鉄人28号(Gigantor)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄人28号』とは、横山光輝による漫画を原作とする、日本初の巨大ロボットものシリーズである。
少年探偵「金田正太郎」と、彼に操られる巨大ロボット「鉄人28号」の活躍を描く。
元々は少年探偵漫画だった所に「巨大ロボット同士のプロレス」という内容が加わった事で、昭和30年代に凄まじい人気を誇った。
『鉄腕アトム』と並び、我が国の漫画・アニメ黎明期における金字塔に輝く作品として、強く日本人の記憶に残り続ける作品である。

『鉄人28号』の登場ロボット・メカ

鉄人28号

画像中央。

本作の主役ロボット。
旧日本軍の秘密兵器だが、開発が終戦に間に合わなかったという設定である。
ビルも粉々にする怪力と銃砲弾をものともしない装甲に、空を制する飛行能力をも備える。
リモコン操縦のため、弱点は電波妨害となる。

後の世の、あらゆる巨大ロボットの原点となった存在である。

ブラックオックス

黒いロボット。

本作を代表するライバルロボット。
鉄人よりも高性能であり、自律して動く事ができるが、飛行できないのが弱点。
電波かく乱も可能で、鉄人を翻弄した。後の警察に回収され、正太郎の心強い味方となる。

後の「ゲッター1」や「グリフォン」に「マスターガンダム」といった鋭角的デザインをしたロボットのモデルである。
強力なライバルが味方になる、という少年漫画の定番を行った初期の存在でもある。

モンスター

「ギギ」と音を発しているロボット。

カリー国のロボット。
お世辞にも格好良いとはいえないデザインだが、鉄人よりずっと巨大で、見た目のインパクトが絶大。
劇中の登場期間は短いながらも、ファンの印象に強く残るロボットである。

鉄人27号

物を放り投げているロボット。

鉄人28号より、ひとつ前に制作された鉄人。
当初はこれが鉄人28号になるはずだったが、デザイン人気が青いロボット(後の鉄人28号)に集中したため、そちらにお株を奪われた。
そして、このロボットは「鉄人27号」だったという事にされ、破壊されてしまったのである。

バッカス

「ガーッ」と言っているロボット。

不乱拳博士が制作したロボット。
対鉄人戦闘を念頭に置かれており、飛行能力や火炎放射能力を備える。
しかし全体的には鉄人より劣っており、最終的には鉄人の攻撃で破壊された。

ギルバート

頭から三本の角が生えているロボット。

ドラグネット博士の制作したロボット。
細身のボディながら、鉄人を上回る怪力を誇り、飛行能力も高い。
作中最強のロボットであり、これを倒すには鉄人とブラックオックスが二体同時にかかる必要があったほどだ。

ファイア2世

肩に鳥が乗っているロボット。

ビッグファイア博士の作ったロボット。
オプション兵器の「鳥メカ」を引き連れている。完全な自律行動ができ操縦者を必要としない高性能ロボットだが、雪山を登山するというデモンストレーション中に滑落し、壊れてしまった。

ファイア3世

黒いロボット。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents