風夏(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『風夏』とは週刊少年マガジンにて4年間(2014年2月〜2018年4月)連載されていた瀬尾公治原作の日本の漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。ロックバンドを題材とした漫画でジャンルとしては青春・恋愛・ヒューマンドラマに分類される。内向的な主人公・榛名優が秋月風夏と出会い、人間的に成長していく様子、彼らが結成するバンドが憧れのバンドへと追いついていく様子が描かれる。物語序盤で主要キャラが交通事故で亡くなるため、人間の死と向き合い、乗り越えていくヒューマンドラマの要素が大きい。

『風夏』の概要

『風夏』とは瀬尾公治原作の日本の漫画・アニメ。ジャンルとしてはバンドを題材とした青春漫画であり恋愛漫画。様々なキャラにフォーカスが当たるため群像劇としても楽しめる。主要キャラの死が物語の序盤に起こる。その後は死と向き合い、乗り超えて生きていくヒューマンドラマの要素も見受けられる。週刊少年マガジンにて4年間(2014年2月〜2018年4月)連載されていた。コミックスも全20巻発売され、堂々完結している。2017年にはアニメ化に成功し、2017年冬クール(1月〜3月)に放送した。風夏がソロデビューする等、ところどころで原作とは違う物語が展開されている。原作では想像するしかなかった劇中歌を音楽として具現化している。

瀬尾公治

1975年、広島県庄原市出身。1996年、『HALF & HALF』で漫画家デビューを果たす。各作品の完結が早く、読み易いことがひとつの特徴である。代表作として『涼風』、『君のいる町』、『ヒットマン』が挙げられる。

『風夏』のあらすじ・ストーリー

出来心から始まったアマチュアバンドの成長を描く。内気な主人公・榛名優が秋月風夏との出会いをキッカケに変わっていく様子が描かれる。

プロローグ(1巻)

やりたいことを見つけられなかった風夏は、ちょっとした出来心から周りを巻き込んでバンドを組む。

両親が仕事の都合で海外へ移住するため子供達4人は東京で暮らすことになる。主人公、榛名優が制服姿の女の子・秋月風夏と衝突するシーンから本作『風夏』は始まる。優は内気な性格であったが、風夏のおかげでクラスに馴染むことができる。風夏を中心に交友関係も広がっていき、後のバンドメンバーとなる那智一也や三笠真琴ともここで出会う。優と風夏は互いに惹かれながら何気ない毎日を過ごしていく。一方SNSでは、昔の友達であり、今は国民的アイドルとして活躍している氷無小雪から連絡が来て、三角関係が出来上がりつつあった。

バンド結成・初ライブ(2~4巻)

初ライブの舞台袖にて風夏はメンバーを勇気づける。

風夏は優と三笠は、担任の友美先生の知り合いの海の家でバイトをしていた。バイト最終日、4人で打ち上げをしているところに友美と那智、矢作の友人であるヒサシが遊びに来る。話題はバンドのことになり矢矧達がロックバンド「HEDGH HOGS」であることを知らされる。彼らはボーカルとベースが突発的に旅に出た為活動休止中だと言う。話の成り行きで風夏と優はボーカルとベースとして即席で演奏することに。風夏の生の歌を聞き感動した一同。その後スタジオで出会ったヒサシの妹、石見紗羅も加え、5人体制でバンドを始めることとなる。5人は学園祭を初ライブの場として定める。ベース素人の優は課題曲の「climber's high/hedge hogs」に苦戦するも猛練習する。5人の演奏が完成し本番の日を迎えるが当日の会場はガラの悪い若者達で溢れかえっていた。その理由は優と氷無小雪のプライベートの写真がSNSに上げられたからだった。熱烈なファンは優の初ライブをぶち壊そうと息巻いていた。そんなアンチもひっくるめて優たちはライブを大盛況に納める。こうして「The fallen moon」は結成された。

風夏の死(4巻~5巻)

ライブハウスでのライブ当日、風夏は交通事故に遭い、死亡する。

文化祭の初ライブ後ブッキングされライブをすることになった。ライブの日、集合時間になっても風夏の姿は見えずボーカルは優が兼任することとなる。ライブを何とか乗り越えるが後ほど風夏が交通事故で死んだことを知らされる。その事実にメンバーはショックを受け、風夏の思いを中心に造られたバンドは自然消滅していく。1番ショックを受けたのは優でその事実を飲み込むのにも時間がかかっていた。何事にもやる気を出せず学校も休むようになって1ヶ月優の心を動かすことが起こる。1ヶ月ぶりに電源を着けた携帯電話に風夏からのメッセージが届いていた。声を聞いて脳裏に思い出が蘇る。バンドを続けることに風夏との繋がりを感じた優はメンバーをもう一度集める。それぞれの道に進んでいた3人を引き止め自分の意志を伝えるのだった。最後のチャンスと言われ優が作ったオリジナル曲をセッションした4人は完成度の高さに高揚感を覚えバンドを再結成することを決める。

電光リベリオン編(6巻〜7巻)

優は路上ライブをしている1人の女性と出会う。

優はひとりの女の子と出会う。名前は驚くことに碧井風夏といい、必然的にふたりは仲良くなるのだった。そんな中、バンドの飛躍の為、フェスイベントに出ることとなる。優勝すればメジャーデビューの権利や賞金が獲得出来る。1次審査に通過し2次審査の会場にてライブ審査に参加する。その後同世代バンドとしてしのぎを削ることになる「Le-bard」や「ラビッツ」碧井風夏率いる「other side of the wall」他と出会う。このイベントがプロデューサー、最上による出来レースであることを知った優はイベントを棄権を宣言した上でライブを行う。優勝はできなかったものの関係者から一目置かれる存在となる。

事務所所属(7巻~8巻)

音楽事務所「TWINKLING STAR」の社長、天谷沙織は駆け出しのアーティストに高すぎるノルマを課す。

同年3月、那智先輩の卒業の日に3人は高校を中退する。音楽に専念する為だった。知名度向上のためには事務所に所属すべきだと言われた4人。そんな中、「電光リベリオン」を見ていた天谷沙織から事務所に誘われる。背に腹はかえられぬ4人は事務所に入るがそこには大きなノルマが課せられた。半年後に1300人のキャパを埋めることである。100人程度のキャパでライブをしていた4人にとっては高すぎるハードルだった。おまけに4人は共同生活を始めることになる。高校も辞め実家を出た4人は生活のためバイトを行うことに。優は天谷社長に進められ武道館の清掃員をすることとなる。そこでは碧井風夏もバイトをしており、話を聞くと碧井もソロの歌手として天谷社長にスカウトされたらしい。互いに切磋琢磨して高め合うふたり。「HEDGH HOGS」の復活、「氷無小雪」の芸能界引退、バンドのマネージャーの登場、新曲完成等様々なことが起こりながらも4ヶ月が経ったが動員数は伸び悩んでいた。そんな中であるライブのオファーが来る。「ラビッツ」のOAとして武道館でライブをして欲しいというものだった。何故オファーが来たのか、その理由は「ラビッツ」のボーカルは氷無小雪だった。風夏の夢だった武道館に立ち5人でライブをする。4人はそこに風夏の存在を感じていた。その繋がりもあり、4人は1300人の客を集めライブを成功させることが出来た。

SONIC BOOM FES(9巻〜11巻)

天谷社長のノルマはクリアしたもののライブ後のアンケートの結果はよろしくなかった。ボーカルの華の無さや演奏のズレが課題点らしい。「HEDGH HOGS」や社長のアドバイスを聴きながら着実にレベルアップしファーストアルバムを作る。碧井風夏をバンドに加えることを提案されるが秋月風夏のこともあり受け入れきれずにいた。レベルアップした末に「HEDGH HOGS」主催の野外フェス「SONIC BOOM FES」に参加する。全てを出し切ったが別ステージのバンドのスタートと同時に客が減っていくのを目の当たりにした。それは碧井風夏も同じで「ラビッツ」に客を取られていた。2組は、たまの勧めもあり今夜限りのバンドを組み即席でライブを行う。演奏者も観客も完成度の高さを感じていた。演奏後に青葉にバンド結成を勧められるが今夜限りだと4人は断る。その後、フェスは進み大トリである「HEDGH HOGS」が登場する。MCでたまの喉の病気が理由でこのフェスを最後に解散すると発表する。ラストライブの迫力を目の当たりにし若手バンド達はその意志を受け継ぐのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハッピーシュガーライフ(Happy Sugar Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハッピーシュガーライフ』とは、『月刊ガンガンJOKER』で連載している漫画作品であり、TVアニメは2018年7月より放送が開始された。原作者は鍵空とみやき。 牧原高校1年生の松阪さとうは、家族に関する記憶を失っている少女・神戸しおと共に暮らしている。しかし実の所しおは攫ってきた子であり、更に2人が暮らす部屋の元の住人を殺害しているなど、さとうは他人に言えない秘密を幾つも抱えていた。さとうは愛するしおとの生活を守るため、時には凶器を握りながら、あらゆる邪魔者を排除していく。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件(しょびっち)のネタバレ解説・考察まとめ

「僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件」は松本ナミルがKADOKAWAのWEBコミック誌「コミックNewtype」で2015年7月より連載している漫画。平凡な高校生である篠崎遥(しのざきはるか)と成績優秀で容姿端麗な美少女だが羞恥心がズレているクラスメイト香坂秋穂(こうさかあきほ)の日常を描いたラブコメディ。公式の少年コミック誌に掲載されているはずだが特にヒロインが息を吐くように下ネタをぶっこんでくるのが特徴である。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第12話『ハッピーシュガーライフ』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうとしおは叔母の協力のもと、いよいよ逃亡計画を実行に移す。しかし、しょうこの遺体に偽装工作を施した際、しおにはめてもらった指輪をその部屋に置いてきてしまう。空港に向かう途中でそれに気づいたさとう達は一旦マンションに引き返した。それと時を同じくして、太陽からマンション名を聞き出したあさひもそこへ向かい、指輪を取り再び外に出ようとしていたさとう達と鉢合わせるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第12話『ハッピーシュガーライフ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第1話『砂糖少女は愛を食む』)のあらすじと感想・考察まとめ

高校1年生の松坂さとうは、幼い少女の神戸しおと2人で暮らしていた。しおを養うためにもお金が必要なさとうは、収入源を増やすため、新たに『プリンセスインペリアル』という飲食店で働き始める。しかし同僚の三星太陽からの告白をさとうが断って以降、その太陽がバイトに来なくなり、さとうは店長の命で連日残業をさせられるようになった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第1話『砂糖少女は愛を食む』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第8話『1208号室』)のあらすじと感想・考察まとめ

1208号室で一人暮らしをしていた男性画家は、マンションの入口前で雨に濡れながら立ち尽くしていたさとうを部屋に入れ、その後成り行きで彼女に絵のモデルをしてもらう。画家は「愛」という概念が欠落したさとうに惹かれていった。ある日、さとうは意識不明のしおを抱えて部屋を訪れる。愛の欠落など感じさせないさとうの満足げな表情を見た画家は、その原因がしおにあると考え彼女を絞め殺そうとした。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第8話『1208号室』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐している事実を知ったあさひは、公園で太陽を拘束し、バイト先でさとうの住所を探るよう彼に命令する。一方さとうは、殺人の証拠を消した上でしおと2人で逃亡するため、叔母の部屋を訪ね彼女に協力を要請した。そして、さとうが「愛のお城」と語っていた1208号室での生活に、別れを告げる時がやって来る。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第11話『永遠の一瞬を、貴方と。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第5話『罪の味、罰の味』)のあらすじと感想・考察まとめ

宮崎すみれは持ち物から化粧まで何でもお揃いにするほど、さとうに対して異常な好意を向けていた。すみれが、さとうに住所を教えるよう迫ると、さとうはすみれを黙らせるため、彼女の愛を受け入れるかのような嘘をつく。その後、愛を偽ったことに負い目を感じながら帰宅すると、しおが呻きながら部屋に倒れ込んでいた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第5話『罪の味、罰の味』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第9話『融解レイン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさひをしおから遠ざけるよう命じられた太陽は、あさひに対して「しおは遠くに居る」という旨の嘘情報を与える。あさひは太陽を疑いつつも後日電車で町を後にし、さとうはしおとの生活を脅かす一番の邪魔者の排除に成功する。買い物へ行こうとするさとうにしおが突然抱きつき、2人揃って外に出る格好になったが、その一瞬を何故か部屋の近くに居たしょうこに撮影されてしまうのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第4話『砂糖少女は気づかない』)のあらすじと感想・考察まとめ

太陽が暴行を受けている最中、しおはゆうなの幻に「アンタを許さない」と言われ、そのまま気を失ってしまう。やがてさとうは公園に辿り着き、しおを救出するが、しおを連れ公園を出ていく所を太陽に見られてしまっていた。さとうが今度こそしおを守り抜こうと心を新たにする一方、しおは太陽が発した「家族」という言葉、そしてゆうなの存在に苛まれていた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第4話『砂糖少女は気づかない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第6話『私たちは、月の周りを回っている』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐したのではないか、という話を太陽から聞いたしょうこは、その件についてさとうに問い質せずにいた。しかしあさひと関わり、彼のしおを想う気持ちに触れたことで、さとうに深入りすることへの躊躇を払拭。しょうこはさとうを遊びに誘うと、機会を窺った末、ついに「本当は彼氏なんて居ないんじゃない?」と切り出すのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第6話『私たちは、月の周りを回っている』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第2話『しおの箱庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

死体処理に困っていたさとうは、自分をストーカーしていた学年主任の北埋川大地を脅し、死体入り袋のうちの1つを彼に処分させることにした。しかし、しおの兄である神戸あさひが妹を捜索していたり、バイト仲間の宮崎すみれがさとうの家に行きたいと迫ってきたり、さとうとしおの愛を阻む障害は次から次へと増えていく。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第2話『しおの箱庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第7話『砂糖少女の原材料』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうはしょうこに「本当の事」を話すため、自分の家に案内することにする。一方、北埋川はさとうが他の人間と秘密を共有しようとしていることに憤り、「異臭がする」との通報によって彼女の家に警察を差し向けた。さとうが自宅に叔母殺害の痕跡を残していると考えたからこその行動だったが、家のドアが開くと、さとうの叔母が元気な姿で警察らを出迎えるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第7話『砂糖少女の原材料』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第3話『モノクロームの長い夜』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうの帰りが遅いことを心配したしおは、さとうを探しに家を飛び出してしまう。怪我や寒さに苦しみながらも、時折現れるゆうなの幻に導かれながら走り続けるしおだったが、彼女は家族に関する記憶を失っていた。結局しおが幻の正体を掴めぬままゆうなは消えてしまい、入れ替わるようにして太陽がしおの前に姿を現す。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第3話『モノクロームの長い夜』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第10話『星空のプロポーズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

眠り込んでしまったさとうに代わり家事をやっていたしおは、さとうが目覚めるまでの間に、母親のゆうなに関する記憶をほぼ全て取り戻す。さとうと一緒に今の生活を守りたいしおに対し、さとうは突然「この家を出る」と言い出す。全てを抱え込み、しおを頼る様子が無かったことに、しおは「私、居なくてもいいじゃない」と怒って部屋を飛び出してしまった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第10話『星空のプロポーズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents