鉄人28号(Gigantor)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄人28号』とは、横山光輝による漫画を原作とする、日本初の巨大ロボットものシリーズである。
少年探偵「金田正太郎」と、彼に操られる巨大ロボット「鉄人28号」の活躍を描く。
元々は少年探偵漫画だった所に「巨大ロボット同士のプロレス」という内容が加わった事で、昭和30年代に凄まじい人気を誇った。
『鉄腕アトム』と並び、我が国の漫画・アニメ黎明期における金字塔に輝く作品として、強く日本人の記憶に残り続ける作品である。

右の人物。

正太郎の叔父のような立場の人間(実際の親類ではない)。
警察署長であり正義感が強いが、おっちょこちょいなところがある。
警察だけで解決できない難問が起きた際には、正太郎に依頼を持ってくる。

村雨健次(むらさめ けんじ)

右の人物。

東京をねぐらにするギャングの一味。
兄貴分とした竜作が鉄人がらみの事件で亡くなった事をきっかけに正太郎を恨んでいたが、後に和解。
実は正義感が強く、味方となった後は正太郎の心強い相棒を務める事もあった。

村雨竜作(むらさめ りゅうさく)

たばこを吸っている人物。

東京をねぐらにするギャングの頭領。
きっぷのいい性格で、よく子分の面倒を見ていたが暴走する鉄人に襲われて命を落としてしまう。

敷島鉄男(しきしま てつお)

敷島博士の息子。
正太郎とは年齢が近いこともあり、仲が良い。
正太郎が大人顔負けの少年であるのに対し、鉄男は普通の少年とされる描写が目立つ。

金田(かねだ)博士

髭の生えた人物。

正太郎の父親にして、鉄人28号の開発者。
戦争中に旧日本軍の依頼で鉄人シリーズを開発していたが、終戦に間に合わなかった。
また、本人も婦人も命を落としてしまっており、このため正太郎は孤児になっている。

牧村(まきむら)博士

白ヒゲの人物。

人工知能を持ったロボット、ロビーを作った人物。
少々頑固だが、善人でありロビーが悪い心を持ってしまった事に心を痛めている。

悪人

不乱拳酒多飲(ふらんけんしゅたいん)博士

白髪の人物。

本作における最大の天才科学者。
「ちょっとつくってみたい」という軽い気持ちで、鉄人28号を超えるロボット「ブラックオックス」を造り上げ、それのみならず人造人間さえも生み出した。
だが、マッドサイエンティストであり、世の中の平和よりも自分の研究を優先してしまう。

覆面の怪人

覆面の人物。

謎の男。
乗鞍岳で鉄人を作り続けていた。
しかし、この設定は鉄人28号の制作者が金田博士であるというものと矛盾している。

正体は完全に不明(金田博士は死亡しているので、彼でないのは明確である)。
その理由には、原作者の横山光輝曰く「話を途中で変えてしまったから、わからない」と、身も蓋もない答えが存在する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents