという約束をして帰ってもらう。この日を境に、竜児は大河に何かと振り回されるはめになるのであった。

竜児と大河

高須家で朝ごはんを食べる竜児(左)と竜児の母親である高須泰子(真ん中)と大河(右)

高須家に馴染んだ大河は、一緒に朝食を食べ、登校する仲になっていた。その登校中、実乃梨と鉢合わせした竜児と大河は、実乃梨に怪しい関係だと疑われてしまう。いい機会だと思い、会話をしようとする竜児だが、仲の良い実乃梨と大河は先に行ってしまう。どうやら実乃梨と仲良くしたければ先に自分と北村の仲をどうにかしろという、無言のメッセージのようだ。さっそく大河と北村を仲良くさせる作戦を実行する。体育の教師である黒間の授業の際、バスケで大河に北村とパス練習をさせたり、調理実習で作ったクッキーを北村にあげさせたりするが、大河のドジっぷりが足を引っ張り失敗。メンタルの弱い大河は落ち込んでしまい慰める竜児だが、その光景をクラスメイトに見られ次の日には2人が付き合ってるのではないかという噂が流れ始めてしまった。
次の日の朝、朝食を食べに来なかった大河。学校へも先に行き、竜児が教室へ入るとクラスメイトが「2人のことを誤解してた。ごめん」と謝罪してきた。話を聞くと、朝に大河が「自分と竜児はなんの関係でもない」と怒り狂って暴れたとのことだった。気持ちを落ち着かせるためにトイレへ行くと、大河の声が聞こえ、ちょうど男子トイレの裏で北村に告白をするところだった。結果は失恋、その場に立ち尽くす大河の元へ竜児が現れる。「私の近くにいなくていい」と言う大河に対し、龍として、大河の側にいると力強く宣言。すると大河はいつもの調子を取り戻し、「まだ北村君を諦めたわけじゃない。さっそく次の作戦会議だ」と言い歩き出す。その顔はとても嬉しそうに笑っていた。

あのときの顔

北村の写真を撮る大河

ある日、大河の家で段ボールを見つけた竜児。中を見るとぶれてしまっている北村の写真が収められたアルバムだった。勝手に見たことに怒り出す大河だが、「代わりに北村の写真を撮ってやる」と言うと態度が一変し、「何枚までいいのか」と聞き浮かれ始める。放課後、トイレ掃除をする竜児を引っ張り、ソフトボール部の練習をしている北村を撮ろうとする大河。竜児がデジカメの操作に戸惑っていると大河がそれを奪い撮影し始める。縦横無尽に動きながら撮影する大河を見て、写真があんなにブレていた理由を悟った竜児だった。その日の夜、撮った写真を選別する大河だったが、途中で手が止まり帰ってしまう。
翌日、自販機前で写真を選んでいる大河。竜児がやってくると「あんたが選びなさい」と写真を押し付けどこかへ行ってしまう。そこに北村が現れ、撮影された自分の写真を見ると、1年前に自分も同じことをしていたことを告白する。そこで、かつて北村は大河に告白し振られていたことを竜児は知る。放課後、屋上にいる大河を見つけた竜児。大河は北村を振ってから気になりはじめ、気が付いたら自分が好きになっていたことを明かす。そして、大河が自分で写真を選ばなかった理由は、その時告白してきた顔が見たかったが、その表情はなかったからであった。

かわしまあみ

転入してきた亜美

休日のある日、ファミレスで時間をつぶす大河と竜児。そこに北村と美女が来店して来る。偶然にも、その美女は大河が読んでいた雑誌に載っていたモデルだった。その美女は、北村の幼馴染である川島亜美であった。北村と竜児が席を外し、大河と2人きりになった亜美は、おしとやかだった態度が豹変し、女王様のような振る舞いを見せる。黙っていた大河だが、亜美の生意気ぶりに平手打ちをしてしまう。北村たちが席へ戻ると亜美は北村へ泣きつく。「亜美は自分の全てを鼻に掛ける高慢さと、強烈な毒舌の持ち主であり、おしとやかな態度を装っていただけだ」と北村は竜児と大河に言った。
次の日、クラスに転入してきた亜美。人当たりの良さですぐにクラスに馴染む。放課後、大河が教室で竜児を待っているとそこに亜美が現れ、話していくうちに言い合いになる2人。すると、「あんたはもう北村に嫌われている」という一言で大河は撃沈し、家で一人泣き続けてしまう。竜児は大河を慰め励まし、一緒にコンビニへ向かう。コンビニで雑誌を立ち読みしていると、亜美がモデルを休むという告知があった。その帰り道、竜児と大河は、変装した亜美が大量のお菓子を入れたビニール袋を手に、家へ入っていくのを目撃する。「面白いもの見ちゃった」と大河は言う。
ある日の帰り道、突然現れ竜児に飛びつく亜美。すると亜美の後ろの物陰から、カメラをぶら下げた怪しい男がこちらを見ていた。話を聞くと、ストーカー被害に遭っているらしく、そのせいで転校しモデルの休業をしていたとのことだった。ひとまず大河の家に匿ってもらうことにした次の日、学校でひどく疲れた顔の亜美。「言うことを聞かないと追い出す」と大河に脅され、好き放題いじられていたのだった。放課後、生徒会主催のゴミ拾いに大河と竜児と亜美と実乃梨が参加するが、早速亜美と大河は口喧嘩をしてしまい、大河は実乃梨と一緒にどこかへ行ってしまう。仕方なく雨の中、亜美と一緒にゴミ拾いをする竜児。相変わらず猫を被る亜美に対し、「取り繕った外面なんかばれてるぞ」と言う。少し不穏な空気が流れたその時、前日にいたストーカーが再び現れ慌てて身を隠す竜児と亜美。するとそこにゴミ袋を体に纏い、頭にトレーを被った大河と実乃梨がやって来る。ストーカーは大河に興味を示し、「かわいいミニ妖怪発見」と言い写真を撮り始める。大河はストーカーを蹴り上げ、ストーカーに対しうじうじしていた亜美も、逃げるストーカーを追いかけてボコボコにしたのであった。

文化祭

ミスコンに出場する大河

大河の携帯に何度も電話がかかってくるが、大河は無視し続ける。電話の相手は大河の父親である逢坂陸郎からであった。「電話に出ろ」と言う竜児だが、父親のことを「くそじじい」と呼び、かたくなに出ない大河であった。
文化祭の出し物とミスコンの代表を決めることになり、文化祭の実行委員である春田浩次と亜美が進めていく。出し物は担任である恋ヶ窪ゆりの提案した「プロレスショー」に決定し、ミスコンの代表は大河に決まる。放課後、大河が自分の口座からお金を下ろそうとすると、残高が0円になっていた。父親から振り込まれる生活費で暮らしていたが、父親に口座を止められてしまったのだ。大河が怒りを露わにしていると、再び父親からの着信。どうしても会いたくない大河は、代わりに父親と会うことを竜児に頼む。大河の父親に会いに行った竜児は、大河の父親に「もう一度大河と暮らしたい」と言われた。その夜、竜児は大河の父親の良い印象を話し、父親から預かったお金を渡す。竜児から父親の話を聞いた大河は、不機嫌になり帰って行ってしまった。
次の日、大河の家の前に父親が現れた。父親を蹴り上げ、そのまま帰ろうとする大河に「父親と一緒にいた方がいい」と竜児は言い、大河は「竜児がそう言うなら」と言い、渋々ながら父親とともに去って行った。
竜児は大河の父親が帰って来て、文化祭を見に来ることを実乃梨に教える。すると、実乃梨の態度が豹変。「大河の目を覚めさせる、あんな人の言うことを信じちゃだめだ」と言い、竜児と大喧嘩してしまう。その夜、竜児の母親の高須泰子から、大河が引っ越すことを聞く。泰子は「勝手に迎えに来て勝手に連れて行くなんて身勝手な人だ」とご立腹していた。
次の日、文化祭が開催されるが、竜児は実乃梨と仲直りができないままでいた。大河はミスコンに出場するため、メイクをしながら父親からの連絡を待っていた。ミスコンが始まり、亜美は1番目の参加者である1年生の光井百合子を紹介し始める。その時、竜児の携帯に大河の父親からメールがきた。メールの内容は「仕事で出なくてはいけなくなった。色々あって、一緒に暮らす話も無しで。お姫様に謝っておいてください」とのことだった。大河には連絡をせず、自分に簡単なメール1本で済ませてしまった父親。竜児は怒りに震えていると、大河の出番がやってくる。「会場にお父様が応援に来ています、ぜひ応援の声を」と司会の亜美が言うが、会場に父親はいない。大河はドレスの裾を踏んで転んでしまうが、それでも歯を食いしばり、涙を浮かべながら立ち上がる大河。その姿に竜児は思わず拍手をする。すると後ろからもう1本の拍手が。それは泣きながら拍手をした実乃梨であった。見事にミスコンは大河の手に。これで終わりと思いきや、最後のメインイベント「福男」の開催が生徒会から告知される。優勝した人は大河と後夜祭でフォークダンスを踊れるということだった。コースは校内1周。竜児は全力で走り続け、最後のグラウンドにトップで戻って来る。そこへ実乃梨の姿が現れる。実乃梨も参加しており、無言で争う中、陸上部が2人を抜きにかかる。すると実乃梨が捨身で陸上部へタックルし、竜児をゴールさせようとする。しかし竜児は実乃梨の元へ行き、2人で手を繋いで1位でゴールをし、福男は竜児と実乃梨に決まった。竜児と実乃梨は改めて仲直りをする。実乃梨から大河の話を聞くと、父親は1年前にも同じように現れ、同じように忽然と姿を消してしまっていたとのことだった。このことを知っていたため、実乃梨は竜児に怒りをぶつけてしまったのであった。

星は、遠く

金髪頭にし、取り押さえられる北村

文化祭が終わり、生徒会長選挙の日が近づく。生徒会副会長である北村が当然、次期生徒会長になると思っているクラスメイトの面々。だが北村は「生徒会長にならない」と宣言し、「生徒会も辞める」と言い出した。
翌日、竜児と大河が登校すると、そこには先生たちに取り押さえられている金髪頭の北村の姿があった。放課後、朝帰ってしまった北村の様子を見に竜児と実乃梨で行くことにする。北村家に向かうが北村は家にいなかった。諦めて竜児は自分の家に帰ると、そこには北村と大河がいた。そのまま竜児の家で一晩を過ごした北村と大河。そこへ黒髪戻しを持った泰子が現れる。泰子は北村の親と繋がっており、家に帰るまでに黒髪に戻そうとするが、それに抵抗した北村は再び逃亡してしまう。どうすれば元の北村に戻ってくれるのか相談する竜児と大河。そこで大河が生徒会長に立候補し、焚きつけて北村を生徒会長に立候補させようという作戦を実行することにする。しかし、北村からの立候補はないまま時間は過ぎていく。その夜、竜児の携帯に生徒会の人から電話があり、北村が生徒会長をやりたがらない理由を聞く。北村は生徒会長である狩野すみれに恋しており、すみれが留学をするために学校からいなくなる。前からすみれが生徒会長を引退したら、生徒会長になった自分を見てほしい、そしていつか自信がついたら告白をしたいと考えていたのだ。その北村の思いが、全て打ち砕かれしまい今の状況に至るということだった。
翌日、髪を黒に戻し立候補する宣言はしながらも、なかなか立候補届を出さない北村。そのまま帰ろうとしていると、北村を待っていたすみれが現れる。すみれに立候補届をつきつけられ、立候補届を提出するために走り出す。生徒会長選挙演説の日、北村が立候補したため、大河は辞退した。生徒会のメンバーである1年生の富家幸太、狩野さくら、2年生の村瀬が見守る中、北村は演説を始めるが、所信表明ではなくすみれへの思いを告白し始める。しかしすみれからその答えを聞くことは叶わず、はぐらかされ、余興の一環として処理されてしまった。演説会後、教室で涙を流し続ける北村。すると大河は「竜児は北村の傍にいてあげて」と言い残し教室を出て行く。大河は背中に木刀を携え、すみれのいる3年生の教室へと殴り込みに行く。大河とすみれは殴り合いをしながら、大河が北村を好きなこと、すみれもまた北村を好きなこと、だけど北村のことを考えるとこうするしかなかったこと、様々な思いをぶつけ合う。その後北村と竜児が到着。「本当に好きでした、ありがとうございました」と涙ながらに頭を下げる北村。その後事態は収拾された。そして2日後、すみれはアメリカへ旅立ち、大河は2週間の停学となった。

聖夜祭

ステージで歌を披露する亜美(左)と大河(右)

大河の停学期間が終わり、その間実乃梨と竜児の距離が縮まっていないことを知る大河。クリスマスまでに2人の仲を進展させることを宣言する。学校では、生徒会主催のクリスマスパーティーが開催されることが告知され、これを機に竜児と実乃梨の仲を進展させようと目論む大河だが、実乃梨は部活があるからと、出席を拒否する。その日の夜、男子は竜児、北村、春田、竜児の友人である能登久光。女子は大河、大河と亜美の親友である木原麻耶のメンバーでテスト勉強をファミレスですることになる。能登の何かと大河と北村をくっつけようとする行動に北村のことが好きな木原は複雑な表情をする。テスト勉強の帰り、木原は「北村と大河が付き合えばいいって思う?そうは思わないよね?高須君は大河のことが好きなんでしょ?」と竜児に問うが、木原の勢いに圧倒された竜児は、言い返すことが出来なかった。
クリスマスパーティーが開催され、ステージに大河と亜美が立ち、2人によるクリスマスソングが披露された。ステージが終わった後、大河がいないことを心配する竜児。亜美によると、家に帰ってサンタを迎える準備をするとのことだった。大河は帰り際に「竜児がずっと待っているから絶対学校に来て」と実乃梨の家に寄っていたのだった。竜児と実乃梨をくっつける、これが大河から竜児へのクリスマスプレゼントだった。大河の元に、サンタの着ぐるみとクマの被り物をした怪しい人物がやって来る。「サンタさんなの?」という大河の問いにうなづく謎の男。サンタに大河は大喜びし、楽しい時間を過ごす。「本当にありがとうね、竜児」と言い、クマの被り物を取る。そこには竜児の顔があった。「実乃梨はパーティに向かってるはずだから、私にもう構わず学校へ戻って」と言いながら大河は強引に竜児を向かわせる。竜児が去った後、1人となった大河は、涙を流す。竜児がもう自分の隣にいない、自分が竜児の隣にいてはいけなくなる、それがとても辛く、嫌だという気持ちに気づく。その気持ちに気づいた大河は、外へと走り出すがもう竜児の姿はなかった。竜児の名前を泣きながら叫ぶ大河。そしてその姿を、これからパーティに向かおうとしていた実乃梨が見てしまった。校門で実乃梨を待つ竜児の元に、実乃梨がやって来る。竜児は実乃梨のことが好きな気持ちを伝えようとするが、告白をしないでほしいことを遠まわしに言われてしまう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

埼玉県秩父市を舞台にしたオリジナル作品。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。子供から大人に変わりかける過程で、幼馴染達がバラバラになっていたが、死んだはずの少女が現れることにより過去の出来事や想いを打ち明けていくことになる。少年少女の葛藤や傷を1人の少女を中心に過去から現在を描いていく。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とは、第一期、第二期と25話ずつに分けて全50話が放送されたガンダムのテレビアニメシリーズ。 本編と同時に小説や漫画などで展開された公式外伝「月鋼(げっこう)」や、第一期と第二期の間の時期の金星を舞台にした物語という設定のスピンオフ作品で、アプリゲームとして発表された「ウルズハント」なども後年制作されている。 本編では主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカらの結成した「鉄華団」の壮絶な戦いが描かれている中で、数々の名セリフが物語を味わい深くしている。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents