星の王子ニューヨークへ行く2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『星の王子ニューヨークへ行く2』とは、2021年に公開されたアメリカのコメディー映画。全世界で興行収入2億8800万ドルを超える大ヒットを記録したエディ・マーフィ主演映画『星の王子ニューヨークへ行く』から33年経ち満を持し続編が公開された。日本では2021年3月5日からAmazon Prime Videoでの配信となった。監督は『ルディ・レイ・ムーア』の監督クレイグ・ブリュワー。前回から引き続きの懐かしいキャストはもちろん音楽面でも注目されている。

『星の王子ニューヨークへ行く2』の概要

アキーム一家(左から 末っ子のティナーシェ 、2番目のオマ、アキーム・ジョフィの妻であり王妃のリサ・マクドゥーウェル 、ザムンダ王国国王のアキーム、長女のミーカ)

『星の王子ニューヨークへ行く2』(原題:Comming 2 America)とは、2021年に公開されたアメリカのコメディー映画。本作の監督は、『ターザン:REBORN』、エディ・マーフィが主演を務めた『ルディ・レイ・ムーア』のクレイグ・ブリュワーが努めた。脚本は前作から引き続きバリー・W・ブラウスタイン、デヴッド・シェフィールドとジャスティン・カニューによって書かれた原作を元にして書かれた。そして、『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』のケヴィン・ミッシャーと主演エディ・マーフィが製作を行った。
配役は、前作に引き続き、エディ・マーフィがアキーム役、アーセニオ・ホールがセミ役などオリジナルメンバーも登場する。またエディの実娘ベラ・マーフィも見逃せない。複数役をこなしていたエディ・マーフィ、アーセニオ・ホールは今回も同じように複数役をこなす。

アキームは、前作で花嫁探しのためニューヨークを訪れ、ある慈善イベントで出会ったリサに一目惚れし、彼女の父クリオ・マクドゥーウェル経営するハンバーガーショップ「マクドゥーウェル」でアルバイトを始め彼女のハートをつかむことに成功して自国ザムンダ王国に連れて帰り結婚することができた。それから早30年の時が流れていた。アキームの国王就任を目前としたところで、アキーム本人も知らなかったアキームの息子がアメリカに存在することが発覚する。ザムンダ王国は、男子にしか国王継承権がないため娘しか子供がいないアキームはそのことに日々負い目を感じていた。現国王でありアキームの父であるジョフィ・ジャファの願いもあり、まだ見ぬ自分の息子をザムンダ王国に連れて帰ってくるため30年ぶりにニューヨークへと出向くのだった。
数々の問題を乗り越えて最後には一家が一つとなるその過程も見どころだが、前作から引き続き登場するキャストの約30年後の姿や、前作からさらにパワーアップしたユニークなキャラクターは見ものだ。例えばザムンダに来たアキームの息子のラヴェルと、彼の母親メアリーの場違いだがマイペースな言動は特に見どころだ。
本作は、25か国語に翻訳され、日本を含めた240か国以上で配信となった映画で、日本では、Amazon Prime Videoにて2021年3月5日から配信されている。
前作公開の後、2017年1月には映画『星の王子ニューヨークに行く』の続編が準備中だということが公表されていた。2019年1月には続編にもエディ・マーフィが主演として登場し、監督にはクレイグ・ブリュワーが就任したことが発表された。

『星の王子ニューヨークへ行く2』のあらすじ・ストーリー

ザムンダ王国王子アキーム・ジョフィ王子の結婚30周年の日

左:アキーム・ジョフィの妻のリサ 右:アキーム王子 結婚30周年の日の朝の目覚め

アフリカのザムンダ王国の王子アキーム・ジョフィが、ニューヨークへ花嫁を見つけるために旅に出て、クイーンズでリサ・マクドゥーウェル と出会い、結婚して30年の時が流れた。
大勢の使用人に囲まれて、軽やかなトライアングルの音色でアキーム夫妻は目覚めた。そこに愛娘たちミーカ、オマ、ティナーシェの3人が入ってくる。「おはよう、お父様お母様、結婚記念日おめでとう」と娘たちに祝福され30周年の朝は始まる。
ニューヨークからファーストフードを自国ザムンダに持ち帰りマクダウェルというファーストフード店をオープンし同じく30年が経っていた。こちらも同じく30周年を記念して、新商品を発売した。が、ザムンダで公式ドリンクとして認定しているペプシで流さないと飲み込めない代物だった。マクダウェルの従業員モーリスによると、この「ビヨンド・ビッグ・ミックバーガー」は、肉製品を使わず温室効果ガス削減の一環として「草」を原料にしたものらしい。こうして新商品発売と共に結婚記念日を祝うアキーム夫妻だった。

隣国ネクスドリアとの関係

アキームと三人の娘が一緒に格闘技の稽古をしている

王宮の敷地内ではアキームが、3人の娘たちと格闘技の稽古をしている。立派に育った娘たちにやられてアキームは床に倒されてしまう。ちょうどその時、補佐兼親友のセミが現れ、国王である父ジョフィからの「至急、王の元に来るように」という伝言を告げる。それを聞いたアキームの娘のミーカは、「ジョフィ王の用件とは将来この国を担うであろう自分の結婚相手のことではないのか」と問うが父アキームは「自分が一人で話に行く」と言い残し去っていく。

ネクスドリア武装兵士が最高指導者イジーを紹介

ジョフィの元へアキームとセミが向かっている途中、ザムンダの隣国ネクスドリア武装兵士がこちらへ向かっているという報告を受け慌ててアキーム達は王宮の入り口へと向かっていく。そこへ最高指導者イジー将軍率いるネクスドリア武装軍が現れる。
武装軍が仰々しく最高指導者イジーを紹介する。イジーはザムンダ国王が病床に伏せているとはいえ健在であるのにもかかわらずお悔みを言うような無頼な人物だった。アキームが今回の訪問の意向を尋ねると、まず、イジーの妹イマニを前に出す。イマニは、30年前アキームの妃候補だったが破談となった相手でアキームが自分を持っていないイマニとの問答にうんざりし、「犬のように吠えてみろ」と言って以来その呪縛がいまだ解けておらず片足でケンケン歩行し犬のような奇妙な吠え声しか発することができない。イジーは「この縁談が破談となったせいで、両国の合併がかなわず、ネクスドリアが貧困から脱出することができなかった。そして今もなお貧困に苦しんでいるのはアキームの責任だ」と言い、いまだに恨んでいるのだ。しかし、過去に何度もアキームは救済の手を差し伸べたのだがネクスドリアの状況は快方に向かわなかった。これ以上の救済措置はできない状況だ。
そして今回は、イジーの息子イディとアキームの長女ミーカを結婚させ血縁関係を築くよう要求してきたのだった。
イジーはアキームに将来の世継ぎとなる息子がいないことを馬鹿にし、また、「我々は、結婚という血の繋がりで結びつく方が戦争で血を流して分裂するよりもいいだろう」と言い捨てて去っていく。

王位継承問題

ジョフィの部屋にて占い師ババからアキームに実は息子がいると言われる場面

イジー率いるネクスドリア武装団が引き上げた後、アキームはセミと占い師ババと共にジョフィの部屋へと行く。ジョフィは「そろそろお別れの時が来たようだ」と言い、「国のしきたりで王位は男子が継承せねばならない」と続ける。娘ばかりで男子が生まれなかったアキームは、そのことで失望させたと謝罪したが、ジョフィは「もうお前がそのことで負い目を感じる必要はない、事実ではないことが分かった」と言う。占い師ババは突如、「私には見える。アキームの息子が見える」と発する。実はアキームには婚外子の息子がいたのだった。アキームにとっては全く身に覚えのないことだった。「リサ以外に関係を持った女性はいない」とアキームは断言する。そこで、ジョフィはセミに詳細を話すよう命じた。

そこで当時の回想をする。

右:30年前クラブで出会ったアキームの一夜の相手メアリー

夜な夜な理想の女性に出会うためにアキームとセミは二人で出かけていた。ある晩、場末のクラブでセミとアキームは理想の女性を探すべく物色していたが、全く見つかる気配がなくあきらめていたところに、メアリー・ジュンソンとその友達と出会った。「リサ以外の女性とは関係を持ったことはない」と断固拒否していたアキームだったが、このメアリーとその友達と一緒にそのまま彼女らのアパートへ行き、ハーブを吸わされ、意識がない状態で関係を持っていたのだった。
半狂乱となったアキームはセミに八つ当たりし、なぜ黙っていたのかとジョフィを責めたが、ジョフィに「知らせることなくともアキームに男子が生まれることを期待していたのだ」と言われ何も言えなくなる。
占い師ババは、タブレットに描いたアキームの息子の似顔絵をアキームに見せて、「アキームに息子がいないことで、現国王ジョフィが崩御し、アキームが国王となった暁には、隣国から攻め入られ、アキームは暗殺されるだろう」と予言し、「ザムンダを救うには息子を迎え入れるしかない、ニューヨークに一日も早く息子を迎えに行きなさい」とジョフィに説得される。アキームは、ババから、「サンダーバードを追うのだ」と暗号のような言葉を掛けられた。
そして芝居がかった口調でジョフィは「私の最期はすぐそこだ。私の葬式は豪華絢爛に行ってほしい。生きているうちに盛大な葬式をしよう」と言うのだった。

ジョフィの生前葬式

ジョフィの生前葬儀のオープニング

こうして、ジョフィの希望により生前葬が執り行われることとなった。まずは、ザムンダのしきたりである王が行く道にはグレースと他2名の美しい女性によって花びらが散らされ棺に入ったジョフィが入場する。棺には入っているがまだジョフィは息を引き取ったわけではない。そして、アン・ヴォーグとソルト・ン・ペパー、グラディス・ナイトという豪華メンバーも出演するジョフィ国王の盛大な生前葬が執り行われた。進行役のモーガン・フリーマンは粛々と生前葬を進めていく。
音楽にダンスにと盛り上がりを見せる生前葬の最中、目を開けたジョフィはとても幸せそうに微笑む。グラディス・ナイトが歌を歌い始めたところでジョフィは息子アキームを近くに呼び、「自分の教えを忘れるのではないぞ」と言い残し息を引き取る。
「自分の人生で一番大切な人を失った」と悲しみに暮れるアキームだったが、同時にネクスドリアから攻め込まれることを心配する。そして、アキームはジョフィの希望を叶えるため王室専用機を用意するように命令する。そしてアキームは「アメリカへ戻るぞ、なんとしてでもクイーンズで息子を見つけてやる。目と目を合わせて、我々王家の力がみなぎっていたならば、それは私の血を分けた息子だという証明だ。そしてザムンダに来て、王子の試練を必ずや乗り越えることだろう」とまだ見ぬ息子に想いを馳せる。

クイーンズのアキームの息子との対面

アキームの息子ラヴェル

アメリカでは、ちょうど今日が31歳の誕生日だというアキームの息子ラヴェルが、叔父のリームと共にある会社の採用試験会場に来ている。リームは自分の商売であるダフ屋をラヴェルに続けてほしいのだが、ラヴェルはちゃんとした就職をしたいと思っている。
名前を呼ばれ、ラヴェルは中に入っていく。口うまく面接を進めていくが、ラヴェルは大学を中退していること、父親がいないことを面接官カルバン・デュークに指摘され、カルバンの偏った家庭、片親に対する考えに憤りを覚えたラヴェルは途中で退席し、結局面接はうまくいかなかったのだった。

30年ぶりにニューヨークに戻ってきたセミ(左)とアキーム(右)

SempreVerde
SempreVerde
@SempreVerde

目次 - Contents