鉄人28号(Gigantor)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄人28号』とは、横山光輝による漫画を原作とする、日本初の巨大ロボットものシリーズである。
少年探偵「金田正太郎」と、彼に操られる巨大ロボット「鉄人28号」の活躍を描く。
元々は少年探偵漫画だった所に「巨大ロボット同士のプロレス」という内容が加わった事で、昭和30年代に凄まじい人気を誇った。
『鉄腕アトム』と並び、我が国の漫画・アニメ黎明期における金字塔に輝く作品として、強く日本人の記憶に残り続ける作品である。

ビッグファイア博士が作ったロボット。
ファイア2世が事故で失われたために、急きょ製造された後継機。
急造の割に2世を上回る性能であり、鉄人と対戦した際もかなり善戦していた(最終的には敗北し、破壊される)。

サターン

「ギギーッ」と言っているロボット。

某国(そういう設定で、国名がぼかされている)の国王軍が購入したロボット。
反乱を起こした革命軍を倒すために使われたが、正太郎と鉄人が革命軍に味方したため、これに破れた。

カロリア鉄人(偽鉄人28号)

左側。

S国が鉄人28号を奪取を企み、本物とすり替えるために用意したロボット。
外見とリモコンだけは完全に本物と同一であり、正太郎さえ操縦するまですり替えられたと気づかなかった。
しかし、性能が本物より劣るため「どちらが本物かは両方を衝突させればわかる(無事だった鉄人が本物だろうという考え)」という、身も蓋もない作戦で破壊された。

ギャロン

恐竜型のロボット。

陰謀団の作ったロボット。
全身がバラバラになって行動できるという特殊能力を備える。

VL2号

鉄人を振り回しているロボット。

スノー国のロボット。
組み立てが非常に容易という、生産性に優れるロボット。
しかし、性能は大した事がなく鉄人の敵ではなかった。また、生産性を活かした量産も行われていない。

『鉄人28号』の用語

リモコン

鉄人の操縦器。鉄人は意思を持っていないので、このリモコンからの命令電波がない限り行動できない。
そのためリモコンの所持者が鉄人を支配できるのだ。
すなわちその行動の、良いも悪いもリモコン次第、である。
『鉄人28号』の醍醐味は、このリモコンをめぐった正太郎と悪人達の争奪戦にもある。

PX団

本作で主たる悪役組織。
世界的な犯罪組織であり、日本にも支部を持っている。物語初期は鉄人を狙ってリモコンを正太郎から奪取しようとした。

簡単にいえば『仮面ライダー』における「ショッカー」のようなものだと捉えれば解りやすい。

『鉄人28号』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

正太郎「いけっ! 鉄人!」

正太郎のリモコン操縦ひとつで、あらゆる行動をこなす鉄人。

正太郎がリモコンを握り、鉄人に号令を飛ばすシーン。
本作の象徴のような場面であり、この一声で鉄人は正太郎の思いを汲んで様々な行動に移る。
他に「やれっ、鉄人!」や「がんばれ鉄人!」など、パターンは豊富。
いずれにせよ漠然とした操縦と命令だけで、鉄人は縦横無尽の活躍をするのだ。

鉄人には人工知能は搭載されておらず自律行動できない設定だが、現実的な観点から見れば十分に自律行動をしているといえる。

鉄人28号「ガオーッ!」

「ガーッ」や「グワオーッ」のパターンもある。

3jkendo_kashin
3jkendo_kashin
@3jkendo_kashin

目次 - Contents