Brave Girls(ブレイブガールズ)の徹底解説まとめ

Brave Girls(ブレイブガールズ)とは、韓国の芸能エンターテイメントであるBraveエンターテイメントからデビューした4人組ガールズグループだ。2011年4月8日にデビューした。デビュー当時には7人でデビューしたが、健康上の理由や学業に専念するなどの理由で3人脱退し、2018年からは4人で活動している。2021年には「Rollin‘」がYouTubeに上がった動画がきっかけで大ヒットし、デビュー後初の音楽番組1位を獲得するなど、人気が上がってきている。

Brave Girlsの概要

Brave Girls(ブレイブガールズ)とは、韓国でデビューした4人組ガールズグループだ。2011年4月8日にファーストシングルアルバム『The Difference』でデビューした。グループ名は所属事務所がBraveという名前なので、その名前をとってBrave Girlsとなった。ファンネームはFEARLESS(フィアレス)という。Brave Girlsはデビューしてからメンバーの増減を繰り返しながら活動してきた。最初は5人でデビューしたが、7人になったり、減ったりを繰り返し、2021年には4人になっている。メンバーも定まらず、人気も特に出ないグループで解散が危ぶまれていたが、2021年に動画投稿サイトYouTubeに投稿された軍隊で披露した「Rollin’」のステージ映像が突然大ヒットし、公開してから約5日で300万回突破した。その後「Rollin’」は各音楽ランキングを下位から逆走し1位に輝いた。また、韓国の人気音楽番組「人気歌謡」のランキングでもデビュー後初めて1位を獲得した。「Rollin’」は元々2017年にリリースされていた曲にも関わらず、2021年いきなり大ヒットしたことで逆走神話だと韓国で話題になった。ヒットしたのもBrave Girlsが軍慰問を熱心に続け、16年からこれまでに約60回もの慰問公演を行ってきたことが大きな理由の一つだといわれている。多くの公演を軍隊でしていたため、軍内では独占的な人気を誇っており、その人気が先輩から後輩へと受け継がれてきた。その人気ぶりは話題になった動画でも確認することができる。動画では彼女らを熱狂的に応援する軍人たちを見ることができる。これまでメンバー変更を繰り返し、ヒット曲にも恵まれていなかったが、デビュー11年目にして人気が上がってきたシンデレラグループとして、これからの活動もより一層の期待が高まってきている。

Brave Girlsの活動経歴

デビュー

デビュー当時のメンバー

2011年に韓国の芸能エンターテイメントBraveからデビューした。
当時のメンバーは現在のメンバーと違い、ウニョン、ソア、イェジン、ユジン、ヘランの5人だった。

ファーストミニアルバム

『Back To Da Future』のジャケット写真

7月29日には、ファーストミニアルバム『Back To Da Future』をリリースした。

『Re-lssue』をリリース

『Re-lssue』のジャケット写真

2012年2月22日には、セカンドミニアルバム『Re-lssue』をリリースした。

『For You』をリリース

『For You』のジャケット写真

2013年8月31日には、セカンドデジタルシングル『For You』をリリースした。

3年ぶりのショーケース

Brave Girlsは2016年2月16日午後に、ソウル清潭洞 にある一枝(イルジ) アートホールでアルバム発売記念カムバックショーケースを開催した。
2013年8月のシングル「For You」以来、3年ぶりにカムバックしたBrave Girlsは、既存のメンバーであるユジン、ヘランにミニョン、ユジョン、ウンジ、ユナ、ハユンの5人の新しいメンバーが加わって7人組グループとして再構成したため、ファンからの期待感を高めている。

メンバー再編成

7人になったBrve Girls

2016年2月3日、ウニョン、ソア、イェジンがグループを脱退。そしてミニョン、ユジョン、ウンジ、ユナ、ハユンが加入し、7人組として活動を始める。メンバーを新たに編成することで活力を高めた。
Braveエンターテインメントは「グループに加入した新メンバーたちは相当の時間、練習生を経て実力とルックスをすべて兼ね備えた有望株なので新たな魅力をお届けできるだろう。グループの平均年齢が若くなり、華麗になった面をベースに大きくアップグレードした」と自信を示した。

『HIGH HEELS』をリリース

『HIGH HEELS』のジャケット写真

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents