モアナと伝説の海(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モアナと伝説の海』とは、ディズニー製作のスペクタクル・アドベンチャー映画。2016年公開。この映画は、全米興行収入ランキング3週連続1位、第89回アカデミー賞では主題歌賞、長編アニメーション賞にノミネートされた。モヌトゥイ島に住む16歳の少女モアナは海を愛し、サンゴ礁の向こうの世界にとても魅力を感じていた。ある日、近郊に魚が居なくなり、椰子の実等の果物も腐り始める。島の人々と世界を救う為に大海原へ旅に出るという物語を描いている。

『モアナと伝説の海』の概要

『モアナと伝説の海』とは、2017年3月10日に公開された、ディズニー製作の3Dコンピュータアニメーションである。第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞している。

監督は、「リトル・マーメイド」でディズニー・アニメーションの歴史を変え、「アラジン」でも新しいディズニー・ヒロインの姿を打ち出して世界中の女性たちから絶大な信頼と人気を得た、ジョン・マスカーとロン・クレメンツである。

主人公の少女、モアナたちが暮らすモトゥヌイ島には、昔からある物語が伝えられていた。1000年前、海しかなかった世界に島や自然、動物を創造した女神テ・フィティがいた。ある日、その女神テ・フィティの心が、半神半人のマウイによって盗まれてしまう。しかし、同じく心を狙っていた悪魔テ・カァの襲撃を受け、マウイは心を海に落としてしまう。テ・フィティが心をなくし、世界は闇に包まれるが、いつか海に選ばれし者が心を返せばまた平和が訪れるとされている。

ある日、ココナッツなどの植物は腐り、近海で魚が採れなくなる等の現象が起きる。平和を取り戻すには、モアナが幼い頃に海からもらった緑の石(テ・フィティの心)を持ち主の女神に返す事が条件だと祖母のタラから聞かされる。モアナは島の人々と世界を救うために、サンゴ礁を超える事は危険だと父親に反対されながらも大海原へ旅に出る。そして、旅先で出会った半神半人のマウイと協力し、女神テ・フィティの元へ向かうのだった。

今作のテーマは「自己実現」であり、観た後には勇気を貰える作品になっている。監督からの「傷つき悩み迷った時にも、自分の心の声に従って生きてほしい」という思いが込められており、主人公のモアナの行動から人間としてどのように生きるか、どのように自己の能力や個性を実現させていくかを学ぶ事が出来る所が魅力である。

『モアナと伝説の海』のあらすじ・ストーリー

島に伝わる伝説

幼い頃のモアナがテ・フィティの心である緑の石を拾ったシーン

太平洋に、緑や花、ヤシの木などが生い茂る自然豊かなモトゥヌイという島があった。そこに住む人々は平和な暮らしを送っていたが、その島には昔からある伝説が伝えられていた。その伝説とは、1000年前、命を創り出すことが出来る心を持つテ・フィティという女神がいたというところから始まる。その力を手にしたいと願う者は多く、マウイという風と海を司る屈強な半神半人もその中の1人であった。ある日、マウイは昔神から貰った釣り針でテ・フィティの心を釣り上げてしまった。すると、心を失ったテ・フィティの島々は崩れさり、この世に初めて闇が訪れた。そして、大地と炎の悪魔テ・カァが誕生した。マウイは戦おうとしたが、テ・カァには全く歯が立たず攻撃をもろにくらってしまう。その衝撃で、神の釣り針とテ・フィティの心は海の底深くへと沈んでいった。その後、マウイはどこかに姿を消してしまった。この伝説をモアナの祖母であるタラが村人達に語り広めていた。この伝説には続きがあり、いつか海に選ばれし者が航海に出てマウイを探し出し、テ・フィティ心を返す事で再び平和が訪れるとされている。

今作の主人公となるモトゥヌイ島の村長の娘であるモアナは、幼少期からこの物語を聴いて育った。父親のトゥイはそんな伝説はないからサンゴ礁を越えず、安全なこの島に居続けるようモアナを含む伝説を聞いていた子供達に言い聞かせた。タラは伝説は本当だと言い張るが、トゥイは聞く耳を持とうともしなかった。モアナは海が大好きでよく海辺で遊んでいた。この日も海辺で遊んでいると、孵化した子ガメが海へ向かう途中で鳥につつかれている所を見つける。モアナは葉っぱを取ってきて、子ガメが鳥につつかれないよう守りながら海へと誘導した。すると、海が形を変え、モアナが好きな綺麗な貝殻を拾えるよう道を作った。モアナは大喜びしていると、海の中に渦巻きの形をした緑色の綺麗な石を見つける。その緑の石こそが伝説の中にあったテ・フィティの心である。海はモアナを選び、託す事にしたのだった。しかし、モアナが父親に呼ばれたタイミングでその石を失くしてしまう。それを見ていたタラはモアナが海に選ばれた人間だと悟り、モアナが成長するまで大事に緑色の石を持っておく事にしたのだった。

時が経ちモアナが16歳になった時、トゥイは村人たちの前で正式にモアナを次代の村長候補に指名し、代々の村長だけが立ち入る事の出来る山頂へ連れて行った。モアナは未だ海に惹かれていたが、海に出る事を厳しく禁じるトゥイの期待に応えるべく、その気持ちはそっと胸にしまった。そして、モトゥヌイで村人たちの平和な暮らしを守る事を誓った。

モアナが村長になるための修行を始めた時、島に異変が発生した。急にココナッツ等の実が腐り、近海で魚が採れなくなってしまった。モアナはココナッツは別の場所に植える事を提案したり、 少し漁の範囲を広げる事を提案する。しかし島の近辺には魚がいないと村人に指摘を受け、トゥイの前でサンゴ礁を越えて漁に出ることを新たに提案した。だが、トゥイに海は危険だと猛反対されてしまう。母親のシーナから、以前トゥイもサンゴ礁を越えた事があり、その際嵐に襲われトゥイの友人が亡くなってしまった事実を聞かされる。それでも、サンゴ礁を越えたいという気持ちを押さえきれないモアナは、禁止されていた大海原へとペットの子豚プアと共に乗り出していく。意気揚々と海へ出たものの、高い波に幾度となく襲われ船から落ちてしまう。なんとか泳いで岸辺に戻りついたが、海への恐怖心でいっぱいになってしまった。
それを見ていたタラは、モアナをサンゴ礁を越えていくサポートをするために島の秘密の洞窟へ連れて行った。その洞窟には、なんと1000年前の先祖がモトゥヌイへとたどり着いた時に使った帆船が置かれていた。モアナは帆船の太鼓を叩いた時、海を渡り歩く旅人だった祖先のイメージが浮かんだ。タラは、ペンダントの中からテ・フィティの心である渦巻きの模様がある緑色の石を取り出し、モアナに手渡した。モアナこそが伝説の話の中にあったマウイと共にテ・フィティの心を返しにいく、海に選ばれし者なのだと告げた。
その夜タラは危篤状態に陥る。タラは形見としてペンダントをモアナに渡し、再度テ・フィティの心を返しに行くよう遺言を残した。モアナはすぐさま先祖の残してくれた帆船で単身海に漕ぎ出していった。

覚悟を決め、大航海へ

左からマウイ、モアナ。マウイがモアナに歌っているシーン。

モアナが海に出て間もなく、ペットの鶏であるヘイヘイも船に乗り込んでいる事に気が付いた。仕方なく旅を共にする事に決め、マウイを探しに向かった。ところが、旅路の途中で嵐に遭遇し波に飲み込まれた衝撃でモアナは気を失ってしまった。ヘイヘイは気を失ってしまったモアナを起こした。二人は見ず知らずの無人島に流れ着いていたのだった。モアナは海に対し、「助けて」と言ったのにも関わらず船をひっくり返された怒りをぶつけた。しかし、実際には海はモアナ達をマウイの元へ導いていた。この無人島こそ、マウイが幽閉された島だったのである。
モアナはマウイに会った時になんと声をかけようか考え練習していると、後ろからマウイが現れた。早速モアナはテ・フィティに心を返すようマウイを説得するが、かなりのひねくれ者で一筋縄では行かなかった。マウイはモアナの話に聞く耳を持たず、モアナを土に深くあいた穴の中に閉じ込めた。その隙にマウイは、カニ型の魔物タマトアに奪われてしまった「神の釣り針」を取り返すべく、モアナの船を奪って島を出ていこうとした。すると、脱出したモアナが船に飛び込んできてマウイの事を懸命に説得したのだった。マウイは嫌がったが、逃げようとしても海がマウイを船に連れ戻してしまうので、仕方なく神の釣り針を先に取り返すことを条件に、モアナとテ・フィティの島へ心を返しに行く事に応じた。

やっとテ・フィティの心を返しに行けると思った矢先、テ・フィティの心を狙う海賊カカモラが現れ独の付いた吹き矢で襲撃してきた。カカモラ達はモアナの船に乗り込み、テ・フィティの心を引っ張り奪おうとする。モアナも負けじと引っ張り合いを行ったが、ペンダントの中からテ・フィティの心が転がってしまう。そして、ヘイヘイが餌と勘違いをしてテ・フィティの心を飲み込んでしまったのだった。カカモラはヘイヘイを連れ去り自分たちの船へと帰っていく。劣勢になったマウイは逃げ出そうとするが、モアナは諦める事が出来ず機転を効かせてカカモラの船に乗り移り、ヘイヘイを取り返した。その後、マウイはカカモラの船同士がぶつかるように仕向けて撃退し、見事逃げ切る事に成功したのだった。

だが、カカモラの吹き矢がマウイに刺さってしまい、身動きが取れなくなってしまう。そこでマウイは全く航海技術がないモアナに伝統的な航海法を教えることとなった。モアナの航海技術はみるみる上達し、ようやく2人は、タマトアの住む島へと辿り着いた。高い石の塔を登ったところで、入り口を発見する。そこから飛び込むと、中には不気味な魔物達が沢山いた。魔物達に捕まらないよう奥へと進んでいくと、背中に宝物をたっぷり積んだ巨大なカニの怪物タマトアを見つける。マウイの神の釣り針はその背中のてっぺんにあり、モアナとマウイは協力して取り返す為の作戦を実行する。タマトアがピカピカと輝く物が大好きなことを利用し、モアナは光沢のある貝殻を身にまとってタマトアをおびき寄せた。タマトアの注意がモアナに向いている隙に、マウイはタマトアの上に登り神の釣り針を取り返す。嬉しさのあまり、様々な動物の姿に変身していたマウイであったが、タマトアに見つかってしまった。マウイが手にしている神の釣り針を振り回され、壁に叩きつけられた。モアナはマウイを助けるべく、近くにあった緑色に光る粉を利用してをテ・フィティの心の偽物を作り、タマトアの注意を引き付けた。その隙にモアナとマウイは走って逃げ、海底噴火の勢いを使って地上まで帰って来ることに成功した。

先程までは上手に姿を変えることが出来ていたマウイだったが、タマトアに「お前は人間に捨てられた子だ」と襲われながら言われた事で自分の存在に自信を失ってしまったからなのか、もう上手に姿を変えることが出来なくなってしまっていた。モアナはそんなマウイを励ますが、マウイは素直にその言葉を聞き入れる事が出来ず、「あっちに行け」とモアナを遠ざけようとする。モアナは、「私を船から放り出しても構わない」と語りかけた後、自分が旅をしようと決めた理由を静かにマウイに打ち明けた。すると、マウイも自分の過去を打ち明ける。本当は人間の子である事、両親にゴミのように捨てられた事、神々が見つけてマウイに釣り針を渡してくれたことなどであった。話を聞いたモアナは神々がマウイを選んだ理由が必ずあると、再びマウイを励ました。次第にマウイは自信を取り戻していき、神の釣り針を使って自在に姿を変える力を取り戻していく。二人の信頼関係も強くなっていった。

立ちはだかる壁

テ・カァがモアナとマウイを攻撃しようとしているシーン。

いよいよテ・フィティの島が近づいた時、2人の前に大地と炎の悪魔テ・カァが立ちはだかった。荒れ狂うテ・カァとマウイは勇敢に戦おうとするも、全く刃が立たない。マウイは一旦逃げようとするが、モアナはもう一度立ち向かおうとした。その時、テ・カァが投げた溶岩の塊が2人の元へ飛んできた。マウイはモアナを守ろうと大切な神の釣り針を盾にする。その衝撃で釣り針はヒビ割れてしまい、あと一振りでもすれば崩れてしまいそうな状態になってしまった。モアナはテ・カァは「溶岩だから海に入れないのよ。上手く避けて行こう」とマウイに提案したが、マウイは「俺には釣り針が必要なんだ」と怒りをぶつけ、こうなったのは全てモアナのせいだと言い、モアナの元を去っていった。

後もう少しという所で旅を共にしてきた相棒であるマウイに立ち去られ、1人取り残されたモアナは意気消沈してしまう。「私にはもう無理」とテ・フィティの心を海に戻し、引き返そうとした時、どこからともなく光るエイが現れた。そのエイは亡くなった祖母のタラであった。タラはエイに姿を変え、旅をするモアナを励ましに来たのだった。タラは「お前のせいじゃない」とモアナに声をかけた。タラと会話している中で、モアナは自分が何者であり、何をすべきなのかハッキリと心の中に悟った。すぐさま海に潜ってテ・フィティの心を取りに行き、「私はモアナ。私の船に乗って、この海を渡ってテ・フィティの心を返しに行く」と自分に言い聞かせ、テ・カァがいる場所をすり抜けてテ・フィティ島へ向かおうとした。

モアナは再びテ・カァと対面した。やはり簡単にテ・カァをすり抜ける事はできない。テ・カァに襲われた衝撃でテ・フィティの心を船から落としそうになるが、間一髪のところでヘイヘイがキャッチする。このままではテ・カァにやられてしまうと思ったその時、去ってしまったはずのマウイが「釣り針が壊れても構わない」という強い決心を抱き戻ってきた。2人は力を合わせてテ・カァの弱点をつき、一瞬のスキをつく。マウイはモアナを無事にテ・フィティの島に辿り着くことが出来るよう、テ・カァがモアナを狙って投げた溶岩の塊にむかって壊れかけの神の釣り針を振りかざした。その衝撃で釣り針は壊れてしまったが、海の協力もありモアナは無事にテ・フィティの島へと辿り着いた。ところが、島に付いたものの肝心のテ・フィティの心を返す場所が見当たらない。どうしたら良いのかわからず辺りを見渡した時、モアナはテ・カァの胸のあたりに渦巻状になっている部分を見つけた。テ・カァこそが心を失ったテ・フィティの姿であるとモアナは見破ったのだった。

平和

左からマウイ、モアナ、テ・フィティ。マウイがテ・フィティに許しを請うシーン。

モアナがテ・カァにテ・フィティの心である緑色の石をはめ込むと、恐ろしい姿は消え、原初の優し気な姿を取り戻した。テ・フィティが大地に手を伸ばすと、そこから草花がみるみるうちに顔を出し美しく輝きだした。南の島々に平和が戻ってきたのである。

マウイはテ・フィティに自分が以前行った非礼を詫びると、許しを得ただけではなく神の釣り針を元に戻してもらうことが出来た。マウイはまた姿を変えることが出来ると大喜び。テ・フィティにお礼の言葉を伝えた。モアナはマウイに一緒にモトゥヌイ島に行こうと誘うが、マウイもまた自分の進む道を見つけていた為、二人は堅く抱き合って別れる事となった。

モアナはモトゥヌイに戻り、父親や母親、そして村人達との感動の再会を果たした。両親はモアナの帰りを今か今かと待ちわびていた為、海岸に辿り着いたモアナに向かって走り、家族三人で抱きしめ合ったのだった。勿論不思議な活躍をしてくれたヘイヘイも共に帰還した。島に戻ったモアナは村長になるのではなく、昔の先祖達が暮らしていた時のように、自分の心に従い島の住民を率いて航海に繰り出す事を決意したのだった。

『モアナと伝説の海』の登場人物・キャラクター

主要人物

モアナ・ワイアリキ

CV:アウリイ・クラヴァーリョ/吹き替え版:屋比久知奈(16歳のモアナ・ワイアリキ)、正垣那々花(8歳のモアナ・ワイアリキ)

この物語の主人公で、海に惹かれている16歳の少女。 幼い頃、海辺で子ガメが海に向かう途中に鳥につつかれている所を助けた事がきっかけで、盗まれたテ・フィティの心を返す者として海に選ばれた。モトゥヌイの村長の娘で、いずれ父の跡を継ぎ島の人々のリーダーになることを期待されている。少々プレッシャーを感じながらも、期待に応える為に頑張っている。
島に異変が生じ困る村人達を救う為、マウイを探し出しテ・フィティの心を返しに行く冒険の旅に出る。モアナは島育ちではあるが、トゥイの厳しい掟により海に出たことは無く、航海技術は素人同然であった。旅を共にする事となったマウイから伝統的な航海術を教えてもらうと、みるみる航海技術は磨かれた。
自分の心に正直に生きる、逞しい性格の持ち主である。

モアナは翌年に公開された「シュガー・ラッシュ:オンライン」にも、登場している。

マウイ

CV:ドウェイン・ジョンソン/吹き替え版:尾上松也

風と海を司る半神半人。がたいがよく、恐いもの知らずでいつも自信満々。神に与えられた巨大な神の釣り針で、どんな生き物にも変身する事が出来る。素晴らしい航海士でもあるが、泳ぎは不得意。その為、釣り針で鷹や水棲生物に変身するか、船に乗るかしなければ海を越えて旅することができない。
かつては偉大な英雄として称えられていた。テ・フィティの心を盗んだことをきっかけに神の釣り針と盗んだテ・フィティの心を失くしただけではなく、無人島に1000年間幽閉されてしまった。体中に刻み込まれたタトゥーは、マウイの偉業や過去を表している。これまでに成し遂げてきた偉業はハワイ諸島を釣り上げる、太陽を捕まえる、空を持ち上げるなどである。このような明るい過去だけではなく、マウイは生まれて間もなく親に捨てられた悲しい過去もあった。マウイは周囲からの愛欲しさ故に数々の偉業を成し遂げてきたのだった。
島に漂着したモアナと出会い、説得されたマウイは再び英雄になる為、共に航海をする事を決意する。最初はモアナの船を目当てに説得に応じたが、旅の途中でモアナとトラブルを乗り越え話し合いを重ねていくうちに心を開き、信頼関係を深めていった。

ミニ・マウイ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プリンセスと魔法のキス』とはウォルト・ディズニー・スタジオが制作した2Dアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。原題は『The Princess and the Frog』。日本では2010年に公開され、ディズニー初のアフリカ系アメリカ人のプリンセス映画として知られる。アメリカ合衆国ニューオーリンズを舞台に、主人公ティアナと王子ナヴィーンを蛙に変えた魔法と、それを解く「プリンセスのキス」をめぐる冒険を描く。

Read Article

アラジン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

ムーラン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ムーラン(原題:Mulan)』とは、アメリカのディズニーで1998年に制作された、古代中国を舞台としたディズニー映画である。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。2020年には実写映画化もされたが、こちらの作品は多くの波紋を呼んでいる。古くからのしきたりに従う周囲に求められる女性としての自分、自分らしく振る舞いたいという気持ちを持つ自分とで葛藤をするムーランが、父の代わりに男装して出兵することをきっかけに多くの困難を乗り越える過程と成長する姿を描いた物語である。

Read Article

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

リメンバー・ミー(Coco)のネタバレ解説・考察まとめ

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

Read Article

モンスターズ・インク(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・インク』とは、ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女「ラプンツェル」は幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

カーズ2(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪)のネタバレ解説・考察まとめ

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

美女と野獣(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

ズートピア(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ズートピア』とは、2016年2月7日にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたコメディ・アドベンチャー映画。 新米警察官であるウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、肉食動物と草食動物が共に暮らす大都市ズートピアで起こっている連続行方不明事件を解決するために奮闘する。本作品では、人種問題などの社会問題も描かれている。

Read Article

ムーラン2(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ムーラン2(Mulan II)』とは、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作、ディズニーの人気作品『ムーラン』の続編である。『ムーラン』の物語から1ヵ月後、主人公のムーランとシャン将軍が新たな任務を受け、旅に出る物語である。そのため、前作とリンクする部分も多々見受けられる。2005年にアメリカで公開された。日本では劇場での公開は無かったが、2004年に先行してビデオで販売された。一方で、主要キャラクターの中には今回新たに登場する者もおり、新しい『ムーラン』を見せることにも成功している。

Read Article

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

Read Article

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターズ・ユニバーシティ』とは、2013年にディズニーとピクサーによって制作された映画である。略称は『MU』。2001年に公開された『モンスターズ・インク(略称:MI)』の続編であり、怖がらせ屋のモンスター・マイクとサリーの大学時代を舞台にしている映画である。夢に向かってひたすら努力をするマイクと才能に頼り、努力を怠けるサリーの出会いから成長への冒険物語。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

『アナと雪の女王』とは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれ、大ヒットを記録した。ディズニー史上初のダブルヒロインともなる今作で描かれるものは、従来のディズニープリンセスの映画では描かれてこなかった愛の形がある。アナ雪で描かれる愛の形について、他のディズニープリンセス作品と比較しつつまとめていく。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

ポカホンタス(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポカホンタス』とは1995年に公開されたディズニーアニメ映画33番目の作品。ディズニー映画史上、初めて実在の人物を扱った歴史的映画である。映画中盤の挿入歌「カラー・オブ・ザ・ウィンド(Colors of the Wind)」はアカデミー賞で受賞するほど評判が高い。舞台は17世紀初頭のアメリカ、インディアンのポカホンタスが植民地開拓するためにアメリカ大陸に上陸したジョン・スミスに出会い、お互いに恋に落ちる。人種の壁を越えたロマンスは、ディズニーでは異例ともいえる作品だ。

Read Article

シュガー・ラッシュ:オンライン(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シュガー・ラッシュ:オンライン』とは、2012年に公開された『シュガー・ラッシュ』の続編となる長編3DCGアニメーション映画。前作の舞台だったアーケードゲームの世界を飛び出し、おなじみのヴァネロペとラルフの仲良しコンビが広大なインターネットの世界で大冒険を繰り広げる。劇中にはGoogleやTwitterなど実在するIT企業のロゴが登場するなど、インターネット関連のネタが数多く散りばめられている。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。日本での公開は2018年12月。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

ファインディング・ニモ(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファインディング・ニモ』とは、第76回アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した、ディズニー / ピクサー製作の冒険ファンタジー映画である。 2016年には続編『ファインディング・ドリー』が公開された。人間に捕らえられたニモを助ける為、父親であるカクレクマノミのマーリンが旅の途中で出会ったナンヨウハギのドリーと共に、大冒険を繰り広げる物語を描いている。ニモの居場所がシドニーだと知り、急いで向かう2人に幾度となくピンチが降り注ぐ。旅の終わりに親子の絆を感じる事が出来る、感動が詰まった作品である。

Read Article

レミーのおいしいレストラン(ピクサー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レミーのおいしいレストラン』とは、2007年に公開されたディズニー/ピクサー制作のハートウォーミング・コメディな長編アニメーション映画である。監督はブラッド・バード。物語の舞台はフランス・パリ。料理を愛し、フランス料理のシェフになることを密かに夢見るネズミのレミーと、料理が苦手な青年リングイニが出会い、かつて5つ星だったが星を2つ失ってしまったレストラン「グストー」に新風を巻き起こしていく。自分に自信がもてないネズミと人間の成長と友情が描かれた、子どもから大人まで楽しめる作品。

Read Article

アナと雪の女王2(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アナと雪の女王2』は、2019年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による、アメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画である。2013年に公開された『アナと雪の女王』の続編となっている。キャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか―。」であり、エルサの力の謎を解き明かす旅に出る冒険物語が描かれている。4柱(はしら)の風、火、大地、水の精霊を周囲の物を使って姿を表現したり、動物の姿で表現したりしている所が魅力である。

Read Article

目次 - Contents